こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

エコカー売り上げ

リーマン証券が経営破たんし、アメリカの経済が大不況に陥り、世界的な金融危機がありました。

日本は基本的に輸出国で、外国に製品を売り、それで日本経済が成り立っています。

リーマンショック直後に、派遣きりが始まり、そして政府によるエコカー補助金の開始で、日本の自動車業界の雇用が、少しではありますが、回復しました。

で、先ほども述べたように、日本は輸出国です。

外国が日本の製品を買ってくれないと、日本の企業は儲からなくなり、結果派遣きりが始まったのです。

それで、どうして、エコカー補助金で、日本の雇用が少しではあるが、回復したのですか?

投稿日時 - 2012-09-02 01:57:21

QNo.7675999

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

<<日本は基本的に輸出国で、外国に製品を売り、それで日本経済が成り立っています。>>

 日本の輸出依存度は、先進7か国中、第6位です。また、中国や韓国に比べると半分以下です。さらに、最近は貿易収支が赤字に転じました。それでも経常収支が黒字なのは資本収支のおかげです。


<<外国が日本の製品を買ってくれないと、日本の企業は儲からなくなり、結果派遣きりが始まったのです。>>

 日本の企業は、生産の現場を国内よりコストが低い外国に移しました。非正規の増加や派遣切りはその結果です。


<<それで、どうして、エコカー補助金で、日本の雇用が少しではあるが、回復したのですか?>>

 エコカーやエコポイントの効果は一時的で、雇用の回復につながったかどうか断定できません。エコポイントの失敗は周知のとおりであり、今月末まで実施されている第2次エコカー助成も使い残しが噂されている状況です。

 業界では、来年以降、エコカー助成による需要の先食いに結果として、新車販売台数の長期的な低迷を予測しています。

 

投稿日時 - 2012-09-02 11:51:20

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

平成23年中 国際収支状況(速報)の概要 財務省
http://www.mof.go.jp/international_policy/reference/balance_of_payments/preliminary/pg2011cy.htm

「日本は輸出国」というのはもはや昔話になっています。東日本大震災後、一貫して貿易赤字基調が継続しています。まだ所得収支が黒字なので国際収支では黒字を保ってはいる。しかし、所得収支の黒字が貿易収支の赤字とサービス収支の赤字を補えなくなったら、国際収支も赤字に転落します。そうなれば日本はお仕舞。

エコカー補助金?一時しのぎのバラマキ注射に過ぎません。いつまでも輸出国の幻想に浸っていてもしかたありません。

投稿日時 - 2012-09-03 00:49:42

ANo.3

補助金やエコカー減税は、売れる時期を前倒しにしただけで
それが終われば、売れなくなります。
家電エコポイント制度で、シャープの液晶テレビが売れに売れました。
我が家も、注文して到着したのが真夜中。
工場を広げて、人を増やし、増産体制をとりましたが、
売れる時期を前倒しにしただけで、今は悲惨な事に。
シャープは何時までも続くと思っていたのか?

減税や補助金は一時しのぎにしかないのです。
日本の景気を回復するには、消費税を廃止して
国民がお金を使える様にする以外には有りません。
廃止しないなら、景気の回復はありません。

http://diamond.jp/articles/-/24095?page=2
官僚に絶対服従の自民党や、民主党が与党を続けていたら
必ず、国民生活は破綻します。( 既に破綻していますが )

投稿日時 - 2012-09-02 10:41:19

ANo.2

補助金は有期なので、早くもらわなきゃ損だという心理が消費者に芽生えました。
その結果自動車の買い替え需要が向上し、自動車の国内販売量が増えました。
そのことにより、国内生産量が増え、生産・販売への雇用が回復したのです。

投稿日時 - 2012-09-02 07:06:05

減税という武器が、国益をもたらした。

だから消費税増税なんてありえない。という実験です。

答えが、経済回復です。

投稿日時 - 2012-09-02 02:24:09

あなたにオススメの質問