こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

セパレートアンプ

今、プリメインアンプを使っています。

ラックスマン505uです。

スピーカはダリのヘリコン300MK2です。

2年間、505uを使っているんですが、最近、特に高音の延びがキーンと頭を突き刺すような音に、少しどうかなと思うようになりました。
その他は特に問題ないのですが。

そこで、コントロールアンプはあまり味付けのない方がいいのではないかと思うようになりました。

味付けが少なく、何も足さない、何も引かない、のはアキュフェーズや上杉研究所があると聞きました。

独身最後の自分にとっては大きな買い物をしようと思い、思い切ってセパレートにしようかと考えています。

コントロールアンプは、上杉研究所のUBROSS2011。
パワーアンプは、ラックスマンのM7の中古、半年後に上杉研究所のUBROSS30MK2です。

セパレートで音色に影響が大きいのは色んな方の情報でコントロールアンプであると教えていただき、何も足さない、何も引かないがモットーの上杉製がいいのではないか。また、アナログレコードもよく聞きますので、フォノエコライザー内臓は絶対条件です。

パワーアンプは、AB級のM7と、真空菅といった、デジタルとアナログ、それぞれ楽しみたいと。
AB級で聞いている間に、真空菅をウォーミングアップして使う予定です。
ライフスタイル的に、朝にも音楽を聴いていますので、そのときはAB級。夜のまったりしたときは、真空菅と使い分ける予定です。

そこで、質問ですが。
真空菅コントロールアンプとトランジスタパワーアンプって、組み合わせられますか。
また、M7は味付けをしますか。

投稿日時 - 2012-06-03 22:49:47

QNo.7513103

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

NO.8です

お礼をありがとうございます。

その後LUX505Uとヘリコン300MK2のスペックを詳しく調べてみました

ヘリコン300MK2はインピーダンスが4オームとかなり低い部類のSP

です。これはケーブルの影響も無視できませんのでSPCableがどのような

ものか気になります。

Lux505Uはスペック的にも問題なさそうですし、Lux社のポリシーからして刺激的な

音が出ることはあまり考え付かないので現在の周辺パーツの見直しが先決かと思います。

SPCable 信号ケーブル(CDP,アナログプレーヤー、その他)です。

それと、今後仮にパワーアンプを真空管アンプで採用される場合はヘリコンが4Ωと

いうことを頭に入れておいて選択する必要がありますね。4オームの端子搭載の真空管

アンプは限定されると思いますので。

投稿日時 - 2012-06-06 09:27:53

お礼

ありがとうございます。

ヘリコン300MK2に合う真空菅アンプのスペック。

そこらへんも分からず高級機を買うのはどうかなと思い始めました。

もう少し真空菅アンプのことを理解した上で高級機かなと。

まずは、自作からかな。

投稿日時 - 2012-06-12 21:08:19

ANo.9

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(10)

ANo.10

刺激的な高音を抑えるだけなら、色々な方法が有ると思います。
私は中古品をオークションで手に入れ、とっかえひっかえして音の違いを楽しんでいますが、取り替えたときは前より必ず悪い音です。
それから、色々調整して良い音にしていきます。
どんなパーツ(SPやAMP)を交換しても、高域が刺激的になる所が有ります。
そこまで詰めていって、そこからそれが治まる点が一番良い調整点と思っています。
刺激的な音は、低域不足や、アース(コンセントの極性)の取り方、電源コードSPコード、RCAケーブル、SPの位置、プレーヤーの調整などのちょっとしたところで変わります。
セパレートにする場合でも、最初はコントロールアンプだけ購入し、今のプリメインのパワー部とつなぎ、今のパワーの音色、新しいコントロールアンプの音色を感じることが大切と思います。
アナログプレーヤーを使うなら、コントロールアンプのグレードアップも音色改善には効果的ですが、高音の刺激を抑えることと関係ないと思います。
今の貴方の場合、コンセントや極性合わせと、SPの位置や敷物で改善できそうに思いますが。

投稿日時 - 2012-06-06 21:32:21

お礼

なるほど、いろいろ試すということですな。

やはりコントロールの方が音色に与える影響は大きいみたいですな。

コンセントの極性あわせや、スピーカの位置、インシュレータ等は実施済です。

とんがった音が少し耳につくようになったのです。

自然な伸びがなくて。

試聴した上で決めていこうと思います。

投稿日時 - 2012-06-12 21:11:08

ANo.8

40年以上もオーディオの世界で悩んできたものです。

人それぞれに好みの音があってこのオーディオの世は成り立っておりますが

質問者さんのご希望は何も足さない、何も引かないということですが

それで満足できるのでしょうか(そうとうおせっかいですみません)

自分の考えを押し付けるのではなくて自分の考えを述べさせてもらいます。

やはり、最終的には自分の心が高まり、心が揺さぶられる音というものに

落ち着くと思えます。

ですから自分が惚れてしまう音というものを見出すことが大事ですね。

それが上杉かもしれませんし、LUXMANかもしれません。

まずお気に入りのダリを鳥肌が立つくらいに鳴らしてくれるアンプが視聴できる

店を探してみられるといいと思います。

投稿日時 - 2012-06-05 16:53:36

お礼

私の好きな音は聞いていて疲れない音です。

ラックスマンはそうでしたが、それが強調されすぎるときもあって、上杉にゆれたという背景があります。
上杉のアンプはの音色は店の人に聞いたので実際に聞いたわけではありませんが。

投稿日時 - 2012-06-05 21:24:52

ANo.7

球プリとトラメインの組み合わせは出来ますが概してトラメインの入力インピーダンスが低い(といっても20kオーム程度ですが)のでプリの送り出しコンデンサーの容量によっては低域不足になり場合もあります。又プリの出力インピーダンスはメインの1/10以下であれば問題ないでしょう。M7は味付けしますか?ですがL社のトーンポリシーは受け継がれているわけですので聴き手がどうとるかですね。
上杉アンプ云々も有るようですがやはり上杉トーンというものが有ります。
回路的にはオーソドックスでロングライフと無調整を考えた設計になっています。メインに自己バイアスが多いのもその表れでしょう。
又、OPTもタムラからISO(旧タンゴ)製に数年前変更になってますので、当然音の傾向はタムラ時代と違います。個人的な考えですがタンノイウェストミンスターにはぴったりのアンプと思います。
更にフォノイコライザーにもNF型、CR型、LCR型(これは特殊)有りマランツ型、マッキン型(NF型ですが)クオード型等色々です。それぞれ特質が有りますが上杉氏はマッキン型を絶賛しておりましたね。

投稿日時 - 2012-06-05 08:15:16

お礼

なるほど。

真空菅アンプ回路構成も全く分からない状態で高級真空菅アンプを買うのはどうかと、思いはじめました。

真空菅の自作をしてそれからでも遅くはないのかなと。

もう少し考えてみます。

投稿日時 - 2012-06-05 21:23:02

ANo.6

別の観点から、

> スピーカはダリのヘリコン300MK2です。
このスピーカーは視聴経験が有りませんが、スピーカーの音質は満足されていますか?

私は趣味として、自作出来る物は自作をモットーに、スピーカーボックス、アンプ(真空管、TR)、レコードプレーヤー等を自作して楽しんでいます。

今までの経験から一番の音質の変化は、スピーカーです。 次にスピーカーのセッテングです(当然部屋も関係しますが)、壁との間隔はどうでしょうか、私は後ろ横とも役1m程度は離しています。

もし、していなければ、一度行ってください(費用はかかりません)。

アンプの変更は、最後の選択と思います。



次に、真空管アンプの件です。

当然、スペックを追いかければ半導体にはかないません。 
ただ、人間の感じる音(音質)としては、スペックとは別物です。 アンプは測定器ではありません。
真空管アンプが良いと言っている訳ではありませんが、音質は異なります。好き嫌いが有りますので、自分自身で視聴して決める事です。

私は、現在は、自作の真空管パワーアンプ(845シングルトランスドライブ)、(300bプッシュトランスドライブ)、真空管コントロールアンプ(トランス出力、CR型イコライザー)で聞いています。(値段は、それなりに掛かっていますが・・・・)、自分自身満足しています。


上杉のアンプを気にしていますが?

”味付けが少なく、何も足さない、何も引かない・・・・・・”の、言葉が気に入られたのでしょう?

音質は ”どこのメーカーのアンプが良いか ”ではありません、要するに回路構成で決まります。

投稿日時 - 2012-06-04 21:06:48

お礼

自作か。

心がゆれます。

真空菅であれば自作もでき、自分好みの音に作れるし、知識も増えるし。

最初から、上杉の高級アンプを買うのもどうかと、思い出しました。

真空菅の自作をある程度してそのうえで上杉、というのが順序かなと。

投稿日時 - 2012-06-05 21:19:49

ANo.5

個人的な偏見ですが、一番無味無臭なのはD級アンプだと思っています。

コントロールアンプは1つしか持っていないのですが、これは入れても入れなくても音に全く変化がなかったので、アンプの色=パワーアンプだと思っています。
パワーアンプの音色の違いは、かなり大きいですよ。

投稿日時 - 2012-06-04 17:33:31

お礼

D級か。

パワーアンプも音色に影響するのですな。

投稿日時 - 2012-06-05 21:17:22

ANo.4

自作を主としてオーディオを永年やってきたものです。
私はオーディオシステムでアンプが音質にアンプが占める割合は、ある程度以上のものになればそれほどでもないという立場です。
私の自作アンプは自作しやすいので殆どセパレートで、真空管からトランジスター、ICまで一通り作りました。材料費だけで数千円のものから数万円以上するものまでこれもいろいろです。
その経験から言うと、アンプは調整で変なところを追い込んでいくと最後は結局同じようなものになるということです。
音が違うと思ったときは、超高音域の発振があったり、ほんのわずかなノイズが乗っているとかの何かの理由があるという気がします。
それを測定器でとことん追い込んでいくと上記のような結果にたどり着くということです。

昔武末数馬さんという真空管アンプの神様のような人がいました。
彼の書いた記事に彼の息子に材料だけ与えて勝手に真空管アンプを作らせたら、他人には自分と息子のアンプの違いが誰にもわからなかったという話が出ています。
ということでご質問レベルの製品ならばスピーカーの差に比べれば100分の一のさもないだろうというのが私の意見です。

ちなみに私と同じような意見を述べている人のサイトがありますので、高価な買い物をする前に一度ご覧ください。
それでもあなたがこれが良いとおもうのは全く自由ですが。

半導体アンプと真空管アンプを組み合わせることが出来るかといえば、問題なく可能です。
ただ私は電子部品の質などを考慮すると真空管が半導体アンプよりもよいとてもいえないという意見です。
この点も下記のサイトでは冷静な意見が出ています。



オーディオの科学
http://www.ne.jp/asahi/shiga/home/MyRoom/Audio.htm#Amp

投稿日時 - 2012-06-04 09:27:20

お礼

自作されてるんですね。

上杉アンプやラックスマンアンプについて、ブランドに払ってる価格ってどれくらいだと思いますか。

ブランド名に高額な金額を払うのはどうかと思います。

金額にふさわしい製品であれば、少々高くてもと。

投稿日時 - 2012-06-05 21:16:42

ANo.3

>何も足さない、何も引かないがモットーの上杉製

その「何も足さない、何も引かない」という謳い文句がクセ物で、実際聴いてみたら「着色濃厚」だったりすることもけっこうあります。何をもって「何も足さない、何も引かない」のか、その見極めは人それぞれですからね。ちなみにACCUPHASEの製品が「着色が濃い」と認識するユーザーだって少なからずいます。

>独身最後の自分にとっては大きな買い物

ならば御自分で聴いてみるしかないでしょう。聴かないで大きな買い物をするのは、極端に言えば「自殺行為」です。LUXMANとUESUGI以外にもセパレートアンプはけっこうありますし、だいたい「セパレートアンプじゃないとダメ」ということもないと思います。プリメインアンプとフォノ・イコライザーという組み合わせだってあります。

それと、レコード以外のソースはPCですか? 圧縮音源が主体ならば(違っていたらごめんなさい)音がレコードに負けるのは仕方ありません。

この際だから、まともなCDプレーヤー(orトランスポーター)を導入されたらいかがでしょうか。

とにかく、他人の評価は「参考」程度に聞き流して、とにかくまず「試聴」で選ばれてください。

投稿日時 - 2012-06-04 06:49:00

お礼

試聴したいのですが、上杉アンプの試聴は非常に困難な状態にあります。

PCの音源は、waveファイル形式です。

CDプレーヤーに戻る気はありません。

これからはPCの時代であると思います。

デジタルはPCでアナログはレコードで。

投稿日時 - 2012-06-05 21:14:25

ANo.2

>何も足さない、何も引かない
味付けが少ない多いは、各個人の好みと感性、試聴による経験値で異なります。人それぞれ
因みに、DENONは味付けが少ないと感じる人は多くいらっしゃいます。

投稿日時 - 2012-06-04 05:08:52

お礼

やはり試聴しないとだめみたいです。

デノンもいいメーカです。

レコードプレーヤはデノン製です。

投稿日時 - 2012-06-05 21:12:27

ANo.1

~真空菅コントロールアンプとトランジスタパワーアンプって、組み合わせられますか。

組み合わせは可能です。


~M7は味付けをしますか。

味付けをしないアンプなどありません。
質問文中にあるメーカー、アンプに限らず味付けは必ずあります。
制作者は無味無臭を目指していても味は出てしまうものです。
その味付けが大メーカー製品では万人向きに近づくように修正され販売されます。
小規模メーカーでは味付けがそのままに販売され、
その味を良しとする少数のマニアに受け入れられます。
それが極端に偏向した味でも好みに合えば唯一無比となります。

味付けされた音が聞いた人の好みに合うかどうかの問題なのでまずは試聴することが必要です。
とはいってもM7は中古品しかないのででオークションやネット通販ですと試聴もかないません。

上杉アンプはまったり系の音ではないと記憶していますが?(私の主観です)

M7はメーカー修理可能ですが果たして独身最後の大取り物にふさわしいかどうか?

投稿日時 - 2012-06-04 00:53:32

お礼

ありがとうございます。

私の好きな音は聞いていて疲れない音です。

音色は違いますが、聞いていて疲れない音は、両者に共通しています。

投稿日時 - 2012-06-05 21:11:40

あなたにオススメの質問