こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

月収25万円の所得税について(独身男性)

所得税について教えて下さい。アルバイトで月収が25万円前後です。扶養家族はいません、独身です。おおよそ所得税はいくらほどになりますでしょうか?教えてください。お願いいたします。

投稿日時 - 2012-06-11 23:26:04

QNo.7528208

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

こちらの計算機で試算できます。(年収で入力して下さい。)

『所得税・住民税簡易計算機【給与所得用】』
http://tsundere-server.net/tax.php

「控除」は「ある金額から差し引く金額」のことで、(なるべく公平に課税するために)税金には各種の控除が用意されています。

年金や健康保険などの社会保険料は全額(所得から)控除されますので必ず入力して下さい。

『所得金額から差し引かれる金額(所得控除)』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/shoto320.htm

---------
(詳細)

年税額ではなく毎月の源泉徴収で差し引かれる「所得税」については以下の税額表を参照して下さい。「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を提出していると「甲」の税額が適用になります。

『[PDF]給与所得の源泉徴収税額表(月額表)』
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/zeigakuhyo2011/data/02.pdf
『[PDF]給与所得者の扶養控除等(異動)申告書』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/gensen/pdf/h24_01.pdf

※年税額と源泉徴収税額の過不足は「年末調整」で精算されます。
※「国保」+「国民年金(1号)」の場合は年末調整か確定申告で控除の申告をすることになります。

-------
(補足)

「住民税(地方税)」は源泉徴収がないので、給与の支払者(事業主)が(従業員の住所地)の市区町村に「源泉徴収票」と同じものを提出しています。(「給与支払報告書」)

役所は集まった「給与支払報告書」をもとに住民税を算定して「特別徴収」の届出をしている事業主のもとに税額を通知します。事業主は6月の給与から(分割で)「天引き」して市区町村に住民税を納めます。事業主が「特別徴収」の届出を怠っている場合は住民に直接納付書が届きます。(普通徴収)

※所得税の「確定申告」をすると税務署から(申告書に記載の住所地の)市区町村に申告のデータが提出されるので、申告データを優先して住民税が算定されます。

(参考)

『~被保険者の種別、1号、2号、3号被保険者とは?~』
http://nenkin.news-site.net/kiso/kiso02.html
『~年金が「2階建て」といわれる理由~』
http://nenkin.news-site.net/kiso/kiso03.html
『国民年金と厚生年金の比較(違い)』
http://www.kokumin-nenkin.com/knowledge/kouseinenkin-hikaku.html
『税についての相談窓口 』
http://www.nta.go.jp/shiraberu/sodan/sodanshitsu/9200.htm
※住民税は【お住まいの】市区町村役場(役所)です。

投稿日時 - 2012-06-12 01:56:35

お礼

ご丁寧にご回答ありがとうございます!早速詳しく調べてみます。ありがとうございました。

投稿日時 - 2012-06-26 05:53:34

ANo.2

http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/zeigakuhyo2011/data/02.pdf

上の税額表で見ます。社会保険の加入がないものとして、

男性ですから 右側の 乙(オス)欄適用で、35,700円です。

というのは冗談ですが、扶養控除異動申告書を提出していない場合は35,700円天引きされる可能性があります。

申告書の提出があれば6,400円です。  

(上の税額は仮の金額です。年末調整を受けたり確定申告をすると、還付額が出ることが多いです。)

投稿日時 - 2012-06-12 01:46:38

お礼

ご丁寧に回答下さり、ありがとうございます。申告書の提出はしておりません。これからでも間に合うのかどうか、調べてみます。

投稿日時 - 2012-06-26 06:11:46

ANo.1

年金や健康保険にいくら払ってるのか書かれてないから、
正確には出せません。
七万くらいではないかな?とは思いますが。

給料から所得税が天引きされてるでしょう。
年明けに確定申告したら、還付金が戻ってきますよ。

図書館に確定申告の本がありますから、そのとおりやればいいです。

もし還付金が少なくても、
翌年の住民税や健康保険のお金が安くなるので、
(所得金額に連動してるんです)
申告なさった方が得です。

将来たくさん稼ぐことになった暁には、
その節税スキルが活きてきます。

投稿日時 - 2012-06-12 00:47:27

お礼

丁寧なご回答、ありがとうございます。アルバイトでしたので、所得税は天引きされていないようです。でも、やはり申告したほうがよいみたいですね。少しずつ覚えていきます。ありがとうございました。

投稿日時 - 2012-06-26 06:14:13

あなたにオススメの質問