こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

英文和訳です

One of real-world smart houses’ key selling points is their ability to meet, and even anticipate, their occupants’ needs.

Fictional smart houses, on the other hand, often seem as indifferent to their occupants as an industrial assembly line is to the “product” that rolls along it.

The twenty-first-century apartment depicted in the animated TV series The Jetsons(1962) neatly illustrates this point.

George Jetson, every morning of his working life, is ejected from his bed and propelled into the bathroom, where the robotic arms of the Dress-O-Matic comb, brush, shave, and dress him.

He emerges perfectly groomed for the office, but the process is so automated―and George so overpowered by it―that he is not so much awakened as remanufactured.

A mannequin or orangutan would, if placed in the bed a moment before the alarm went off, emerge from the bathroom looking as much like George Jetson as biology allowed.

George’s disastrous encounter with the apartment’s dog-walking treadmill shown behind the closing credits of each episode makes the same point: the machine, not the man, is in charge.

industrial assembly line 工業用のベルトコンベア式に流れる製造組み立てライン
the Dress-O-Matic 番組に登場する腕だけからできている身繕いロボット
so overpowered by~ ~に圧倒されて
not so much awakened as remanufactured 本人を目覚めさせるというより出勤姿の本人に変えてしまう
dog-walking treadmill 犬の散歩用トレッドミル

よろしくお願いします^^;

投稿日時 - 2012-06-27 00:01:57

QNo.7557154

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

One of real-world smart houses’key selling points is their ability to meet, and even anticipate, their occupants’needs.

現実のスマート・ハウスの主要なセールス・ポイントの1つは、スマート・ハウスが居住者のニーズを満たしてくれることであり、また、(こうしてもらうことを望むだろうとスマート・ハウスが)先回りして予想することである。

Fictional smart houses, on the other hand, often seem as indifferent to their occupants as an industrial assembly line is to the “product” that rolls along it.

他方、小説やドラマやアニメに出てくるスマート・ハウスは、しばしば居住者に無関心であるように描かれる。ちょうど(オートメーションの)組立ラインが、流れていく「製品」に無関心であるように。

The twenty-first-century apartment depicted in the animated TV series The Jetsons(1962) neatly illustrates this point.

連続テレビ・アニメ「ジェトソン一家」(1962)に出てくる21世紀のアパートは、この点をうまく表現している。

George Jetson, every morning of his working life, is ejected from his bed and propelled into the bathroom, where the robotic arms of the Dress-O-Matic comb, brush, shave, and dress him.

ジョージ・ジェトソンは、その会社生活の毎日に、(機械仕掛けで)ベッドから放出され、浴室に送り込まれ、そこで身繕いロボットのアームによって、髪を梳かれ、歯を磨かれ、ヒゲを剃られ、服を着せられる。

He emerges perfectly groomed for the office, but the process is so automated―and George so overpowered by it―that he is not so much awakened as remanufactured.

浴室から出てきた彼は、会社に行くのに完璧に身繕いされているが、その工程は完璧にオートメ化されていて、ジョージは機械のなすがままであって、目を覚まさせられたというより、別の製品に改造されたといった趣である。

A mannequin or orangutan would, if placed in the bed a moment before the alarm went off, emerge from the bathroom looking as much like George Jetson as biology allowed.

マネキンやオランウータンを、彼のベッドに、目覚ましが鳴る一瞬前に置いたとしたら、マネキンもオランウータンも、浴室から、生物学的な相違に目をつむれば、ジョージそっくりの出で立ちで現れることであろう。

George’s disastrous encounter with the apartment’s dog-walking treadmill shown behind the closing credits of each episode makes the same point: the machine, not the man, is in charge.

毎回の放送の終了時に、クレジットタイトルの背後に映し出される、ジョージがアパートの犬の散歩用トレッドミルに悲惨な目に遭されるところも同じ趣旨である。人間ではなく、機械が取り仕切っているのだ。

投稿日時 - 2012-06-27 19:55:11

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

質問者に一言忠告を
翻訳を依頼しながらアドバイスのようなことは書かない方がいいですよ。
それなら自分でやりなさい、ということになりますから。

投稿日時 - 2012-06-27 08:13:04