こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

windows updateで不明なエラー

前回、質問した内容に追記のような格好になりますが、現在の設定でwindows updateで新しい更新プログラムを自動確認、手動インストール設定している内容に対して、(更新プログラムの確認ボタン)をクリックすると以下のような表示が出まてしまいます。

(コード 80070422 windows updateで不明なエラーが発生しました)


そこで前回の質問からお寄せいただいたご回答でマイクロソフトから提供されている診断ツールを使用して問題の検索をテストしましたが、特に問題は検出さませんでした。

前回の質問で記述した内容で、新しい更新プログラムがあると確認できていて、タスクバーに常駐のアクションセンターにはきちんと常に表示されています。
ただスタートボックス内のwindowsのシャットダウンと起動を表示している枠内に新しい更新プログラムがあるときに表示されるマイクロソフトのアイコンがwindowsをシャットダウンと同時に通常なら自動インストールされてシャットダウンされ、通常次回の起動時には消えています。
しかし、どうやらインストールされておらず残ってしまっています。

この度、お寄せいただいたご回答からは解決に至りませんでしたが、手動でインストールした後に何度かシャットダウンしている内に消えていました。
次回どうなるかはまだ分かりませんが、更新プログラムの確認ボタンをクリックしたときに、その不明なエラーが表示される意味が分かりません。

ただ思い当たる節に、ファイル名を指定して検索からmsconfigとタイピングして検索するとwindowsのサービスとスタートアップの一覧が表示されますが、windows7を少しでも軽くするために、不要なサービスは全て停止しています。
この不明なエラーが出る原因がここにあるかどかは不明ですが、windows updateに関するサービスの停止はしていないように思いますが、もし、お分かりならそのwindows updateに関するサービスの内容をご教示いただけないでしょうか。

投稿日時 - 2012-07-23 03:57:33

QNo.7605634

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

過去の質問を見つけ切れなかったので、一般論で回答します。

まず、msconfigの利用は極力避けましょう。(後述)
そこで停止したサービスは予め全てもとの状態に戻して作業をしてください。でなければ、以下の作業をしても効果がないか、もしくは症状を悪化させます。また、レジストリなどを操作している場合も、変更箇所は念のために全てもとの状態に戻してください。
その上で以下のサービスを確認してください。

コントロールパネルの管理ツール→サービスから
Software Protectionが自動(遅延開始)になっているかを確認する。(必要時のみ開始されるため、状態は停止となります)
Background Intelligent Transfer Serviceが開始、自動(遅延開始)になっているかを確認する。
Windows Updateが開始、自動(遅延開始)になっているかを確認する。
Windows Management Instrumentationが開始、自動になっているかを確認する。
Windows Event Logが開始、自動になっているかを確認する。
Windows Installerが、自動または手動になっているかどうかを確認する。(必要時のみ開始されるため、状態は停止となります)

*尚、msconfigでそれらを停止している場合は、自動実行になっていても、msconfigが優先されますので、予めmsconfigで変更した箇所を全て初期状態に戻してから、確認作業を行ってください。それから、eventlogは間違っても停止しないこと。これを止めると、ログが吐かれないため、こういった障害の時に、原因が突き止められなくなります。そのほかは、各種管理に必須なサービスです。


これらの箇所が有効なら、動作はするはずですが、ひとつだけ問題があり、特定のサービスに依存するコンポーネントをアップデートする場合は、そのサービスが無効または、msconfigで停止されていると、アップデートに失敗することがあります。

それから、msconfigの利用についてですが、これはレジストリ上のスタートアップやサービスの状態を書き換える検証または管理者用(デバック用)の機能です。そのため、例えばスタートアップにあるサービスを止めた後に、そのサービスにかかわる部分が更新されると、同じサービスが2つ3つと表示されるなどのおかしな症状が出ることもあります。すなわち、この手段で停止したサービスやスタートアップは、本来の止め方はとは異なる例外的な不可視処理(スキップ)が施されるのです。
そのため、ここで停止する場合は極めて慎重に作業されることをお勧めします。

まあ、9x時代から使っている人などが、今でもmsconfigでの止め方を書かれていたりするので、やる人は多いですが、NT系ではシステム管理が複雑化、厳格化されていますので、これを他の手段がない場合を除き、多用するとシステム障害の原因となることがあります。

出来れば、スタートアップにあるものはスタートアップからショートカットを削除して停止するか、ソフトウェアが特定できるならそのソフトウェアの設定から停止します。また、Windowsサービスに登録されているソフトは、そこから停止処理を施すことをお勧めします。
それらにどうしても存在せず、コマンド停止の方法もない場合で停止が必要な場合や、一時的なデバックのための停止に限って、msconfigを利用することをお勧めします。


最後に、原因の解決方法についてです。

基本的に、おかしくなったら、おかしくなかった頃の状態に速やかに戻すのが、原則です。(基本的には手作業で戻します。システムの復元は手に負えないときの最終手段です。)
そのために、作業の手順は全て覚えておくか、書きとめておくか、プリントスクリーンで取っておきましょう。問題が発生したら、これは原因ではないサービスだと決め付けないことです。
後は、サービスに関しては、msconfigではとめないこと。サービスは管理ツールで停止します。
スタートアップはスタートボタン→全てのプログラム→スタートアップに登録されているなら、そこから削除するか、削除に心配があるならデスクトップなど任意の場所にフォルダを作ってそちらに移動すれば、msconfigを使わなくとも停止できます。
また、優先度の高いスタートアップは、それぞれのソフトの設定メニューにスタートアップに登録するなどのチェックがあります。


これらで、解決できない場合は、Windowsアップデートならアップデートで失敗したプログラム名でネット検索し、同じ症状の人がいないかどうかを確認しましょう。同様の症状が他にも出回っているなら、アップデートファイルそのものに問題があるかもしれません。

それらの問題がない場合は、一緒に更新したほかのアップデートとの順序が入れ違いになり、正しくインストールできない可能性もあります。一度、同時(同じ日付)にインストールしたアップデートを削除(コントロールパネル→プログラムと機能→インストールされた更新プログラムの表示で削除できます)してから、再びアップデートをかけてみると改善するかもしれません。

それでも駄目なら、購入したパソコンのメーカーに問い合わせるか、リテイル版のWindowsパッケージ(抱き合わせ販売を除く店頭版のWindows)なら、マイクロソフトに問い合わせてみましょう。

以上のような対応になります。

投稿日時 - 2012-07-23 10:02:58

お礼

大変参考になりました、ご丁寧にご説明頂き心より感謝申し上げます。
また何かあった時には、宜しくお願い致します。

投稿日時 - 2012-07-26 07:04:25

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問