こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

無職 32歳からの転職活動(女性)

私は、今までに2度転職した後、アパレル関係の仕事で3年ほど務めていたのですが、その会社で椎間関節(腰)を痛めてしまい、退社することになりました。

体の具合は、リハビリと療養生活のおかげでだいぶ良くなり、普段の生活にも支障をきたさない程度に回復してきたので、そろそろ年齢的にも最後の転職をと考えて、現在、求職活動をしております。

転職希望の職種は、第一に、一般事務の仕事を考えております。
今までにとったMOS等の資格が活かせるのと、腰に負担がかかるような体力仕事は、今後、年齢的にも、長い目で見ても私には無理だと判断したためです。

ですが、簿記の知識がないのと事務の仕事は未経験ということで、なかなか派遣(常用)や正社員での採用がきまらず、ただただ時間ばかりが過ぎてゆくようで焦るばかりです。

この場合、派遣(短期)やアルバイトなどで事務の経験を積みながら、正社員での雇用を探し続けるべきか、まったく違った分野(ファイナンシャルプランナーのなど)の資格を勉強して就職活動をするべきか、どちらが自分にとって一番良いのかで悩んでおります。

また今の私には結婚の予定もなく、いつまでも実家の両親に甘えてばかりもいられない状態なので、今後、女性が一人で社会で生きていくためには、どうすればよいのか、皆様のお知恵をお貸しいただけるとありがたいです。

年齢的にも次の転職を生涯の仕事(職種)としたいと考えております。
転職経験のある人生の先輩方に、アドバイスをいただけると幸いです。

また、回答の際には、性別や転職された大まかな職種などもお教えいただけると大変参考になります。

投稿日時 - 2012-07-02 00:48:14

QNo.7566893

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>>「数多くのライバルを押しのける武器を身につけるには・・・」

>と、仰いますと具体的にはどのような資格が必須だと思われますでしょうか? やはり簿記とかになるのでしょうか。

私は経理方面は不案内ですので、そちらの方はよくわかりません。
それ以外となりますと、申し上げにくいのですが「武器=経験」だと思っています。

「MOSエキスパート(上級)の資格あり・業務未経験」という方と一緒に仕事をしたことがありますが、取り立てて優れた人材とは感じませんでした。
もちろん人並みには仕事はして頂けるのですが、他の経験者を押しのけて強くプッシュして採用したい人材かと聞かれたら答えはNO、「まあ、可もなく不可もなく」という印象でした。

(私自身もその後、就活のネタにMOSのエキスパートを取りましたが、実務を2~3年やっていれば普通に身につくでしょ、と思う内容でした)


質問者様は、知識も経験も豊富な方と同じ土俵に登らなくてはなりません。
僭越ながら、もし私がアドバイスできるとしたら、

・求人情報に対して広くアンテナを張り巡らす(あまり人目にとまらない求人ならライバルが少ないです)
・迅速な行動(条件のいい求人は応募が殺到するので、すぐ締め切られてしまいます)
・面接での熱意のアピール

このあたりが思いつくところです。
参考になりましたら幸いです。

投稿日時 - 2012-07-02 23:20:45

お礼

ご回答ありがとうございます。

確かに「未経験の職種(資格持ち)」よりも「経験」に勝るものはなし。
わかりやすく的確にアドバイスしてくださって、本当にありがとうございます。

いろいろと不利な状況ですが、悔いのないように頑張りたいと思っております。
アドバイスくださり、ありがとうございました。

投稿日時 - 2012-07-06 00:40:40

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.3

腰痛持ちで事務希望という方はよくいますが、ずっと同じ姿勢を取ることが多く、
体の筋肉をあまり使わない事務職は腰に決して良くありません。
私は外回りの多い営業仕事から事務作業の比率が多い営業へ業務領域が変わりましたが、ずっと座った姿勢が腰痛を悪化させ、働きながら通院している次第です。

30過ぎでサービス業経験のみから未経験職種を目指すのはかなり不利です。
(採用されにくい、採用されたとしてもそういう不利な条件の人が採用されるからには不人気な職場の可能性がある)

アパレルの経験を活かして飲食店などサービス系の職種についた方が現実的な気がします。

腰痛に、座り仕事は必ずしもよくないということも知っていただきたく、回答しました。
営業職も、毎日駆けずり回るハードな営業ばかりではないですよ。

投稿日時 - 2012-07-02 20:02:38

お礼

ご回答ありがとうございます。

事務職でも腰痛が悪化することがあるのですね。
とても参考になりました。

今までの経験も活かせるよう幅広く検討してみたいと思います。
アドバイスくださり、ありがとうございました。

投稿日時 - 2012-07-06 00:39:57

ANo.2

腰が大丈夫なら、介護職を目指したらどうかな。

投稿日時 - 2012-07-02 05:27:29

お礼

さっそくのご回答ありがとうございます。

介護職も検討してみたのですが、腰の負担を考えると私には長期的には体力的に難しそうでデスクワークでの仕事を考えております。

アドバイスくださり、本当にありがとうございます。
参考のひとつとして、ありがたく頂戴させていただきます。

投稿日時 - 2012-07-02 10:07:54

ANo.1

※就職はご縁ですので、良くも悪くも私が書いたとおりになるとは限らないことを念頭にお読み下さい。

30代後半で事務職に転職した者(♀)です。

もし事務を目指すのであれば、このまま就活を続けることをお勧め致します。
仰る通り、一般的には経験を積んだ方がベターなのですが、質問者様の場合最長でも2年程度でしょう。
2年実務についていれば、確かにそれなりのことはできるようになりますが、数多くのライバルを押しのける武器を身につけるには不十分だと思います。

・資格あり経験なし32歳
・資格あり経験2年あり34歳

このどちらが市場価値が高いかと聞かれたら、かなり微妙です。
それだったら、若いうちに沢山の会社にチャレンジした方がまだいいように思います。

投稿日時 - 2012-07-02 00:57:55

お礼

さっそくご回答くださり、ありがとうございます。

事務への転職経験者様からご回答をいただけて、大変参考になりました。
確かに市場価値の面で冷静に考えてみると、かなり微妙ですよね。

そこで、転職経験者様にぜひともアドバイスをいただきたいのですが、
>「数多くのライバルを押しのける武器を身につけるには・・・」

と、仰いますと具体的にはどのような資格が必須だと思われますでしょうか? やはり簿記とかになるのでしょうか。


>「若いうちに沢山の会社にチャレンジした方が・・・」

アドバイスくださり、ありがとうございます。
事務職に絞らずに他の職種での就職も、視野に入れて検討してみようと思います。

投稿日時 - 2012-07-02 10:36:51

あなたにオススメの質問