こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

左脳:言語

 日本語で育った人(以下、日本人)と、英語で育った人を比べると、前者は情緒的、後者は理論的と聞きます。また、左脳が言語、理論を担当し、右脳が芸術、感覚的なものを担当しているとも聞きます。
 そこで、日本語は子音母音ともに左脳で受け取ることを考えると、むしろ左脳が活発で、理論的になるのでは?と思ってしまいます。
 いろんなサイトを見ても、日本人が情緒的、左脳で音をとらえる、という記述はたくさん目にしましたが、なぜ言語脳が活発なのに情緒的なのか、というところには触れているものはない気がしました。
 反対に西洋人などは子音と母音を右脳左脳で聞き分けているとのことなので、両方が程よく刺激を受けて特に理論的とか情緒的とか関係ないような気もします。

 日本人や西洋人の傾向の違いと脳の使い方ってどのような関係があるのでしょうか。

投稿日時 - 2012-09-13 09:13:25

QNo.7695122

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

言語脳が活発なことと情緒性・論理性はあまり関係ないと思われます。
よく喋る人は全員論理的なわけではないことからも、それは推測できますね。
言語を司る部位をただ刺激したからって理論的な思考力が効果的に養えるわけではありませんから。

論理的な思考力には脳の様々な部位の連携が必要です。
判断力、状況に応じて記憶を引き出す能力は、右脳にも依存しています。
つまり右脳と左脳がよく連携している方が論理的思考をしやすい。

更に、日本語は英語と比較し、構造的に論理的なことばとはいえません。
代表は主語、目的語、語尾の省略ですね。
「さようなら」=これからお別れします、という意思自体を省略。論理的に考えるなら、左様ならなんだというのでしょう。
「お大事に」=論理的に考えるなら、何をどうお大事にするのでしょう。
等々。
つまり日本語で育つということは、常に「人がどう思い、何を考えてるか」を推し量りつつ(=情緒的な訓練を受けつつ)育つということなのです。

また言語的な問題だけではなく、西洋文化圏の多くでは論理的思考を鍛える訓練を行っています。

日本人・西洋人の傾向の違いはそこからでるのだと考えられます。

投稿日時 - 2012-09-13 10:17:42

お礼

よく喋る人が論理的ではない、状況判断に応じる能力は右脳にもあり、左右の連携が論理性を生む、日本語が論理的ではない、などなど一つ一つの言葉にうならされています。欧米人でも日本語で育つと、日本人のようになることからも、おっしゃっている内容が矛盾なく説得力を感じます。ものすごくすっきりしました。ありがとうございました。

投稿日時 - 2012-09-14 23:00:54

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

    僕は脳梗塞にかかった人を数人知っていますが、まず左脳が言語、と言うのが問題だと思います。

     この結びつき(左脳と言語)が一般的な事実なら、脳梗塞の後遺症で右半身麻痺の人は、言語障害を持つことになりますが、そうでない人もいます。

    また僕の友人で、広東語が、母語、学校で北京官話を身につけた人が、脳梗塞に罹りましたが、広東語は残り、北京官話が話せなくなりました。

     このような例から、言語中枢のある場所も、母語と外国語の占める場所も、まだ特定できていない現状だと思います。

    一時『日本人の脳』などと言う本が出て、虫の「声」を脳のどちら側で処理するかなどと騒いだときもあるそうですが、まだ分かっていないことが多すぎるような気がします。

投稿日時 - 2012-09-13 13:03:21

お礼

脳梗塞の実例を挙げてのお話をありがとうございます。
医学や科学の発展でもっといろんなことがこれからわかれば面白いですね。
研究者の皆様のご活躍を陰ながら祈っております。

投稿日時 - 2012-09-14 23:04:06

脳のちがいですかね?
文化や育ってきた環境だと
思いますが。
教科書もちがうのですよ。
言葉を美しく表現したり、、
とにかくシェイクスピアや
世界に名だたる文豪たちが
たくさん生まれた国で
受け継がれて来てるんですよ。
イタリアとか街並み自体が
美しく、その中で育てば
美意識や感性も磨かれますよ。
それと同じで脳の働きの
問題ではないと思いますね。

投稿日時 - 2012-09-13 09:51:51

お礼

言われてみれば、脳の構造ばかりに原因を求めていました。
その文化で育っていることが重要ですよね。
日本人でも欧米で育てば合理的、論理的で、欧米人でも日本語で育てば日本人みたくなることが
それを証明していると後から気が付かされました。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2012-09-14 22:57:19

あなたにオススメの質問