こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

久しぶりのオートマ車での運転。注意点は?

6/9(土)に旭高原元気村(けっこう山道らしい)へレンタカーを借りてドライブに行く予定です。(車種:ヴェルファイアorアルファード)
私は普段、MT車で運転をしており(1回/週、トヨタ:デュエット)、オートマ車に乗るのは2年ぶりになります。(前回はハイエースグランドキャビン)
オートマ車を運転するにあたって注意すべき点はなんでしょうか?また、ヴェルファイアorアルファードを乗るにあたって注意すべき点はありますか?(死角など)
山道ということなので、「下りはギアを落としてエンジンブレーキを使っていこう」ぐらいは注意していきます。オーバードライブスイッチの使い分けはどうしましょう?そんなに気にしなくてもいいですかね。

投稿日時 - 2012-06-07 19:28:53

QNo.7520036

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

フットレスト
たしかに足の休憩場所という意味になりますが
ここで足を休めるわけではなく、
しっかり踏みつけるのです。

踏みつけてやることで
シートバックの腰の固定をするのです。

普段左足を使っているMT車の人は
意外にならないけど、
ATに乗り出すとなるのが腰痛。
=緩い姿勢でだらっと乗ると
腰の変なところに力が入って腰痛になる事が多いのです。

また。
フットレストをしっかりと踏みつける事で
下半身がしっかり固定されますので
ブレーキとアクセルの「ペダル踏み間違え」を防げるのです。

さらに。
結構な山道において、
しっかりとした運転をするためには
ハンドルにぶら下がらずに
フットレストとシートバックにがっちり下半身を押しつける事で
体が振れてしまったり、ハンドルにぶら下がるような操作の邪魔になることを
防ぐのです。

スポーツドライビングの基礎中の基礎です。
が、スポーツではなくとも、
普通に使えるパッシブセーフティな運転姿勢です。

投稿日時 - 2012-06-08 22:01:35

ANo.6

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

普段ATなので、MTからATへの注意はピンとこないけれど、アクセルオフのエンジンブレーキはやっぱり弱いです・・・。
なので、車間は気持ち多くとって走っています。思ったより前に詰まっちゃうので。
また弱いということで、その分アクセルワークを細かくというか早めに緩めてます。先読みも気持ち早目に取って。

渋滞は結構楽にはなるけど、クリープに変に頼り過ぎないほうがいいかなと思っています。
また、車を降りて少しだけ離れるときでも、なるべくエンジン切ったほうがいいです。うっかり車だけ動かないように。

山道に入ったら下りは、前の方のようにODオフや、適切に減速してのシフトダウンで走るようにしています。
慣れない車は最初、乗って降りての感覚を合わせておいたり、取り説で操作ボタンなど確認しておくと安心ですね。
ちょっと思いつく範囲、自分でも注意してるところですけれど…。

投稿日時 - 2012-06-07 23:12:22

お礼

なるほどぉ。
今、取説をよんで勉強中です。すごいゴチャゴチャしてますぅ。

ありがとうございます!

投稿日時 - 2012-06-08 19:54:54

私もAT乗り始めは、よく左足フルブレーキでした。クラッチのつもりで躊躇無く踏むから、ごっついブレーキになります。

よって、靴を脱いで左足はあぐらをかいてました。
数時間で慣れますから、その後は楽にしてもらって良いです。

慣れたらどっちに乗ってもそのように動きますから不思議ですね。考えることも無くなりました。

ATとMTの大きな違いは、クリープ現象でしょうね。
常時、前進しようとします。Dレンジに入れていると。(Dに限らず、前進側のいずれかのレンジまたは、Rレンジでもバックしようとします)

信号待ちや渋滞などで止まっていて、気を抜くと進んでしまいます。
渋滞時の事故などは結構ありますよ。
後ろを振り返ったら足の力が抜けて進んでしまったとかね。

エアコンでアイドルアップしたときはグンと進んでしまいます。
進まないようにブレーキを踏んでいるのは気を遣います。
長くなるときはNにするとか、パーキングブレーキをかけるとか工夫してください。
ただし、パニックで空ぶかしとか、パーキングブレーキ引きずりとかはしないように気をつけましょう。

投稿日時 - 2012-06-07 21:48:15

お礼

そうですね、クリープには特に気をつけようと思っています。

ありがとうございます!

投稿日時 - 2012-06-08 19:56:26

ANo.3

私も両方入れ替わり立ち替わり乗る人ですが、
一番大事なのが
左足をフットレストに乗せて運転する事ですね。
ふだん、クラッチを分で運転していた人が
左足を完全に休ませてしまうと
踏ん張りがきかなかったり腰痛になったり
ブレーキとアクセル踏み間違えたりしますので
左足のフットレストをしっかりふんで
腰の固定と左足による姿勢制御をしてください。

あとはエンジンブレーキのききの悪さより、
クリープの感じが気持ち悪いんですよね~。
ブレーキペダルから足をはなせない。

MT乗り慣れていると、知らないうちに
停止時のブレーキが緩い事があり、
AT運転すると、車が不意に前に出てしまう事があります。

だいたいその2点ですね。

投稿日時 - 2012-06-07 19:50:54

お礼

なるほど、フットレストで左足を休めておけばいいんですね!
確かに、クリープには注意が必要ですね。

ありがとうございます。

投稿日時 - 2012-06-07 20:08:09

ANo.2

フット式サイドブレーキの場合、クラッチと間違えて踏まないように・・・。(友人の車でやって、怒られた。)

>ヴェルファイアorアルファード

確かに死角が大きいので、曲がりに注意してください。

「曲がり」・・・内輪差もそうですが、バイクや歩行者の巻き込みに注意してください。

あと、バックも注意が必要です。


オーバードライブは、下りが始まったら、解除しましょう。(平坦でON)

で、速度がグングン上がるようならば、ブレーキング(変速ショック防止です。)の後に1段落としましょう。

帰りの際、乗車前にタイヤがつぶれていないか外観チェックを忘れずに!(まずは無いと思う。)

こんなところでしょうか。

投稿日時 - 2012-06-07 19:42:48

お礼

確かに、フットブレーキはクラッチと間違えそうですね(汗)

オーバードライブ解除⇒シフトダウン の順番なんですね。まずは、オーバードライブ解除からですね!

ありがとうございます。

投稿日時 - 2012-06-07 20:06:09

ANo.1

すぐに慣れるが、手動シフトチェンジのつもりでクラッチ踏んだつもりでブレーキ踏む。
後続車にとっては、まさに想定外の急ブレーキです、運が良ければ何事もなくすぐに慣れますが、運が悪いと最初の一回で、最悪アウトも・・・・。

投稿日時 - 2012-06-07 19:42:40

あなたにオススメの質問