こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

カトリックの【婚姻無効の手続き】にかかる時間は?

【カトリックの婚姻無効の手続きはどれくらいの時間がかかりますか?】

現在ミサに通ったりはしていませんが、カトリック信者です。

離婚暦のある(無宗教の)彼との結婚が決まり、2人で色々話し合った結果、
私が大人になるまで熱心に通っていた地元のカトリック教会で、式を挙げようということになりました。


ルンルンでその教会へ問い合わせをしたところ、
離婚暦の有無を聞かれたので、正直に相手の離婚暦をお伝えしました。

すると
「【婚姻の無効宣言】をしないと結婚式を挙げることはできません。
 手続きには時間がかかるし、認められないこともあります。」
と神父様に言われてしまいました。


そこで詳しい方に質問なのですが、期間はどれくらいかかりましたか?
手続きは大変なのでしょうか?


結婚無効の手続きをとったことのある方の詳しいお話が聞けるとうれしいです。


ネットで検索してみたら、
「申請してから確定通知が届くまで3年以上かかった」という方のブログがヒットしました。
半年以内には式を挙げたいと思っていたので、いきなり目の前が真っ暗です…。

投稿日時 - 2012-07-03 10:46:32

QNo.7569258

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

ANo,1の方の回答とおり、双方合意の上で結婚し、双方合意の上で離婚した場合は婚姻無効にはできません。
私も子供のころからのカトリックですからあなたのご希望は理解できますが、これは法的な手続きのため、個人が崇拝する宗教上の理由であっても不可能です。
なぜなら日本には戸籍制度があり、戸籍に記載された人が生まれてから死ぬまでの法的な履歴が残されるからです。
当然婚姻や離婚などの法的手続きが必要なことはすべて記載されてます。ですから、それを法的根拠なしに個人的理由で変更などできません。
私はカトリック信者(今となっては似非かもしれないが。。。)ですが、この辺の教義は現実に即しておらず、世界的に見て、これによって悩んでいる多くの人がいると思ってます。
日本の場合はほとんど無いのですが、カトリック影響が非常に強いフィリピンでは、カトリックの教義に影響された「家族法」と言う法律があり、これには婚姻の定義はあるのですが、離婚の定義がありません。ですから、フィリピン人は一度正式な婚姻をすると、離婚も再婚もできなくなるのです。
そのため、今回のあなたと同じく裁判所に婚姻無効の申し立てをしなければならず、これにはフィリピン人にとって大きなお金と長い時間が必要です。ですからほとんどのフィリピン人は離婚でなくSepalateで婚姻関係を終わりにし、新しい相手と法的な婚姻手続きを行わずに同居するのです。
ですからその後に生まれた子供は実質的な私生児となってしまいます。
また、フィリピン人が婚姻無効の判決を受けたとしても、同じフィリピン人とは再婚できず、外国人との婚姻飲み認められています。
こう言った宗教観念にとらわれた古い法律があることも、フィリピン人の性的モラルの欠如の一つになっています。

投稿日時 - 2012-07-03 14:08:46

お礼

ご回答ありがとうございます。
同じく子供のころからカトリックという方のご意見がいただけてうれしいです。

m-twingoさんの回答を読んでわからなくなってしまったのですが、
婚姻無効宣言は、法的に処理され、戸籍にも反映されるということでしょうか?
私のイメージでは、神に対しての宗教的処理だと思っていたのですが違うのでしょうか?

フィリピンの話は、今回色々調べていて何度か目にしました。
こんな公の場で書くことではないかもしれませんが、
離婚・婚姻無効の概念について調べているうちに、
宗教自体に疑問が出てきて、色々とわからなくなってきてしまいました。

宗教って難しいですね。

投稿日時 - 2012-07-03 15:15:14

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

>「結婚の無効という法的処理」ということですが、婚姻の無効宣言は、(あくまでカトリック内だけの)神に対する宣言ではないのでしょうか?
法的ということは、もしかして戸籍にも反映されるのでしょうか?

そういう事です戸籍の記載が結婚していなかった状態になります
神父様がおっしゃっているのは教会内だけでの無効宣言では有りませんよたぶん
そんな事が可能ならそもそも離婚が出来ないなんて事は無くなります
カトリックで結婚していなければ認められる場合も国によっては有る様ですが難しいでしょうね

投稿日時 - 2012-07-03 19:37:08

お礼

mac1963さん、2度目のご回答ありがとうございます!

戸籍にも反映されるとのお答え、びっくりです。
もしそれが本当なら、「離婚の×を消す裏技」みたいな感じで出回りそうなもんですが。
あと、他の宗教の方からブーイングが起きそうな・・・。
(だって他の宗教だと、死別でも婚姻無効の手続きなんてないんですよね?)

もしかして、「日本の戸籍法に基づく、民法上の戸籍への反映」ではなく
「教会法に基づく教会籍への反映」ということでしょうか?

ネット上に情報があまりないし、神父様もあいまいな返事ばかりなので頭が混乱です。
質問の繰り返しになってしまってすみません・・・。


とりあえず、希望教会での挙式は無理そうなので、
あきらめて商業教会で式を挙げることになりそうです。
(熱心な信者ではないので、ごめんなさい。色々ご理解いただけるとありがたいです。)

投稿日時 - 2012-07-04 15:18:00

ANo.1

通常の離婚では婚姻無効には出来ません
一般的に偽装結婚や本人の同意なしに行われたもの等でないと認められません
通常に結婚して離婚した場合無効には出来ません
カトリックの場合離婚が認められていないので一度結婚した人はもう一度結婚出来ません
そのため結婚自体が無い事になる結婚の無効という法的処理を求められるのです

貴方が出来る事は
無効宣言される迄待つ(無理な様な気がする)
結婚せずに同居だけする
カトリック信者をやめる
結婚そのものをあきらめる
のどれか選択するしか無いでしょう

投稿日時 - 2012-07-03 11:05:41

お礼

回答ありがとうございます。
ハッキリと選択肢を示してくださってありがたいです。
ただ、浮かれているところに今回の話しで急に壁がそびえ立ったような感じで、まだ頭の整理ができていません。
「結婚そのものをあきらめる」というのだけはありえない、という感じです。


「結婚の無効という法的処理」ということですが、婚姻の無効宣言は、(あくまでカトリック内だけの)神に対する宣言ではないのでしょうか?
法的ということは、もしかして戸籍にも反映されるのでしょうか?
無知ですみません。

投稿日時 - 2012-07-03 14:57:15

あなたにオススメの質問