こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

湧水の出る土地

今年、4月に新居に引っ越し、駐車場側の水はけの悪さからHMに問い合わせたところ、湧水が出ていてるとの事を初めて知らされました。土地の購入の際いっさい湧水の説明もなく、建築中も地盤が少々緩いので地盤改良をするというのみで湧水の話はいっさい出てきませんでした。

駐車場部分は透水管を増やし、全面コンクリートにする工事をしなおすことになりました、その際の費用はHMもちです。ただその透水管がつながるマスも常に水がたまっている状態です。

建物部分は地盤改良を行い表層改良工法という方法で工事はされ、10年の地盤補償、外部の調査会社(JIO)の検査もついていますが、すごく心配になってきました。

湧水はご近所さんでも知っているほどひどかったようで、HMも把握していました。私たちが見抜けなかったのが悪いのはわかっておりますが高い買い物ですし、一言いって欲しかったと残念でなりません。今まで信用していたHMだったので。

この場合、今更HMにクレームを言っても仕方がないでしょうか?

投稿日時 - 2012-08-07 17:28:53

QNo.7631895

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

土地を購入する際には話がなかったのは残念に思います。
取引には、法的な事に終始するため状況の説明は不要ですしね。

HMが対応してくれているのなら、とりあえず主張は通っていると考えます。
また、住宅瑕疵担保履行法による保険の履行は10年間担保されるので、その間はいいとしてもその後ですよね。そこを詰めた話し合いをしてもいいと思います。

水が湧いているのは水位が高いことを意味していますが、湧いていない時(時期)は水位が下がったことを示します。つまりその時期には地盤が下がることもありうるということです。
家屋は、杭などが施工されていれば下がることもないんですが、家の廻りの地盤が下がります。
そのため時期により地盤の上がり下がりがあったとすると、庭の地表面はガタガタになるおそれも一考しておくべきかもしれません。
そういった事態での対応もHMには「危惧」として申し伝えた方がいいかもしれません。

投稿日時 - 2012-08-11 00:08:05

ANo.4

常に枡に水が溜まっているということは、地下水位が高いのだと思います。
地質調査の資料を業者からもらえれば頂いたほうがいいと思います。
たぶん地盤から60cm~80cmほどが地下水位になってるのかもしれません。

建物を建てる前が田んぼとかだった可能性もありますね。
周りにくらべて土地が少し低い位置ですと雨が降るたび周りから水が集まってきます。

大きな地震の時は沈没や液状化、舗装の陥没もでてきます。

HMへのクレームは今更です。契約を交わす前の確認不足ですので。

投稿日時 - 2012-08-09 22:11:34

No.2の補筆。

>簡易井を掘ってポンプアップ

井戸屋さんに頼めば,十分な揚水量が見込めるかどうか,水量測定をするはずです。揚水してじゃんじゃん使えば,お宅の敷地全体の地下水面はいくぶん下がるでしょう。

投稿日時 - 2012-08-08 07:18:23

地形がなにも書かれていないので想像になりますが,たぶんお宅は窪地になっており,地下水面が地表に達しているのでしょう。地下水の流動を(一般家庭の)土木工事で阻止することは,不可能だと思います。このとき,湧水量が多ければ下見のときに素人でも「水たまり」や「排水溝」の存在に気づくはずですから,たいした水量ではないんじゃないかと思います。大雨の後には水たまりができるかもしれませんが。よく観察しましょう。

悩んで生きていくのは面白くないので,ぼくなら不利を逆手にとって,湧水をおおいに利用します。簡易井を掘ってポンプアップし,洗濯や風呂にじゃんじゃん使ってはどうですか。使用後は下水に排水することになります。ただし,住宅地の表層地下水は汚染されている可能性が高いので,飲料水にはしないほうがいいでしょう。

投稿日時 - 2012-08-08 07:08:50

ANo.1

たぶん一般の人がHM の説明がないできずくというのは、難しいのではと思います。通常ビルもの等の場合 地質調査図
の中にWL という水位表示があってそれを見て湧水処理等を考えて工事をします。湧水があるということは、地下に水道があるのではと思います。その部分に表層改良をした場合に、表層改良部分の上部を走り基礎の部分に、水があたるような気がしますが。その辺のところをHMさんに確認されたらいかがでしょうか。絵を書いたら理解しやすいのではと思います。
まず地盤面GL と表示します。次にHMさんが表層改良したという深さをかきます。次に基礎をかきますGL から450mm程度
位置に、次に水が湧き出す深さをかきます。そうすると水がどのような感じになっているか理解できると思います。そうすると疑問点がでてくると思います。そのことをHMさんにお話し、納得できる説明を受けたらいかがでしょうか。建物内の地下部分を水がはしるというのは、基礎部分が洗われたり、湿気があがったりして建物にいい条件ではないと思いますが。カビ等も発生しやすくなるような気がします。10年地盤保証ということも建物重量を支える保証だけだと思います。表層改良もたぶん1m程度
の土をセメント固化材をいれて攪拌し固めたのではと思いますが。

投稿日時 - 2012-08-07 21:39:51

あなたにオススメの質問