こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

エンジンオイル交換をやらなかった場合の影響

今乗っている車は、ポルテ
2005年10月に購入しました。
走行距離は、現在約6万キロ
購入後の6ヶ月点検の時に、オイル交換をしたっきりです。
車検の時は、自分で陸運局に持って行きます。
そのときに、オイルの量を点検してますが
減ってないので、今まで補充したことはありません。
突拍子もなく、こんなにオイル交換をしなかったわけではなく、
前の車は、3年間交換せず、その前の車は2年間交換せずで、
問題を感じなかったからです。

エンジンオイル交換の頻度についての質問は、昔からありますし、
このカテゴリでも随分出尽くしているのは、分かっていますが、
エンジンオイルを交換しなかった場合、どの程度車に影響があるのかを
教えて下さい。
エンジンオイル交換をこまめにした場合と、しなかった場合で、エンジンの性能
(燃費、静粛性、パッキン劣化)に違いが出てくるのを示しているグラフとか、
性能曲線とか、参考になるサイトとかあると、ありがたいです。
メーカー推奨で15000キロとか書かれているのは、何らかの試験結果やデータが
存在するからだと思うのですが。

投稿日時 - 2012-08-16 09:32:59

QNo.7646423

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

初めまして。
下記URLを一度読まれてみてはどうでしょうか。
http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha09_hh_000063.html

参考URL:http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha09_hh_000063.html

投稿日時 - 2012-08-16 18:34:13

お礼

回答ありがとうございます
これはすごく参考になります。
この場合は9年と11万キロですから、自分の場合は、この半分くらいかもしれませんね

投稿日時 - 2012-08-16 19:06:46

このQ&Aは役に立ちましたか?

12人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(19)

ANo.19

エンジン壊れます

オイルの劣化具合、それは中に含まれる塩基の量です
エンジンの汚れというのはエンジンがガソリンを燃焼させた時に出来る酸化物質が原因ですが、酸性の物質をオイルの塩基が中和しているのです。

オイルが劣化していくと塩基物質が無くなり、酸性物質のみ増えていきます。
これがどんどん重合(ポリマー化)して行って塊になり、オイルのラインを塞ぎます。

オイルのラインは微細で、カムシャフト、ピストン、クランクと至る所に張り巡らされていますが、そこが詰まってしまえば金属同士の部分的な接触が起こり始めます。

初めは極稀な頻度だったのが、頻繁に接触するようになり、いずれ焼きつきます。

なので、そのようになる前に交換しなければならないのです。

なのでメーカー指定の距離は必ず守ったほうが良いです。
シビアコンディションであればもっと早い時期での交換が必要ですが、それでもメーカー指定の距離の半分で良いです。
3000キロや5000キロというのは間違い、車種によってオイルの量も違うので、含まれる塩基の総量も違います。
一度のオイル交換で交換するオイルの量が多い車は交換時期も長めです。

投稿日時 - 2012-08-17 10:40:10

お礼

回答ありがとうございます
オイル劣化の化学的な視点からの説明で分かりやすいです。
メーカーの推奨距離(期間)は、「そうなる前」に対して、
かなり余裕を持ってるように思えますが、
エンジンの種類や使用状態でもバラツキがあるでしょうから、
最低基準として、定めているのかもしれませんね

投稿日時 - 2012-08-17 13:47:55

ANo.18

知人でディアマンテだったかな。新車で買って、車検4回で乗り換えるまで、オイル交換どころか、洗車もせず、車検4回、トラブルなしだったようです。助手席に何度か乗りましたが、排気ガスの色が灰色だったくらいで、特別変なことはありませんでした。

投稿日時 - 2012-08-17 08:36:54

お礼

回答ありがとうございます
なぜ、オイル交換しなかったのか、理由があるのでしょうか?
一般的には、車検を受けるときぐらいには、オイル交換すると思いますが。

投稿日時 - 2012-08-17 09:57:30

ANo.17

再回答します、私の車が壊れたのは新車を買って数年後薬5万キロ交換は2年間しませんでした、エンジンの吹きが悪くなり購入したトヨタに持っていき診てもらったところオイルを通す間が詰まっているため全部取り外して掃除が必要なので、エンジンを交換したほうが安くなるかもしれないと言われ、車自体下取りしてもらい買い換えました、私はその後出光のガソリンスタンドでかなりの間務めその間オイルに対する劣化と摩耗、酸化と火災等勉強もしました、それから半年ごとに現在までオイル交換はしていますが特別に高いオイルでなくても良いと思っています、価格より定期的に変える事が大事です。

投稿日時 - 2012-08-16 22:42:45

お礼

再度、回答ありがとうございます
できれば車種も教えてもらえるとありがたかったです
数年で5万キロ走行、壊れる前は、2年前にオイル交換をしていたということですね。
自分の今の状況と似ているかもしれません。参考にします。

投稿日時 - 2012-08-17 01:19:10

ANo.16

データーが欲しいようですので

車種は、ホンダレジェンド
新車購入後、4万キロ弱オイル交換無し
高速のインターから3キロ地点のSAで停車
出発しようとしてエンジンをかけたら焼き付いていた

条件は色々有るでしょうが一つの事例です
エンジンへの性能劣化以前にエンジンが壊れた例です

運転者曰く
高級車は、オイル交換は車検まで不要と思っていたそうな

投稿日時 - 2012-08-16 20:04:43

お礼

回答ありがとうございます
具体的な事例なので、参考になります。

投稿日時 - 2012-08-16 21:41:53

ANo.15

相当昔に仕入れたものですが、大型船舶のエンジンオイル、交換なんてしません、もちろんフィルター等でごみは取り除き、粘度の管理もやっていますが。
個人タクシーでは廃オイルを数カ月ためておき、ごみ粒を沈殿させて再利用の話も・・・・。
変えれば一応安心、変えなければ、多分なにも起こらないでしょう、どこかの温泉と同じ、「入浴すれば死ぬまで生きられます」、つまり壊れるまでは動きます。

投稿日時 - 2012-08-16 19:52:09

お礼

文章の意味がよく分かりませんが、回答ありがとうございました

投稿日時 - 2012-08-17 02:37:01

ANo.14

だから ほぼ新車から無交換なら影響は無いですって
ガタが出る前に止まるんだから 影響の出ようが無いし

投稿日時 - 2012-08-16 19:11:25

ANo.12

(燃費、静粛性、パッキン劣化)
そんなの対して変わりません
焼き付くのみ

(燃費、静粛性、パッキン劣化)
に影響が出るのは何度かオイル交換をしてから
少なくても10万キロ以上走ってから

だから貴方の車は止まる寸前迄変わらない

投稿日時 - 2012-08-16 17:01:07

ANo.11

たぶん致命的な問題が出るまで何事も無かったように走るでしょう。まぁ、燃費の悪化のようなゆっくりと進む悪影響は起こっているのですけど、無頓着なユーザーなら見逃しても不思議は無い範囲ですね。そのような使用状況で明らかなトラブルが発生した場合は、多くの場合で致命的な状況であることが多いでしょう。エンジン内部の各摺動部分が大きく磨耗しているはずですから、思いつく限りの部品交換が必要になり、エンジンコンプリートで交換したほうが安く付く状況になるでしょう。

自動車では有りませんが、以前に発電機用のエンジンで似たような状況のものを見たことがありますが、エンジンをばらして洗浄(オイルは確かに定量入っていたが、コールタールのような状態)しても、まるでグリスを洗っているようで、いかに手入れが悪かったかが即座に見て取れる状態のものでした。このエンジンは実際に異常の騒音を立てて(ユーザーは騒音は無視する無神経な人間で、必要な出力が得られなくなるまでするまで使い続ける種類のユーザーです)いて、始動と同時にエンジンがダメと判断を下せる状態でした。ここまで来てしまうとシリンダーブロック・ピストン・コンロッドメタル・クランクシャフトなど主要な部品は殆ど再使用不能な状態で、修理するよりエンジンを丸ごと交換するほうが安くなってしまいます。

まぁ、不摂生を続けて気づいたときは重い病気で長期入院または手遅れとなるか、規則正しい生活を続けて無病息災でいるかの違いですね。最近の自動車では電子制御の技術が進んでいるため機械的な磨耗が有る程度あっても、制御系統で動作が不安定になるのを押さえ込んでいるために、ユーザーが気づくほどの異常が出たときには手遅れという場合が結構あるのです。電子制御の無い時代ならちょっとした磨耗や調整の狂いでも、アイドリングが不安定ななるとか、エンジンの掛が悪いとかアクセルを踏み込んだときに今一力がないとかの異常がユーザーに伝わったのですが、現在の電子制御式ではこれらの状況はユーザーに伝わりにくくなっていることは確かです。そのため、尚更に定期的なメンテナンスが重要なのです。

乗りつぶして廃車でいいなら、それも有りなのでしょうけれど、明らかにエコには逆行する行いですね。燃費の悪化で余計に消費るエネルギーと再使用不可能になる車の処分・新しい車の製造に掛かるエネルギーをあわせたものは、きちんとメンテナンスを行ったときに必要なエネルギーの何倍になるか考えて見ましょう。

投稿日時 - 2012-08-16 14:15:44

お礼

回答ありがとうございます
言われることは分かりますが、数値的なデータがあるとありがいたいです。
燃費は、今のところ悪化してるようには思えませんので、自分の今の状況なら
オイル交換することの方がエコに逆行するように思えます
もちろん、長く使い続ける方がエコなので、オイル交換を含めた定期メンテは大切なのは分かります

投稿日時 - 2012-08-16 15:03:15

ANo.10

>エンジンオイルを交換しなかった場合、どの程度車に影響があるのかを教えて下さい。

むしろ、俺たちに教えて欲しいです。
新車から現在までの燃費の推移とかを。
貴方ほどエンジンオイルを交換せずに走り続けている人は、日本には数人いるかいないかでしょう。
普通は、自分でやらなくても工場がやってくれたりするのですが、貴方は自分で行くのですからそのようなことは無いでしょう。

燃費のデータは無いんですか??ぜひ教えてくださいよ。ポルテがリッター幾ら走っているのか。

投稿日時 - 2012-08-16 12:46:08

お礼

こちらが質問されるとは思っていませんでした。
燃費は、購入してから、11キロ/Lぐらいで、ほとんど変わってないと思います。
ほとんど街乗りです。高速道路で遠出とかするのは、年に数回です。
同じ年に、親戚が同じ型式のポルテを買って、そちらは普通にオイル交換しているようです。
たまに乗ったり、音とか比較しますが、あまり変わらないと思います。

投稿日時 - 2012-08-16 14:55:10

ANo.9

焼き付くまでは 問題無く走ると思いますから そのまま使い続けけて
止まったら新車に交換でも お金持さんなら大丈夫ですよ
55000キロ無交換なら そろそろ止まるでしょう
メンテナンス不良車はメーカー保証も利かないですげど お金持さんには関係無いですから 大丈夫

投稿日時 - 2012-08-16 12:20:03

お礼

使い続けて大丈夫かどうかは、質問していません。
質問に対する回答を下さい。

投稿日時 - 2012-08-16 14:50:15

ANo.8

データでなく写真で見たほうが早いでしょう。
というより、データがないんですよ。車種や環境、使い方で変わってくるので、統計的にデータを取ることなど不可能だからです。

https://www.google.co.jp/search?q=%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%B3%E3%80%80%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%B8&oe=utf-8&aq=t&rls=org.mozilla:ja:official&hl=ja&client=firefox-a&um=1&ie=UTF-8&tbm=isch&source=og&sa=N&tab=wi&ei=CE8sUIfvCc7UmAWGvoH4Dg&biw=1143&bih=674&sei=WE8sUOKqHfHsmAXHrYG4CQ

もし問題を感じるような状態では、エンジンは死亡寸前です。
5万5千キロ未交換の質問者さんの車のエンジンは、開けたら上の写真のような状態でしょう。
日本は夏多湿なうえに、夏冬の寒暖差も大きく、ストップアンドゴーが多くて短距離走行も多い、エンジンオイルにとっては結構過酷な環境なんです。

投稿日時 - 2012-08-16 10:45:59

お礼

回答ありがとうございます
写真に対するデータが無いのは残念です。
オイル交換せずに、5千キロごとに、ヘッドカバーを開けて写真を
撮ってあるような、サイトがあると良いんですが。自分でやるしかないのかな。

投稿日時 - 2012-08-16 14:49:12

ANo.7

オイル減ってないって?当たり前じゃ。六年同じ風呂に入ってるようなもの。
オイル変えないと燃費が悪くなりますわ。走れるならそれでいいだけのこと。
ただし燃焼室に隙間が生じて爆発する。

投稿日時 - 2012-08-16 10:45:20

お礼

質問に対する回答を下さい

投稿日時 - 2012-08-16 14:44:53

ANo.6

一番の問題は、エンジン内部に滞積するスラッジでしょう。

スラッジの写真の掲載されたURL

http://maenomotor.exblog.jp/14628629/

http://sabaomori.blog110.fc2.com/blog-entry-141.html

http://minkara.carview.co.jp/userid/460549/blog/26427332/

オイルがヘドロのようになって、オイルライン(オイルの血管)を詰まらせてしまいます。
脳梗塞や心筋梗塞と同じで、潤滑ができない部分からカチカチと音がして、金属同士が摩耗してエンジンが壊れます。

特に最近の車は、エンジンの設計に余裕がなくクリアランスも少ないので、オイルの潤滑が切れるとすぐに壊れてしまいますよ。
昭和50年代のカローラやブルーバードなどは5万キロオイル交換なしで壊れなかったとか、
オイル警告等の意味を知らない社員が数ヶ月点灯状態で使用しても大丈夫だったなどと言う時代もありましたが、現在のエンジンはそれほどタフではありません。

車を買い替える時に、下取りの車を3万キロ以上オイル交換しなかった人の話では、
燃費は1割程度低下、一般的な使用ではパワーの低下は感じられない。
高速道路を200km以上走るとオイルが減少、
(下取りの時には補給)
アイドリング時の音が若干大きくなったということです。

投稿日時 - 2012-08-16 10:33:51

お礼

回答ありがとうございます
これは、すごい写真ですね。
自分の車も、これに近いかもしれません。
ヘッドカバー、自分でも外せますかね?

今のところ、燃費の低下やパワーの低下は感じられません。
アイドリング音も変わらないと思います。
実は、親戚が同じ年に買ったポルテを持っていますので、たまに比較しています。

投稿日時 - 2012-08-16 14:44:16

ANo.5

>エンジンオイルを交換しなかった場合、
どの程度車に影響があるのかを教えて下さい

昔はエンジンオイルが潤滑油でしたが
VVTの関係で作動油としてもエンジンオイル重要になります

アイドリングが不安定
アイドリングの音が大きくなれば
エンジンにとっては悪い状態になります

投稿日時 - 2012-08-16 10:31:32

お礼

回答ありがとうございます
できれば、数値的に示して頂けませんか

投稿日時 - 2012-08-16 14:29:51

ANo.4

実を言うと「そういう面倒な実験は普通しない」ので、データが
無いんです。それに、内燃機関は結構いい加減な機械でも
あって、貧乏な国では質問者さんと同じようなことをすることが
むしろ普通だったりします。

ホンダ・カブのエンジンは、そういうコトをやっても元気に動くと
言うことで、世界中から愛用されていたるするんですね。

ですので、日本人が使う程度の頻度なら、廃車までエンジンは
多分壊れません。性能だって、フルに使う訳じゃないですから、
劣化してても目立ちません。要は「普通に使う分には目立たない
程度の問題しか出ない」んです。

「部屋の掃除」なんかと全く同じです。掃除なんぞしなくても、
普通に暮らして行けますが、ダニやノミの繁殖とか、臭いとか
のような、生活の質の劣化みたいなものを、どの程度まで許容
出来るか・・・って話になります。

ちなみにメーカー推奨データは、実際にエンジンを回してみた
訳ではなく、添加物の劣化度合いなどから推定した値でしか
ないです。ですので、使い方によっては推奨値より速く劣化
したり、余裕で未だ行けたりします。

投稿日時 - 2012-08-16 10:10:13

お礼

回答ありがとうございます
>実を言うと「そういう面倒な実験は普通しない」ので、データが無い

やはりそうですか。

>ちなみにメーカー推奨データは、実際にエンジンを回してみた
訳ではなく、添加物の劣化度合いなどから推定した値でしか
ないです。

なるほど。
添加物の劣化によってパッキンに影響が出てくるのを防ぐ目的で
その値から推奨値を定めているというのなら納得できます。
でも、添加物の劣化とパッキン劣化の性能試験みたいのは、やってないでしょうね。

投稿日時 - 2012-08-16 14:27:54

ANo.3

そもそもエンジンオイルの役目は、エンジン内部の防食・防錆・ピストンリングの被膜(ピストン~点火装置の圧縮漏れをなくす
為の物等他にも大きな役割が有り例えば自動的にタペットカムの間隙をパイプを通して調整している車が多いようです、私も数年オイルを入れ替えなくてその他ペット調整パイプ詰まりで乗れなくなり車を買い替えることになりました、メーカはオイルは高熱にさらされますから酸化しますまた長時間運転しなくても空気中で酸化が起こりオイルその物の粘度が変化したり、オイルの中の添加剤が役目を果たさなくなる時間を実際に時間をかけて摩耗具合など検査していますその結果を書いていると思いますが、普通5000k又は3カ月とか書かれています、確かに数年オイル交換しない車のオイルを抜いてみると、砂みたいな所謂スラッジが多く出てきます、車のオイルを帰るとエンジン音自体が軽くなる事で潤滑が上手く行きはじめた証拠だと感じます、メーカーどおりに変える必要はないにしても半年に一度は替えるべきで買えない事は自慢にはならないと思います。
勿論、燃費・静粛性等についての性能曲線はあるとは思いませんがデーターは石油メーカーが持っています、必要であればエンジンオイルの劣化と影響で検索されてみるとヒットするかもしれません、あなたの車を買った人は運が悪い人ですね。

投稿日時 - 2012-08-16 10:03:49

お礼

回答ありがとうございます
別に自慢してるわけではありません。
ご自身の経験(数年オイル交換をしなかった)は非常に参考になります。
数年というのは、具体的に何年でしょうか?
あと車種や、走行距離、新車か中古車かなど、教えてもらえるとありがいたです。

投稿日時 - 2012-08-16 14:20:26

ANo.2

資料を集めて本気で回答しようかな、とも思いましたがやめました。
シリンダーリングは薄くなってしまい、シリンダーは傷だらけ、シリンダーヘッドもカーボンだらけでしょう。
エンジンオイルを交換しても変化か体感できる域を超えています。
エンジンが壊れるまで乗ってください。
ポルテ同等車両なら買い替えもたいしたことはないでしょう。

投稿日時 - 2012-08-16 09:57:23

お礼

回答ありがとうございます
資料を提供頂けないのは残念です

>シリンダーリングは薄くなってしまい、シリンダーは傷だらけ、シリンダーヘッドもカーボンだらけでしょう。

もしそうなら、燃費がかなり悪くなっているはずですが、
購入してから、約11キロ/Lで変わってないです。

投稿日時 - 2012-08-16 14:12:13

ANo.1

大丈夫・・・
山のように突っ込みが入るから。

そんなあなたには、
自分でエンジンオイル交換作業をしてみる事をおすすめしておきます。

すっごいものが出てくるねぇきっと。
わかめ?そんな感じのオイル。

確実にエンジンぶっ壊していますが
それは
薬物中毒患者が
段々薬に嵌っていくのと同じレベルの無頓着さですね。

部屋も凄そうですね、あなた。
意外と身の回りはきれいにするタイプだけど
車には無神経。
そう言う人は居ますねそういや。

問題を感じないのは
逆に言えば
「オイル交換しなかったから感じられなかった」のさ。
交換したら、交換するありがたみが「肌で感じられるほど調子が良く変化します」
それだけ換えなきゃね。実感できます。
確実にフラッシングも推奨されますね。それ。

データではなく
交換して「実感」しなさい。
出てきたオイルを「実際に見せてもらいなさい」
データでもハッキリ出ますが
実感には何もかなわないのですよ???

投稿日時 - 2012-08-16 09:45:23

お礼

指摘ではなくて、質問に対する回答を下さい
「実感」で納得する人もいれば、納得できない人もいます。

投稿日時 - 2012-08-16 14:06:39

あなたにオススメの質問