こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

明治政府の成り立ちについて書かれた小説

明治政府の成り立ちについて書かれた小説をご存知であれば教えていただけませんか。

司馬遼太郎さんの著書で竜馬がゆくを読みましたがその後、明治政府が成り立っていく過程について知りたいと思います。

普通の歴史書が良いのでしょうけど多少娯楽性のある物でないと読破できる自信がないので小説で、と思いました。

小説はフィクションですから正しくないかもしれませんが、時代考証が比較的きちんとしている小説があればと思いました。
ちなみに「坂の上の雲」は既読です。
宜しくお願いいたします。

投稿日時 - 2004-01-31 22:03:38

QNo.766445

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

同じく司馬遼太郎で、「翔ぶが如く」はどうでしょうか?大河ドラマで見ました。西郷と大久保が主人公なので時代的には合ってると思います。
小説以外でも、講談社現代新書あたりだと読みやすいかと思います。

投稿日時 - 2004-01-31 22:46:01

お礼

ご回答ありがとうございます。
翔ぶが如くはまだ読んでいません。
良さそうですね。さっそく読んでみます。

投稿日時 - 2004-02-01 00:38:57

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

 私も♯1の方と同じですが、司馬遼太郎さんの「翔ぶが如く」がいいとおもいます。
 すこし読むのに時間はかかるとおもいますが、司馬さんの著書のなかで、私が一番好きな作品です。
  
  お勧めです!

投稿日時 - 2004-02-05 23:01:41

お礼

回答有難うございます。
翔ぶが如く、おもしろそうですね。
ぜひ読んで見ます。

投稿日時 - 2004-02-07 13:33:59

ANo.3

今日は、
講談社文庫「伊藤博文」豊田穣著
PHP文庫「陸奥宗光」岡崎久彦著
両方とも上下2巻です。
両人とも維新では脇役的存在ですが
明治政府にとっては重要な存在ですので
明治政府の成り立ちが分かると思います。
読みやすいのは「伊藤博文」の方です。

投稿日時 - 2004-02-03 11:27:32

お礼

ご回答ありがとうございます。
陸奥宗光が興味ありますね。
是非読んで見ます。

投稿日時 - 2004-02-03 18:21:33

ANo.2

「歳月」新潮文庫がよいでしょう。司馬遼太郎作品です。

江藤新平が主人公ですが、明治の近代化の模様がよく理解できると思います。

参考URL:http://www5b.biglobe.ne.jp/~tjk/shiseki/ji/eto/

投稿日時 - 2004-02-01 03:54:53

お礼

ご回答ありがとうございます。
江藤新平ですか?その人は知りませんが是非読んでみたいと思います。

投稿日時 - 2004-02-03 18:13:30

あなたにオススメの質問