こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

いじめ問題。学校を糾弾すれば解決するのでしょうか?

失礼します。
昨今、大津のいじめ問題が有名ですよね。

いじめが原因で、学生が自殺した。
その事実を、学校側に非は無かったものとして、学校は内々に処理した。
警察も教育委員会も、それで内々に片づけた。

でも、それで解決しないものとして、洗いざらい言及され、捜査されています。
そうなってようやく、学校側は、学校側にも責任の末端はあるのかもしれない。と、曖昧なコメントをしました。

まあ、担任教師も一緒になって葬式ごっこなることをし、生徒を追い詰めた。
体裁から、教育関係者は事実が広がらないよう、隠蔽しようとしたのは別として、
疑問に思ってることがあります。

それは、テレビではやたら「学校」「学校」と騒がれているのですが、
いじめに、直接的に関わってた人間が糾弾されていないことです。

もっと端的に言うなら、学校の環境が悪いから、いじめ問題は無くならないのか?
学校の環境さえ良ければ、いじめ問題は無くなるのか?ということです。


いじめは、社会問題としても挙げられますが、その社会はどのように対処に取り組んでいるのでしょう?
いじめのない学校というのは存在するのでしょうか?
何も具体的な指針があるワケでもなく、単にいじめを問題として取り上げてるだけでは、何も解決しないのではないでしょうか?

私の個人的かつ主観的な意見ですが、いじめが無くならないのは、その人間性が享受されうる環境があり、取り締まらないことで助長されてるからだと思います。
また、その人間がいじめに対する責任意識を全く持てない環境から生まれたというのも問題だと思います。

前者に関して。
これは徹底して排斥しないこと。上述のように、なあなあにしたり、
学校なら、事実を隠蔽する。
社会的に見るなら、それに注意を喚起し、しっかり指導した。という、結果とは関係のない行動を示すだけで済むことに問題があると思われます。

こういうことをして、人を1人死なせた。
それならそれで、その自殺に追いやった当事者達をニュースで晒し者にするくらいあっても良いと思うのです。
やり過ぎかもしれません。
しかしながら、今の社会の仕組みが徹底していないクセに、いろいろと騒ぎたてるのがとも思います。
そう騒ぎ立てる側の人間も、世に事の是非を問いたいから喚くのではなく、ただ注目を集めるだけに扇動するのも問題です。

悪いことをしたら、しっかり矯正する。時には、力による抑圧も必要になるでしょう。
そういうことをしないから、そういう環境を作らないから、その人間は行為・行動に罪の意識を持ち辛くなる。
学校で体罰を行った。それだけで問題になる昨今。
しかしながら、それが抑圧した者の一方的なモノであるなら、問題だと思いますが、
しっかりとした矯正をしないで、後々世に罪の意識を持たないで行為・行動をする人間を排出する方が問題だと思っています。

また、罪の意識が育たないものだから、罪悪感も薄れ、
自他の行為・行動を省みなかったり、都合が悪いからと隠蔽に走ることもしかねませんよね。
そうして全て晒され暴かれた時になって、罪を自覚させることになる。
考え方次第では、社会の取り組み自体は、犯罪行為を抑制するのではなく、助長していることも否めません。

だからこそ、徹底した淘汰が必要だと思っています。
自由や個性だけ尊重したところで、怠惰心や劣等感故、何も育ちません。
挙句、それらが没個性化、抽象的な平均化をも促します。
その平均思考も、志向が下がり続けてるのには笑いものですがね。
人は国の国力です。しっかりとした人間を養成するには、しっかりした規律の中で、人を行動させ、
我々が定めるところの、ルールからはみ出さないよう、努めるのも大事だと思います。


後者に関して。
上記の取り組みを間接的なモノとするなら、これは直接的なモノ。
その人が身体的・精神的に成長する上で、直接的に携わる親にも責任あると思われます。

今回のことに関して、一番不満に思うのが、そういった親らへの責任追及に全く触れられてないことです。
まあ、事実が浮き彫りにされず、責任者が並べたてられる前に、
「お前が悪いんだ」とされるのも、違うと思いますが。

これも私の主観が拭えませんが、子供が成長する段階で、その子供の精神性は、
その子にとって、影響のあるものによって、形成されるものと思っています。
それを私は、親だと思っています。少なくとも、子供にとって親は影響力の強いものです。
親が良いと思うものは子供も良いと思いますし、親が悪いと思うことは、子供も悪いと思います。
親が、仕事の愚痴や同僚の陰口や悪口を言おうものなら、子供は愚痴を言うことは悪いことだ。と思わず、自分の知り合いの悪口を平気で言うでしょう。
親が暴力的で抑圧的なら、子供はそれに委縮するでしょうが、いざ自分が甘えられるような配偶者や仲間に恵まれたなら、同様に暴力を振るわないとも限りません。
また、自分もそう育った。親が悪いものとして注意しなかったことから、それはしても悪いことではない。と考え、行動するのがほとんどです。

以上の理由から、親の育て方は、その子の人格・人間性を形成する上で、非常に密な関わりを持つものだと思っています。

しかしながら、今回のことで、いじめをした子らの親は愚か、子供たちすら浮上していません。
いつ見ても、「学校」「学校」です。

しつこいようですが、学校の環境次第で、いじめ問題は左右されるのでしょうか?
こういう考え方を思うと、その子の成長の不出来は学校の所為にしてるように感じ、
尚且つそれは、子供が成人するまでに、しっかりした人格者に育てるという責任する放棄してるように思えます。

罪を隠蔽し、今責任問題を突き付けられてる学校とは裏腹に、彼らはその影に隠れ潜んでいます。
それらを見過ごし、彼らが将来的に同じような行為・行動の責任を追及された時、
その責任はどこにいくのでしょうかね?
現状の法律なら、養護される立場から外れたなら、その人自身に責任が行くでしょうが、
何と言いますか・・・・・・

その時になって、しっかり取り締まらない。
人格者になったらなったで、社会のルールというのを適用する。
私も社会人になった頃思いましたが、そうして社会のルールなり、何なりを強要されてる気がしてなりませんでした。
でも、ここで暮らすには、生きていくには、それに適応しなければならない。
適応出来ないというなら、出ていけば良い。それが社会だと理解させられた。

もっと早い段階。
二次性徴の段階にでもミッチリ教え込まれたのであれば、それはそういうものだと思ったのでしょうが、
社会は、そうは教えませんよね。
学校では、抽象的かつ半ば宗教的とも思える道徳を教え、
社会という現実を、ひたすらに包み隠し、我々には教えない。
そうして精神が確立して育って社会に出てみたら、「現実」という言葉を強要させられる。
うーん・・・上手くは言えませんが、放任的です。
どこもかしこも、責任は取りたくない。
でも、取り敢えず治安維持やモラルを維持するために、ルールからはみ出した者を処罰していく・・・
社会に適応出来ない者は、排斥する。

関係の無い話になり、申し訳ございません。
上手くは言えませんが、根本的な問題から解決しようという姿勢がなく、ただ闇雲に具体的なプランもなく、対処に追われる・・・・
まあ、上も上で、具体的なプランを掲げることなく、政策を挙げたり、
返済の見通しもなく増税したりですし、
最高責任者がコロコロ変わるようでは、責任もコロコロ変わるのでしょうね。
だから、責任・原因を究明し、解決するのは無駄だというのでしょうか?
収集が付かなくなるので、ココで切ります。




議題に戻りますが、いじめ問題。
学校次第で、解決するのでしょうか?
糾弾すれば「絶対に」解決するので、今報道や警察は動いているのでしょうか?
解決しないものとして、「どうして」解決しないのですか?
また、それらが分かっているものとして、「どうして」根本的な問題には触れないのですか?


長文失礼します。
答えられる部分だけで構いません。
お手数ですが、ご意見。ご回答お願いします。

投稿日時 - 2012-07-26 09:24:02

QNo.7611216

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

まず、いじめの定義が曖昧です。
ただし、他人を蔑むことは人間は本質的に好みます。
自分より劣っている者がいることで、安心する。

これは事実です。

江戸時代には士農工商という身分制度がありました。
そこで、民衆の不満を和らげるために、エタ、ヒニンという身分もあったんです。

小学生や中学生でもわかるレベルなんで、
いじめがあって当然。呼吸していて当然というのと同じことです。

しかし、
学校内でいじめがあった事実を、まるで犯罪者が学校にいたように、
犯罪が起きることが悪いように、政治もマスコミも取り上げます。

いじめの件数に対して、学校を悪評価でもしているんしないですかね。

なんというか、ただ数字だけ見てその数字の意味さえ考えることができない無能な人間が多いからこういう社会になるんでしょうけど、
同じように数字で判断するなら、
いじめの発見数で評価したらいいのにね。

発見するほど高評価なら、発見しようとする流れになるでしょ。
発見できる流れにした上で、解決をどうするかやっと考えられる環境になる。

解決するのが、担任でも学校でもある必要性はないし、責任も必要ない。
保護者や政治も含め、協力して解決すべき。

そこですべきことは、それを法で定めること。
責任は誰にもないことになりますからね。
そうすることで、責任の擦り付けあいは無意味なものとなり、
解決しようとするしかなくなる。

ただし、犯罪や不法行為に対して議論の余地はない、
犯罪は警察に、民事的損害は民事裁判で。
教員は管轄外ですね。

民事はさておき、公務員はいじめと現在呼ばれる内容の中で、刑法に触れる内容を発見したら通報義務を課すべき。

詳細な部分では、多々議論すべき点がありますが、
そもぞも発見することを良しとしなければ、スタートラインにさえ立っていないでしょう。

統べての問題解決のプロセスにおいて言えること。
問題の発見
問題の把握
問題の解決策の思案
問題の解決策の実行

無能は人達、これ以外に問題解決する方法があるなら説明してみて欲しいです。

もしあれば、私自身が全てにおいて、考えを改めるべきですね。

いじめの被害に合われた方、残念ですが可哀想だったとしか言えません。
被害者として、同じことが社会で繰り返されるのが嫌であれば、何をすべきか考えてください。
やり方が汚くても何でも、結果が全てだと思います。

投稿日時 - 2012-07-26 10:30:21

お礼

ご回答頂き、ありがとうございます。

回答を見てて思いましたが、日本人はとかく潔癖・完璧主義を掲げるわりに、
実態はそれに追い付いていないですよね。
理想と現実がずれてる状態です。

回答中にもありますが、いじめ0を謳う学校よりも、
いじめ問題を100解決した学校の方が良いと思います。
どちらも変わりないでしょうが、どうも日本人はマイナスイメージとなるものを、持とうとしない。
故に、あるであろういじめ問題も、第3者は当事者の立場に立たず、なあなあにアヤフヤに済ませる。
それで、いじめ0を掲げたとしても、
何らかの取り組みによって、徹底して解決に至ったワケではなく、包み隠したというイメージが強いです。
だからこそ、いじめ問題を出来るだけ発見し、それを解決した。という学校の方が、問題事に対するアプローチや意欲を感じれて良いと思いました。

実社会においても、人はマイナスイメージを相手に与えないよう包み隠しますよね。
誰も、かつて不出来だったが、それらの問題100を全て解決したと言いません。
初めから、そういう不出来は無かったものとして、自分にはマイナス面がないモノとして相手に刷り込みます。

で、問題なのが、包み隠す割に、理想像に追い付いていないところです。
それもそうですよね。
実際に解決策を講じて行動してきた後者と違って、前者はただ刷り込んでるだけです。


人は失敗を恐れます。過去の過ちを払拭しようとします。
何故でしょう。失敗することによって得られる経験や知識は、何もしないよりも、ずっと成功へ近しい位置に我々を誘います。
過去に犯した過ちが多いほど、不出来で悪いというイメージ。
それに気付き、成長し乗り越えることが出来た。とは思いません。
どうして、あの時こうしてたんだろう。。。と、過ちの数を数え、少ないほど安心する。
そのクセ、過ちを犯した原因を、怠惰心故に真摯に考えないこと。これが一番の問題。
だから失敗するということを、親身に考えません。
でも失敗したくない。悪いイメージを持たれたくない。けれども面倒臭い。

もはや、ただの欲求ですね。
別に欲求自体を否定するワケではありませんが、他人に迷惑を掛けるであろう欲求を肯定したくはありません。

投稿日時 - 2012-08-08 00:46:41

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

ANo.7

いじめについて良くお考え・ご心配をしておられるご様子を心強く思います。この件で学校が批判の矢面になる理由は、「現場にもっとも近い」「目撃情報が多い」「対策の権限を幾つも持っている」ことなどでしょう。学校がいじめへの全責任を負っているというわけではないでしょう。
ところで、いじめについて被害者・加害者・目撃者の三者いずれに対しても、この社会は「良く届く言葉」を持っておりません。その言葉を聞くことで三者いずれも「ああ、なるほど。こんなことは直ぐに止めよう」と思い至る、そんな言葉はないようです。
いじめとは被害者にとっては、「住みなれた暮らしの中に突然深い穴に落ち込んでしまい、他人に助けを求めることが出来ない状況」のようです。周りの人間には、「いずれ自分もああなるかも知れない。触れたくない」ことのようです。加害者にとっては「害を加えているわけではない。一寸したことでこいつの性格を直してやろうとしているだけさ。」のようです。人間社会の身近にある深い闇のようです。この社会はこれに「良く届く言葉」を持っていないのです。警察では「被害者の主張を主体とした対策」などと言っているそうです。被害者が言葉を発することが出来ないことを知らない振りをしています。いじめ被害の「立証責任は被害者にある」との法律の立場もひどいものです。多分「身近な人を裁くことへの恐れ」のようなものがありそうです。
いじめについては今の社会の対応は全く不十分なのです。貴方も一層の努力をなさって下さい。「良く届く言葉」をお考え下さい。身近で深くて恐ろしい犯罪なのです。

投稿日時 - 2012-07-27 21:07:55

ANo.6

日本の刑法が犯罪者の更生を目的としたもの。
そして今は個人情報と言う鎧で個人が守られている。
ましてや、苛めた張本人たちが未成年であること。
等々でマスコミもそこを叩けない。

となると叩きやすいところに矛先が向けられるのは至極当然。

最近のストーカー殺人事件や
こうした苛めの自殺などのニュースを見ていると
段々と当事者が端っこの方に追いやられて、
警察だの学校だの教育委員会が
最大の悪者になっているような感じがする。

要は暗示に掛かりやすい国民をマスコミが扇動しているだけ。

投稿日時 - 2012-07-27 11:52:52

ANo.5

>いじめ問題。学校を糾弾すれば解決するのでしょうか?
>
この学校に関しては、解決するでしょうね。
ただ、解決というのは、皆が納得いく結果というわけではなく、
教育者と当人達に処分が下るという意味でね。

あなたの言う「根本的な問題」ってなんですか?
いじめた当人達を糾弾してないってこと?いじめをする人の
本質の話?読み返しても何が言いたいのかよくわからない・・・
人の本質の話であるならば「多様性を認められない」というの
が本質だと思うし、多様性が認められる人間が教育者であるべ
きだと自分は思うけどね。親も含めてね。

投稿日時 - 2012-07-26 12:39:20

ANo.3

いじめの問題何ザ、加害者と加害者家族が、一般人に公開処刑されて、ネット中継でバラバラ死体にでもされ、いじめを起こしたやつ次はお前だと 犯人特定できず終了の憂き目に会わなければなくならんでしょう。毎日新聞がいじめ記事を書くたびに加害者が特定されて、処刑にあう

結局はは恐怖で支配しなきゃ、こんな連中が辞めるわけも無い
一億総通告者になって監視体制で生活しなきゃ いじめの無い社会なんかある分けない
私だって、仕事で邪魔なライバル蹴落とすため金と人脈使って
一家離散させたり不渡り起こさせたり、精神的に有能なヤツ追い込んで 手を汚さずに私たちにとって良い結果にしたりビジネスでのいじめも頭使っても大変だもん

学校なんてただの勉強教える機関なのに、それに育成だとか、生活だとかそんなもんもとめてもね
学校を神格化しすぎてるんだよ なにせ義務教育ならタダ同然で勉強を教えてもらえる
勉強と教育とは違うんだよ。
学校はすでに教育の場ではない そんなことする必要はないし教えるような人間は居ない
はじめから学校で言えばいいのに、勉強できないヤツは礼儀を知らなきゃ
大人社会に受け入れられないクズになるって。クズは野タレ死んで結構だって
世の中金とコネと実力主義で、夢と希望は10歳までに捨てなさい
と教えたほうがいいでしょうね。

差別も結構 あって当たり前。お手手繋いでなんて事教えるよりは
お前は、成績が悪いから他のもので補わなければ クラスのゴミだよっていってやったほうが
良いじゃない。だって本当に社会じゃ要らないやつをなんで、まともな人間が金を出す必要があるの?
死んでくれればその分食い扶持が増えるのに。そんな当たり前の事を学校で教えない
体裁とりたいから大人が話さない。 それを学校で傷つかないように教えろなんて
虫が良すぎ。 しつけほっといてなんでもかんでも 学校教育が悪いで責任逃れしたいんでしょう。

文句言うヤツは、自分は崇高な存在で何もかも正しいと 頭が膿んでる連中ばっかりだから。

もう日本の人口も多いんだから、悪党には即死を持って処分したほうがいいと思うんだ。
子供でもね。死んだ後ならいくらでも使い道はあるでしょう。悪党でも臓器には罪は無いから

投稿日時 - 2012-07-26 10:16:45

ほら、日本人ってコイツが悪い!って言うの苦手だから…

取りあえず学校が悪いとか社会が悪いとかで薄めちゃう。


あなたもそうじゃないですか?
学校とか職場でなんか悪いことが起こった時、先頭きって
『○○のせいだよ!○○が悪いっ!』
って言えます?

まあお前のせいじゃないよ、みんな気がつかなかったし~
とか、誰のせいでもないよね、
とかなんないですか?


今回も未成年者だし、彼らも被害者だよね。とか訳の分からん論議になるんです。


どう考えても…
『やったやつが一番悪い!』
のは明白なのにね。


盗人にも3分の理とか…
弱い責められる立場の人を正論振りかざして鬼の首を取ったかの如く責め立てる…そういうのに罪悪感を感じる国民性なのです。

投稿日時 - 2012-07-26 09:46:49

ANo.1

学校や市教委が批難されているのは、「いじめ問題」ではありませんよ。
第一、“根本的な問題”とやらをマスコミで取り上げて、社会で考えるようなものではありません。
質問者さまの言葉を借りれば、根本的な問題に触れたら「絶対に」解決するんですか?

学校に限らず人が集まればいじめは起き得ることで、マスコミはそこを批判しているわけではありません。

重大ないじめ事実を隠ぺいしたこと、看過したこと、それに伴って起きた結果について糾弾しているだけです。
結果が結果ですから、誰も「解決」なんかできると思っていませんよ。

あと回答文中で質問者さまの論法を借用しちゃいましたが、
>糾弾すれば「絶対に」解決する
なんてくだらないことを言うのはやめましょ。
こと対人関係において、絶対に解決する方法なんてありません。

投稿日時 - 2012-07-26 09:46:28

あなたにオススメの質問