こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ヨーロッパ人は羞恥心がないのでしょうか

ヨーロッパではスリや置き引きは日常茶飯事です。
スリや置き引きの常習犯を警察も取り締まろうとしないみたいです。

でも日本ならスリや置き引きの常習犯なら警察が逮捕するでしょうし、悪質であれば新聞などにも
実名で犯人の名前が載るでしょう。
そしてその犯人はもうまともな職業にはつけません。

しかしヨーロッパではスリや置き引きを常習的にしてる人でも普通に暮らしてるみたいで
おとがめなしらしいです。

ヨーロッパ人は羞恥心がないのでしょうか。また道徳に欠けるのでしょうか。

投稿日時 - 2012-06-10 21:28:00

QNo.7526077

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

まだ若い頃、どこ国に旅行するのが一番危ないか、友人達と話し合ったことがあります。

ヨーロッパだったら、ジプシーに財布や荷物をかっぱらわれる。
アメリカなら、ギャングに銃でズドンと撃たれる。
中近東なら、誘拐されて、売り払われる。

で、ヨーロッパが一番安全だという結果がでました。

一番さんのおっしゃるように、西欧の国は、東欧やアラブ、アフリカからの移民に寛大です。最近はフランスで少し厳しくなったようですが、それでも、移民、難民を受け入れて、それなりの仕事をさせています。文学の世界を見ても、レ・ミゼラブルやオリバーなど、すりやかっぱらいを題材にしたものも少なくないです。貧しい人達や罪を犯さなければ生きてゆけない人達をひっくるめて、ひとつの社会が成り立っているという認識です。

確かに醜いものを切り取って、処理してしまおう、という日本的な対応とは少し違いますね。

この質問を哲学のカテゴリーでなさると、たくさん面白い回答がつくと思います。

投稿日時 - 2012-06-11 04:11:38

お礼

ヨーロッパは移民にたいして寛大なのですね。

犯罪をおかさないと暮らせないという人たちがいるという事実も受け入れてるのでしょうね。

投稿日時 - 2012-06-11 05:40:28

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

引ったくりや強盗、車からの盗難などの街頭犯罪は東京、大阪、それぞれ年間7万件ほど発生しているでしょうか。全国ならン十万件でしょう。また日本人のほとんどが家を出るとき鍵をかけると思います。これはなぜでしょう? また鍵をかけていても空き巣被害もこれまた何万件です。というわけで、日本でそのような行為に従事(?)している人はおそらく何十万人でしょう。

西ヨーロッパやアメリカで日本に詳しい人に聞くと、とにかく日本は性に関して羞恥心がなさすぎ、という話をよく聞きます。街角には露骨な看板があふれているし、未成年向けの漫画、雑誌には未成年の性行為描写がやまもり。電車では痴漢の発生はあたりまえ。多くの国ではこれらの行為は即効で逮捕です。また多くの国では強姦として刑務所にぶちこまれて社会に危険人物として公表されるような事でも日本ではたんにハラスメント、単なる迷惑行為として片付けられる事が信じられないという話も聞きます。HENTAIは今ではかなり浸透した国際語です。

国によってある行為に対する感度に差があるのはあたりまえ。「ヨーロッパ人」とあまりに大雑把にひとくくりにして道徳に欠けるなどの意見を持つのは視野が狭いのではないでしょうか。外国人にインドで体験した出来事をもとに自分を批判されたりしたら不条理だとは思いませんか?

投稿日時 - 2012-06-11 13:29:21

お礼

ご回答ありがとうございます。

HENTAIは国際語になっているのですね。

投稿日時 - 2012-06-11 20:51:55

皆さんの回答の中で、欠けているところが1点あります。
それは、「自己責任」の観点です。スリや置き引きなんて、やられる方に落ち度があるのです。警察に言わせてみれば、落ち度のある方を取り締まりたいくらいでしょう。
大乗仏教の中で育ってきた日本人には、なかなか理解できないことでしょうが・・・。

投稿日時 - 2012-06-11 08:04:38

お礼

>やられる方に落ち度があるのです。

ヨーロッパはまさにこの考え方なのでしょうね。

投稿日時 - 2012-06-11 12:41:59

ANo.3

あなたは、欧米人を綺麗に考え過ぎています。 彼らも東洋人を同じ人間です。 窮すれば何でもします。 特にユーロ圏内は 景気が悪く、失業率が、日本と比較にならないくらい高く(日本は一桁・欧州は二桁)。平均年収も日本よリ低い。処が、貧富の差は、日本より大きい。こんなところで、犯罪が起きない方がおかしい。 日本は 長い事、中産階級意識が続き、豊かな気持ちにおれました。中国の故事にある、「衣食足りて 礼節を知る」が 正に これに当たります。 一方で、貧すれば鈍するという言葉もあります。 日本は、狭い島国であった為に 他人の目が気になり、共同意識もありました(最近、減ってきていますが)。だから、置き引きなんて、殆どありません。しかし、欧米では 荷物を置いたまま、その場所を離れれば、先ず 持て行かれてしまいます。 これ、誰が悪いわけでもありません、自己責任です。 羞恥心? 貧した人にそんなものありません。
誰でも、自分の生活が最優先だから、他人の物を盗んでも、自分が 生きなければなりません。 貴方のその感覚では、世の中 全く通用しません。 そういう世界だと理解した上で、世の中を渡るべきです。 若い人は、何でもかんでも そう盲目的にアメリカにあこがれる人がいますが、アメリカは銃社会で、一般市民でも 平気で人を殺します。 自己防衛・正当防衛という言葉が、独り歩きしてます。麻薬患者も 格段に多くいます。 10%の超エリートを90%の馬鹿人間、これがアメリカの現実です。10%は、日本人が思うもよらぬ桁違いの大金持ち。残りの90%は 年収400万円位の人達。更に 生活できないから軍隊に入り、沖縄に来て若い女性を乱暴にして問題を起こしたりします。 その大きなはけ口として、イランやイラク、パキスタンに戦争を掛けているのは、アメリカなのです。 もっと、世の中を深く理解していきましょう。 

投稿日時 - 2012-06-11 06:26:59

お礼

貧しい人に羞恥心なんてありませんね。
欧米人でも東洋人でも生活に困窮したら、生きてゆくためになんでもやるかもしれませんね。

ご回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2012-06-11 12:37:56

羞恥心というか…

ヨーロッパ人って寛大な人柄だなー…と思いました(笑)ちっちゃいことは気にしないんですよ。←想像上
まあ、ある意味平和な国ですね☆

投稿日時 - 2012-06-10 22:48:24

お礼

ヨーロッパは良くも悪くも寛大みたいですね。

投稿日時 - 2012-06-11 05:38:34

あなたにオススメの質問