こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

株と先物取引の損益を確定申告した場合の健康保険料

株と先物取引の損益を確定申告した場合の国民健康保険料への影響を教えてください。

無職であるとして、先物取引で200万の利益、株で200万の損失が出たとします。
先物と株の損益は相殺出来ないので先物にだけ20%の税金がかかってくることは知っているのですが、この場合の国民健康保険料はどうなるのでしょうか?

トータルでプラスマイナスゼロと見なして最低料率となるのか、
それとも先物取引での200万の利益を基準に料率が決定されるのでしょうか?

投稿日時 - 2012-07-12 10:51:22

QNo.7585858

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

>トータルでプラスマイナスゼロと見なして最低料率となるのか…

なりません。

国保は自治体によって大幅に異なりますが、基本的には前年の「総所得金額等」が算定の基礎資料になります。

「総所得金額等」の定義は、
純損失、雑損失、その他各種損失の繰越控除後の総所得金額、
特別控除前の分離課税の長(短)期譲渡所得の金額、
株式等に係る譲渡所得等の金額、
上場株式等に係る配当所得の金額、
先物取引に係る雑所得等の金額、
山林所得金額及び退職所得金額
の合計額
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1150.htm#aa1
です。

>先物と株の損益は相殺出来ないので…

それがお分かりなら、

>株で200万の損失…

「総所得金額等」への算入は、マイナス200万ではなく、0 の扱いになることがお分かりでしょう。

>それとも先物取引での200万の利益を基準に…

して国保税が算定されます。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

投稿日時 - 2012-07-12 11:29:32

あなたにオススメの質問