こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

auの+wimax、auのLTE、docomoXi

初心者です。未熟な質問、ご容赦ください。
auのLTEが整備されたときに、docomoとauが互換可能になるみたいなことを、ネット上の情報で読んだことがあります。これってガセでなく本当でしょうか?

私は携帯はdocomoですが、今回スマホの初購入を考えています。
いずれは、家族の持っているauにキャリア変更したいのですが、
今の時期に、MNPにより、auの+wimaxが使えるスマホ機種を購入すると、いずれauのLTE?なるものが整備がされたときに、早まって買ったことを後悔することになるのでしょうか。

それとも、現在のところは、docomoのままXi対応のスマホに携帯から機種変更しておいた方が、ゆくゆくはキャリアをauに変えられて、auのLTEをも使えることになってよいのでしょうか。(上記の情報が、ガセではなくて、docomoとauが互換可能になるのが本当ならば。)

スマホは、(モバイルPCのための外出先でのテザリングなども含めた)ヘビーユースを予定しています。
+wimaxの利用制限などの話も聞いたりするので、+wimaxのうまみはそんなになく、auのLTEやXiの対応をスマホ購入を最初から狙った方がよいのか?とか、初心者のため迷っています。

このあたりの事情に詳しい方に、答えていただけますとありがたいです。
宜しくお願い致します。

投稿日時 - 2012-06-28 15:10:58

QNo.7559977

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

Q/auのLTEが整備されたときに、docomoとauが互換可能になるみたいなことを、ネット上の情報で読んだことがあります。これってガセでなく本当でしょうか?

A/まだ、AuはSIMの紐付けを完全解除(ロックフリーに)していませんので、ハード面で互換していても、素直にDocomoの製品をAuで使えるとは限りません。まあ、AuとDocomoのLTE方式は同じものですから、技術的に互換ハードを作りやすいのは確かです。

そもそも、近年販売されているグローバル対応の製品は、ソフトバンクやドコモのW-CDMAと同じ方式にも対応はしています。ただ、国内では対応キャリアであるAu以外では使えないようにSIMでの縛りが掛かっています。
基本的には、両対応で製品が出なければ、どちらにもSIMの交換だけで対応できるということにはならないでしょう。


Q/いずれauのLTE?なるものが整備がされたときに、早まって買ったことを後悔することになるのでしょうか。

A/最初のLTEモデルは秋ごろには商品概要が分かるでしょう。ただ、今の機種と比べて後悔するかという意味なら、満足度の問題であり、誰もが後悔するわけではありません。そもそも、LTEは今後より小型で省電力な通信モジュールが整備されたり、ドライバの完成度が上がる品です。
登場したらすぐに、良い性能を発揮するとも限りません。まあ、LTEといっても速度のステージはいくつかあるようですしね。


Q/docomoのままXi対応のスマホに携帯から機種変更しておいた方が、ゆくゆくはキャリアをauに変えられて、auのLTEをも使えることになってよいのでしょうか。

A/それはできないと思いますよ。なぜなら現行のDocomo方式のLTEは周波数帯域がAuが当初から開始する予定の800MHz帯域に対応していません。そのため、既存のものはSIMロックがなくとも、Auではおおよそ使えないと思われます。また、先に述べたとおり、正規マルチキャリア対応の機種以外では、現在の状況だけでみれば、機種を変えずには厳しいです。

Q/+wimaxの利用制限などの話も聞いたりするので、+wimaxのうまみはそんなになく、auのLTEやXiの対応をスマホ購入を最初から狙った方がよいのか?

A/通信制限ということなら+WiMaxにもUQ WiMaxにも現在通信制限はかけられていません。通信制限が行われるのは、EV-DO(CDMA2000)を利用した通信で、一定の期間にKDDIの定める容量を超えてパケット通信を行った場合です。
WiMax側で通信した通信に関しては、現時点では制限がないですから、もしそういう話を聞かれたならば、その話はCDMA側の通信とWiMaxを混同されているか、誤ったうわさが流れたと思われます。

尚現時点では、WiMaxに通信制限を加える予定は、Au、UQともに上がっていません。

もちろん、ひとつのアクセスポイントに大量の通信が発生した場合は、その中で通信が極端に多いものを、強制的に低速に落としたり、遮断し、再接続するケースがあります。(これは附則もあるようです)
ただ、これは通信リソースに対する全体へのバランスを保つためのものであり、同じ費用を払う利用者に均一なサービス(ベストエフォートの安定したサービス)を提供するためのものです。これを制限とするなら、残念ですが昨今の無線通信では、制限しないベンダーは国内を問わず海外でもないと思われます。


いかがでしょうか?
現時点では、これが最大の回答になります。

まとめると、
互換が可能というのは、技術的には同じ規格だという意味で可能ではあります。
双方のキャリアが相互で互換させると明言しているわけではありません。
もしかすると、両対応の機種が出るかもしれませんが、それが満足いく性能を発揮するかは、そのときになってみないと分かりません。
現行のXi機種では、電波帯域の都合上、AuのLTEに対応することはないと思います。

WiMaxについては、制限はありませんが、+WiMaxでは、基本の通信がCDMA2000になり、+WiMAXが使えないエリアでは、CDMA2000の通信となります。そのため、WiMaxエリア外で通信しすぎると、CDMA側が帯域制限の対象となることがあります。

また、ひとつのWiMaxアクセスポイントに過度の負荷が掛かった場合、その中でもっとも帯域を食ってその帯域を離さない通信があると、強制的に遮断し、接続しなおしす場合もあるかもしれません。また、ローミングモードの扱いによっては、少し遠くとも、空いたアクセスポイントに強制的に切り替わる場合もあります。このときに速度が、若干落ちたり、変動することがあります。

投稿日時 - 2012-06-28 17:05:46

お礼

専門的で詳しいご説明いただき、誠にありがとうございます。
こころの底から得心がいきました。
スマホは高い買い物なので、いろいろな風説に惑わされては、購入対象を決定できないでおりました。
懇切なご説明、心から感謝致します。
何度も読み返して参考にさせていただきます。

投稿日時 - 2012-06-30 02:12:51

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

>+wimaxの利用制限
知ってる限り、いわゆる高速モバイルでWiMAXだけ通信量に制限がなかったと思うんですが・・・
改訂されたんかな。

>LTE
これに一本化されたあとにはSIMロック解除された端末でもって各キャリアと契約可能になるはずですが、どうなるやら。docomoはわりと積極的(王者の余裕?)ですけど、auは未知数(今電波的に孤立してるとこですし)、ソフトバンクは絶対にやらなさそう(いつまでiPhone鎖国できるつもりやら)。イーモバイルが積極的なのはデータ通信特化の料金体系に自信があるからかな。

それに、docomoのLTE(Xi)端末にした場合、その端末でauと契約できたとしてもau側で使えるのはLTE網だけです。現行のCDMA2000しか電波が届かないエリアではまったく使えませんから、むしろこっちを選ぶ方が「失敗した」感は大きいでしょう。


>WiMAXで後悔
一応、来年以降サービスインとされるWiMAX2(仮称)と現行WiMAX機器とは互換性があるとか。
http://www.uqwimax.jp/service/wimax/wimax2.html
UQ側でも+auと称して併用サービスを展開している以上、短期に切り捨てる可能性は考えなくて良いはず。LTEの普及ペースにもよりますが、どっちが良いとかそういったあたりは2年後の誰でも割更新時にでも考えれば良いんじゃないかなと・・・

投稿日時 - 2012-06-28 16:41:04

お礼

わかりやすく暖かいご説明を誠にありがとうございます。
WiMAX2(仮称)と現行WiMAX機器との互換性など、本当に貴重な情報いただき、+wimax利用に傾きかけていたところでしたので、見通しがたちました。
お心ある丁寧なご説明、心から感謝を申し上げます。

投稿日時 - 2012-06-30 02:18:35

ANo.1

auのLTEは12月までに始まる予定です。
LTEで悩んでおられるのであれば今は待つのが良いでしょう。

Xiに代えるのもどうかと思いますよ、どうしてもならFOMAの安いスマホを契約して
auのLTEがサービス開始されたらMNPするのが良いでしょう。

投稿日時 - 2012-06-28 16:39:37

お礼

早速のご回答、誠にうれしく存じます。
auのLTE整備はこんなに遅いのですね。
初心者の地位様質問に、目を留めていただき、いち早く的確なお書き込みをいただきまして、本当にありがとうございます。

投稿日時 - 2012-06-30 02:27:29

あなたにオススメの質問