こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

労働時間の悩み

IT系のお仕事をしています。

実は春先にですが、過酷な業務や、
職場でのパワハラなどがあり、
体調を崩し、休職となってしまいました。

2ヶ月の休職後、先月より復職しています。

ただこれを契機に、もう少し自分の時間が持てるよう、
働き方を見直したいと思い、転職活動をしています。

実はここ数年、同じような過酷な仕事ばかりでした。
(休職は今回が初めてでした)

活動で何社かと面談でお話したのですが、

「休日出勤や残業については大丈夫か?」
「ストレスの発散方法は?」

など、いかにも大変そうな質問があり・・

せっかく転職しても、同じような悩みやリスクを
抱えそうな気がしています。

応募先に必要な業務経験はマッチしているのですが、
そう思って現職も転職して、上記の状況になったので
考えないといけないのですが・・。

そういう会社かどうかも嗅ぎ分けて会社選びをする上で、
少しでも心配があれば、辞退も含め考えるべきでしょうか?。

転職は慎重に・・という話ですよね。。

投稿日時 - 2012-06-18 22:14:00

QNo.7541554

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

転職をされるのであれば、同じような環境の場所は出来る限り避けた方がいいとは思います。
入社してみないと分からないことも多いとは思いますが、場合によっては、休職期間をもらえる今の職場より悪い条件になる可能性があるかもしれませんし…。
私は転職サイトなどで口コミがないか確認するようにしています。
小さな会社ですとない場合も多いですが、ある程度の中小企業ですと少しは口コミが投稿されているかと思います。
年齢や将来性など考える点はいろいろあるとはお思いますが、あまり急ぎ過ぎず、絶対に譲れない点を譲らずに活動をされてみてはいかがでしょうか?

職種は違いますが、私も労働状況などにより、体調を崩すことが何度かありました。
立ち上がれないほどの高熱が出ない限りは出社をし(担当していた仕事を代わりにできる社員がいなかったので)、日付を超えてのサービス残業もよく行い、休みも決まった日がなかったため、2週間連続勤務などもよくあるような状況でした。
その仕事は8年間勤めていたのですが、限界を感じていた頃に大きく体調を崩し、転職をする決意をしました。
上記のような労働状況でしたので、退職したからの求職活動を選択し、今は求職活動中です。
前職とまったく同じ職業であれば、専門職ですので有利だとは思うのですが、やはり労働状況が近くなるため、少々違う職種から探しております。
焦りや不安はもちろんあるのですが、休みがきちんと確保できる、という点だけは譲らずに活動しています。

tamasterさまの文を読んで、少なからず近い状況を感じましたので、投稿いたしました。
どこまで許容範囲とするかやその会社の実際の労働状況などの判断がとても難しいかと思いますが、面接をした際の会社の雰囲気(明るく職場の人が挨拶をしてきてくれるか、など私はみてます)を感じて、考えてみるのもいいのではとも思います。
少し労働状況に不安な面があっても、魅力的な明るい職場であれば、人間関係には多少期待できるかもしれません。(現職ではパワハラにも悩まされているということでしたので)
活動を続けていれば、きっと今の職場より魅力を感じるものを見つけられると思います。
急ぎ過ぎず、活動を続けていかれて…tamasterさまにとっていい出会いが訪れることを願っております。
大変だとは思いますが、どうか諦めずに頑張ってください。
長文失礼いたしました。

投稿日時 - 2012-06-19 02:35:05

お礼

有難うございます、大変参考になりました。
慎重に考えて生きたいと思います。

投稿日時 - 2012-07-08 06:36:03

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.3

ANO.2です。お礼返信を読んで気になったので、厳しいようですが。

> 現職の残業時間は、春先は月80から100時間でした。
> せめて月40時間ほどになれば・・と思っています。
1~2ヶ月程度のピーク期間であれば、残業が80時間、総時間で250時間程度は、あり得ると思います。
常に残業が40時間程度までとなると、どの会社も無理かと。

> ただ春先のこともあり、職歴を増やしてまで同じようなリスクを抱えて
> 移るか、かなり悩んでしまいます。
目的意識を持った数年毎の転職によりステップアップしていることが明確な場合は、マイナス要因になりません。
これに該当するでしょうか?該当しなければマイナス要因にしかなりません。(特に短期間での退職は「バツ」です)

> 実は同じITでも、運用など他の面談もありますので、
> 慎重に切り分けて生きたいと思います。
開発より運用の方が勤務時間面で楽だと思っておられるのでしょうか?私はそう思えません!
本番稼動したシステムをトラブルなく動かし続けることを要求される運用担当の方が、開発担当より厳しい場合もあります。

投稿日時 - 2012-06-19 01:55:38

ANo.2

私自身はユーザ系IT企業に所属していますが、独立系/ハードウェアメーカー系など、大手~中小まで様々な取引関係にある同業者を見てきた経験から言うと、「嗅ぎ分けて選んで下さい」となります。(=辞退も含めて慎重に検討すべきです)

既に認識されていると思いますが、会社レベルで見れば許容範囲内であっても、部署や上司によっては許容範囲外になり得る可能性は拭い去れませんから、人事部の回答だけに頼ることは危険です。

OB/OGや仕事上の人脈などを使って、裏情報(内情)をも収集し、少しでも候補企業の実情把握に努めるしかありません。

但し、質問者さんが、繁閑なく年間通じて勤務時間が一定で、かつ月十数時間程度の残業しかない許容できないのであれば、そんなIT企業は皆無であり、他業界の他職種を探されるべきです。(=無駄にIT企業で転職先を探す時間を費やすより、他に振り向けるべきです)

投稿日時 - 2012-06-18 23:15:52

お礼

有難うございます。

現職の残業時間は、春先は月80から100時間でした。
せめて月40時間ほどになれば・・と思っています。
(それは面接でも伝えています)

そうなんです、現職応募時は人事部の回答は全く駄目で、
実際の所属部署は人間味が無く、最悪でした・・。
(配属初日から徹夜、また陰で愚痴や悪口など殺伐な社内・・など)

今回の面談した企業は、逆に休日出勤が大丈夫か、など事前に
確認をしてくれたのでまだ良かったかもしれません。

ただ春先のこともあり、職歴を増やしてまで同じようなリスクを抱えて
移るか、かなり悩んでしまいます。

明日2次面談なのですが、慎重に対応したいと思います。

投稿日時 - 2012-06-19 00:16:25

俗語でIT土方なんて言葉がありますが、IT系の職場というものは、
最上流のSIerを除き、現代における土方そのものです。

しかも一昔前の土方仕事といえば、
暗くなれば仕事が終わりでしたが、ITともなれば関係ありません。

労働時間の短縮、すなわちライフワークバランスの充実を
現代日本で求められるのであれば、
業界を変える、ということも考えられたほうが良いと思います。

投稿日時 - 2012-06-18 22:55:00

お礼

有難うございます。

ご指摘ごもっともです。
土方仕事より、過酷な仕事ですよね・・。

業界を変える、というのは年齢的に難しいのですが、
実は同じITでも、運用など他の面談もありますので、
慎重に切り分けて生きたいと思います。

投稿日時 - 2012-06-19 00:20:40

あなたにオススメの質問