こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

SE-200PCI LTD からTX-8050

引っ越しに伴い、PCでの音楽再生環境を現在の
SE-200 PCI LTD(アナログ2ch出力)→ヘッドホンアンプ→ヘッドホン(AKG K702)
から、
SE-200 PCI LTD(光デジタル出力)→TX-8050→スピーカ(ONKYO製品のいずれか)
に移そうと思っています。

ゲームやアニメの視聴がほとんどで、ほぼ全て2ch出力です。
一部マルチチャンネルを使うこともありますが
AVアンプよりプリメインアンプの方が
音質面では優秀ということを目にしたので、
稀にしか使わないマルチチャンネルは捨てて
TX-8050を購入しようと考えています。
ハイレゾ音源も使う予定はなく、PC側でデコードし、
PCM2ch(44.1 or 48kHz)にして出力する予定です。

このようなことを考えているのですが
TX-8050はこの用途に合致するでしょうか?

また、TX-8050のプリアウトにアクティブウーハーを付けた場合
TX-8050に入力する音源は2chですが、低音部分はウーハー側で
再生してくれるのでしょうか?
(そもそもアニメにウーハーは必要かなとも思ったりはしますが。)

投稿日時 - 2012-08-16 18:42:13

QNo.7647282

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

>> TX-8050はこの用途に合致するでしょうか? //

使えないことはありませんが、「敢えてTX-8050を選ぶ理由」まではなさそうです。

TX-8050は、ネットワークプレーヤーです。つまり、インターネットラジオや、自宅のLAN内に設置したサーバー(NASなど)から音声データを受け取って再生する機械です。パソコン上の音声を再生するだけであれば、ネットワーク機能は必要ありません。

パソコンとアンプを(ネットワーク経由ではなく直接)接続する方法としては、

(1) イヤフォン端子やライン出力端子を使ってアナログ接続する。
(2) 光/同軸デジタル端子を使ってデジタル接続する。
(3) USB端子を使ってデジタル接続する。

という3つの選択肢が考えられます。いずれも、パソコン側、アンプ側に対応した端子が必要です。

SE-200PCI LTDは、(1)の発展編だと言えます。パソコンのオンボードサウンド機能は「音は鳴る」程度のもので、オーディオと呼べるレベルではありません。これを、ミニコンポなどのオーディオ機器と同等のレベルにするのが、SE-200PCI LTDの役割です。

SE-200PCI LTDにはデジタル端子もありますが、このカードは基本的にアナログ出力の品質を向上させることが目的なので、デジタル端子を使うのはもったいない(わざわざSE-200PCI LTDに高いお金を払った意味がない)でしょう。

ですから、No.1の回答者が書かれているように、一般的なアナログ入力(しかない)のプリメインアンプが最も適していると言えます。要は、いまのヘッドフォンアンプの位置にプリメインアンプが入ることになります。

ちなみに、未だに「しょせんパソコンだから音は良くならない」と言う人がいますが、現代の音楽製作には必ずと言って良いほどパソコンが使われています。プロの現場でSE-200PCI LTDが使われている訳ではありませんが、「パソコンだからダメ」ということはないので安心して下さい。

>> TX-8050のプリアウトにアクティブウーハーを付けた場合 //

TX-8050に限らず、プリアウト付きのアンプであればいずれも問題ありません。もちろん、メインスピーカーとのバランスを取るために調整は必要です(一部のサブウーファーには、カットオフ周波数や音量調整ができないものがあります。こういう製品ではバランス調整ができないので、お勧めしません)。

>> アニメにウーハーは必要かな //

まあ、確かに『サザエさん』には必要ないでしょう。しかし、『エヴァンゲリオン』や『攻殻機動隊』ならサブウーファーがあった方が楽しいでしょう。『千と千尋の神隠し』でも、あるのとないのとでは差があります。

もっとも、けっきょくステレオにダウンミックスするのであれば、音楽を聞くのと同じです。つまり、サブウーファーの役割は、効果音ではなく、メインスピーカーの低音の補助です。メインスピーカーが十分に大きく、低音をしっかり再生できるなら、サブウーファーはあまり重要ではありません。逆に、メインスピーカーが非常に小さく、低音がほとんど出せないなら、『サザエさん』であってもサブウーファーがあった方が良いと言えます。

投稿日時 - 2012-08-18 13:24:40

お礼

回答ありがとうございます。
TX-8050の機能が無駄になるのは
仕方ないかと思っています^^;
よりよい音がでるのなら・・・
ウーハーは他スピーカーの性能によって必要か
決まるんですね。
一度設置してみて、低音がほしくなったら追加ということに
しようと思います。

投稿日時 - 2012-08-18 13:40:33

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

 質問の意志に反するかもしれませんが、PCサウンドに音質・サンプリングレート等を要求されるのは酷かと存じます。所詮PCサウンドですので、サウンド側出力と受け側(アンプ等)を良くしても、出力時にPC内部からのノイズや出力音質レベルはパソコンレベルでしか表現されませんので、本格的なシステムオーディオまでの表現は無理かと存じます。
 質問意図では機器仕様上合致するかと存じますが、個人的にはCreative製「Sound Blaster X-Fi TitaniumHD Professional Audio」シリーズ+Creative製2.1chスピーカー「GigaWorks T40 Series II」、Yamaha製「A-S700」等の機材が好みですが・・・。

投稿日時 - 2012-08-18 07:51:18

お礼

DACの性能がSE-200を上回るアンプであれば
外部でのD/A変換でノイズはそんなに気にならないと
思っているのですが。。。
実際はどうなのでしょうか・・・

投稿日時 - 2012-08-18 13:34:37

別の質問でアンプに関しては結論が出つつあるようですが、あえて別の製品を紹介しておきますか。エントリークラスのプリメインで長い歴史を持つシリーズの最新鋭機です。実売¥5万前後のものでこいつを検討しないのは惜しいですよ。こいつを選ばなかったにしても、PCを核にしたシステムにするようですから、純然たるプリメインを選ぶ方がコストの集中になり、良い結果につなげやすいでしょう。

DENON PMA-390E
http://www.phileweb.com/denon/report_premainamp.php?id=4366

それと、アンプ側のDACがある程度以上に上質なものでない限り、SE-200の出力はアナログの方が良いと思います。光出力では、そのサウンドカードである必然性が全くありません。高級DACを積んでいる点にこそそいつの意義があるのに、デジタル出力では…

後からサブウーファを追加した場合、通常はサブウーファ側にハイカット設定が付いていて、手持ちのスピーカーとのクロスオーバーを調節できるようになっています。

投稿日時 - 2012-08-17 09:29:38

お礼

回答ありがとうございます。
PMA-390Eですか。
調べてみます。

投稿日時 - 2012-08-18 13:32:26

あなたにオススメの質問