こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

翻訳よろしくお願いします。

One of main factors differentiating humans from other animals is the awareness of self: the ability to form an identity and then a value to it. In other words, you have the capacity to define who you are and then decide if you like that identity or not. The problem of self-esteem is this human capacity for judgment. It’s one thing to dislike certain colors, noises, shapes, or sensations. But when you reject parts of yourself, you greatly damage the psychological structures that literally keep you alive.

 There are basically two kinds of self-esteem problems: situational and characterological. Low self-esteem that is situational tends to show up only in specific areas. For example, a person might have confidence in himself as a parent, a conversationalist, and asexual partner, but expect to fail in work situations. Low self-esteem that is characterological usually had roots in early experiences of abuse or abandonment. The sense of “wrongness” in this case is more global and tends to affect many areas of life.

Situational low self-esteem is a problem ideally suited for cognitive restructuring techniques. The focus is on confronting cognitive distortions, emphasizing strengths over weaknesses, and developing specific skills for handling mistakes and criticism. Since the client is not rejecting himself or herself globally, you will find that changing maladaptive thinking patterns will significantly increase a sense of confidence and worth.
Since characterological low self-esteem derives from a basic identity statement, a feeling of being bad, changing a client’s thoughts is not enough. Identifying and beginning to control the internal critical voice will help, but will not entirely undo the negative identity that gives rise to negative thoughts. The focus should be reinforced through visualization and hypnotic techniques.

投稿日時 - 2012-08-04 00:43:13

QNo.7625915

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

人間を他の動物と区別している主因の1つは、自己の認識です: すなわち、それ(自己)にアイデンティティとそれから価値を形成する能力です。 言い換えると、あなたには、自分が誰なのかを定め、そのアイデンティティが好きかどうか決をめる能力があるのです。 自尊心の問題は、この人間の判断能力なのです。 特定の色、音、形、感覚を嫌うのは、独自のことです。 しかし、あなた自身の部分を拒絶するとき、あなたを文字通り生き続けさせる精神的な構造に大いに打撃を与えます。

基本的に2種類の自尊心問題があります: 状況に関する自尊心の問題と性格学に関する自尊心の問題です。 状況に関する低い自尊心は、特定の領域だけに現れる傾向があります。 たとえば、ある人は、親、話上手、性に関わらないパートナーとして自信を持っているかもしれません、しかし、仕事の状況においては失敗すると思っています。 性格学に関する低い自尊心は、通常、虐待または放棄の幼い頃の経験に原因がありました。 「誤り」の感覚は、この場合より広範囲で、生活の多くの領域に影響を及ぼす傾向があります。

状況による低い自尊心は、認識再構築技術に理想的なほど適している問題です。 焦点は、認識の歪みに向き合って、弱点よりも長所を強調して、間違いと批判を処理するための特定の技術を習得することに置かれます。 クライアントが広範囲に彼自身または彼女自身を拒絶していないので、不適応な思考パターンを変えることが自信や価値があると言う感覚をかなり増やすと、あなたはわかります。性格学に関する低い自尊心は、基本的なアイデンティティに対する意見、すなわち、悪いと言う感覚に由来するので、クライアントの考えを変えることは十分ではありません。 心の中の批判的な声を確認して、コントロールし始めることは、助けとなりますが、否定的な考えを引き起こす否定的なアイデンティティを完全に元に戻すというわけではありません。 焦点は、視覚化と催眠術によって補強されなければなりません。

投稿日時 - 2012-08-04 02:24:59

お礼

ありがとうございました。
とても役に立ちました。

投稿日時 - 2012-08-06 11:31:46

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

>One of main factors differentiating humans from other animals is the awareness of self: the ability to form an identity and then a value to it.

「人間と他の動物を分かつ大きな要因の一つは、自我の認識である。つまり、自己同一性と自我を重んじることを実現する能力である。」

> In other words, you have the capacity to define who you are and then decide if you like that identity or not.

「言い換えれば、理想の自分をイメージし、現実の自分がそうなっているかどうかを考える知的能力が、人間にはあるのだ。」

> The problem of self-esteem is this human capacity for judgment. It’s one thing to dislike certain colors, noises, shapes, or sensations.

「人間の自尊心における問題点とは、こうしたことを判断する知的能力である。ある種の色、音、形といったものについての感覚的な嫌悪は、そうした一面と言える。」

> But when you reject parts of yourself, you greatly damage the psychological structures that literally keep you alive.

「しかし、自分自身を一部であっても否定すると、生きていくために必要不可欠なまでに構築してきた精神を著しく傷つけてしまう。」

> There are basically two kinds of self-esteem problems: situational and characterological.

「自尊心の基本問題としては、大きく分けて二つある。個人の置かれる環境と、個人の内面だ。」

> Low self-esteem that is situational tends to show up only in specific areas.

「環境要因によって自尊心が損なわれるのは、特定の外部状況のときだけである。」

> For example, a person might have confidence in himself as a parent, a conversationalist, and asexual partner, but expect to fail in work situations.

「たとえば、ある個人が親として、会話相手として、性別問わない友人としてやっていける自信があっても、自分の仕事で失敗することを確実に予期しているような場合だ。」

> Low self-esteem that is characterological usually had roots in early experiences of abuse or abandonment. The sense of “wrongness” in this case is more global and tends to affect many areas of life.

「自尊心の不足が個人の内面から来るなら、子どもの頃に受けた虐待や育児放棄の経験に根差していることが多い。個人内面の『自責の念』は、もっと多くの人々に見られ、人生の多くの場面に影響を及ぼしてしまう。」

>Situational low self-esteem is a problem ideally suited for cognitive restructuring techniques.

「自尊心が外部要因で傷つけられるとき、個人の認知を作り変えてしまうのにおいて、その問題は、ぞっとするほど巧妙なものになっている。」

> The focus is on confronting cognitive distortions, emphasizing strengths over weaknesses, and developing specific skills for handling mistakes and criticism.

「力を注ぐべき点は、認知の歪みに立ち向かうことである。弱点がどれほど弱いのか、はっきりさせることである。そして、間違いや批判に上手に対処する方法を身に着けることである。」

> Since the client is not rejecting himself or herself globally, you will find that changing maladaptive thinking patterns will significantly increase a sense of confidence and worth.

「(治療を望む)クライアントは、自分自身を全否定はしていない。不適応を起こしている思考パターンを変えて、大いに自信を待たせ価値観をうまく正す方法は見つかるはずである。」

>Since characterological low self-esteem derives from a basic identity statement, a feeling of being bad, changing a client’s thoughts is not enough.

「内面からの要因で傷ついている自尊心は、基本的なアイデンティティの表現、つまり自己嫌悪によるものである。クライアントの思考様式を変えるだけでは、充分な解決は望めない。」

> Identifying and beginning to control the internal critical voice will help, but will not entirely undo the negative identity that gives rise to negative thoughts. The focus should be reinforced through visualization and hypnotic techniques.

「クライアントの内なる声を見極めて、それをコントロールして行くことは救いにはなる。しかし、アイデンティティに悲観的になってしまった状況を、健康な状態に戻すには不十分だ。自分のアイデンティティに悲観的だと、思考は悲観的になるものである。問題を視覚化して、催眠療法の助けを借りていくことが有効であろう。」

投稿日時 - 2012-08-04 09:58:03

お礼

ありがとうございました。
参考にさせていただきました。

投稿日時 - 2012-08-06 11:33:04