こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

韓国の財政と経済

韓国のウォンが下がり上がらないのは 経済が酷い状況で破綻の可能性、というのも聞いていました。
日本によるスワップ協力もすの一環だと理解していました。

ところが先ほどのニュースで韓国国債の各付けが上がって、なんと日本を上回っています。
日本が国債を買うのを控える、とか言っていますが、自国の国債より各付けが上なら ストレートに言えば、国内行も 日本より韓国の国債を買った方が安心ということですね。(出来るかは別として)

韓国経済が破綻(実際そこまで行っているかは別として、相当厳しい、危ない、という意味)と国債の各付けがあまりにも離れているのですが、まったくリンクしない?
もしくは韓国経済はそれほど悪くない?(ではなぜウォンが安い?)

これらの関係を教えてください。
素人なので、簡略した説明で結構です。

投稿日時 - 2012-09-08 10:48:39

QNo.7686644

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

日本の場合、格付けが低い理由の最大要因は、日本政府の無駄使い、ばら撒き、借金体質です。
これは日本政府の問題であって、日本人の問題ではありません。日本人全体は借金よりも貯蓄が多い純資産をもつ国民です。
日本政府の借金(国債)はとほんど日本人(日本の民間部門)が保有しているので、「海外に引き上げる」というリスクがありません。

一方の韓国政府の借金は日本ほどひどくないので、その面から格付けにはプラスに働きます。
しかし、韓国は民間部門も政府部門と同様かそれ以上に借金漬けです。韓国の借金はつまるところ外国からの借金ですし、韓国人全体が資産よりも借金が多い体質ですから、いざ、外国資本が韓国から引き上げるとなると、政府部門と民間部門が同時に回らなくなるのです。

資金供給元の外国資本が引き上げるとき、韓国通貨のウォンからドルや円などの他通貨に交換されます。
強烈なウォン売りが始まるわけです。
円やドルほど総量がないウォンは一気に暴落し、たとえ韓国が原油をドル建てで輸入したくても、ドルを手に入れることができなくなるリスクがあります。

その際、700億ドル相当までは、いつでも円に替える約束(=日韓通貨スワップ協定)があれば、一旦、強い円に交換してから、ドル建ての原油が輸入できるわけです。
こうして韓国は日本円の信用の上に自らの信用を築くという賢いただ乗り戦略を実施しているわけです。

投稿日時 - 2012-09-08 11:29:38

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

> ところが先ほどのニュースで韓国国債の各付けが上がって、なんと日本を上回っています。

既に回答がありましたが、格付けはかなり信用に足りません。
例えば、既に言及があるギリシャ国債は、2009年12月までA-かA1というかなり高く、2007年頃には日本国債よりも上の格付けが付けられていました。

サブプライムローンもそうでしたし、通貨危機直前のアルゼンチン国債もそうでした。


> 各付けがあまりにも離れているのですが、まったくリンクしない?
> もしくは韓国経済はそれほど悪くない?(ではなぜウォンが安い?)

一説には一部のトレーダーなどの売り抜けのために格付けが操作されている、とさえ噂されています。
もう一つ言えば、韓国債の大部分(ムーディーズ等が格付けするもの)はウォン建てではないため、ウォンの上下にはあまり関係ありません。

投稿日時 - 2012-09-08 22:20:59

ANo.4

格付け会社は意図を持った存在です。その格付によって市場を動かし莫大なお金が動きます。

現在ギリシャに次いで問題となっているスペインなんて08年には最上級ランクのトリプルAであり、08年のギリシャはランクAです。サブプライム関連証券にもトリプルAの格付けが付けられていました。

要するに米国の金融経済兵器の一つです。
リーマン・ショック時にはあまりに急激な金融収縮でそれがバレてしまったという状態ですがね。まぁそれでもメディアを使った情報戦略は揺るがないので、以前として格付け会社は高い信用を保った存在に位置付けられ、そんなインチキ格付け機関による採点で日本国債の格付けが下がるとマスコミは危機的だ大変だ破滅直前だと大々的に報じます。


日本政府はそんな格付け無視して、とにかく早急に日韓通貨スワップ協定を破棄し、韓国国債の購入もしないという事を明確化して取り急ぎ手続きを進めるべきでしょう。そうでないと日本は来年にはこれに関連して大幅な損を被ることになり、当然それらはすべて日本の国民負担という事になります。

投稿日時 - 2012-09-08 17:05:19

ANo.3

図録▽政府債務残高の推移の国際比較
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/5103.html

まず、このデータを見てください。%は各国のGDPとの対比です。日本が突出して大きく、韓国が突出して小さいことがわかると思います。韓国のGDPは日本の1/5以下ですから、韓国の国債発行残高がどれだけ小さいかわかってもらえると思います。

そもそも国債の格付けは、償還が不可能となる確率、いいかえれば債務不履行になる確率を表しているわけですから、韓国の格付けが上がったというのは、何も不思議でもなんでもない。

「いくら韓国でも、この程度のわずかな借金は返せるでしょ」という意味なのです。

こういうデータを示さずに馬鹿マスコミは単純に格付けだけしか見てないからちんぷんかんぷんで話が見えないわけです。

韓国の国債発行残高が小さいのは、要は民間の資金余力が弱くて、売れないからでもあります。といって韓国経済が外国から信用されていないから、外国人にも買ってもらえない。

韓国の国債発行残高がこれほどまでに小さいにもかかわらず、今まで日本と同じ格付けだったことが異常なのであって、それは韓国経済がいかに外国(いや、韓国国民からも)から信用されていないかということを意味しているのです。

逆に言えば、いくら日本でも、いくらなんでも発行残高が大きすぎるでしょって話です。

この国の馬鹿マスコミは本当に役に立たない経済オンチですから、苦労します。

投稿日時 - 2012-09-08 12:03:57

ANo.2

格付け会社の格付けは当てになりません。あのギリシャでさえ、問題発覚直前まで国債格付けはけっこういい評価をしていたのです。格付け会社は、株でも国債でも、儲かるうちはどんなインチキな格付けでもします。危なくなると手のひらを返します。彼らは売り買いの差益で飯を食っている吸血鬼のような物で、その国の実体経済は見ていません。国債の格付けと景気動向は関係ありません。
格付けにかかわらず、日本の国債は金利は低い。(安全である証拠)、銀行にとって他の金融商品に比べて安全確実な投資先なのです。だから日本の銀行は日本の国債を買うのです。韓国国債にしても、もし安全確実度が高ければ買えばいいのです。安全確実かどうかは、その国の経済安定度で決まります。円高は日本への投資の安全度が高いことを証明しています。ウォン安はその反対です。

投稿日時 - 2012-09-08 11:48:44

あなたにオススメの質問