こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

名誉毀損について

こ先日、ネット上の書き込みが発端で、
とある会社から発信者情報開示請求を受けました。
詳しい内容はこちら→http://okwave.jp/qa/q7438736.html

開示請求にはyesと答え、別途電話で先方の代表に
謝罪の意を伝えています。

その後、先方から弁護士事務所を通じて、
300万円の慰謝料が相当との催告書が届きました。
このことについて質問です。

(1)この金額の妥当性は?(細かい計算式等は記載なし)
(2)実際に裁判となった場合、現実的な額は?
(3)催告文には「7日以内に振込がなければ刑事告訴も
 踏まえた対応を」とありますが、刑事の可能性はあり得る?
(4)裁判に進む場合、本人訴訟でも十分か?
(5)先方は私の勤務先も知っているが、その雇用責任も検討とある。
 ただし、実際の書き込みは業務時間外かつ携帯からで、
 職務とは何ら関係のない個人的立場によるもの。
 雇用責任は成り立つのか?

よろしくお願いします。
 
 

投稿日時 - 2012-06-03 16:33:53

QNo.7512331

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

(1)この金額の妥当性は?(細かい計算式等は記載なし)
慰謝料には、計算式は存在しません。
あくまでも、この金額であれば許そうという額を提示しているだけです。

(2)実際に裁判となった場合、現実的な額は?
実際には、金額は下がりますが、訴訟費用・弁護士費用等で結構別にかかります。

(3)催告文には「7日以内に振込がなければ刑事告訴も
 踏まえた対応を」とありますが、刑事の可能性はあり得る?
有り得ます、名誉棄損は
(名誉毀損)
第二百三十条
(1) 公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した者は、その事実の有無にかかわらず、三年以下の懲役若しくは禁錮又は五十万円以下の罰金に処する。
(2) 死者の名誉を毀損した者は、虚偽の事実を摘示することによってした場合でなければ、罰しない。
刑法でも名誉棄損罪はあります。
弁護士が、警察に告訴をせずに検察庁へ告訴をする場合もあり得ます。

(4)裁判に進む場合、本人訴訟でも十分か?
本人訴訟でもできますが、その場合は刑事告訴された場合逮捕ということになれば、訴訟ができなくなります。

(5)先方は私の勤務先も知っているが、その雇用責任も検討とある。
この書き込みが、会社のパソコンでない限りは雇用者責任は関係がありません。


今回の場合、相談者もきちんと弁護士に相談して進めるしかありません。

投稿日時 - 2012-06-03 18:34:08

お礼

丁寧なご回答ありがとうございます。
下の方にもお聞きしましたが、こういう事例というのは損害の発生をどう立証するんでしょうか?また、別途かかるという訴訟費用や弁護士費用というのは、「どの程度の額」で、「負けた方が相手の分も払う」ということでしょうか?

投稿日時 - 2012-06-04 18:40:18

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

>下の方にもお聞きしましたが、こういう事例というのは損害の発生をどう立証するんでしょうか?また、別途か>かるという訴訟費用や弁護士費用というのは、「どの程度の額」で、「負けた方が相手の分も払う」ということ>でしょうか?

立証方法は、色々とありますから一概にはこれとは言えません。

例えば、その書き込みをした人物を調査した費用等も加算されます。

裁判所へ、開示請求した際の印紙代・弁護士の日当も含まれます。

訴訟費用ですが、これは請求額により変動しますから、それも今は回答はできませんし、弁護士費用も同じく請求

金額で変動します。

投稿日時 - 2012-06-04 23:28:00

お礼

分かりやすいご説明ありがとうございました。お礼が遅くなって申し訳ありませんでしたが、大変参考になりました。

投稿日時 - 2012-06-06 13:16:01

ANo.1

300万とはふっかけられたものだね。
前回の回答にも書かれている通り、せいぜい数十万ってとこじゃないですかね。
刑事告訴はまず受理されないかと・・・ていうか、こんなことで警察言っても笑われるんじゃないかな。
事実に争いがなければ本人訴訟で問題ないでしょう。
使用者責任はないと思われるけど、先方が勤務先に問い合わせることはあるかもね。

身から出た錆だから、すべて覚悟を決めて、先方には「300万が妥当かどうか判断できませんので、司法判断にお任せします」と返事するのも一考かと。

投稿日時 - 2012-06-03 17:37:57

お礼

ご回答ありがとうございます。
やはり過剰な額のものだったんですね。すでに発言自体は削除されているんですが、そもそもこういう事例というのは、損害の発生をどう立証するんでしょうか?

投稿日時 - 2012-06-04 18:35:42

あなたにオススメの質問