こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

LED点灯回路

図の回路でLEDを点灯させる問題です。
2つのCdSセルが同時に明るくなったとき、すなわち両者の抵抗が低下したときのみ点灯するという回路らしいのですが、なぜその場合のみ点灯するのかが分かりません。
見たところ並列なので、CdSセルの抵抗が大きかろうが小さかろうか電圧の大きさは変わらない、すなわちNAND素子での値も変わらないと思うのですが…
どうして点灯するのか教えていただけないでしょうか。

大変申し訳ございませんが、この投稿に添付された画像や動画などは、「BIGLOBEなんでも相談室」ではご覧いただくことができません。 OKWAVEよりご覧ください。

マルチメディア機能とは?

投稿日時 - 2012-09-10 13:59:54

QNo.7690526

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

光によってCdSの抵抗値が変わり、直列に接続されているボリウム(調整後は一定値)との比で電圧が変わります(オームの法則で計算)。これがNAND回路に入力され、点灯する条件はLレベル出力ですので、入力が両方ともHレベル(CdSの抵抗が低くなった時)ということになります。

入力1 入力2 出力
  L    L    H
  L    H    H
  H    L    H
  H    H    L

大変申し訳ございませんが、この投稿に添付された画像や動画などは、「BIGLOBEなんでも相談室」ではご覧いただくことができません。 OKWAVEよりご覧ください。

マルチメディア機能とは?

投稿日時 - 2012-09-10 14:19:41

お礼

なるほど可変抵抗と直列になっているのですね。
目からうろこでした。ありがとうございます。

投稿日時 - 2012-09-10 16:40:36

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

こんにちは。

まずNANDの場合どちらかが1であれば出力は1になります。
両方が1となった場合に出力が0です。

この回路の場合、NANDが0になった場合にLEDが点灯します。
(シンク電流)

NANDが0になる条件は両方のCdsからの入力が1になったときです。
(明るくなって抵抗が低下して結果NANDの入力が1になる)

0,0 = 1
0,1 = 1
1,0 = 1
1,1 = 0

NANDの真偽判定と、LEDの接続向き(ソース電流で点灯するか、シンク電流で点灯するか)
そこがポイントだと思います。
(この場合はシンク電流、ICの出力を0にして電流を流し込みます)

投稿日時 - 2012-09-10 14:20:12

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2012-09-10 16:41:03

あなたにオススメの質問