こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

個人に対し損害賠償請求?慰謝料請求できますか?

お詳しい方、ご教示ください。

過日、長きに亘った裁判が終わり、全面的に原告(当方)主張が認められました。

しかし、解決までに2年間という期間を有し、原告(法人)の立て直しは、もはや困難な状況です。
一応、被告法人に損害賠償金を請求しますが、支払ってもらえるかわかりません。
また、被告法人は今回の敗訴により倒産させる可能性もあります。
そうした場合、被告法人の代表や、先の裁判において虚偽の証言し被告法人に加担した証人ら(3名)に対し、何とか個人的な訴訟を提起することはできないものでしょうか?

被告代表は証人らとグルになり嘘の証言を平然と繰り返し、裁判を引き延ばしたことで、原告法人の経営が悪化したことは事実なので、どうしても被告代表及び、証人らに何のお咎めもないことは納得することができません。

因みに、被告代表及び、証人らの虚偽証言は全て立証し裁判上で認容されておりますので、虚偽記載の事実は証明できます。

個人に訴えを提起するにはどのような内容で進めるのがよいのでしょうか?
お詳しい方、ご教示お願いいたします。

投稿日時 - 2012-08-14 10:50:57

QNo.7643023

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

訴訟の遅延が経営悪化の原因になったという因果関係を証明しないとなりませんので、結構厳しいのではありませんか。

こちらも実現可能性は高くありませんが、偽証罪で告訴・告発という方法もあります。被告の法人代表者は当事者ですから、偽証罪を問えませんが、少なくともその他の証人には適用があります。
認められるかどうかは、やってみないと判りませんが、精神的圧迫を与えるくらいは出来るかもしれません。刑法です。
(偽証)
第百六十九条  法律により宣誓した証人が虚偽の陳述をしたときは、三月以上十年以下の懲役に処する。
こちらご参考。
http://www.shugiin.go.jp/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/b164018.htm

投稿日時 - 2012-08-14 16:02:53

お礼

早速のご回答お礼申し上げます。

asato87様のおっしゃる通り、立証が難しいこともあって当方弁護士も難色を示している感じも否定できません。

やってみないと、何も始まりませんよね!
内容証明を送付して、反応が薄ければ告訴する方向で検討した方がよさそうですね。

ご教示感謝いたします。有り難うございました。

投稿日時 - 2012-08-14 17:25:25

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

>個人に訴えを提起するにはどのような内容で進めるのがよいのでしょうか?

被告法人は会社ですか?
だとすれば、民709条よりも、簡易な責任追及手続として被告法人の代表取締役に対して会社法429条1項責任の追及が考えられます。

投稿日時 - 2012-08-14 16:13:57

お礼

早速のご回答お礼申し上げます。

裁判での被告は会社でした。
あまり大きくない会社でしたので、敗訴した場合は賠償金を払わずに倒産させることは考えられました。

会社が倒産しても、会社法429条で代表取締役に請求できるのですね。
勉強になりました、有り難うございます。

投稿日時 - 2012-08-14 17:57:25

ANo.1

>被告法人の代表や、先の裁判において虚偽の証言し被告法人に加担した証人ら(3名)に対し、何とか個人的な訴訟を提起することはできないものでしょうか?

本気で相手を訴えたいと考えているなら、こんなところで質問するより、今まで原告としての訴訟をお願いしていた弁護士さんに聞いたらどうでしょうか。

投稿日時 - 2012-08-14 12:51:05

お礼

早速のご回答有り難うございます。
ごもっともなご回答です。
実際には担当弁護士に相談したのですが、最近とても多忙(不在で電話も繋がりにくい状況)らしく、難色を示されましたので無理に依頼しませんでした。

今度は、本人訴訟で提起することを検討しておりますが、やはり難しそうですね。
頃合いを見計らって、もう一度相談する方がいいですかね。

有り難うございました。

投稿日時 - 2012-08-14 14:52:16

あなたにオススメの質問