こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

日本語PCT出願の明細書

「日本の特許出願」を元に優先権を主張して日本語でPCT出願を行う際に、PCT出願を「一般的な国際特許事務所」に依頼すれば、日本の特許出願には含まれていない「海外向けのクレーム」を作成して明細書に追記してもらえるのでしょうか?

明細書に「海外向けのクレーム」が記載されていない場合、補正で国ごとに対応したクレームに変えるのが難しくなると聞きました。

また、追記してもらえる場合、「日本の特許出願」と「日本語PCT出願」で、それぞれ別の特許事務所に依頼しても問題ないでしょうか?

投稿日時 - 2012-07-29 15:08:06

QNo.7616653

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

海外向けクレームの追加って、普通のことで特に難しくはないです。
PCT出願と優先権の元となる出願は別々のものですので、別々にしても問題ないですし
法律上は国内出願でも同一出願を2箇所に依頼して、2箇所から出願するのも可能です。先願が処理されますが。
ただし、依頼先でも「なんでそんなことをするの?」と聞かれると思います。
※なるべく特許カテゴリでお願いします

投稿日時 - 2012-07-30 08:05:11

お礼

ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2012-07-30 11:56:40

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問