こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

職業安定所の職業訓練(ヘルパー)試験・面接について

退職をして今職安に通っているのですが、そこで以前から興味のあったヘルパーの学校に通えると言うことを聞き、ポリテクセンターに願書を出すことにしました。試験と面接があるとの事を職安で聞いたのですが、やはり就職試験の様に髪の毛を黒くして服装とかきっちり(スーツみたいな)しないと面接で落とされる対象になるのでしょうか??(髪の毛はキンキンでもなく普通の人並みの茶色です)

もし受けに行って受かった方や何かヘルパーさんについての情報をお持ちの方、教えてください!

父が脳出血で去年倒れ、今は大分回復したのですが、その時にリハビリの先生やヘルパーさんに大変お世話になったのでその道に近づきたいと思ったのがきっかけです。ボランティアでもヘルパーさんの仕事が出来たらと思い受験(?)するつもりです。かなりの倍率とも聞いたのですが。。。

投稿日時 - 2004-02-04 18:59:51

QNo.770149

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

私も現在、ヘルパーの職業訓練に行っています!
同じように職安で申込み、選考を受けました。
介護は他の講座に比べて、倍率が高くなっていますが、たしか私が受けたときで6~7倍だったかと思います。

当然、面接では「なぜ志望したのか」と聞かれますが、記述されている素直なきっかけでよいと思います。
ただ、お仕事に就く為に技術を学ぶようなところですので、「ヘルパーの仕事がしたい。学んでいく中で、ボランティアも積極的に参加したい。」という感じのほうが良いのではないでしょうか?

身だしなみは、万人に受ける感じのきちんとしたイメージで、髪は不自然でなければ、「黒でなければ!」ということもなかったですよ。

頑張ってくださいね。

投稿日時 - 2004-02-04 19:09:45

お礼

ありがとうございました!!倍率が高いのも聞いていましたし、テストというよりは適性検査のような感じと聞いてたのでどのように勉強しよう・・・と思っていました。
職業訓練と言っても、初めてのことですし、面接もテストもどんなかたちで行われるのか不安でした。ヘルパーの勉強をしたい!!という思いとボランティアのやくにもたてたら・・父の助けになったらという気持ちは誰よりも強いつもりです。mena200さんも職業訓練にいかれているのですね?引き続き頑張ってくださいね★もうすぐ試験なのでダメ元でもがんばります!!

投稿日時 - 2004-02-04 21:43:23

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

42人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

#3です

うちの学校はコンピュータ関係コースだったので
(しかも、初心者~中級者向け)
だから、倍率高かったんです(^^;

介護関係は、もう少し倍率低かったですよ
わたしが関係してたときで4~5倍って感じだったかな

まぁ、受験時の状況にもよるので過去の倍率はあんまりあてにならないですけどね(^^;

投稿日時 - 2004-02-05 13:02:19

お礼

いよいよ来週末が試験となりました。面接がカナリ大きく左右する様な感じなのですごくドキドキしています(あがり症なので・・(笑)でも動機や訓練後の事などをきちんと考える事もできました。たくさんアドバイス頂いて有り難うございました!!最前を尽くしてがんばります☆★★

投稿日時 - 2004-02-18 10:16:16

ANo.4

#2です
「回答へのお礼」拝見させていただきました。
出すぎた書き込みだったかな…と思ったので再度来させていただきました。

私が福祉の仕事に就いた直接の理由は…
若い頃バイクで交通事故にあい、入院していた4人部屋の残り3人が全て痴呆老人で脚を骨折していたり、糖尿病の悪化で片足を切断していたり、四肢が壊死しかけていて、猛烈な異臭を放っている人がいたり…。

そういう人は昼間は寝ていて夜に徘徊しようとしてベッドから落ちるわけですよ。呆けていて、自分の居場所が解らなくなっていたり、両足があるつもりで立とうとしたり…
その度にナースコールを押すのが私の日常となりました。
時間がたつにつれ、私の脚は回復し、松葉杖なしでも歩けるようになったんです。
ナースコール押して看護士さんが駆けつけるのを待つより自分が助けた方が早いと思って手助けを毎日するようになりました。

そんな同じような日が何週間か続いて、私はついにそのお爺ちゃんの頭をポカリと叩いたわけです。
毎日「ここはわしの家じゃない。帰る」と言って聞かないのですから、私もイラついてました。
でも、当然のことなんですが、お爺ちゃんは「なんで叩く?」と聞いてきたのです
その言葉が私の心の奥底に響きました。
だって、その人は痴呆なんです。骨折していて歩けないんです。
解りきっているのに、なんと言う愚鈍なことをしたのだろうと猛省しました。涙さえ出てきました。

もうひとつ、その病院の理学療法士は盲目でした。
脚のリハビリをしていた時、どうやって診るのか興味がありました。
脚の付け根を軽く触っただけで、どこの筋肉を動かしているか解るそうです!
びっくりしました。目が見えないことはその人にはハンディとはなっていないようでした。
その部署の責任者でしたし。
で、その理学療法士の人は午後から病棟を回って指導するんですね。
階段の段数や歩幅で、患者のいる部屋を完全に把握していました。
だから、途中で話しかけると感覚が鈍って壁にぶつかっちゃうんですね(笑)

で、お爺ちゃんなんですが、骨がボロボロだからボルトを入れていても無駄なんです。
家族の方は、出来る限り入院させて起きたかったようですが、私が退院した翌日に退院したそうです。
家族の方々や看護士も私に頼っているのが解った瞬間です。

数週間後、通院した帰り、お爺ちゃんの家に行きました。
「どうせ覚えてないだろうなぁ、親戚が来ても解らなかったくらいだから…」
…と考えていたのですが、お爺ちゃんの部屋に入った瞬間「○○君、よう来たな!」と笑って迎えてくれたのです!
感動しましたよ。
たかが4人部屋の一人で、辛いこともしたのに、名前まで覚えてくれていたのです。

社会に復帰して知人の紹介で福祉業界へ入りました。
ちょうど、タンカー沈没や阪神淡路大震災の頃で、「ボランティア」が流行していました。

でも、会社で受講されるうち、まったくそれは自己満足の世界だと気付きました。
ボランティアは無償で働く。基本的にはお金に余裕のある人が行なう行為なんだな…と。

最初のうちは戸惑いましたよ?
「良かれ」と思ってやってあげたことが、同僚にとって重荷になってしまったり、何が何でもお金を私達の手に握らせようとしてくる人に納得してもらうまで話し込んだり…

マジメに働かない(利用者の真意を考えようとしない)同僚にも腹が立ちました。
でも、「仕事」と考えると、あたりまえなんですね。
90%でも120%でもない「100%」の仕事をするのが企業人(Professional)だと思いませんか?

「人」相手、しかも「障害者」や「老人」相手の仕事です。
竹を割ったように仕事が出来るわけではありません
社則を破らなければならない事もしばしばあります。
私達はそういう時「臨機応変」という便利な言葉で逃げています。
悪く言えば「いきあたりばったり」です。
利用者100人居れば、1人として同じ仕事はできません。
もう、これは場数を踏むしかありません。
同僚とはライバル争いをしたり、先輩からは叱咤激励され、今では後輩に指導できる立場までなりました。

まったくの素人からの「たたき上げ」で、自分でもあの状況をよく断えられたなぁ…と思っています。
それが今の自信にも繋がっています。

毎日、利用者の笑顔を見るのが楽しいです
憎まれ口を叩く人から感謝される時は、達成感が生まれます。
「次も兄ちゃんが来るんか?(大阪です)」と言われると励みになります。
元気そうだった人が急逝すると職場中で驚き、悲しみます。

逝く前の日に担当していたりすると、後悔してしまうこともあります。
もっと話したかったな。あれで良かったのかな。

福祉は「やりがい」のある素晴らしい職業だと私は思っています。
ですが、介護保険施行以来、なんちゃって福祉が増えてきたのが事実です。
利用者を「モノ」として見る企業や人材のなんと多いことか。
そういう考えの下では働けない(自分が抱いていた福祉とのギャップが大きい)人はドンドン辞めていきます

私の義父も脳梗塞で右半身不随です。
仲人も脳梗塞でやはり後遺症が残りました。

質問者さんが、少なからず、私と環境が似ていたので心配になりました。
やはり親族や近しい人が障害を持っている人がヘルパーとして入社してきます。
5年間残る人は稀です。
3年頑張って「介護福祉士」の資格をとってから辞める人も居ます。

最後にもう一度
「ボランティア」と「福祉のプロ」は180度立場が違います。
経験を積めば解って貰える事ですが、まったくの「ゼロ」から始めるなら、この事を心に留めておいて欲しいのです。

長文、失礼しました。
「ガンバッテ」という言葉は嫌いなので
「ボチボチ」やりましょう!「Take it Easy」です

投稿日時 - 2004-02-04 23:18:13

お礼

こんにちわ。二度目の書き込みありがとうございます。私も元々兵庫出身なので阪神大震災の時はもう地球が爆発するのかと思ったくらいビックリしました。そしてたくさんの人たちの死に傷つきました。私の父は脳出血で後もう少し発見されるのが遅かったら命は助かっていなかったと言われています。以前の仕事は全く違う業種の仕事をしていましたが、もう少しで昇格できるという所で今度は私が原因不明の病気にかかり、やむおえなく治療に専念する為に退職しました。今必死で治療しています。私は命に関わる病気ではないのですが、かなり精神的にボロボロになり嫌って言うほど泣きました。こんな自分であるからこそ障害を持っている方や父のような不自由な体の方それに家族の方の気持ちになって仕事が出来ると確信しています。ゼロからのスタートとなりますが勿論ボランティアと福祉のプロの立場が違うことも心得ています。ですがやはりその第一歩を勉強するためにヘルパーの学校に行きたいと思います。合格できるかわかりませんが精一杯の力が出し切れるように頑張るつもりです★ありがとうございました★

投稿日時 - 2004-02-05 18:41:00

ANo.3

以前いた部署が、会社のある県の職業訓練の委託訓練校をしていました
で、その部署在籍時は職業訓練関係の事務担当者をしておりまして、試験などの運営も学校側責任者をしておりました

都道府県によって違うのかもしれませんが
ワタシの関わっていた県の委託訓練の試験については
筆記試験はすべての学校同じ試験で行われる
内容については、簡単な国語的問題。算数と数学の中間くらいの難易度の数学的問題。小論文といった感じでした
問題数の割には時間が短いのかなぁ~と思いましたけどね(^_^;

面接については、学習意欲の有る方。訓練終了後の就職意欲のある方。3ヶ月(3ヶ月コースでしたので)の集団生活(授業は3ヶ月ほぼ毎日、朝から夕方までですので)でも問題なくやっていける方と
コンピュータ関連の学校でしたので、授業内容についてこれそうな方
こんな感じの方に来ていただきたいと思っておりました

が、合否判定についてはすべて取りまとめの雇用能力開発機構で行われておりましたので。正確な合格基準についてはちょっと不明です
が、筆記試験で足切りは行われていたようです
(これについても、訓練担当者でのうわさの範囲なので。。。正確ではないのですが(^_^;)

筆記試験をがんばってもらうことと
面接では、意欲をみせることが大事だと思います
髪型や服装については、特になにも気にしてはいませんが。。。あまり突飛な服装もどうかな?って思います(服装から受ける印象って大きいですから)
わざわざ髪を黒くしたりとかっていうことはしなくてもいいと思いますよ(^-^)
服装もスーツでなくてもOKです
普段着の方も多かったですよ

ちなみに。。
うちの学校は、多い時で倍率13倍以上ってこともありました(^_^;
普段は、8倍くらいだったかな?
やはり、コンピュータ関係。ヘルパーなどの介護関係のコースが人気高かったですね

お住まいの県によって違うとおもうので。。。あんまり参考にはならなかったかな?(^_^;

試験がんばってくださいね!

投稿日時 - 2004-02-04 22:36:54

お礼

ありがとうございました!!倍率が高いのも以前から知っていました。ヘルパーの勉強がしたいけど、学校に通うお金がない・・でもどうしてもしたい!!病気のお父さんのためにも!!って今必死です・・。やはり介護関係のコースは人気が高いのですね??倍率も・・・(泣)でも・・ダメ元でも頑張ります!!場所は横浜の方で受けるつもりです。なんとしても受かりたいのでマイナス要素はどうしても捨てたくて、髪も黒くしなきゃだめかな・・って思ってたんです。直接この資格が仕事につながらなくてもボランティアなどをする上でどうしてもヘルパーについて学んでおきたかったので
自分の力を出し切れるように面接にも望みます!!ありがとうございました!!

投稿日時 - 2004-02-04 23:11:22

ANo.2

介護福祉士です

試験だけならまだしも、面接があるんですよね?

以前にも「福祉の会社へ面接受けるのに何を着ていけばいいのでしょうか」という質問がありまして、福祉企業はまだまだ「企業」として見て貰えないのだなぁ…と痛感しました。

普段の仕事時に「ジャージ」だとか「エプロン」だとか「作業着」だとか、着ている物は違っても福祉の会社でも一般企業と同じですよ?
まぁ、今回は企業ではないので、少しはラフでもいいかもしれませんが…

ヘルパー資格、猫も杓子も取っているので、企業側からするとハッキリ言って「どうでもいい資格」です
せめて1級、出来れば介護福祉士、欲を言えばケアマネージャ、社会福祉士…

「やりがいありそうだ」と一時の思い込みで飛び込んでこないでくださいね。
作業内容は解っていると思いますが、キツイです。
給料、安いです。決まった時間には帰れません。
寒かろうが暑かろうが、台風だろうが、大雪だろうと、人間の生命がかかっているので休めません。

対象者家族からお金を貰っている以上、プロフェッショナルな対応が必要です
「わからない」では済みません。
対象者はいくら呆けていても人生の大先輩です。
ちょっとした行動で人間性を見抜かれています。
「可愛相」と思っても決められた以上の事をするのは「御節介」です。
あなたの次にいくヘルパーさんが
「この間来てくれた人は○○してくれた」
…となると、その人もやらざるを得ません。
それが、どんどんエスカレートしていきます。
そのうち、ジュースを貰ったり、お金を渡されたりしてきます。
相手は長い間「措置法」で介護を受けてきた人ですから「○○してくれて、申し訳ない」…となりがちです
(まったく正反対の○○してくれるのが当たり前という人もいますが、企業としては、ソレが当たり前)

介護に「熱く」なる人ほど長続きしません
医者の中で精神科医の自殺が一番多いのと似ています
引きずりこまれるんです。

毎日毎日「お日様、西、西」の人が案外長続きしたりします。

病院などではヘルパーや介護福祉士など別段珍しくもなんとも無いし、医療行為ができませんから、虫けら扱いになっているところもあります。

やる気になっているところへ水を挿して申し訳ないですが、私の周りの人間(福祉業)の入れ替わりが激しいので老婆心ながら忠告させていただきました。

気に障ったならあやまります
ごめんなさい。

投稿日時 - 2004-02-04 19:29:31

お礼

毎日のお仕事とあなたのお仕事上感じていらっしゃることがひしひしと感じました。勿論生半可な気持ちでこの仕事に携わろうとだなんて思っていません。去年父が脳出血で倒れてICUに入ってもう命は助からない・・そんな時私や母はたいへんな経験をしました。そんな時、ヘルパーの方や理学療法士の方に大変お世話になり、なんとか父の力に私もなれたら・・・と感じていましたがうまく介護が出来ず
ものすごく口惜しい思いをしていました。もう命は助からないかもしれないし、戻ったとしても後遺症が残る・・そんなことをお医者様に言われながら毎日を過ごしていました。しかし父は手術後お医者様にもビックリされるほどの回復をとげ、普通の入院生活を送るようになりました。それから毎日少しでも後遺症となった身体をヘルパーさんと理学療法士のリハビリ科の先生に助けていただき、父も少しでも身体を動かせるように・・・という一心で毎日毎日
頑張って一年でかなりの回復を遂げました。未だに後遺症は残っていますがなんとか自分の力で少しだけ歩けるようになり、お茶碗を支えるのがやっと出来るようになりました。少しでも父のような身体の人の手助けをしたい・・そんな一心でまずはヘルパーの勉強からはじめたいそんな気持ちで勉強したいと思ったのです。「資格がとりたいから」だけの気持ちで学校に行きたいわけではないですし、資格があまり意味のないものだということも承知で受けるつもりなので、一時の思い込みなんかではありません。
貴重なご意見ありがとうございました。

投稿日時 - 2004-02-04 21:33:23

あなたにオススメの質問