こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

釣り用のヘッドランプ

釣り用のヘッドランプの購入で迷っています。ご意見をおねがいします。
GENTOS(ジェントス)デルタピーク DPX-233Hと777Hで今迷っています。233Hは160ル-メンで777Hは200ルーメンで値段は233Hのほうが少し高いです。使いがってはどうでしょうか?よろしくお願いします・

投稿日時 - 2012-07-12 21:37:13

QNo.7586940

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

まずどういった用途で使うかですね。

通常の波止などで移動も車から波止までぐらいで、あとは仕掛け作りやエサ付けなどの
一般的な夜釣りに使うのか・・・

本格的な沖磯で夜中のうちから磯上がりして、岩場での移動などがメインなのか・・・

上記の場合ですと、その2機種ほどのパワーは全く要りませんし、233Hでもワイドで
30度ですから仕掛けを作ったりするのには照射角が狭すぎて、手元ですと更に狭くなるので
ちょっと手を動かしたりすると光の帯から外れ、結構作業がしにくくなります。

私の場合は上記用途、また磯上がりしてから夜明けまでの雑談タイムなどの時は
デルタピークの143Hを使用しています。
これはスポットで30度ですから真っ暗な波止へ歩くにしても、自分の前方に常に4~5mの
明るい光の輪ができて、非常に歩きやすく、仕掛けを作るときは50度ぐらいにフォーカスを
調整すると自分の身体より広い幅ぐらい全体が明るいので抜群に作業しやすいです。

何より電池パック別のタイプより半分の重量で電池自体も単4ですから軽く、いつも首掛けで
使っていますので頭への負担も皆無で、快適でとても使い勝手が良いですね。
どうも頭が弱いので(;´_`;)長時間、頭に重いものをゴムで縛り付けたり出来ないんですよ。

通常の波止釣りぐらいで危険な場所をかなり移動したりしないのなら143Hで十分だと思いますが
どうしてももっと光量を(私もライトマニアですので少しでも明るい方が好きですが)と言うなら
その2機種なら照射角が広い233Hの方が使いやすいでしょう。
極端なスポット光は光の到達距離は優れていますが、手元の作業は非常にしにくいです。

ちなみに私の場合、磯上がり、磯での移動などにはLOGOSの136ルーメンの超小型LEDを
ゴムバンドにベルクロを付けてベストのポケット上にグルッと回して固定しています。
http://item.rakuten.co.jp/bousaianshin/logos74175531/

これはもうすでに型落ちしており、探せば見つかるかもしれませんが超小型(143Hより小さい!)
のくせに電池がCR123、2本ですから恐ろしいパワーで7、80m先の磯をくっきり照らし出すほどの
照射能力があり、その磯の人がビックリしてこっちを見るぐらいです(笑)

電池も充電式CRを使用して磯上がりからベースが出来るまでと、磯での移動には抜群の威力を発揮
しますが パワーがありすぎるので連続使用時間が短い欠点があるので、143Hとの併用で
まったく頭などへのストレスもなく明るい釣り生活しています。

投稿日時 - 2012-07-13 18:16:54

お礼

回答有難うございます。まさにぼくが知りたかった事を的確に答えて頂いて感激です。夜のイカ釣りとアコウ、メバル釣りに使用予定です。照射角がいまいち実感出来なくて迷っていました。

投稿日時 - 2012-07-13 19:00:29

このQ&Aは役に立ちましたか?

8人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問