こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

有機化学の教科書について

最近、似たような質問をしたのですが再度質問させて頂きます。
学部時代にマクマリーを使用しただけなのですが、今は院生で、さらに突っ込んだ勉強が必要です。院の授業でケアリーを原文で読むのですが、マクマリーとかなりレベル差があると思うのでケアリーの前に他の日本語教科書をやろうと思います。ボルハルトショアーやウォーレン(邦訳ありますよね?)がいいかと思うのですが、何かお勧めはあるでしょうか?

投稿日時 - 2012-06-10 14:03:16

QNo.7525224

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

No1ですが、
マクマリーは、一般的な説明で終わっています。反応機構を理解するためには不十分ですのでやはりボルハルト・ショアからジョーンズ、ウオーレンと勉強されるのがよいかと思います。有機系でしたら、是非「矢印による反応機構」を勉強しておいてください。

投稿日時 - 2012-06-11 14:53:30

お礼

再度ご回答ありがとうございます!

投稿日時 - 2012-06-12 14:02:58

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

生物系院生:
ソロモン有機化学→ボルハルト・ショア有機化学→マクマリー「生化学反応機構」
有機系院生:
ボルハルト・ショア有機化学→ジョーンズ有機化学→ウオーレン有機化学→仕上げに「演習で学ぶ有機反応機構」
此れで十分でしょう。

投稿日時 - 2012-06-11 07:07:24

お礼

ご回答ありがとうございます。
自分は有機系ですが、マクマリーのあとにいきなりウォーレンはきついでしょうか?先にボルハルトショアーとかをやっておいた方がいいですか?

投稿日時 - 2012-06-11 13:55:27

あなたにオススメの質問