こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

配偶者が亡くなり、それに伴う税金申告について教えてください。

税金の申告というのはどのようにすればいいのか、いろいろ調べています。確定申告の時期でもありますし、どうぞ、宜しくお願いします。
財産として
1.不動産財産はなし
2.借金はなし
3.死亡保険金あり
4.入院保険あり
5.死亡退職金あり
6.弔慰金あり
7.預貯金あり
8.株式等はなし  です。
子供なしの場合は父母も相続人になるのですよね。父母は相続を放棄するといっているのですが、それに対しての正式な手続きというのは必要なものなのでしょうか。それにといろいろと税金の計算があると思うのですが、配偶者が法定相続分を超えて相続したとしても、相続財産が1億6千万円以下である場合には相続税がかからないというのは本当なのでしょうか。その場合は、相続税の他に税金として納める税はあるのでしょうか。

投稿日時 - 2004-01-19 00:41:36

QNo.754868

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

まずは故人の戸籍を取り寄せて相続人を確定させる必要があります。
次に父、母は遺産はいらないといって言いますが、特に遺産放棄手続きをする必要はありません。
父、母、ご質問者の三者で遺産分割協議書をつくり全額ご質問者に渡すとすればよいのです。
ここで、生命保険については受取人が明記されていれば、これは上記の遺産には含めず受取人が全額相続します。
この死亡保険金については相続税上は「みなし相続財産」として課税対象になりますが、遺産分割協議では財産に含めません。
また葬儀費用も故人の遺産から差し引きます。

遺産分割協議書については、故人の預貯金がある銀行などでも相談に乗ってくれるでしょう。

これが出来たら相続税の申告をします。
詳しくは税務署にお聞きになるとよいでしょう。
非課税枠が配偶者には大きくあるのはその通りです。

では。

投稿日時 - 2004-01-19 12:07:30

お礼

非課税枠は大きくあっても、かならず申告書類の提出は必要なのですね。ありがとうございました。

投稿日時 - 2004-01-22 01:13:04

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問