こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ケンカに被害者、加害者っておかしくないですか?

息子がケンカで相手にケガをさせてしまいました。長文ですが意見を聞かせて下さい。

発端は、息子たちが声をかけたことから。息子たち(未成年3人)相手(成人8人)です。
言い方が気に食わないなどのくだらない理由で言い争いになり、最初に手を出したのは息子の仲間の一人。そのあとは流れのままに大乱闘となったようです。(お互い素手での殴りあいです)
息子が言うには、殴られて腹が立ち殴り返したのも事実。でも、暴れる相手や友達を止めようと押えたり引っ張ったりしたことで更に殴られたのも事実。必死だったと。それは相手も同じことだと思います。
最後は通報で駆けつけた警察にその場をおさめてもらい全員が事情を聞かれることになりました。
傷害事件となり、未成年のため家庭裁判所へ呼ばれ行ってきましたが、相手4人が骨折をしており(内1人は12日間の入院)、診断書を提出しているとのことで、息子たちは「加害者」相手側は「被害者」です。
何かしっくりこないといいますか・・・。加害者だから、加害者だからと何度も言われることに違和感といいますか・・・。
武器を持ったり、一人を寄ってたかって殴った。となれば「被害者」「加害者」はわかりますが、お互い素手で殴りあった結果です。
確かにケガの程度からみれば、やりすぎ感はありますが、お互いに殴り合っているのに何故?と思ってしまいます。
おまけに、被害者の一人が民事裁判を考えているとの事。治療費、休業補償等の請求だと思います。
腹が立ったのか、仲間を守ろうとしたのかは分かりませんが、自分の意志でケンカに加担しているのに、ケガをしたからこっちは被害者だ!治療費よこせ!ってのもおかしな話だとおもいませんか?(まだ実際訴えられている訳ではありませんが。)
何がおこるか分からないのがケンカだと思うんです。ケガをするかもしれない事は予想がつくと思うんです。
相手側の中には、自分達にも全く非がない訳ではないので・・・。と言う意見も有りました。だけど謝罪はしてもらいたい。と。
治療費の件は別として、殴ったことに対し息子たちは当然謝罪する必要があると思いますが、だったら相手側も息子たちに謝罪するべきだとおもうんです。お互い殴りあっているのですから。なのにあくまでも相手は被害者なんです。
息子たちは悪くないと思っている訳では無いんです。
ケンカに被害者、加害者って言うことがどうしても納得できないんですよね・・・。
皆さんはどう感じますか?

補足
17歳×3人と20~22歳の喧嘩で、ガキVS若造のイキがったといいますか・・プライドの張り合い?のようなバカバカしく、大人なら絶対しないであろう無駄な喧嘩です。
息子も当然ケガはしてましたが、恥ずかしいからと病院を拒んでましたし、私も様子を見ましたが病院へ行くほどでは無いと判断しましたので。痛いのは自業自得(お互い様)と、どうしても思ってしまいます・・・。

投稿日時 - 2012-07-30 00:54:17

QNo.7617606

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

気持ちは解ります。
お互いに対等の立場でやりあったのですから、
どっちが加害者、被害者というのは結果論で
あり、納得がいかない、ということですね。
裁判所でも、昔はケンカ両成敗的な判断を
下していましたが、現在ではお互いの行為を
個別に判断するようになっています。

”自分の意志でケンカに加担しているのに、ケガをしたからこっちは被害者だ!
治療費よこせ!ってのもおかしな話だとおもいませんか”
   ↑
お互いに加害者であり、被害者です。
怪我をさせたら、お互いに傷害罪であり、お互いに治療費など
の損害を賠償する義務が発生します。
そして、お互いに過失相殺ということになり、治療費なども
お互いに減額されます。

”何がおこるか分からないのがケンカだと思うんです。ケガをするかも
しれない事は予想がつくと思うんです。”
   ↑
その通りです。だから過失相殺され、減額されます。

”相手側も息子たちに謝罪するべきだとおもうんです”
    ↑
これもその通りです。相手も加害者です。

”ケンカに被害者、加害者って言うことがどうしても納得できないんですよね・・・。
皆さんはどう感じますか?”
    ↑
以上、説明したように、お互いに加害者であり
被害者です。
こういうことを、公平妥当に処理する為に法律があるのです。
法律に従ってビジネスライクに処理すればよろしいと思います。

私も、ケンカには自信がありますが、しかし息子さん達は
強いですね。
私が親だったらよくやった、とまでは言いませんが
笑顔で怒ります。
しかし、世の中にはいくらでも強い人はいます。
それに、こちらが強ければ強いほど、相手に大きな怪我を負わせる
可能性が強くなります。
運が悪ければ、一生を棒に振りかねません。
自制しましょう。

投稿日時 - 2012-07-30 06:19:08

お礼

ありがとうございます。

親身な回答ありがとうございます。
やっぱり、交通事故と似ているんですね。過失割合が4:6でも 過失の大きい方がはるかに大きな怪我を負ったら やっぱり過失の小さい方が悪くなりますのね。

投稿日時 - 2012-07-30 08:00:44

ANo.13

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(19)

ANo.19

>Na verdade, eu não tenho filho. Porque eu sou o menino derrotado nesta luta.
Entao voce e' pescador!? E' melhor fechar a pergunta logo.

投稿日時 - 2012-07-30 08:48:20

お礼

Não, eu não pescar. Esta é uma pergunta séria.
Mas agora eu obedeço seus conselhos.

投稿日時 - 2012-07-30 09:23:34

ANo.18

怪我に関しては、擁護はなにもできません。

成人と違い、未成年者(今回は児童と言う年齢)ですから、今後の更生を図ります。

相手にも、責任があるという因果関係を追及するより、息子さんの今後の生活態度を基準とした内容にします。

家庭裁判所では、処罰と言う考えではなく「更生」を重く見ています。

ですが、多重傷害という事実は覆りませんから、本人にどれだけの反省する気持ちがあるかどうかです。

仮に、因縁をつけられたことが原因としても、それが即乱闘となることが問題です。

引きずられて、巻き込まれたと仮定しても、そのような「友人」との交遊も問題です。

この辺りの年齢は、どこの子供も2重の顔を持っていることは珍しくはありません。

表面上では、簡単な事件に見えても、その原因と理由・なぜ発生したのかということも重要視しないとなりませんから、相当難しいないようとなります。

投稿日時 - 2012-07-30 08:34:30

お礼

ありがとうございます。

国選弁護人的な意見ですね。でも、ここは無料だし仕方ないか。

投稿日時 - 2012-07-30 09:26:20

ANo.17

これは、喧嘩ではなく「乱闘」という域になります。

相手には、骨折した者が4人と言うことは喧嘩では収まりません。

この状態で、相談者の側の未成年者が「殺すぞ」とでも言っていれば言われた側が骨折した場合、殺人未遂も視野に入ることにもなりかねません。

喧嘩であれば、「喧嘩両成敗」ということもありますが、入院を含む重傷者が4人も相手に出れば当然加害者ということになります。

刑法では、怪我をさせれば犯罪者になります。

怪我をさせたことだけで、加害者ということになります。

仮に、発生が夜の10時以降であれば、相談者の監督責任も問題視されることになります。

当然、刑事でも加害者であれば民事上でも加害者と言う事になります。

言葉の綾で、言い合いになり喧嘩(乱闘事案)ですから、間違いなく加害者となります。

息子さんの意見ばかりで、状況の確認と把握が出来ていないと感じています。

相談者さんの意見は、世間では通用しない内容ですから、修正したほうがいいでしょう。

可能性としては、加害者の中から「逆送」される場合もある事案内容です。

逆送されれば、検察庁へ戻されて成人と同じ扱いで起訴され、公開の裁判になります。

その場合は、少年刑務所へ収監され、前科がつくことになります。

そんな犯罪にもかかわらず、相談者さんは「加害者・被害者」と線引きするのがおかしいと言い続けますか?

投稿日時 - 2012-07-30 07:30:57

お礼

ありがとうございます。

これまでの素人の感情論と違い、法律に精通され深い認識を持った方だと思います。
大津のイジメ事件でも、このサイトでも インターネットで加害者を非難する書き込みをした人を擁護する意見が多かったでしたね。
この質問の回答者も法律の知識もロクにないくせ、警察や検察に近い見方をする人が多いですが、というより、対戦的な回答を好む人が多いですが、yamato1208さんが弁護士ならどのように息子を擁護しますか?

投稿日時 - 2012-07-30 07:56:54

ANo.16

アドバイス

早くこの質問を閉めなさい。貴方の待っている擁護意見なんて出ませんから。
人を12日間入院させておいてよく言うもんだ。喧嘩だってね、被害の差が大きければ加害者、被害者になるのは当たり前です。あなた、そんな考え方だから息子が喧嘩をするのをやめないんです。目を覚ましなさい。だいたい3対8で勝つなんて喧嘩なれしているのは明白です。とんでもないガキたちだ。少年刑務所にしばらくぶち込むべきだと思います。

投稿日時 - 2012-07-30 06:31:31

補足

Obrigado pela riposta.
Desculpe-me. Eu faço a minha confissão para você só.
Na verdade, eu não tenho filho.
Eu não espero que você me defender.
Porque eu sou o menino derrotado nesta luta.
Eu acho que não há ninguém que eu defendo neste caso.
Mas como fazem no Brasil?

投稿日時 - 2012-07-30 07:39:11

ANo.15

50才男性 社会人となった息子が4人います。

息子が4人もいると喧嘩沙汰は幾度かありました。

NO.1,NO2さんの意見が正論です。

質問者さんの考えは完全に「母親的思想」、私の女房もいまだに質問者さんとおなじ考え方をしていると思います。

お母さん、しっかりしてくださいよ、社会のルールを今のうちに息子さんに叩き込んでおかないと社会に出てから息子さんが痛い目にあいますからね、

投稿日時 - 2012-07-30 06:22:11

ANo.14

ケンカと言いますが、

決闘罪ならまだしも、喧嘩をふっかけたり、先に殴る方が加害者になるのは頭り前です。

殴ってはダメです。相手側からしたらただの正当防衛です。

息子のことだからと思い、擁護する発言があるのだと思いますが冷静に考えて下さい。

また、人を殴るような息子を育てた自分を恥じるべきです。

投稿日時 - 2012-07-30 06:19:24

ANo.12

最初に手をだした方が法律では加害者です

たとえ因縁をつけられても無視しつづければいいんです それで相手が殴ってきたら相手が加害者 手を出した方が負けなんですよ

投稿日時 - 2012-07-30 06:07:48

お礼

ありがとうございます。

今回は的外れなことを書いていませんね。

投稿日時 - 2012-07-30 08:02:02

ANo.11

4人も骨折させて何言ってるんでしょうか?
しかも喧嘩を仕掛けたのは息子さんですよね?

どう考えても息子さんが加害者です。

そもそも、喧嘩で骨折するまで痛め付けるなんて異常です。

せいぜい鼻血や口内出血くらいです。

骨折させるから大事になるんですよ。

喧嘩で相手を殺すような人も居ますが、息子さんもそのタイプでは?

投稿日時 - 2012-07-30 06:02:42

ANo.10

バカですか?

>最初に手を出したのは息子の仲間の一人。

最初に手を出したのが加害者です。


喧嘩両成敗なんてありません
殴って骨折なんてしません。

相手のほうが骨折など被害が大きいですから被害者です。

投稿日時 - 2012-07-30 02:40:54

お礼

>バカですか?
たとえ愚かな質問でも 言葉に慎んだ方がいいですよ。あなたの品格も疑われます。イエローカードですね。

投稿日時 - 2012-07-30 08:03:50

ANo.9

こんばんは。

ほぼ確実に、「親という立場の意見」が入ってますよね。
第三者から客観的に見させてもらえば、他の方と同意見です。

それが世の中です。


>>最初に手を出したのは息子の仲間の一人。

自分らで認めてるなら、もうどうしようも無いかと。
日本の法律上なり警察の判断なり、なんでもいいんですが、「先に手を出したら負け」ですし。

不良が言う鉄則。
「手出されるまでは手を出すな」ですよ?


>>確かにケガの程度からみれば、やりすぎ感はありますが、お互いに殴り合っているのに何故?と思ってしまいます。

んなもん、客観的に見てないから。でしょう。
誰か、「事」を起こす奴がいるから事が起きる。

今回の場合、手を出した奴がいなきゃ何も起こらなかった。んです。手を出した側が加害側になる。のは至極当然。です。


>>痛いのは自業自得(お互い様)

んなのが通用するのは、「子供のケンカ」だけです。

幼稚園児や保育園児。せいぜい、小学生まで。

今回のなんか、警察が来たからとまっただけでしょ。
誰も通報せずに、後10分も続いていたら、死人が出ていたかもねぇ??

ガキVS若造
と言ってますが、17がガキだなんてのは精神的なとこだけですよ。
力そのものなんてのは一番、アブラが乗り切ってるころでしょ。

>>大人なら絶対しないであろう無駄な喧嘩です。

自分の息子は17歳!まだ子供なんです!

。。。過保護もいいとこですわ。
殴り合いなんかしちゃいけない。なんてこと、17になるまでに、とっくに教えてあることだと思いますけどね。


>>皆さんはどう感じますか?

ズレてる。あなたが。

自分の息子の育て方が間違っていたのか?
とか、相手との対応、この先どうしていけばいいか?
とか、先にそっちを悩む人の方が多いんじゃないかと思います。

投稿日時 - 2012-07-30 02:27:36

ANo.8

あなたはそんなに自分達が悪くないことを理解してほしいの?
なんか「息子達は息子達は…」と言っているけど、それって言い訳にしか聞こえません。
結局あなたの言いたいことって、「息子は悪くない。相手が悪い」ってことですよね。
でも、いくら自分の子供とは言えそこは感情論を混ぜないで客観的に見ないとダメですよ。
しかも「ケンカに被害者も加害者もない」とかしきりにおっしゃってますが、本当にそう思うならあなたは怖い人です。
まぁケンカと一括りにすることはできますが、これは暴力沙汰ですよ。
それをあなたは、「暴力沙汰に被害者も加害者もない」と言うのですか?

たぶん冷静に考えれば、あなたもわかることだと思います。
そこに息子さんのような身内が入ったことで、そういった擁護する気持ちが強くなっているのですよね。
しかしながら、親がこれでは危ないです。

自分の子供だからって、いつまでも擁護するのは大間違いですよ。
あなたの考えることは、子供のことではないのです。
その問題(ケンカ)のことについて冷静に考えるべきですね。

少し話は逸れますが、私は「うちの子にかぎって…」のような考えの人は理解できません。
自分達を正当化するのもいい加減にしろよって思います。
そういう親は、自分の子が法を犯しても必死に庇うと思うので…頭がイかれてるのかなと思います。
あなたもそういう人にならないよう頑張ってください。
それと、息子さんを変な方向に走らせないようにしてください。
私だったら頭叩くくらいしますね。
単に"身内を守る"ことだけが親やしつけの在り方ではないですから。

投稿日時 - 2012-07-30 02:10:51

ANo.7

何か勘違いしていると思うのですが、
息子さん達は喧嘩の加害者ではありません。
喧嘩そのものに対しては警察も双方共に平等に扱っている筈です。
では息子さん達は何の加害者なのか。傷害の加害者なのです。
息子さん達も怪我をしているとはいえ、どちらが過失が大きいのかで加害者・被害者の立場が生じます。
今回の場合は相手側の怪我の度合いが大きいので警察は息子さん達に重過失を認めた訳です。
裁判となれば過失の割合という判断が降されますので相手側にも僅かながら過失が認められます。
ですので賠償については相手側の要求に対して満額の判決は降されないと思います。

ところで、加害者呼ばわりされるのが納得いかないとの事ですが、
例えば今回のような騒動で息子さんが亡くなったり、障害を負ったり、また完治はしても大怪我を負ったとしたら、
あなたは喧嘩だから仕方がない息子にも責任がある喧嘩両成敗と納得出来るでしょうか?
納得は出来無いと思いますよ。多分相手を加害者として糾弾すると思います。
骨折と死亡じゃ全く違うとおっしゃると思いますが、傷害罪が殺人罪に変わるだけの差です。
仮に骨折だったとしましょう。それでもあなたは相手を加害者と感じる事でしょうね。
骨折した息子さんに笑って自業自得だねとは言えない筈です。

投稿日時 - 2012-07-30 02:03:00

ANo.6

>相手4人が骨折をしており(内1人は12日間の入院)
>息子も当然ケガはしてましたが、(中略)私も様子を見ましたが病院へ行くほどでは無いと判断しました

・・・息子さんの2人のお友達もやはり、お怪我の方は大した事なかったのでしょうか?
3人対8人にもかかわらず、息子さん側は医者に行くほどの怪我でもなく、対する相手方は8人もいるのに半分の4人が病院送り、うち1人は約2週間を要する重傷・・・
 率直な感想を言わせてもらいますと、これ、単純な『ケンカ』で済ませて良い話なのでしょうか?

 質問者様も、全ての事実をありのままに表記されていますか?
 何か、大事なことを敢えて隠していらっしゃるのではありませんか?
 もしかして、素手の相手方に対して、息子さん側は何か凶器でも所持していたんじゃあないですか?
 もしくは、息子さん側に武道の有段者なり、ボクシングやレスリングの経験者でもいましたかね?
 そうでなければ、数で圧倒的に不利な息子さん側が、相手にこれほど甚大な被害を負わせられるとは、常識的には到底考えられないのですが。質問者様が仰るような『自業自得』という状況には、どう贔屓目に見てもムリがあります。
 警察が息子さん側を「加害者」、相手方を『被害者』と認定するのに、何も不自然なところは見られません。

 本当に息子さんの将来をご心配なさっておられるのならば、徹底的に膿を出し切るいい機会だと思います。
 すなわち、相手方に対する誠心誠意の謝罪と、官憲の要求に従った息子さんたち3人の更正、そしてその運命に立ち向かう、血のにじむような努力が必要だと思います。
 ヘタなかばい立ては、息子さんたち3人の将来を危うくするだけです。

投稿日時 - 2012-07-30 01:29:16

ANo.5

素直に感じたことです。

間違いなく加害者。
質問者さんのおっしゃるとおり、頭の悪いガキがいきがった結果です。
先に声をかけて、息子さんじゃなくても先に手を出したなら100%加害者ですよ。

で殴り返されたから12日間の入院になるほどやりかした、やりあったと・・・

質問者さんは親ばかのアホです。
正直いって、読んでいて腹が立ちましたね。
自分の息子達が悪くないとは言わないが納得できない・・・
まあ、自分だったらガキを相手にしてもしょうがないので殴り合いに発展するほど
かまいません。

でも、それでも絡んできて殴られたら殴り返しますね。
それで「お前も殴ったんだから謝れ」とか言われたら、こいつガキもアホなら親もアホだなとしか感じません。

質問者さんの息子達に暴行を受けた被害者さんはそれがちょっと早かっただけなのでしょう。

被害者加害者については、息子さん達は100%加害者で相手は被害者。
そうなった責任としては9:1くらい(相手にしないで立ち去ればこうなはならなかったかもしれないとは思います。)

お互いの意見が合わず、仲間内でなぐりあったならともかく、他人に仕掛けたんですからね。
これを加害者といわずなんというのでしょうか?

呼んでいて、こちらも納得できなかったです。
こいつ、何いってんの?という感じで。

あえていうなら、息子も被害者で、いちゃもんをつけた、殴りかかった息子の友人が加害者
にしてほしいですね。
もしいちゃもんをつけたのが息子さんなら、なんの言い訳もできません。

一般市民からみたら、そんなガキ共は少年院にでも入れておいてほしいと思います。

投稿日時 - 2012-07-30 01:26:32

ANo.4

誰がどう見ても加害者です。

喧嘩を作ったキッカケになり、おまけに先に手を出した。
情状酌量の余地はありません。



相手は手加減をしていたから子供側は大怪我にならなかったのでしょう。
普通の人間は骨折まではさせないぐらいの力で殴ります。

子供側はその手加減をしていなかったから相手が大怪我になったのです。



ではあなたは相手が殴ってきて息子が殴り殺されて相手が打撲で済んでいたら
「お互いさまだから仕方ない」と言うんですか?慰謝料も請求しないんですか?



親馬鹿もほどほどにしましょう。

投稿日時 - 2012-07-30 01:23:39

お礼

ありがとうございます。

>ではあなたは相手が殴ってきて息子が殴り殺されて相手が打撲で済んでいたら
「お互いさまだから仕方ない」と言うんですか?慰謝料も請求しないんですか?
運が悪いと思って諦めるしかないでしょうね。

投稿日時 - 2012-07-30 07:43:21

ANo.3

40過ぎの女です。

同程度の人数、同程度のけがと仰るなら、仰る通り、加害者とか被害者なんて大げさなと思います。

しかし、ご質問のケースのように、倍以上の人数がいて、相手側ばかりが骨折をしているというのでは、失礼ながら、まともな喧嘩だったと思えないですね。
息子さんたち側に武道の経験者や非常に喧嘩慣れした人がいたとか、相手側はつかんだり押さえたりに対し息子さんたち側は殴ったり蹴ったりしたとか、物を持って殴った人がいたのではないかと疑います。

それとも、相手の骨折がこぶしや指でしょうか?
でしたら、殴り方が下手だったり、目測を誤ってコンクリートを殴ったり、自分で自分を痛めつけただけの可能性が高いですけれど。
素人が普通に殴ったくらいでは、そう簡単に人間の骨は折れません。

投稿日時 - 2012-07-30 01:20:10

ANo.2

喧嘩両成敗・他者からみた自業自得とは簡単に言えますが、



例えばですが、スーパーであなたと他人が同時に同じセール品を手に取ったとします、

どちらも譲らず喧嘩になり、あなたがちょっと押された際にこけてしまい

腕を骨折しました。



そんな場合でも喧嘩両成敗。自業自得と言えるとおもいますか?

当事者間では発端や結果に加害者・被害者ができるのだと思います。

投稿日時 - 2012-07-30 01:15:57

あのう・・・相手方に大けが(骨折や、12日も入院するほどの)をさせておいて、加害者じゃないとか、正気ですか?
ケンカ沙汰とは言え、相手に怪我を負わせた以上、「傷害事件」です。怪我をさせたほうは、紛れもない加害者です。

相手の心情を逆撫でして処分を重くしたいというなら別ですが、お子さん達のやった結果(=骨折・入院加療)は結果として受け止め、賠償や示談はありえないとか言うのはやめておいたほうがいいでしょうね。
相手が「ケンカでお互い悪かったんだから、処分は求めない」というか、「ケンカとはいえ、やり過ぎで厳重に処罰してほしい」というかで、結果は大きく変わる気がします。

とにもかくにも、やり過ぎだったんです。
反省が足りないようにも見られかねませんから、警察や相手に聞こえるように「加害者・被害者なんて・・・」とか言わないようにしたほうがいいですよ。

投稿日時 - 2012-07-30 01:12:58

あなたにオススメの質問