こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

相続(遺言)

公正証書による遺言

たびたびの相談で恐縮です。
数年前に父をなくし相続がありました。父は遺言をのこさなかったため、母には、こうしてほしいとのことを伝えてあったために母の思う通りの相続となりました。母は家の存続のため、兄が後継者になることも含めほとんど母、兄中心での相続となりました。姉と私は12%でした。私はとくに不満はありません。ただ姉は今度は家がなくなろうが関係なくきっちり1/3を要求しております。兄夫婦は自分たちが元気の間は、家を存続するが養子をとることもしないので、のちのちの家は私が家の後継者となることが決定しました。養子の件は、家の存続で必要であればあなたがすればいいとのこと。母の介護は他人(長男の嫁)が見るよりは実子の娘がみればいいとのこと。父の相続で人一倍もらい、また母の相続で無責任な兄夫婦が1/3ももってかれて、後はよろしくね・・・なんて虫のいい話ですよね?兄夫婦はけっして家系の存続のためになってくれるとは思えません。相続のお金は使いきって終わりのように思います。姉は実の姉妹なので、まっ我慢できますが・・・その後、継者となる私は不安もあります。8代もつづいてきた家系(自宅の屋敷に先祖代々の墓もある)をつぶすわけにはいかず、母にも安心して長生きをしてもらいたく私が奮起ししました。母の生きている間は経営管理tも一任してもらいました。銀行関係も前回のアドバイスで代理契約をしておけば大丈夫とのこと。今後は母を説得し家系をまもるために贈与を先にうけるか、取分を多くしてもらうかは母との今後の課題です。ただ姉とは、このことで姉妹の関係がこわれてしまうのではないかと心配です。
そこで、.公正証書による遺言はどこまで権利が主張できるのか?
最低限の遺留分をとっておけば大丈夫なのか?
公正証書の遺言があっても裁判をされていまい、1/3分は各々に分配されていまうのか?
前回の質問の時と一部重複している部分もありますがアドバイスをよろしくお願いします。

投稿日時 - 2012-09-06 20:49:19

QNo.7684210

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

お礼を読ませていただきました。

親の介護などは、損得で行うものではないですし、法律でも扶養義務は親族全員にあるでしょうからね。
一緒に住んだり、親の面倒をみるのは、負担ばかりではないと思います。
困った時に助けを求めるのは、まずは家族でしょうからね。それだけでもよい面というのはあります。

それにあなたが親の面倒を見ないとなれば、他の人が面倒を見ようと言いだすかもしれません。しかし、体裁だけで、親に対する暴力に発展したり、生前中に親の印鑑等を持ち出したり、親をごまかしたりして、財産を食いつぶすような人もいます。生活費のように親からお金をもらえば、高額でなければ贈与税の対象にすらならない場合もあります。生活上の負担は一緒に住んでいたりすれば、相互に負担すべきものでしょうからね。

ですので、損得だけで親の面倒を見ないなどとすれば、悪意を持った他の身内に必要以上に浪費されてしまうかもしれませんね。ですので、面倒を見ても逃げても、どちらもよい面と悪い面があると思います。
お金に余裕のある親であれば、大きな負担となった時点で親の財産で親を施設に入れてしまうという考えもありますからね。

私の祖父母は、子供たちへの負担を求めたがらない人たちでした。しかし、家を継いだ長男は親の遺産をあてにし、面倒もみないのに親への精神的負担を強いてきましたね。結果、生前中にたかられてお金を出したこともありますが、生活が出来なくなった時点で自分から施設に入りましたね。おかげで子供たちは金銭的負担や介護の負担はほとんどない状態でしたね。残された財産やお金を見たときには、もっとお金をかけて楽に楽しんで生活すればよかったのに・・・かわいそうに・・・と思いましたね。

投稿日時 - 2012-09-07 14:53:41

お礼

たびたびのご回答をいただき有難うございます。

姉には事後報告となりましたが、さきほど話をしました。イラっとされ、まだそんなことしているの?ほっとけば?と、サラリと流されてしまいました。母には、きちんと法定相続を希望とのことで遺言をお願いしたそうです。母も法定相続でいいと言っているので、別にそれでいいのであれば私がどうのこうの言うことではないのでかまいませんが・・・母高齢とのこともあり、資産の算出もおろか計算できるとはとうてい思いません。現在は資産管理と賃貸物件の収入で生活をしているので、現況では困ることはひとつもないので、金銭の心配はしておりませんが・・・私もアドバイスいただいたように、喧嘩のもととなるお金は残すことのないことをすすめております。1/3の法定相続でも、ちょっと後継者は今後きびしいけど何とかなると思いますが、父のときにほとんど兄が相続、そして今度もきっちりもっていき嫁に権利こそはありませんが、生涯財産を食いつぶし兄と別れたとしてもごっそり慰謝料としてもっていくでしょうね・・・
でも私とこどもたちは、父・母には大変お世話になったので、気持ちよくお世話をさせていただこうと思います。お蔭様で、子供たちも素直に育ち、気持ちの優しい子です。私の長男も結婚し、お嫁さんもとても純真で気持ちのやさしい子です。お嫁さんも(ひ孫)をつれて、毎日祖母(母)のところに遊びに行ってくれます。アドバイスをいただきながら、愚痴みたいになって申し訳ございませんでした。お蔭様で、やさしい気持ちになれましたこと感謝いたします。
どうも有難うございました。 

投稿日時 - 2012-09-07 17:54:40

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

家・先祖代々という考えもわかりますが、法律では後継者とかが優遇されるようなものはないはずです。
そして、お姉さまの言い分をつぶすような行為を考えていて、それでいてお姉さまと円満な関係というのは難しいと思います。
これを円満に行うのであれば、今からお母様からお姉さまに対して説得し続けることぐらいでしょうね。

家の存続に影響のない金銭から遺留分に配慮した金額を遺言でお姉さまに相続させ、それ以外のものをあなたに相続するような公正証書遺言が良いでしょうね。
あとは並行しての、生前贈与でしょう。
生前贈与も公正証書で行った方が良いかもしれません。
生前贈与による相続権の侵害として遺留分の請求を受ける可能性もあるでしょうから、注意が必要かもしれません。

贈与ですと、相続税より高額な贈与税がかかります。相続であれば税金がかからない財産であっても、贈与では高額な税金がかかることもあり得ますからね。

権利関係などであれば司法書士、税金であれば税理士へ相談され、計画的に行動する必要があると思います。ですので、総合事務所のようなところで相談されるほうが良いかもしれません。

投稿日時 - 2012-09-07 11:34:53

お礼

ご回答をいただき有難うございます。

少しづつ計画性をもって進めていこうと思います。
すでに、私は相続時清算課税も使っており相続のときにもめるか?その分を差し引きされることと思います。これも母の遺言によって一筆算定に含まずをいれていただこうと思っております。
いづれにしても相当エネルギーを使いますよね・・・
何にも言わず考えず介護もせず、きっちりと1/3をもらう方が賢いのかな?とも思いますが、人としてどうかとも思います。
こう思うのは、私だけでしょうかね・・・

投稿日時 - 2012-09-07 12:48:20

あなたにオススメの質問