こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

英文和訳です

One of real-world smart houses’ key selling points is their ability to meet, and even anticipate, their occupants’ needs.

Fictional smart houses, on the other hand, often seem as indifferent to their occupants as an industrial assembly line is to the “product” that rolls along it.

The twenty-first-century apartment depicted in the animated TV series The Jetsons(1962) neatly illustrates this point.

George Jetson, every morning of his working life, is ejected from his bed and propelled into the bathroom, where the robotic arms of the Dress-O-Matic comb, brush, shave, and dress him.

He emerges perfectly groomed for the office, but the process is so automated―and George so overpowered by it―that he is not so much awakened as remanufactured.

A mannequin or orangutan would, if placed in the bed a moment before the alarm went off, emerge from the bathroom looking as much like George Jetson as biology allowed.

George’s disastrous encounter with the apartment’s dog-walking treadmill shown behind the closing credits of each episode makes the same point: the machine, not the man, is in charge.

よろしくお願いします^^;

投稿日時 - 2012-06-27 09:30:39

QNo.7557523

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

現実のスマートハウスのセールスポイントの一つは居住者の要求に応え、さらに予想さえすることである。
一方小説などのそれは、居住者のことにはしばしば無関心なようで、それは工場の組み立てラインがラインを流れていく製品に無関心なのと同様である。
テレビシリーズの「ジェットソンたち」で描かれている21世紀のアパートは見事にこの点を明らかにしている。

ジョージ・ジェットソンはそのサラリーマン人生で毎朝ベッドから放り出され、バスルームに運ばれて、自動身だしなみ装置のロボットアームで櫛をあてられ、ブラシをかけられ、ひげを剃られ、服を着せられる。

彼は完璧にサラリーマンとしての身だしなみを整えられるが、それはすべて自動化された工程である。それに逆らうことが出来ないジョージは目覚めさせられたというより、再生産されたのである。

マネキンでもオランウータンでも、アラーム音がなる直前にベッドに寝かされれば、ジョージ・ジェットソンと、生物学が許す限りそっくりな外見でバスルームから現れるであろう。

毎回番組終了の字幕のむこうに現れる犬の散歩装置とジョージとの悲惨な遭遇も同じ意図を示している :人ではなく、機械が犬を散歩させているのだ。

投稿日時 - 2012-06-27 10:28:52

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)