こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

4stepと赤本だけで東大理一は合格可能でしょうか

今年度受験生の者です。
数Cまで一通り学習を終えて、フォーカスゴールドという参考書(チャートに似ています)の節末問題で復習をしているのですが、前の内容を忘れてさっぱり解けない上、計算ミスが多発したりして膨大な数の例題に戻って進めているのでなかなか進みません。また、内容が詳しすぎてどこまで覚えておくべきなのか、こんなに覚えられるかなどと戸惑うこともしばしばあります。そこで、おそらく中途半端に終わってしまう参考書をやるなら思い切って4stepを繰り返し解いたらどうだろうかと考えたのですが、先生からは「4stepじゃ東大は厳しいだろ」と言われました。やはり4stepでは無理があるのでしょうか?また、他にいい勉強方法があればアドバイスを頂きたいです。乱文で申し訳ありませんが、ご回答お願いします。
尚、4stepの解答編は持っています。

投稿日時 - 2012-07-27 22:23:24

QNo.7614056

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

いくつか思うことを列挙します。
東大卒じゃないんですが。
---

>4stepを繰り返し解いたら

くり返す必要はあまりないとおもうけど(※理由は後述)、
それはともかく、
学校の課題なら、
4ステップは手を抜かずにしっかりやってください。
(※繰り返す必要ない---どんどん先のレベルの問題演習をやれば
自動的にいやでも基礎の演習を繰り返すことになる!
それが東大受験かと--;)

>計算ミスが多発したりして

計算ミス1つでもあるようだと
東大理系は受からないものと思ったほうがよいです。
その意味では、
4ステップは妥当な教材では。
もしくはくもん?
計算ミスと計算速度をどうにかしないと
マジでぜったいうからない。

>前の内容を忘れてさっぱり解けない上

じゃあ今のやり方を続けても意味ありませんね。
白チャート「例題」の解法をだーっとおさらいしたら?
(※白チャートは根幹ですから。根幹と上級解法を「混在させて」
覚えることには記憶の面から言ってかなり問題がある。)
そのあとで4ステップを解く。まだ手つけてないところはね。
1度やったとこは「4ステップで」復習しなくていいと思うけど。理由がない限り。

ちなみにセンター試験を60分、マークしないなら55分で解いて、
コンスタントに9割超えないなら危険かも。
この場合、東大理系としての「基礎力がない」ことを意味するので、
注意はしてください。
(ただし計算スピードや
積分計算テクなどは「下記の演習などで」克服してゆくものなのかもしれない)
---

■基礎が終わったら何をすればいいか

次にやるべきは
(A)上級の頻出解法の「1部」を覚える(※東大にいかにも使えそうなやつのみ)
(B)入試標準レベルの問題の演習
の両方だと思う。
あなたがいま手間取ってるのはここ。
たぶんFocusGold例題や1対1が「上級の頻出解法」本で、
FocusGoldの章末問題、プラチカ、新スタンダード演習が(B)
だと思います。

予備校行かない場合、
さてこれをどうするか。頭が痛い。
予備校いくと
東大に即して「適度に」カリキュラム組んでくれるだろうから
ある程度は楽なんだろうけど・・・。

考え方(1)
http://okwave.jp/qa/q7590817.html
のNo.3の回答のリンク先参照。
頭いい人にとっては、
1対1は「ブルーバックス」と同じ感覚ですね・・・。
(このあとで上記(B)に突入すると言うこと)

考え方(2)
(B)をやりながら、解説が理解できなければ、
「上級解法本」を調べて身に付けていく。

考え方(3)
z会の問題を(B)の代わりにして、
あとは考え方(2)のとおり。
ただしz会で演習量が足りない場合は
市販の(B)の本で類題探しなどをする。
この方法の利点は、
東大っぽい手法、東大っぽい問われ方、または東大頻出の問題を
メインもしくは真っ先に、訓練できるということ。
---

もちろん、
カコモン分析は必須ですけど、
あなたのレベルとカコモンのレベルが離れすぎてると、
分析できないかと。
4ステップレベル、もしくは
1対1覚えましたレベルからいきなり「カコモン分析」は
ちょっときついかな?
---

でもこれは素人考えなので、
実践したわけじゃないので
イマイチ信憑性にかける。

あとは経験者の経験談を参考にして!

投稿日時 - 2012-07-28 05:46:21

お礼

丁寧なご回答ありがとうございます。
繰り返し解くべきと考えるかそうでなくてもいいと考えるかは人によって違うみたいですね。
回答された方々のアドバイスを参考にして、まず今手元にあるフォーカスの基本例題(*or**レベル)をだーっと解いて白チャートレベル(根幹)をマスターしようと思います。ANO.6さん方がおっしゃったように問題を絞り、今はせめて基本問題だけでもノーヒントで手が出せるようになるまでやっていきたいと思います。今はANo.4さんがおっしゃったように、フォーカスを信じるしかないみたいです。計算力で足りない部分は4stepで補おうと思います。
皆さん親身になって考えてくださり、ありがとうございました。この場を借りてお礼申し上げます。

投稿日時 - 2012-07-28 22:43:01

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.6

> 前の内容を忘れて

経験上、微積なんかではありましたがね。
極限をやって、微分に入ったら極限を忘れていて、極限からやり直し、微分をやって、積分に入ったらまた極限と微分から、なんてことが。
理解と定着、どっちもできていないとそうなります。
勿論時間がかかりますが、そりゃ当然です。
12年間勉強したことがそのまんま身に付けば日本人全員東大生です。

所謂東大レベルの数学力にはならないだろうな、ということを前提にすれば、
教材は何でも良いのだろうけど、まずは高いレベルまでやらない。易しいことに絞る。
基礎ができていないうちに、闇雲に難しいことに手を出しても。
暗記、というより、問題を見て何が出てくるのか、何が出てこなければならなかったのか、何に着目すればそれが出てくるのか、を。
問題を見て、はて、何をしようか、というときに、何をすべきか、を覚える。山の頂上にいたときにどっちに転がらなければならないか、を失敗しながら身に付ける。

類題も絞る。
似たようなことがどれもこれもできていないのだから、類題を増やしても無駄。
レベル抑え、類題を絞ることで、何周もし易くする。
覚え続けるというよりは、忘れていても解けるように。
それでできない少数のことが、暗記対象。
新スタ演だのプラチカだのが要るのであれば、易しいレベルのことを片付けてから。

人に依りますが、
易しいことから難しいことまで書いてある教材というのは、使う人を選ぶと思います。私じゃ無理。
私なら、まずは4stepならぬ2stepくらいじゃないと。

投稿日時 - 2012-07-28 18:41:39

お礼

ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2012-07-28 22:47:18

>前の内容を忘れてさっぱり解けない上、計算ミスが多発したりして膨大な数の例題に戻って進めている

例題をやったつもりのようですが、理解できていないんでしょう。
次の日に、自分でなにをやっているかわかった状態で、ノーヒントで解答を再現できないといけない。

4Stepじゃ東大は無理。

投稿日時 - 2012-07-28 14:16:10

お礼

ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2012-07-28 22:47:04

ANo.4

下に引用します。
私はこれを読んで、教科書供給会社に買いに走りました。
一般書店には置いてないので。

1A2B3C全部抱えてその量にビビりましたが、
これだけで東大理3・京大医に数学上位層で受かると感じました。

質問者さんは、FocusGoldの使い方が、
この本の作り手の皆さんの意図と違ってるのではないかな?
そう思うんだなぁ。

例えば、
・30分でできる範囲を設定
・これをやる
・もう一度やる
この繰り返しを3回とか5回とかを、一日のうちにやってしまうんです。


計算ミスが多いんですか?
計算専用の別の問題集もやってみてはどうでしょう。
あ、それで4Stepに目が向いたんですね。

4Stepの問題点は、生徒は正解を入手できないこと。
やってみても、それで合ってるのかどうか確かめられない。

答えが付いている、計算用の問題集を他に探してみては。


二次は外国語、現代文、古文、漢文、数学、理科2科目ありますが、
440点満点中250点ぐらい取れてればいいので、
理科も外国語も百点超えるようなら、数学は基本程度の練習でいいでしょう。
完答を狙わず部分点拾っていって0完3半とかでも、理1なら受かる。

理1受験者層が数学得意な人が多いので惑わされるかもしれませんが、
東大は科目数が多く、難易度の高い問題なので、
合格最低点が低く設定されているのが幸いし、
苦手科目を得意科目でカバーする戦術が使えますから。


===================================
はじめまして。突然のメール申し訳ありません。
私は竹内と申します。現在、名古屋の大学で働いております。
フォーカスゴールドは構想から完成まで長い年月をかけ、「数学参考書界の伝説に残る究極の数学の参考書を作ろう」というコンセプトで作りました。ご指摘の通り、一番のコンセプトは「生徒目線に立った、そして高校、予備校の先生方が実際に教える視点で解説を作りました。さらには、この一冊で、十分に入試(東大まで)に対応できるように作ったつもりです。」
まだまだ世間ではチャートがよく知られていますが、我々の思いは「本当の価値が分かる人達に使っていただければ良いという気持ちで丁寧に誠実に作り上げてきました。おかげさまで、全国の進学校でも支持を頂き、灘をはじめ超進学校でも採用されるようになりました。しかしながら、フォーカスゴールドはまだまだ発展途中であります。N氏のように本当の良さが分かっていただける先生方に色んなご意見をいただいて、どんどんバージョンアップしていきます。

そして、今回、全国の声を受けまして、すべての問題や解説を一から丁寧に検討しまして、新たにフォーカスゴールド改訂版を出版することになりました。今までのご指示いただいた丁寧な解説、すべてを網羅する問題は継続しながらも、超進学校からの要望にあった、これ一冊で東大、京大は大丈夫というものにして欲しいという要望を受けて一年間かけてバージョンアップしてきました。

今回は、マスター編、チャレンジ編に続き、実践編という超目玉をつけました(レベルはかなり高く東大理III、京大医学部を目指す生徒を意識して作りました)ので楽しみにしていて下さい。
今後とも末永くフォーカスをよろしくお願いいたします。    竹内英人
===================================

投稿日時 - 2012-07-28 10:56:30

お礼

ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2012-07-28 22:46:50

ANo.3

数学が30点以下でいい得点計画であれば、つまり数学を完全に守りの科目とするなら、4stepでいいかもしれません。半分くらいはとりたいというのであれば、「4stepの繰り返し」では足りないと思います。

まだ時間はあるのだから、手持ちのフォーカスゴールドか青チャか1対1かプラチカあたりを一気に終えるつもりでないと、過去問との差は埋まらないと思います。反復演習や反射神経で解くような出題は、東大理系ではなされないと考えるべきです。

「こんなに覚えられるか」と考えているのであれば、暗記数学があなたにとって限界にきているのかもしれません。今までと同じ手法では伸び悩む可能性があります。

投稿日時 - 2012-07-28 06:13:45

お礼

ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2012-07-28 22:46:35

ANo.1

4Stepは基本的に教科書準拠の(東大受験をする人にとっては)基礎問題集なので、4Stepと赤本だけでは、はっきり言って厳しいです。
せめて赤チャートか、河合塾が出しているプラチカをやってみたらいかがですか?

投稿日時 - 2012-07-28 02:42:03

お礼

ご回答ありがとうございます。
・・・やはり4stepじゃ厳しいみたいですね。

投稿日時 - 2012-07-28 22:05:33

あなたにオススメの質問