こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

比例代表選出の国会議員の政党からの離党

民主党からの離党者がつづきますが、ひとつが、疑問があります。比例代表で選出された議員の方がなぜ、所属政党から自分の意思で、離党することができるのでしょうか?本来なら、比例代表代表で当選された方は、政党に所属するから議員としての資格を持っているのだから、離党するならご本人は議員辞職、名簿順位の次方が繰り上げ当選がすじだと思うのですが、こうした離党を禁止する規定はないのでしょうか?なぜ議員先生に離党できる権利を与えているのかどうも納得いきません。

投稿日時 - 2012-08-08 20:12:45

QNo.7633896

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

憲法43条に規定してあります。
議員は全国民の代表であって、選挙区や政党の
代表ではないのです。

比例では、国民は政党に投票しますが、選ばれた議員は
法的には、あくまでも全国民の代表ですから、党に法的に
拘束されることはありません。
選挙民にも拘束されません。
自己の思想信条に基づいた行動をとることが許されて
いるのです。

この全国民という概念が複雑なので理解が難しいのです。
専門的になりますので、簡単に説明します。
全国民というのは、選挙民とは違います。
現在する全国民とも違います。

過去、現在、未来を通した国民総てを全国民と言います。
だから、全国民の代表として選出された議員は、現在する
総ての国民の意思に反した行動を採ることもできるのです。
法的にこれを止める方法はありません。
だから、国民の意思に反した増税もできるのです。
議員は、ただただ、己の思想信条に基づいた行動を採れば
それでよい、ということになっているのです。

投稿日時 - 2012-08-09 06:22:21

お礼

ありがとうございます。わかりました。

投稿日時 - 2012-08-10 12:07:49

ANo.1

 「国民を代表するのは政党ではなく、議員である。(一旦当選してしまうと)議員一人一人が全国民を代表する」という建前を忠実に実践しているからでしょう。

投稿日時 - 2012-08-09 02:30:04

お礼

ありがとうございました。わかりました。

投稿日時 - 2012-08-10 12:07:44

あなたにオススメの質問