こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

就活、面接をする際、持病のことを言うべきですか?

今大学生(2年)なのですが中学生のころにメンタルヘルスを患い(強迫性神経症)高校をすぐにやめてしまいました。そこから3年くらい療養しバイトなどをしながら高卒認定試験(旧大検)に合格して今に至ります。年は20代前半です。


この時に自分としては隠したくはないのですが就活、面接の際に言うのはやはり良くないのでしょうか?(この空白の期間は何があったの?と言われた時)この場合は隠したほうが良いのでしょうか?またこの場合どうしたら良いと感じますか?


一応民間も公務員も両方検討しています(どちらかに最終的には決めますが)また公務員の場合警察官を考えています(まだ何とも言えませんが)自分がつらい思いをした分困っている人の役に立つためです。質問としてあやふやな部分があるため分からない部分は補足します。自分でも悩んでいて・・・回答、アドバイスの程よろしくお願いします。

投稿日時 - 2012-09-02 09:18:29

QNo.7676227

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

もし本当に働き始めてから症状が出る心配がないのなら、言わない方が良いと思います。

現在の日本では、精神疾患への理解は乏しいもの。気の持ちようだ、甘えている、という風に受け取る人、会社は少なくありません。
昔は~だったけど、今は平気です!と言われても、それを伝えた事で‥この人を雇って急に具合悪くなられたら困る‥と判断されることもあると思います。
就職先へ精神疾患の理解を求めるのは殆ど無理と思ってかかった方がいいと思います。

治っていて症状が出ないのであれば、尚更。マイナスになるような事は伏せておかないと、落とされてしまう可能性が高いです。

3年間何をしていたかと聞かれたら、(家庭の)金銭的な理由でアルバイトをして、貯めたお金で大学の費用を…とか
あなのない無難な理由を考えておくのが良いかと思います。

きっと真面目な性格の方なのだと思いますが、正直が正解とは限らないと思います。

清潔感、礼儀、言葉遣い、ある程度の笑顔で、面接を乗り切れるよう頑張ってくださいね。

投稿日時 - 2012-09-02 10:25:55

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

私は、なるべく言わないほうがいいと思います。
私も同じ強迫神経症で同じような状況に置かれています。
私も正式に生涯勤めるであろう仕事の面接の為にとアルバイトの面接を受けた事がありますが、やはり聞かれました。
私は中学時代はほぼ学校に行っていませんでした。場所によって聞くこと、聞き方はまちまちだとおもいますが、「中学の頃、部活は何をしていたの?」あたりから聞かれ始めて、どうしても言わなければいけないように話しをもってこられます。私は「少し体の調子が悪くて」と濁したのですが、とても詳しく聞かれ、逃げられなくなってしまいました。
公務員試験の面接ですと、高校の頃のことよりも前のことはあまり聞かないそうですが、あなたは高校からですものね…。
1番良いのは詳しく言わないこと。もし言わなければならなそうなら、出来るだけネガティブ発言を避けることですね。公務員試験だとなおさらネガティブ発言を避けることで受かりやすくなると思います。私もこの方法でいこうと思っているので。
健闘をお祈りします。

投稿日時 - 2012-09-02 10:17:32

病気はもう治りましたか?そうでありましたら、遅れても大学を卒業する自分の姿を包み隠さず面接官に言って下さい。合格をお祈り致します。

投稿日時 - 2012-09-02 09:32:43

ANo.1

採用側の条件の一つは、健康優良児であることです。
どうしても告知事項として、伝えておきたいなら、お伝えください。但し採用条件は頗る不利になること請け負います。完治してるなら、敢えて伝えなければならない事項ではありません。

投稿日時 - 2012-09-02 09:31:13

あなたにオススメの質問