こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

崩壊した学級・学校の対応策は

ある義務教育(中学)で、学級・学校で生徒が荒れたとします。
(仮定の話のように書きますが現実にあると聞きます)。
荒れたというのは、先生の言うことを聞かず学校生活の基本にしたがわない生徒が多くいるという意味です。
適切かどうか分かりまっせんが、「問題児」と呼ぶことにします。

自由気ままにできるから、学校は休まない。
授業を受けられないなら帰宅するようにと注意を受けてもしたがわない。
普通の会話ならするが、注意を受けれたり気に入らなければ、暴れるものを壊す。
先生は手は出せないことを見抜いている。
問題児は 親に連絡されても、親は協力的ではないし親の言うことも聞かない。
先生に暴力をして学校が警察に連絡しても注意を受けるだけですぐに登校する。
警察が関わっても、保護者が引き取るといえば2~3日で登校するし、施設へ送られてもすぐに帰ってきてさらにハクがついてひどくなる。
他の保護者が見回りをしても、悪態をつくだけ。
校長先生が反省するまで出席停止にしても学校に来てしまう。

いったい、普通に通学している子どもを持つ保護者や現場の先生たちはどうしたらよいのでしょう。
アイディアや具体策をご存じの方は、お教えください。

投稿日時 - 2012-06-24 18:17:22

QNo.7552732

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

学級崩壊の事例だが、全国レベルで事例の多い大阪方面の対応事例なら回答できるので・・・

大阪方面の対応の「適否」については言及しないので、あしからず


崩壊した学級を放置する

全うな児童・生徒は、転校してしまうので、グレシャムの法則(悪貨が良貨を駆逐する)を体現している模様

保護者レベルでは、学校側に健全化の陳情するしかなく、教育委員会の介入などでも解決しない事例が多い
担任教師の変更などで解決する事例もあるようだが、抜本的解決は、学年・クラス編成のやり直しがもっとも効果的とも


知っている事例では、教師が『問題児』を意図的に刺激して、自分に暴力を振るわせたという事例もある
ちなみに、学級崩壊は、程度の差はあれど、昔もあったのだが、陰湿な学級崩壊の事例の方が深刻な場合が多い
つまり、明確に授業ができない状況なら、問題が明確化するだけまだマシなのである
学級崩壊でもっとも悲惨な事例は、教師が無視され、一部生徒が無視され、学級活動が出来ない、特別活動がまったく振るわない・・などというケースが最近多いそうである

まぁ、やはり、学年編成のやり直し・・が一番だろう

それでも解決しない場合も大阪では多いらしいが


以上

投稿日時 - 2012-06-24 18:42:39

お礼

ありがとうございます。
児童を刺激して、暴力を振るわせる事例があるのですか。
苦肉の策ですね。
それで、教師が暴力を受けてどうなったのでしょうか。
できれば、その後を知りたいところです。

学年の途中で、学年の編成のやり直しをおこなったという例もあるのでしょうか。

明確に授業ができない状況は確かに問題が明確化しますが、それでも解決策は見えてこないのでしょうか。

投稿日時 - 2012-06-27 20:25:49

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問