こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ICJ(国際司法裁判所) 単独提訴

先日、李明博大統領が、竹島に上陸した問題で、日本政府は韓国へ【共同提訴?】を求めましたが、韓国側に一蹴されました。日本単独で提訴も出来るようで、しかしながら韓国側にも拒否する理由を報告する義務はあるそうですが、ここで従来通り【領有権問題など存在しない】と返答された場合、その後はアヤフヤなものにされるのでしょうか?それとも従来の主張は通らないものなんでしょうか?韓国は何が何でも突っぱねる事しか無く、日本の主張が正しいとの事でしたが? 

投稿日時 - 2012-08-21 12:03:38

QNo.7655352

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

ある事情通の方によると、単独提訴でも、韓国は「相手側も手紙を送らなければならないこと」「その理由次第でその手紙が付託となってしまい強制的な裁判になってしまうこと」「そして、それを決めるのは裁判所であって、韓国でないこと」ということで、強制的に裁判に組み込まれてしまう場合があるみたいです。いくつか先例があり、テレビでもいっていたらしいのでこれは確実しょう。期待しましょう。

投稿日時 - 2012-08-21 13:43:04

お礼

ありがとうございます。これは朗報を頂きました。今後が楽しみですね。李明博はニッチもサッチも行きませんね。

投稿日時 - 2012-08-21 15:14:47

このQ&Aは役に立ちましたか?

15人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問