こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

反日行動の行き着くところ・・・

回答者の皆さんには、いつもお世話になっております。

在中邦人の方のブログを開くと、近況報告のあと異口同音に「身の危険を感じるため、出来るだけ外出は控えます」と記しています。
私自身の直接的な知人ではないのですが、上海に家族で滞在している人が「子供と奥さんだけ帰国させるかもしれない。自分は会社から、状況を見て帰国指示を出すが今のところ留まっていてほしいと言われた・・・」と電話で言っていたという話も聞きました。
いつもながら官民ともに強気な彼の国の行動ですが、一般の国民のほうはともかく
中央政府の意向というか最終的な目的はどこにあるのでしょうか?

前回の尖閣諸島事件の時の様に、有耶無耶のうちに揚げた手を下ろすのか?

それとも、面子を汚されたのだからもう国交断絶しても良い!くらいに思っているのか??

来るべきときがついに来たのかもしれない、と不安に駆られていますが、情報に疎い自分では判断がしかねますのでこちらで質問させていただきました。
よろしくお願いします。

投稿日時 - 2012-09-16 11:46:08

QNo.7700324

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

【長期的視野】に立てば、次の3つの未来があるのでは?

●1.民衆の声に押され、「政府」がやむなく対日戦争を選択。または「軍部」が民衆の支持を背景に開戦に踏み切る。
●2.開戦の選択も出来ず、尖閣の領有も出来ず、経済成長も鈍化し、更に反日運動が続けば反政府暴動となり行き着くところは中国の崩壊・分裂。
●3.共産党による暴徒の鎮圧。民衆の虐殺。情報封鎖。

中国政権の目標は尖閣諸島を領有すること。
尖閣諸島は中国の「核心的利益」に分類されたという話もあります。
核心的利益を守る為には中国人が何億人死んでも良い。必ずやり遂げる。。。と、既にそう決定済みの事項。
この決定事項にしたがって中国の全組織が動きます。
簡単に言えば、尖閣を守る為に必要ならば、核戦争を軍部判断で起こしてもOK。事前に決定済み。


【短期的視野】では、単に中国政権(コキントー政権)の安定化のためです。
民衆暴動を利用して愛国心を高め、政府と民衆の一体感をかもし出す。

今度の反日暴動はあたかも政府がそれを誘導しているがごときの印象がある。
それを敏感に感じ取った民衆は、「政府と一体感を持ちながら」、反日暴動に繰り出す。
普通、反日デモは反政府デモに繋がりやすいが、今回の反日デモは政府が引き起こしたように見える。
中国のバカどもは「燃えるぜっっっ!」と思いながら突っ走ってますよ。
快感感じてるでしょう。愛国心の極致でしょね。

そしてそのニュースを見た民衆も「やったぜ! 中国万歳! コキントー万歳!」と、、快感にまみれるわけです。

投稿日時 - 2012-09-16 12:58:17

お礼

御回答ありがとうございます!

「核心的利益」という言葉にはには中国政府の不退転の意志がこめられているのですね。
一部の噂では「開戦も辞さない」と軍の上層部が言っているとか言ってないとか。
考えただけで恐ろしいですが、不安な噂には惑わされないようにしたいと思います。

70年代あたりの中国の地図に<尖閣=日本領>と明記してあるのだから、その地図を
全世界に公開すれば中国および他国の人々がわかりそうなものなのに・・・。
戦争を起こしてまで、尖閣諸島の周辺の資源が欲しいと思っているのでしょうか??

投稿日時 - 2012-09-18 09:10:49

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

ANo.7

これは突発的な暴徒ではなく、中国共産党政府のお墨付きの威嚇行動ですよ。
日本に対する恫喝が第一の目的です。

勿論すぐすぐに戦闘にはなりませんが、長期的に日本支配を狙っていることは確かですから。

尖閣列島の問題を突破口にする研究は当然しているでしょう。

そのためにも、日本が不法に国有化したと世界にアピールできると踏んでいますよ。それが第二の目的でしょう。

日本は応戦するよりも淡々とするべきことだけして相手にしないことです。

そして出来たら、民間交流も徐々に減らすべきでしょう。

中国に対する投資というのはこういう風にいつでも人質に取られるのですから。

そういう国ばっかりじゃないですよね。べつの国に投資したほうがいいですよ。

中国の覇権主義に脅かされている国は日本だけじゃなく、東南アジアの多くがそうなのです。

近年、中国に寄り過ぎているので、少し修正するべきです。

投稿日時 - 2012-09-17 15:08:35

お礼

御回答ありがとうございます!

最近はずいぶん中国について研究分析が進んでいるので、騙されっぱなし脅されっぱなしでは無いと思いたいですね。
恫喝すれば気の弱い日本人は、ぜったいこちらの意のままになると思ったら大間違い!

尖閣諸島の国有化の件ですが、海外の方は日本にあると思っていてくれる方がほとんどみたいですよ。むしろ今まで一個人が所有していたということに、驚いていたようです。

投稿日時 - 2012-09-18 22:07:02

 中国共産党政府の最終的な目的は日本の植民地化ですよ。まずは尖閣を獲り、次は沖縄、そして本州です。

 とは言っても、いきなり軍隊を送り込んでと言う訳にはいきません。ただでさえ海上自衛隊の戦力は、質的には中国海軍を圧倒しています。戦って負けでもしたら、クーデターが起きて共産党政府がひっくり返る。東南アジア諸国と争っている南沙諸島の実効支配維持にも支障が出かねません。今は力を蓄え、軍の近代化を図りながら機会を待っている状態です。
 ですので、共産党政府としては、今はこれ以上事を荒立てたくないのですが、国民の方が反日で盛り上がってしまったので無視も出来ず、巡視船を送り込んだりしています。ここでもし日本が隙を見せるようなら、一気に行動に出るかも知れません。

 日本としては、隣に日本の侵略を狙うヤクザ組織かカルト宗教のような集団がある事を肝に銘じ、常に緊張感を持って、対象が何であれ、このヤクザ組織に依存するような状況を作らない事です。

投稿日時 - 2012-09-16 20:54:42

お礼

御回答ありがとうございます!

最近、尖閣諸島のみならず沖縄についてもあからさまに触手を伸ばしてきたようで、あの国らしいというか、わかりやすすぎてかえって安心しますね。
中国の国民も沖縄県の主権はさすがに否定するんじゃないでしょうか?
大陸棚延長の申請とかもうわけのわからない主張を繰り広げるくらいなら、自国の環境改善や福祉の充実のほうに意識を向けてください、といいたいです。


あれほど広大な国土を誇っていても、まだ人の国の土地が欲しいとは・・・
おっしゃるとおり悪意と嫉妬に満ちた隣人の存在を自覚し、危機意識を持って生きていかなければなりませんね。

投稿日時 - 2012-09-18 21:49:50

ANo.5

自然風化待ちでしょ?

少なくとも中国の反日デモは、都市部の失業者のお祭り
まぁ、質問サイトにもいる引きこもり回答者と同じような人々

そもそも、連中は、”手を挙げた”とは思ってない
ちょっと勉強すれば分かるが、この類の騒動は黄金律があって、『政権交代すれば、リセット』

在中邦人の知己で地方都市で文化支援・文化事業をしている人の話では、都市部は別にして、中国の地方では尖閣問題は無関心
そして、もっとも笑えるのが、この部類のナショナリズムの話題に一喜一憂する「エリート」「インテリ」は、ほとんど存在しないらしい
(日本でも同じようにエリート・インテリ層が淡白だと思うw)


中国共産党政府側の意向も統一性がない・・というのが現実だと思う
個人的に考えるに、共産党政府は、中国経済の影響力が大きくなって、相対的に日本経済への依存度が下がる状況を気長に待っているように思う
つまり、持久戦を考えてる。
中国の国家戦略のうちに尖閣がどのような地位であるのか?というのが正直見えないので、回答しにくい

尖閣よりは、南沙諸島の方が重要なのは明白だろうから、特段どうすることもないだろう

そもそも、どうにかする・・という手段がないし、あるにしても、経費の問題について思慮すれば出来ない・不可能という話

反日運動なんぞは、『麻疹』みたいなもんさね

投稿日時 - 2012-09-16 16:20:52

お礼

ご回答ありがとうございます!

<日中国交樹立四十周年>の節目の年に過去最悪の反日運動とは・・・なんのための国交回復だったのかしらん、と虚脱感に苛まれる毎日です。
中国人でも尖閣諸島問題に無関心な人がおおぜいいるのですね。
どこか地方都市の女性ブロガーが勇敢にも<尖閣諸島は日本のもの>と意見を表明してくださって、それに同調する中国人も出てきたらしいですが、そのブログは検閲されてすぐけされてしまったとか。
でもそういった歴史的事実に基づく公平な見方をしてくれる中国人もいるのだなあと
驚くとともに安堵しました。

尖閣よりは南沙諸島のほうが重要なのは明白なのですか?(無知ですみません)
日本も迷惑をこうむっている各国と対中同盟を組んで、しっかり対抗していくしかありませんね。

投稿日時 - 2012-09-18 10:02:45

ANo.4

初めまして。
>一般の国民のほうはともかく
中央政府の意向というか最終的な目的はどこにあるのでしょうか?

尖閣諸島を巡って、日本との“領土問題あり”という事実を、世界にアピールするためでございますね。
中国側は国連事務総長に、尖閣領有権を主張する海図等を手渡しておりますね。


>前回の尖閣諸島事件の時の様に、有耶無耶のうちに揚げた手を下ろすのか?


中国は未だに、面子を重んじる国民性なので、日本政府の“熱心な”働き掛けを待っているかと思いますねw。


>それとも、面子を汚されたのだからもう国交断絶しても良い!くらいに思っているのか??


それは有り得ないですねー。
現在、欧州の金融危機、財政危機により、中国から撤退している欧州企業も少なくありません。
中国経済の成長減退、鈍化が起こってますので、中央政府は日本の企業には一層、中国進出を願っておりますw。
チャイナハラスメントをするかと思いますねー。
レアアース取り引き国への、輸出を大幅に遅らせたりとかw。

中国在住の日本の方々は、大変、困難な状況かと思いますが、何とか無事にこの局面を耐えて頂きたいと、切に願っております。合掌。


(-∥-)゛

投稿日時 - 2012-09-16 14:26:10

お礼

御回答ありがとうございます!

中央政府が日本企業のいっそうの中国進出を願っているのは事実でしょうね。
でももうせっかくですけどご遠慮したいというのが、日本の各企業の本音でしょう。
タイやベトナムなどのはるかにまともで平和的な国との交流に力を入れて欲しいと思います。

本当に中国在住の日本人の方の安否が心配ですね。
ここ数日の邦人の方のブログを開くと、理性的な行動をとってくれる中国人のほうが多いようですが・・・。

投稿日時 - 2012-09-18 09:45:39

ANo.3

私はこうなると散々警告していましたが、妄想はやめましょうとかの批判も受けました。
ですが、こういう形になったら嫌でも自覚をしないといけないでしょう。
最初に断っておきますが、尖閣の問題など些細なことです。もっと壮大なプロジェクトがあります。

中国は爆発的な人口、エネルギー不足、食糧不足、水不足、公害汚染といった
非常に深刻な内部矛盾を抱えます。現在おこっているデモは氷山の一角なのです。
乱開発によるツケが回ってきています。特に土地が保水力を大幅に失い、上記全ての元凶になっています。

加えてエネルギー確保にも血眼になっています。
日本が第2次世界大戦に突入した直接の原因が原油であるように、中国もそれは非常に危機感があります。
このような背景を読めれば、なぜ中国がチベットに侵略したのか、尖閣や南沙で問題を起こすのかよく分かります。

中国経済に幻想を抱いている人が未だに多いことに呆れかえります。
彼らに言わせれば中国はこれから貧民層が次々と中産階級になっていくからGDPは米国を逆転するです。
マクロ経済学の見地からすれば正しいですが、既に中国本土には物理的キャパシティが有りません。

歴史はこういった場合、必ず戦争に突入すると証明しています。
覇権国家のNo1とNo2にある国が衝突することも証明しています。
中国の敵は日本ではなく、米国または同じく人口問題を抱えるインドと理解できる筈です。

事態がどうなるかなどはよめませんが、三国志の時代より戦争などの虐殺で人口調整を行って来た国です。
中国中枢部は今回も国が存続できるほどに人口調整による戦争を考えていることでしょう。

日本は現在ヤリ玉に挙げられていますが、この戦争を回避できれば勝ち組に入れます。
私にはそれが難しいこと、日本本土も一部が蹂躙されることもある程度分かっています。

投稿日時 - 2012-09-16 13:48:33

お礼

御回答ありがとうございます!

gungnir7様の予測では第二次日中戦争の開戦は不可避なのですね。
日に日に発言力を増しているらしい軍部の意向が強ければ、党中央もあっさり許可を下すかも
しれませんが・・・平和を望む一般人がどう努力しても、避けられない運命なのでしょうか?

直接の知り合いではなくても、中国人の配偶者の方で日中ハーフのお子さんがいる家庭を
知っているものですから、そのような事態になったら彼らはどうするのでしょうか。
すごく心配です。

投稿日時 - 2012-09-18 09:31:10

>反日行動の行き着くところ・・・

天安門事件とはまったく性格が違う集団暴動だと思っております。

中国人所有の中国製のトヨタ車などが破壊され、所有者だった中国人は資産を失う。
もし、まだ経済的に余裕があれば、今度は中国製のホンダ車を買うかも、、、。

反日行動とはいっても、ただ理性を欠いた集団暴動に過ぎないので、歴史を買えるような影響力は無いと思いますよ。

投稿日時 - 2012-09-16 11:57:19

お礼

御回答ありがとうございます!

伝え聞いたところでは、友人同士でわざわざ内地から出てきて上海や北京のデモに加わっている若者が大勢いるそうですね・・・イベント感覚で暴動を楽しんでいるのでしょうか?


歴史を変えるような影響力は無い、ということは戦争までは発展しないということですよね。
はやく冷静さを取り戻す日が来ることを、願ってやみません。

投稿日時 - 2012-09-18 09:01:43

あなたにオススメの質問