こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

日本の武力化 (長文)

お世話になります。

タイトル通り、日本の武力化を訴える人達に尋ねたいのですが、中国や韓国に舐められるのは、「日本が武力を持っていないからだ」と仰る方が多いですよね?
「日本が世界と対等になる為には」と訴える方もおります。

自分は、この問題に関する他の質問にもよく回答しているのですが、基本的には「日本は武力を持たない方が良い」と思っている者です。
「理由は?」と言うと、それが「日本だから」です。

これは自分の持論ですが、戦後、日本が武力や軍隊を持てなくなった事を「後退だ」と思う方が多いと思いますが、自分はそうは思いません。
むしろ、核や軍事力を持たない事は、世界的に見ても「前進」なのではないかと思うのです。

日本には、核兵器を作る技術もあれば、やれば軍事力でも世界に引けを取らないぐらいの力がある事は知っています。
そう言う力のある日本が、なぜ核や軍事力を持たないのか?

それは、「あえて持たない」のではなく、「仕方なく持てない」のでしょうか?

歯がゆく思う気持ちは分かりますが、それでも、世界で初めて、原爆を落とされた唯一の国である日本が、核兵器を持つと言う事は、どう言う事を意味するのか?
皆さまは考えた事があるのでしょうか?

日本が武力ないし核兵器を持ってしまえば、唯一、世界に向けて公に発言出来た「核の脅威」を発信出来なくなるのではないですか?

核も軍事力も、抑止力にはなりません。

日本が第二次世界大戦で敗戦した後、日本人は焼け野原から死に物狂いで働いて、日本の高度成長を築いて来ました。
その間、他の国では様々な戦争や紛争があった事をご存知でしょう?

その中でも、中国とロシアが互いの領土問題から発展した紛争はご存知でしょうか?
中国もロシアも、強大な軍事力、加え核保有国です。
それが、一時期には核戦争にまで発展しかねない状況まで陥っていたのです。

それでも、やはり武力や核兵器は抑止力になると思うのですか?

相手に舐められるのは、こちらが舐めているからではないですか?

こちらが武器を持たなければ、相手も攻撃してこないと安易に思っている訳ではございません。
こちらが武器を取らなくても、アメリカが守ってくれると信じている訳でもありません。

ただ、日本は武器を取らなくても出来る事があるのではないか?
ただ、日本が対話で解決すると言った以上、それを最後まで貫かなくてはいけないのではないか?
そう思うのです。
「相手に話が通じない」「話が通じる民族では無い」と言うのなら、それを話の出来る所まで連れてくる事も、こちらの力量ではないでしょうか。

どうかご意見下さい。
真摯に受け止めたいと思います。

投稿日時 - 2012-09-25 14:18:29

QNo.7716341

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

 No.22です。ご丁寧なお礼をいただきありがとうございます。というか、全回答者に対してあれほどに真摯なお礼を返していらっしゃることは驚異的ですらあります。
 今回は「回答」ではなく、お礼に対するお礼です。

 ご質問を読ませていただいて「それは違う」と思って前回投稿を書き始めたのですが、書きながら「そんなに違わないな」と自分でも不思議に思っておりました。お礼欄を読ませていただいて、疑問はすっかり氷解しました。一文ずつ、「まったくそのとおりだ」と思いながら読ませていただきました。
 とくに「『大きな力を正しく使う』には『使う者の力量が必要』になるのです」という箇所に、我が意を得たりと感じました。わたしが言いたかったことはこの一文に尽きております。そして、現在の日本を見るかぎり、この「力量」はないと判断せざるをえません。

 イラク戦争の時、アメリカ政府で軍隊経験や実戦経験の豊富な人ほど理性的で抑制的な言動に終始していたことを思い出します。わが国で質問者様のような現実主義が力を失い、反対に感情的な好戦論が力を得ているのは、日本があの戦争から遠く離れてしまったせいなのでしょう。あの戦争をリアルに経験した世代が健在であったころは、保守派・タカ派といえどもっと現実的だったと慨嘆しています。

 ところで、19日の朝日新聞に鈴木邦夫氏のインタビューが掲載されていました。そのなかで鈴木氏は「あの政治家」を念頭においていると思しき箇所でこう言っています。
「大局的に国益を考え、中国や韓国をやっつけろと騒ぐ世論を押さえるのが政治家の役割です。国民と一緒になって騒いでどうするんですか。非国民、国賊と呼ばれても、冷静に対処する覚悟がなければ、真の愛国者とは言えません。国民生活を豊かにできない自らの無能を隠すために愛国を利用する卑怯者です」
 ほかの箇所では歴史認識に対してこうも言っています。
「日本はアジア諸国に対し、弁解のしようのない失敗を犯してきた。そこを認めずに日本は正しかった、悪いことはしていない、失敗を認めることは反日的だと言いつのり、良いところばかり愛するのは愛国心ではない。心の痛みが伴わない愛国心は、フィクションにすぎません」

 わたしにはまったく道理にかなった正論と聞こえました。日本を愛するからこそ日本を守りたいと思い、そのために近隣諸国とのたしかな友好関係を築こうと思う。ここに論理的な矛盾はかけらもないと考えています。

 他の方との応答に横入りして恐縮ですが、橋下さんを問題にされています。わたしは、基本的に彼の信念は新自由主義にあり、社会政治的な主張が保守的なのは単なる気分なのではないか、と感じています。あとは、これが世間に受けると感じているからでもあるのでしょう。あくまでも「そう感じる」というだけの話でしかないのですが。現時点で、維新の会は確固たる信念を欠いた集団と見なしております。
 ほかの政治家たちについても、震災以後の対応を見て、すっかり失望してしまいました。あれだけの「国難」に直面しながら行動様式を変えることができないのですから、彼らに「変われ」というのは無理な相談なのでしょう。なぜそうなのかと言えば、結局は選挙民の水準を反映しているのだと思います。
 ならば、どうすれば良いかは明瞭です。私たちが変われば良いのです。

 「変わる」というのはもちろん民族主義を煽って中国や韓国と敵対することではありません。わたしが想定するのは、ドイツが莫大な犠牲を払ってでもヨーロッパで生きていかなくてはいけないと覚悟を決めたようなことです。アメリカとの同盟を破棄しろと訴えるものではありませんが、同時にこれが日本が直面している現実です。理想でも何でもないと思っています。
 「『日本は変わってはいけないが、変えていかなくては行けない時期』に入ったと思うんです。」に大賛成です。誤解をまねく言い方かもしれませんが、日本は「変えない」という選択を自覚的に行なえる国に「変わらなくてはいけない」のだと思っています。

 お礼があまりに嬉しかったのでひと言だけと思っていたのに、またしても長文になってしまいました。失礼しました。

投稿日時 - 2012-09-28 23:55:18

補足

大変申し訳ありません。

夜間を含め、土日はパソコン状況下にない為、今は携帯からの補足とさせて頂いております。

携帯からチマチマ返信するのは不本意である為、お礼は月曜になります事、どうかご了承下さい。

よろしくお願いいたします!

投稿日時 - 2012-09-29 01:21:39

お礼

おはようございます!
すでに忘れてしまったかも知れませんが、遅ればしながらお礼を始めたいと思います。

頂いたご回答、本当に有難い限りです。
そこまでご理解下されば、少しでもこの質問を立ち上げた意味があったと安心しております。

ただ、全ての回答者様に対して、真摯なお礼をしている訳ではありませんよ(笑

所で、先日、ちょうど日中国交正常化40周年にあたる9月29日に放送された、池上彰さんの番組をご覧になりましたでしょうか?
たまたまTVを付けたら放送されており、内容が内容でしたのでそのまま番組終了まで釘づけになって見ておりました(笑
あれこそ自分の言いたかった事全てだと思いました。

今の中国を見ていれば、一昔前の日本を思い出すんです。
経済大国として大きな力を付け、それと同時に良い事も悪い事も急激に加速した時代。
今の中国や韓国は、少し前の日本そのものだと思うんです。
あれだけ躍起になって反日反日と騒ぎ立てると言う事は、もちろんガス抜きの意味も大きいですが、それ以上に彼らが、良くも悪くも「日本と言う国を意識している」と言う事だと思うんですよね。
だとすれば、今、昔に戻り彼らと同じ土俵に立つのは、日本にとっての「後退」となるのでは?と思ったんです。
中国や韓国など、日本の「後に続くもの」には、下に見られる以外に、それなりの利得も存在すると思います。
かつての日本がそうであったように、高度経済成長に伴うバブルの崩壊は、通常であれば今の中国に取っても全く考えられない事ではないでしょう。
しかし、中国における有能な人材は、すでにこのような警告を発しています。
「日本の二の舞になってはいけない」と。。。

自分は愛国者です。
だからこそ、先に立つ者には先に立つ者なりのプライドと思慮深さを持ってもらいたいと思うのです。

相手を下に見るだけでは、上に立っている証明にはならないのです。

ちなみに、失礼ながらあなた様のプロフィールから前回の回答履歴を拝見させて頂いておりました。
その中である質問者様が、例の政治家を「放火魔」と比喩したタイトルには、よくもまぁここまで的を射たものだと苦笑すらしてしまいました。
まぁ笑い事ではないのですが。。。

ご提示頂いた鈴木氏のコメントは、非常に納得するものがありますね。

>「日本はアジア諸国に対し、弁解のしようのない失敗を犯してきた。そこを認めずに日本は正しかった、悪いことはしていない、失敗を認めることは反日的だと言いつのり、良いところばかり愛するのは愛国心ではない。心の痛みが伴わない愛国心は、フィクションにすぎません」

自分は、恥ずかしながらTVもほぼニュースしか見ませんし、新聞すら取ってもいない、程度の低い人間です。
しかしながらこのコメントには、今の日本人が忘れている原点を思い出させるものがありました。

時間がある時で構いませんが、出来るのであればNO,23様に対する自分のお礼内容を拝見して頂きたいと思います。
あなたならばご理解頂けると思います。
今の日本は平和に慣れ過ぎた為に、過去の失敗を認める事を不本意に思う傾向が強いように感じます。
過去の失敗を、いつまで経っても忘れるな!それがあったのだから、今の中国や韓国の対応に目を瞑れ!と、そんな短絡的な事を言いたい訳ではないのです。
もちろん、今を生きる若者、現代人に置いて、過去の過ちを生涯かけて償わなければいけないと卑屈になる必要は無い事ですし、仮にそれを認めたとしても、今日本人が受けている現実を考えれば、屈辱でしかないのだと思います。

しかし、何をどう言っても、人間の歴史は、過去だけを切り取って考える事も出来なければ、今だけを見て考える事も出来ないのです。
「未来」と言う物を重要視するのであれば、過去と現在は点と線で結ばれていると言う事も理解しなくてはいけないのだと、自分はそう思うのです。

池上さんの番組の中で、現在の台湾、中華民国の代表でもあった蒋介石の言葉がとても印象的でありました。
「以徳報怨」怨みには徳を持って報いるべし。

他人の起こす「きっかけ」と言うものは、大抵が良い事よりも悪い事の方が多いものだと思います。
それをどう受け止め、どう判断し、どう行動するかは、自分自身が「原因」になるのではないかと、僭越ながら思う次第です。

>日本は「変えない」という選択を自覚的に行なえる国に「変わらなくてはいけない」のだと思っています。

この質疑応答自体、自己満足の域を出ませんが、それでもこのような事を仰ってくれる日本人が存在する事を誇りに思います。
今回、質問をして良かったです。
本当に有り難うございました!

投稿日時 - 2012-10-01 11:16:42

ANo.27

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(29)

ANo.29

質問者の本音は、日本悪者論にたつ防衛力強化反対。それ以外の何物でも無い。
頭の良さを利用し知識を利用するので知識不足の人はだまされてしまうでしょう。
日本日本と要求する質問者が相手とはどの国なのか言わないのも変でしょう?

尖閣諸島に関する、中共国バンザイ主義者と認識すれば発言内容もネット誘導と判る。

投稿日時 - 2012-09-30 14:57:49

お礼

お礼が遅れ、大変申し訳ございません。

それにしても、とても心外な事を言われますね。
まるで、自分が人を苛めているかのような言い方であります。

自分は、大学など行った事すらありませんし、高校もごく普通の学校を出ただけの低学歴の人間ですよ。
自分の事を頭が良いと思った事など、一度もございませんですよ。

しかし、あなた方は嫌味であれ軽蔑であれ、なぜそのような事を言われるのでしょう?
その理由だけは分かります。
「非常にやりづらい」のでしょう?

「馬鹿」と一言言って通用するならまだしも、その言葉を使わずに、ぐうの音も出ないくらい相手に知らしめる事は、至難の業でありますからね。
非常に理解出来ます。

自分は、自分の意見を押し通そうとする為だけに、自分の持つ知識をひけらかしたつもりは一切ございません。
ましてや、知識不足の人を騙そうとする気など毛頭ありませんよ。

あなたには、あなた自身のこの発言が非常に卑怯なものだと言う自覚は全く無いのでしょうね。
「頭が悪いから~。。。」「知識が無いから~。。。」
元より、そうやって自分の都合の良い方へ逃げようとする方達は、もし戦争が起こったら今度は何と弁解するおつもりなのでしょうか?

「知らなかったんだ。」「分からなかったんだ。」「だって馬鹿だからこうなるとは思わなかったんだ。」

頭の悪さを盾に取り、人を責める気持ちを正当化したいのであれば、まずは己の矛盾を解消する為の努力をする事です。

>日本日本と要求する質問者が相手とはどの国なのか言わないのも変でしょう?

どこの国か言わなければ分かりませんでしたか。。。
これは失礼致しました。
まさか、そんな所に刺さって来る方がおられるとは思いもしませんでしたから。
それこそ、日本人の得意な暗黙の了解かと思っておりましたのでね。。。

中国ですよ中国、韓国ですよ韓国。
あなた方が大嫌いで大嫌いで仕方ない、あの政治家が公で「シナ」と呼んでいる国の事ですよ。

この質問の本文にも出したはずです。
「自分が馬鹿にされるのは、相手を馬鹿にしているからではないか?」と。。。

人の本音を「これだ」と決め付けたいのであれば、それだけ説得力のある持論を展開して頂きたかったのですが、とても残念な事ではありますね。

人を蹴落としたいと思うのであれば、自分も蹴落とされる覚悟を持たなくてはいけないと思いますよ。

まぁ、あなたに対して自分の言いたい事はそれだけです。

投稿日時 - 2012-10-01 14:16:30

ANo.28

>「武力を持っても制御は出来ない」「武力があれば制御は出来る」
>いい所、五分五分ぐらいでしょうか。。。

 いえ回答はでています。「武力があれば制御は出来る」正解です
簡単に言えば警察です。
 犯罪組織の警察。警察の方が武力が勝って居れば治安はいい
 犯罪組織の方が勝って居れば治安は悪くなります

>ただ分かっている事は、戦争が始まる時点には、必ずその未来を断言していると言う事。
「正義」と言う名のもとにです。

 これこそ全然わかっていません。そんなのはTVの夢物語の中だけです
 例えばイスラエルは公然といってます『我々は悪でもいい、それで生き残れるのならば』
  
>かつての日本は、あなた達が今しきりに訴えている軍事力を「実際に持っていた」のです。虐殺を受けた国のように、最初から何も持っていなかった訳ではありません。
その事実は、どんな世界の実例よりも日本人であれば詳しく知っておくべきではないでしょうか。

 これこそ意味がわかりません。日本人が何をしたというのでしょう?
日本人は虐殺なんてしてませんよ。それこそでたらめもいいとこでしょう
 逆に聞きますが貴方は他人から『死ね』といわれ
  喧嘩するのはイヤだからそのまま自殺しますか?
  それともイヤだといって抵抗しますか?
質問者は根本的に政治と歴史の知識が足りません

 日本の直接戦争に突入したのはハルノートが原因ですけど
あの当時日本は人口が増えすぎて、ブラジル移民など海外に移民していました
 それを全部禁止、日本に戻るとしてどれだけ餓死者がでると思います?

尚、総理府統計局編「日本統計年鑑」での発表は次の通りです。
1941年(昭和16)72、218千人
1942年(昭和17)72、880千人
1943年(昭和18)73、903千人
1944年(昭和19)74,433千人
1945年(昭和20)72、147千人

当時石油とか輸入禁止措置(いわゆるABC包囲網)で石油なしの日本での手での農業での食料生産は2000万が限界ですよ
 5000万人は餓死して死ねと言われて戦争するな・・・ですか?
それはいくらなんでもおかしいです。
 こんな手法が米国を中心に取られてたのは日露戦争以降すぐにです

1904年~1905年、日露戦争
1904年、アメリカは日本を仮想敵国として「オレンジ計画」を策定。
 日露戦争での日本の勝利は、白人の敗北としてアメリカで排日運動が高まり、「事後法」による移民や日系人の排斥へと推移していきます。
「事後法」による移民や日系人の排斥へと推移していきます。
1906年、アメリカで新帰化法。帰化申請を白人とアフリカ人に限る。日本人は帰化不可。
1913年、排日目的の「外国人土地所有禁止法」。
アメリカ市民になり得ない外国人(日系1世)の不動産取得、保有、使用、譲渡を禁止。
 法案のなかには、日本人の営業不許可や日本人学童を隔離するものまで含まれていた。
1922年ケーブル法成立。アメリカ市民(日系2世)が非アメリカ市民と結婚した場合は市民権を失う。
1924年、「移民法」で日本人の移民を全面的に禁止。別名「排日移民法」。

質問者は感情論中心の持論の展開だと思います。しかし過去の歴史では個人の感情なんて全然意味が無いと思うのです 

投稿日時 - 2012-09-29 13:12:39

お礼

何度もやり取りをさせてしまい、本当に申し訳ございません。
さて、ここまで来ればもうどこまで行っても平行線を辿ってしまうような気がしますので、あなたに合わせ、現実的な問題で議論したいと思います。

まず警察ですね。
あなたの仰る事はもっともです。
それは認めます。
しかし、失礼ながら、一方でそれは自分の中で「最初からとっくに分かっている」事でもあります。
自分の言っている事は、そこから一歩前に進んだ議論だと思って頂きたい。

あなたの発想はすごく正しい一方で、ある意味「極論」でもあるように思います。
例えば、警察と犯罪組織、善と悪とで使い分けられておりますが、あなたは「その警察が犯罪組織になる」可能性は全くないと思うのですか?
今でさえ、職権を乱用しては「日本を我がもの」だと思っている政治家だっていると言うのに。。。
他の質問でもありましたね、「放火魔」に例えられた政治家がこの日本には存在している事をご存知でしょう。
自分の言わんとしている所はそこなんです。

今の日本に置いて、日本が強大な軍事力を持った時、「誰がその力を正しく使える」と言うのか?
現実問題として、実名を挙げて教えて頂きたいのです。

ちなみに、百歩譲って、今憲法9条を改正し、日本が自国で軍事力を持ち、自ら戦闘に向かえる姿勢と取ったとします。
その段階で、今現在におけるアメリカとの関係はどうします?
あなたと同じ日本の憲法9条改正派の中でも、意見の分かれている所ではありませんか?
そして、一番重要な現実問題ですが、日本が今の自衛隊に変わる軍事力を持った際「その存在場所をどこに据える」おつもりですか?
今でさえ、オスプレイの配置で揉めに揉めている状態なのです。
また沖縄にでも置きますか?
アメリカとの関係を断つつもりであれば、今よりももっと拡大しなければ到底無理ですよね。
これが核兵器ともなればどうなります?
原発でさえ反対反対となっている状態であると言うのに、です。

あなたは自分の事を「感情論者だ」「それでは意味は無い」と批判しますが、本来、ロボットでもない人間の行動なんてものは、全て感情で動くものではないですか?
進む事も止まる事も、人間の過去の歴史は「全ては感情」なんですよ?

ちなみに、実際の戦場に置いて、もっとも恐れられる軍人、指揮官とはどんな人間か知っておりますか?
強力な武器を持っている人間ではない、強大な戦力を持っている人間ではない。
「ゆくゆくの馬鹿」か、もしくは「人間の心理、感情をもっとも熟知している」人間です。
今流行りのメンタリストではありませんが、人間の感情さえ熟知していれば、容易に次の行動を推測できますし、上手くいけば相手を誘導する事も可能になるんです。

こう言った、相手を馬鹿にするような発言はしたくはなかったのですが、自分から見れば、どうしてもあなたの方が「理想主義者」に見えて仕方無いんですよ。
こちらがこうすれば、必ずこうなると思って譲らないでしょう?

>これこそ意味がわかりません。日本人が何をしたというのでしょう?
日本人は虐殺なんてしてませんよ。それこそでたらめもいいとこでしょう

別に自分は「日本人が虐殺した」などどこにも書いておりませんが?
あなたが例に出した「虐殺を受けた国のように」と言ったつもりなのですが、人の意見を歪曲してしまう所など、まさに感情的と言えるのではないでしょうか?

>逆に聞きますが貴方は他人から『死ね』といわれ
喧嘩するのはイヤだからそのまま自殺しますか?
それともイヤだといって抵抗しますか?

もちろん、嫌だと言って抵抗しますよ。
自分の責任は自分で持ちます。
まぁその前に、なぜ死ねと言われたのか、死ねと言われない為にはどうしたら良いかなどを考えると思いますが。。。
あなたは、自分に向けてこのような問いをした訳ですが、もちろん、あなた自身の答えとしては、前回からの回答を見る限り「抵抗はするが、他の誰かに代わりにやってもらう」と言う事になる訳でしょう?

あなたは自分に対し、感情論中心の持論の展開だと言い切りますが、ではあなたは逆になんだと言うのでしょうか?
現実主義者とでも自負しておられるのですか?
最初の回答から、あなたの持論は全て「他力本願」の方であられると思います。
そう言った方が語られる「現実主義」など、自分には何の説得力も感じないと言うのが本音ですかね。

自分が傷付く事だけに囚われていたら、きっと何が真実なのかは理解出来なくて当然だと思うのですが、いかがなものでしょう。

ご回答、有り難うございました。

投稿日時 - 2012-10-01 13:39:15

ANo.26

>あなたからのご意見を頂けないものかと心待ちにしていた部分がありました
ははは、ありがとうございます。でも私、そんな良い人でも真面目な人でも無いですよ。

>憲法改正賛成派は、自分のような慎重派を「何も考えていない」と言います。
多分、皆さん考えているからこそこういう所で発言が出来るんだと思います。本当に考えていない人は普通沈黙してますよね。その中でも憲法改正賛成派/武力強化賛成派の人達って、凄く正直な人達だと思うんですよね。いや多分、この竹島/尖閣問題って"正攻法では"絶対に解決しませんよね。だって双方の意見が真っ向から対立しているんです。これを"正攻法"で解決したいならね。ホント武力で奪い取るしか方法はないはずなんですよ。分かります。

でもね、これだけはダメなんですよ。やっちゃいけないんですよ。これは何にも良い事を生まないんです。恨みつらみを生むだけなんです。対戦相手だけなら良いのですが、良好な関係を築いている相手までダメにしちゃうんです。「抑止力」なんて平和的な言葉を使ってますが、結局は「脅し」ですからね。脅されて良い思いをする人なんて居ないんです。

>まずは経済制裁として中国や韓国にある日本企業に対し、撤退の為の補助金でも出すべきです。
そうなんです。やり方は色々有るはずで、こういう方法も一つだと思います。でももっと、、、言ってしまえばワルなやり方ってのも多分有るんじゃないかなって思うんですよ。例えば中国共産党員の幹部をお金で懐柔しちゃうとかね。賄賂を送ったって良いですよ。民主化を進めるためのスパイを送っちゃうとかね。普通のやり方じゃ無理だけど、そういう大悪党的なやり方で攻めて行くっていう方法も有ると思うんですよね。ホントはそういう大悪党的な回答が欲しくてあの「橋下氏云々」の質問をしたんです。どんな方法でも使って良いですよーってコメントも付けたんですが、正直な方法で超正攻法な回答しか得られなかったのでね。いい人じゃないでしょ?ひねくれ者ですからね。(笑)

>実は、自分は、橋本氏そのものは好きな方ではありません。
橋下氏って小悪党ですよね(笑)。彼のやり方は、とりあえず言いたい事をまず言いっ放すんですよ。で、新聞記者なりTwitterなりで色々な意見を聞きながら徐々に肉付けをして行くんですよね。だから、言いっ放した時点ではあんまり深くは考えていないはずなんです。それで「前から考えてましたー」的に言うんだから、ホント上手いと思います。彼はそういった小悪党ですから、良い意味で政治を変えてくれると思います。野田さんにしても管さんにしても正直者ですからねー。無理だと思うんですよ。

ま、いずれにしても武力はダメですよ。良い事なんて一つもないです。武力を使うなら、もうちょっと皆で悪巧みをしてみましょうよ。考えてみましょうよ。私が言いたい事はそんな感じです。

投稿日時 - 2012-09-28 20:33:22

補足

大変申し訳ありません。

夜間を含め、土日はパソコン状況下にない為、今は携帯からの補足とさせて頂いております。

携帯からチマチマ返信するのは不本意である為、お礼は月曜になります事、どうかご了承下さい。

よろしくお願いいたします!

投稿日時 - 2012-09-29 01:20:19

お礼

おはようございます!
すでに忘れてしまったかも知れませんが、遅ればしながらお礼を始めさせて頂きます。

う~む。
実に実に。。。と非常に納得させられたご回答でした。
特に、「憲法改正賛成派/武力強化賛成派の人達云々~」のくだりはまさしく同感です。
この質問のような事を言っていると、他の回答でも見られるように「あなたは牧師か?」とか「宗教家か?」とか、例え嫌味であっても「善人」として扱われる事が多々あるのですが、実は全くの逆なんですよね。
元来、自分は粗暴で狡賢く、とても卑怯な人間です。
ここでのやり取りを見れば分かると思いますが。。。(笑

武力行使を訴える方達の事を頭っから否定している訳ではないのですが、しかし一方であまりに短絡的だとも思ってしまうのです。
嫌な事をされれば頭に来るのは当たり前、頭に来れば暴力を振るおうとするのは当たり前。
小さな子供にだって分かる事です。
しかし、我々はすでに分別の付く大人であり「何と言っても日本人なのだ」と言う考えがずっと根底にあるのです。

さて、少し話は変わりますが、先週の土曜日、ちょうど日中国交正常化40周年にあたる9月29日に放送された、池上彰さんの番組をご覧になりましたでしょうか?
TVを付けたらちょうどやっておりまして、内容的にもこの質問とかぶる旬の話題であった為、そのまま番組終了まで釘づけになって見ておりましたが、あれこそ自分の言いたかった事そのものだと思いました。
こんな質問をするくらいですから、自分もある程度の知識は最低限備えておかなくては。。。と思い、以前より勉強はしておりましたが、恥ずかしながらあの番組の中で知り得た知識がけっこうございました。
その中でも「抗日七君子事件」なるものは、自分の中で全く不勉強の部分でありました。

今、我々日本人がそれ故に暴行を受け、それ故に理解出来ないでいる「愛国無罪」と言う中国の根源たる感情。
その名を掲げれば「何をしても許される」と言った中国の現実は、今の日本から見れば到底理解など出来るものではありません。

今までは漠然と、恐らくは旧日本軍の行った仕打ちに対して、ただ反日感情を高める為に掲げられた「いかにも中国らしい感情操作」でしかないと思っておりました。
しかし、今我々が憤慨して止まない、この「愛国無罪」の原点となったこの抗日七君子事件は、恐らくではなく実際に旧日本軍の侵略に伴って起こった事件でもあったのです。
それを知った時、絶句と同時に、前日にあなたから頂いたご回答の内容を思い出しておりました。

>何にも良い事を生まないんです。恨みつらみを生むだけなんです。

本当にその通りだと思いました。

番組の中でもう一つ、現在の台湾でもあり、かつて中国を支配していた中華民国の蒋介石の言葉に感銘を受けました。
「以徳報怨」得を持って怨みに報いる

今、我々が生きている時代は平和です。
しかし、平和な時代にこの言葉を使っても「単なる理想だ」と言われて終わる話でもあるのでしょう。
ただ、平和では無かった時代にこの言葉を発する事の出来た人間の偉大さは、時代は変わっても忘れてはいけない事ではないでしょうか。

少々感傷に浸ってしまいましたが、実際、こうして質疑応答のやり取りをしていて思う事は、あなたのような人は絶対に敵には回したくは無いなと言う事です(笑
あなたが仰る橋本氏の分析。
恐らくは正しいと思います。
そしてそれは、自分にも当てはまっているのかなと思います(笑
実際の戦場で、一番恐れられる指揮官とはどんな人間か分かりますか?
強力な武器を手にしている人ではない、強大な戦力を誇る人ではない。
「人間の心理、感情を一番理解している人」です。
それさえ理解していれば、相手の行動を容易に推測も出来ますし、上手くやれば相手を誘導する事も可能なんです。
卑怯や狡賢さも、自分にとっては褒め言葉でしかありませんよ(笑
日本人も、もっと頭を使って相手に対処する術を身に付けるべきだと思いますね。

あなたの回答よって、自分自身がどんな人間なのか裸にされてしまった感が否めませんので、しばらくはこの手の質問は避けたいと思います(笑
自己満足ではありますが、とても充実した質問が出来たと感じております。
また何かの機会がございましたら宜しくお願い致します。
本当に有り難うございました!

投稿日時 - 2012-10-01 09:19:26

ANo.25

あなたは教会の牧師さまですか?
そんな境地に人間が達するのは私も1000年かかると思う。


・文章がやたらとながい。
・いっしょに答える人も長い。
・相手にするだけ時間の無駄。と思う人は一言いっておわり。
・普通はスルー

たとえ
・手を上げて横断歩道でしんでいた。ってやつかも
・戦国時代に 愛のこころで 武力はなくなる。と一生懸命宣教してもやりで突かれて死んでいるでしょう。
・地球じゃまだ無理です。
・いずれそうなる時期は必ずきますよ。

・こどもを教育するときに、緊急避難的に火傷しそうならピシャンと叩いて
火遊びの方へいかないようにするでしょ。
そのレベルの話です。
・中国に 武力で対応しない大人の対応がいい。と一所懸命しても次の年は死んでいますね。
いったことあります? レベルが違いすぎますよ。
動物的。物欲にまだまみれているから。エコノミックアニマルだし、道徳ってのの意味・わからないみたい。
なんでも人のせい。って民族です。


たいへん理想が高く いいと思いますが
知恵が浅く見えます。
理想がたかいなら、人に教える技術をもってください。
待機説法です。


尖閣上陸のミュージシャンや 戦国38さんは そういう意味で
中国に悪を侵させないようにする 大きな”愛”につながる行為だから 英雄ですよ。
中国がやってることは ”悪” だから。
インドのガンジーみたいな無抵抗主義も効果ありますが・・・
今回はどうでしょう。
いちばん 効果あるのは 前者にみえますね。

投稿日時 - 2012-09-28 05:31:31

お礼

仰る通りでございます。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2012-09-28 08:31:39

ANo.24

(補足回答)
 まずイジメについて結果がすべてだと思ってます。
まずイジメ問題は根絶するのが目的であり、努力した結果逆にイジメが拡大したら意味がないと思うのです。
 これは基本的に政治上の学問でもいえることです。
政治とは遅くとも国民の為の政治をすることであり
いくら努力してもそれが間違ってらしないほうがいいんです
 例えばレーニンが共産国家という理想の為、自国民を大量虐殺したことは(努力の結果あっても)評価してはいけません。
 日本も民主党の蓮舫が『100年に一度の災害に準備するのはお金の無駄』『地震が起きてから津波の対策をすればいい』と発言しました。結果それでどれだけの方がなくなったのか不明ですが、それも評価するのでしょうか?
 人の生死がかかっている以上、まぁいいかとりあえず努力ではすまないのですよ


>日本の海保が、少しでも民間漁船を傷付けたり何かあったりした日には、すぐさま「先に攻撃を受けた」と言う口実を作って攻撃を仕掛けてくるのが見え見えですよ。

 それは有りませんw
 その前に、戦争というのはお互いの力が拮抗しているから起きます。戦ったら絶対負けるという戦争なんか起こしません。
 ここで大切なのは戦争がいけないのではなく、人が武力によって殺害されていく・・という行為がいけないのです。
 目的と手段を間違えてはいけません。その論法だと中国とチベットの例はどうなります?
 『チベットと中国は戦争を回避して戦死者はでることはダメ』しかし『チベットは中国に併合され人民が大量虐殺されるのはOK』っいてことになりません?
 まぁチベットだけじゃなく東トルキスタンもそうですが
http://www.geocities.jp/saveeastturk/index2.html
 貴方的には戦争を回避できたなら虐殺はOKって論法になりゃしませんか


>また『中国や韓国以外の国だからこそ通用するのではないですか?』
 その通りです。しかし日本の隣国は中国や韓国があるのです

>日本の憲法が改正されれば、今ある自衛隊だけでは圧倒的に数が足りなくなります。
 それはありませんよw
 憲法9条のような憲法をもっていない国家で兵士が日本より少ない国家なんていくらでもあります
 
>当然のように民間から召集されるでしょう。
 まぁここまで回答してきましたが、質問者は戦略と戦術とちゃんと区別するべきです。
 ここは剣と弓のようなRPGの世界じゃないんです

 いっときますが民間から徴収したら、日本の戦力はがた落ちですよw
昔は歩兵銃を持ち『突撃~!』なんてこともありますたが、近代戦で米国がそんな事をしますか?w
 湾岸戦争でそんな事をしましたが?
 近代戦闘においては少数の専門兵が高度なハイテク兵器を運用するのが近代戦です。
例えば米軍の最低の歩兵であっても1万ドルかかります。
 これが航空機となると米軍では平均260万ドルかけます。それだけかけて初めて前線にたてます。民間からの徴収なんて役に立ちません
 戦車兵だって(戦車内の配置によりますが)10~100万ドル以上です
 例えば日本のハイテク戦車である10式を操作するのにどれだけの時間と金がかかるやらw
 でこれだけ金と時間ををかけてハイテク戦車をかけるのは当然意味があります
湾岸戦闘のときのT-74と米軍M-1のお互いの撃破スコアは400:1す
 米軍の戦車1台で400台破壊してくれるなら非常に優秀です。

 あとどうも質問者は日本ならでの平和ボケがあるように感じますよw
例えば徴兵制度は米国をはじめ世界の多くの平和団体が導入しようしている制度です 
 徴兵制度があればもっと世界は平和になると・・・というのが世界のスタンダードな考えです。日本だけが逆なんです
 例えば米国は兵士は移民や生活貧困層がなるものです。だから政府の上層部は気軽に戦地に向かわせる事ができる。
 しかしこれが徴兵制度によって自分の子供がそこにいたら?
 ・・・と考えるのです

 個人的に質問者はもっと世界の実例をしったほうがいいと思います

投稿日時 - 2012-09-27 14:37:39

お礼

これはこれは。。。何度もお付き合いさせてしまい、大変心苦しく思っております。。。

まず始めに、結論から言わせて頂きます。
自分は「あなたのような考えを否定している訳ではない」と言う事をご理解頂きたいのです。
それはイコール、自分自身の考えが一番正しいと思っている訳でもないと言う事を意味します。
こんな質問をしておいて卑怯ですか?

あなたとは色々と回答、返答を繰り返しているので、他の回答者様と混乱してしまったりする部分も正直な所ありまして、本当は見直しながらお礼をすれば良いのですが、自業自得ながらこの長文の嵐。。。
もし失礼があったら申し訳ないのですが、どうかご了承頂きたい。

さて、RPGでは無く、超現実問題として極論を言ってしまえば「人は誰でも一度に違う二つの道は通れない」と言う事です。
故に「未来の事は誰にも分からない」、つまり「未来に置いて確定出来る要素は何もない」と思っております。
それでも、推測程度は出来るでしょう。
過去は、その為にあると思います。

「武力を持っても制御は出来ない」「武力があれば制御は出来る」
今の時点で、世界の実例を見ても、どちらかの未来を絶対的に確定出来る過去の実例は存在しませんよ。
いい所、五分五分ぐらいでしょうか。。。

ただ分かっている事は、戦争が始まる時点には、必ずその未来を断言していると言う事。
「正義」と言う名のもとにです。

あなたが終始仰っている「戦争と虐殺の世界の実例」ですが、それは「今の日本に当てはまる」と言う事でしょうか?
自分が当初の質問本文で出した中ソ国境紛争の実例は、自身としては日本ではなく、相手はその中国だぞ?と言う意味で引き合いに出したものです。
たくさんの回答者の方に「言葉に酔っている」と言われた「日本だから」と言う言葉。
あなたにはご理解頂いているでしょうか?

かつての日本は、あなた達が今しきりに訴えている軍事力を「実際に持っていた」のです。
虐殺を受けた国のように、最初から何も持っていなかった訳ではありません。
その事実は、どんな世界の実例よりも日本人であれば詳しく知っておくべきではないでしょうか。

そして、かつてその軍事力を誇っていた歴史も踏まえ、敗戦を期したこの戦後70年の間が、「日本の歴史の中で最も平和な時期」であった事も事実では無かったでしょうか?

ですので、自分は「日本だから」と言ったのです。
日本は変わってはいけないが、変えなければいけない時期に来ていると思います。

ちなみに、自分は徴兵制度は導入すべきだと思っておりますよ?
「平和とは何か?」も知らない今の日本において、無くてはならないものだと思っています。
敗戦時こそ必要はなかったでしょうが、戦後70年かけて、実際の戦争経験者がどんどん減っているのが実情です。
自分も、徴兵でなくても、自衛隊などに自分の子供をぶっ込まなくては!と思っているぐらいですので。

自分は、あなたが考えている程、善良な平和主義者ではありません。
自分が傷付かない方法を一番に考えて、武力を持つなと言っている訳でもありません。
ただ我々は、自分もあなたも含め、過去の実例は知り得ても、実際の戦争の実態は知り得ないのです。
そんな者達が言い合う正義など、過去の戦争経験者から見れば「どちらも平和ボケ」と呼ぶのだと思います。
こんな事を言えば、身も蓋もありませんが。。。

きっと、どこまで行っても理解は得られないと思いますが、では一体何を言いたかったのだろう?と考えて下さるだけでも良かったと思います。
重ねがさね、本当に申し訳ございませんでした。
本当に有り難うございました!

投稿日時 - 2012-09-28 11:51:40

ANo.23

(1)中国や韓国に舐められるのは、「日本が武力を持っていないからだ」と仰る方が多いですよね?
(2)力のある日本が、なぜ核や軍事力を持たないのか?
「あえて持たない」のではなく、「仕方なく持てない」のでしょうか?
(3)他の国では様々な戦争や紛争があった事をご存知でしょう?
(4)中国とロシアが互いの領土問題から発展した紛争はご存知でしょうか?
(5)武力や核兵器は抑止力になると思うのですか?
(6)相手に舐められるのはこちらが舐めているからではないですか?
(7)武器を取らなくても出来る事があるのではないか?
(8)最後まで貫かなくてはいけないのではないか?
(9)話の出来る所まで連れてくる事も、こちらの力量ではないでしょうか。

◎回答します
(1)多いか少ないかの統計を知りません
(2)核燃料輸入の契約条件で発電用以外の用途を認められていませんので仕方なく。
(3)言うまでも無い事で常識
(4)珍宝島軍事衝突を含めて常識と思う
(5)戦闘力を考慮するのは侵攻側の軍事常識なので抑止力となる場合も在る

◎回答します。 ハワイ王国の場合を回答といたします。
(6)アメリカを舐めていなくても舐められて襲われました
(7)武器を取らずに日本皇室との婚姻を望みました。外交関係を深める為です
(8)王様は最後まで話し合いを貫きました
(9)確かに王宮に相手を連れて来た、というか王宮内に相手を入れました

それらの結果は日本皇室がハワイ王との婚姻を検討している間に王宮内になだれ込んだ
アメリカ人に暴力で脅され強制されて契約を結ばされハワイ王国はやがて消滅した。
国民は侮蔑され薄給で雇われるだけのアメリカ人の奴隷と成り果てました・・・・
ハワイはアメリカ人の天国に成りましたがハワイ住民は奴隷と成ったのです。

ハワイ王国を日本に置き換えて考えると、私は奴隷にされるのはとっても嫌です・・
質問者のように頭が良くて教養の在る人が日本人奴隷化を進めるので不安感じる。

投稿日時 - 2012-09-27 10:23:07

お礼

ご回答頂き、誠に有り難うございます!
お礼が遅れ、申し訳ございませんでした。

ハワイを例に出して頂き、深く考えさせられる部分が多々ありました。
参考にさせて頂きます。

所で、奴隷化される事は嫌だと仰っているあなた様も、かつて強大な軍事力を誇っていた頃の我が大日本帝国軍が、他の諸国への侵略行為を着々と進めていた事をご存知でしょう?

まぁ、戦争で負けてしまったので、次々と返還を余儀なくされていった訳ですが。。。
ちなみに、教養など無くても「じゃー返せば良い」と言うものでは無いと言う事ぐらいは分かりますよね。

本題としては、他の国の歴史を見ても、他国へ侵略行為を行った国は、日本を始めアメリカやイギリス、そして今渦中にある中国など、様々な大国がある訳です。
ですので、おかしな話、「そこまで日本だけが自虐的にならなくても良いのでは?」と仰る方々もおりますし、逆に「なんで他の国は責められず、日本だけが責められるんだ?」と仰る方もおります。

しかしながら、ハワイ侵略を持ち出して「奴隷化は嫌だ」と仰るあなたならば、そんな事は言わないと思うのですがどうでしょう?
出来る事ならば、アメリカの侵略ではなく、日本の侵略の歴史を例に挙げて頂いた方が、もっと分かりやすかったのではないかと思うのですが、そこにはやはり触れる事は出来ませんか。。。

ちなみに、先ほど申しました、同じ侵略行為を行いながら「なぜ日本だけが責められるのだ?」と言う事について。

あなたは、太平洋戦争時、日本がオーストラリアに空襲を行い、甚大な被害を出した事はご存知でしょうか?
満州や真珠湾攻撃の事は知っていても、実はこれを知らない日本人はけっこういらっしゃるのです。
学習要項には入っていないので、当然かも知れませんが。。。

日本が侵略行為を行った他国から責められるのは、そう言う部分もあるのです。
分かりますか?
オーストラリアに旅行に行きながら、「え?何それ?知らないんだけど?」と言う日本人を見れば、現地の人に尊敬されるはずがありません。
それと、もう一つ。
オーストラリアは、かつてイギリスの植民地となっていた時代がある訳ですが、それは他国の者である我々日本人にも認知の致す所だと思います。
しかしながら、これがまたイギリスに敵意を示す現地の人があまり存在しない。
これはどう言う事なのか?日本が舐められていると言う証拠でしょうか?
現地の人が言うには
「イギリスは確かに侵行為略もしたが、その分多くの文化を残してくれた」

絶句です。
我々は、かつて自国の者達が犯した侵略行為の中で、暴力や被害の他に何を残したと言えるのでしょうか?
他国の事については大きく触れながら、自国の事については何も知らない。

中国や韓国から、かつて我が日本が行ってきた行為に対して、未だに責め続けられるのはそのせいではないでしょうか?

慰安婦問題は存在しない、強制連行の事実はない。
1912年、日本に滞在していた朝鮮人の人口約3千人に対し、敗戦時その数210万人にも及んでいます。
全てが全て強制的に連れて来られた訳ではない、それは事実であってもこの数では通用しない。

謝罪し、金を払ったんだから良いだろう?
そう言っている方々が、謝罪をした訳ではないと言うのに。。。

相手を貶す前に、まずは己の事をよく知る事です。
馬鹿にするのはそれからでも遅くは無いのでは?

頭が悪くても教養など無くても、それぐらいは出来ますでしょうに。

投稿日時 - 2012-09-28 11:00:15

ANo.22

 質問も長文ですがそれ以上にお礼欄が誠実で丁寧なことに、わが身をふり返って反省しました。なので、敬意を表して僭越ながらわたしも「回答」させていただきたく思いました。

 現下の情勢に対して、ご記載のような義憤・懸念をお持ちになることに、心情的にはとても賛同いたします。しかし、わたしもご主張には賛成できません。

 武力はまちがいなく抑止効果を持つと評価します。ただ、武力だけで平和が達成できるわけでもないでしょう。
 というより、わたしは平和は目標にはなっても目的ではないと考えます。目的とすべきは国民の福利であって、そのために平和という状況が重要な前提となるので平和は意味を持つのだと愚考します。ですので、たとえば他国が日本を侵略しようとしているなら、平和をぶち壊してでも自衛のために戦うべきだ、という選択肢はあるべきであり、そのためにも武力は欠かせないものです。

 とはいえ、歴史をふり返れば「自衛」をかかげなかった戦争などありません。客観的には侵略としか見なせなくても、当人たちは「自存自衛のためにやむを得ず戦うのだ」と強弁しますから、安易に「自衛」の目的に同調するわけにも行きません。冷静に見きわめる判断力を失いたくないものです。
 少なくとも、いまはその時ではないと心得ます。尖閣諸島をめぐって両国がいかに緊張状態にいたろうと、戦争によって失う損失は得る物に対してあまりにも大きすぎます。日本のみならず中国の国民にとってもその福利という点でお話になりません。よって具体的に目下の事態に対して、わたしは「戦争反対」です。

 戦争を始めるときはどこの国でも「戦争をするしかない」と声高に主張するものだし、国民もそれを支持しますが、実際にはほんとうにそれしかないような状況はほとんどない、と言って良いでしょう。大概は戦争になる以前にやるべきことを怠けていたから、あるいは戦争に持ちこみたい人たちの思惑に引きずられたから戦争になるのにすぎません。
 警察も含めた一定の武力は大切なものだと思いますが、これだけに頼って平和が維持できるわけでもありません。それどころかあまりにも過大な軍事力は平和をもたらすより、逆に平和をおびやかすものとなります。極端な事例でいえば北朝鮮がそうです。国民の福利をもたらすためのものであるはずの軍事力が国民を不幸にしています。
 問われるべきは兵器の性能や数量だけでなく、それ以上に外交、経済、文化の実力であり、それらの総体としての国力です。

 他の方がイスラエルを上げておられましたが、わたしも納得です。周辺諸国に対して優位な軍事力を持つことでイスラエルの「平和」は達成されていますが、あれを望ましい状態と思う人はいないでしょう。周囲を敵対する国にかこまれているから軍事力に頼り、突出した軍事力を持つから周辺国は敵対する。まるでニワトリとタマゴです。
 イスラエルは周辺諸国と友好関係を築くことにどれだけの努力を払ってきたのか、はなはだ疑問です。アメリカがいるから大丈夫と怠けていたのではないでしょうか。周辺諸国との友好関係を築くにはそれだけの「犠牲」を払わねばならず、必ず国民にあつれきを生みます。その代償を国民に説得する勇気と知性と誠実さを持てなかった結果が、いまの永続的な緊張状態を生んでいます。

 もちろん、これは日本を念頭においた議論です。戦後の日本はイスラエルと比べれば周辺諸国との友好に真剣だったと評価しますが、ドイツと比べればどうしても見劣りします。ドイツがそのために払った代償は日本よりずっと大きなものでした。しかし、彼らはそのことによって得られる利益はもっと大きいのだと国民を説得し、国民もまたそれを受け入れました。
 その努力を怠けたつけをいま日本は払っているのだと思えば、結局は自業自得と言うべきなのかもしれません。中国や韓国に対する敵意や悪罵はその責任転嫁、もしくは八つ当たりの側面も大きいと見ています。日本はイスラエルになるかドイツになるかの岐路にあるのではないでしょうか。

 ただし、中国や韓国に問題がないと思っているわけではありませんし、イスラエル・ドイツとは外的な条件にも大きな相違があり、安易に比較しても意味がないのかもしれません。しかし、参照すべき点は多々あると思っています。
 なにしろ望むと望むまいとにかかわらず、日本は隣国を変えることができないのですから、いかに厄介な隣人であってもうまくつき合う方法を見つけなければなりません。これは自明のことと考えます。

 質問者様はロシアと中国の例を引いておられます。ご指摘のとおり、両国は国境をめぐって銃火を交えました。しかし、最終的には一発の砲弾に頼ることなく、交渉で問題を解決しました。いまや両国の間に領土紛争はありません。双方に、相手をやっつけることより問題をなくすことを優先しよう、との気運が高まれば大概のことは何とかなるものです。

 軍事力は平和を達成するための重要な道具立てですが、道具の一つでしかないし、おそらく最も重要なものでもないでしょう。結論として、わたしは軍事力は保持すべきだがそれは常に抑制されたものでなければならないし、その行使はそれ以上に抑制され、ほとんど禁止されていると思ったほうが適当と考えます。
 ことに日本のように戦争に不得手な国はよくよく考えるべきと思います。ここを改め、「戦争のできるふつうの国になろう」という主張も目にしますが、それが独善的で排外的で空想的な世界観を信じることなら、それは国民の福利に反していると判断します。「普通じゃない」というなら「それで結構」と思います。

 核兵器の保持については、唯一の被爆国であるのは他国に対して説得力になるのかもしれませんが、わたしは一度も重視したことがありません。実際に被爆体験を持とうと持つまいと、現代にあってわが国が核兵器を保持することはデメリットのほうがはるかに大きいと判断するからであり、それで説明は済んでいると思っているからです。
 アメリカの核戦略から脱して日本独自の核戦略を構想するなど絵空事です。たとえばアメリカから「自立」するかわりに東アジア共同体で生きていくとかの代替戦略があるならともかく、それこそ現時点で核武装すべきと考える人たちが嫌っていることなのですから、なおさら実現可能性はありません。

 隣国の側でも、現状の日本が核武装などすれば彼らが懸念するわが国の軍事大国化に証拠を提示するだけとなり、まったくもって平和に対しては逆効果でしょう。わたしは核武装と隣国との友好は二者択一ではなく、核武装するなら必然的に隣国との友好(同盟)関係が必須なのだと考えます。

 質問者様に賛同できないと言いながら、実はそんなに違っていないとも思っているのですがいかがでしょう。
 気がつけば大層な長文回答になってしまいました。簡潔にまとめられず、申し訳ありません。

投稿日時 - 2012-09-27 03:37:43

お礼

ご回答頂き、誠に有り難うございます!
ようやくここまで辿り着きました(汗

ご回答にある冒頭部分、大変恐縮しております(汗
自分はこの質問のみならず、他の回答、質問、お礼など、基本的にはほぼ長文傾向にある者です。
その為、予め断りを入れてはいるのですが、いかんせん度を越してしまう事も多々あり、大抵はウンザリされてしまう方が多いのです(笑
このように関係のない事まで書き込んでしまうからなのかも知れませんが。。。

さて、本題に入りますが、自分の言いたかった事は、もうあなた様のこのご回答に尽きると思いました。
こんな質問をしておいて馬鹿にしているのか?と思われるかも知れませんが、自分にもう少し拝見して下さる方達に対する配慮があれば、ただの「平和ボケ」だけで終える事も無かったのかも知れません。。。

基本的に、自分はガンジーを目指している訳ではありません。
本来の自分は、そもそもが粗暴な人間ですので、他の回答者様が仰っているように、「力でしか解決出来ない問題もある」と言う事実を否定出来ない立場の者でもあります。
人間としての悪の部分、卑怯さや汚なさ、弱さや愚かさは誰よりも知っておりますし、故に人の善の部分だけに期待を押し付けるような無責任な事を言っている訳でもないのです。

しかしながら、つまる所、自分のこの質問は、ほぼある政治家(に同調する方)に向けて投げかけた質問でもありました。

人の善に期待するな!理想を押し付けるな!と言う方達は、人間としての悪の存在を知りながら、なぜそれを中国人、韓国人と言う民族だけにまとめて断言するのか?

自分が質問の中で、「馬鹿にされるのは相手を馬鹿にしているからではないか?」と言ったのはその為です。

中国を侮蔑語である「シナ」と呼び続け、「低俗な民族だ」と公で言える公人をあなたもご存知でしょう?
あの方は、なぜあそこまで中国を嫌いなのか?この尖閣問題があったから?国民に暴力を振るわれたから?
違うでしょう。あの人は「元から中国を嫌い」なんですよ。
自分達こそ一番上だと思って譲らない。
だから自分達のやる事は全て正しい。
故に絶対認めない。

一体何が相手と違うのでしょう?

あなたの仰る通りです。
武力も時には必要、大きな力は抑止力になる場合もある。

それは、自分にも分かっています。
しかし「大きな力を正しく使う」には「使う者の力量が必要」になるのです。
アメリカの銃社会を考えて頂きたい。
我が身を守る為に認められている物を、与えられた全ての者が必ずしも正しい使い方をするとは限らない。
もし、日本でも同じようにそれが認められたのなら、今のような治安をずっと保っていけるのでしょうか?
今の日本では、限られた者しか持てない力です。
故に、その為に守られている命があれば、そのせいで失う命もあるのです。
治安が良いから悪いから?銃を持つから持たないから?
本当に、卵が先か鶏が先かの話になるのですがね。。。

戦争は、身近な社会の縮図です。
あなたの仰るように、大きな力を持っている者は、それを使う際には必ず正義を掲げるものです。
支持を得る為、理解を得る為、自分達はどこまでも正しいのだと、時としてそれは傷付いた者にさえ向けられるような事実。
一番恐ろしいのは、超現実的な問題です。
誰一人として、「未来」の事など分からない。
誰一人として、「一度に違う二つの道は歩めない」と言う事が、その時の「疑問」を「正義」に変えてしまうのです。

だから自分は、苛めやアメリカ銃社会など、もっと身近な問題から戦争を意識してもらいたかった。
自分は、何も「希望」や「理想」を掲げてこの質問をした訳ではないのです。

堅苦しい内容になってしまいましたが、ぶっちゃけた話、どっかの政治家さんに対し、
「尖閣は中国のものではない」と言う前に「日本はあなたのものではない」と言う事を言いたかったんですけどね。
「日本は変わってはいけないが、変えて行かなくてはいけない時期」に入ったと思うんです。
やたらと軍隊や軍事力にこだわる方もおりますが、かつて日本が敗戦を期し、それまであった軍事力を失ってから現在に至るこの70年間、実は「日本が一番平和だった時代」でもあるんですよね。
それこそ、日本の憲法9条がもたらした功績ではないか?と問う事は、あまりに横暴な事ですかね(笑

またまた長文になってしまいました(汗
あなたのような方からご回答頂けた事、心から光栄に思います。
また何かの機会がございましたら宜しくお願い致します。
本当に有り難うございました!

投稿日時 - 2012-09-28 09:47:08

ANo.21

>「核の脅威」を発信出来なくなる
今もろくに発信出来てないからこれは問題無いし、
日本が核保有と「核の脅威」を訴える事を天秤にかける意味がよくわからない。

中露の例については、軍事力やその背景にある国力、その社会的影響があればこそ決定的な事態を避けられたと考える方が自然じゃないかな?

>相手に舐められるのは、こちらが舐めているからではないですか?
この文章がよくわからないんだけど、相手を舐めずに充分な備えをしなければならないのなら、なぜ自国の武力を排除すべきだと考えるのか。矛盾していると思う。

>日本は武器を取らなくても出来る事があるのではないか?
有る無しで言えば有る。ただ、武器を取らないのか取れないのかは違う。

>日本が対話で解決すると言った以上、
>それを最後まで貫かなくてはいけないのではないか?
基本はまず日本が必ず生き残る選択をしていくことが大事。
日本が無くなったら日本が交わした約束なんか何の意味も無いので。
その基本を押えた上で信用を失わないような努力をすべき。

>「相手に話が通じない」「話が通じる民族では無い」と言うのなら、
>それを話の出来る所まで連れてくる事も、こちらの力量ではないでしょうか。
それが出来なかった時に何が出来るのかってことだね。君個人の話なら別に好きにすれば良いと思うけど、日本の話でそれを考えないのは無責任じゃないかな。
そしてその責任を果たさなければならないのは本来有権者じゃないかと思うよ。
つまり俺とか君の事なんだけどね。

個人的には敗戦と戦後から学ばなきゃいけないのは
「国家は敗けてはならない(滅びてはならないでもいいけど)」ってことだと思うので
再軍備も核保有も何ら敗戦の経験を否定するものではないよ。

投稿日時 - 2012-09-26 20:10:13

お礼

ご回答頂き、誠に有り難うございます!
お礼が遅れ、申し訳ございませんでした。

核の脅威について、

>今もろくに発信出来てないからこれは問題無いし、
日本が核保有と「核の脅威」を訴える事を天秤にかける意味がよくわからない。

はて?おかしな事を言いますね。
これは何も侮辱した発言ではありませんが、あなたは日本の方ですよね?とまずは確認させて頂きます。
日本人であるならば、広島や長崎の原爆被害の事は義務教育の時点で必ず習うはずです。
「意味が分からない」で終わっておりますが、あなたは核保有に賛成の方ですか?
ならば教えて頂きたい。
あなたはなぜ核を持った方がいいと思うのか?
「核兵器が脅威になる」と思うからではないですか?
では一体、あなたの「その核の脅威はどこで知り得た知識」なのでしょう?

当時、強大な軍事力を誇っていた日本でさえ、軍人はともかく日本の国民は、被害を受けて初めて原爆と言う存在と脅威を知った方の方が多かったのです。
日本人であるあなたが、広島長崎の原爆よりも先に、その前から行われていた核実験の様子によって脅威を知ったなんて事はあり得ないのでは?
自分は広島や長崎の人間ではありませんが、もし日本が核を保有した場合、今現地で原爆の被害を訴えては核の廃絶を訴えている方達の立場が無くなる事ぐらいは分かりますよ?
それが、あなたは「天秤にかける意味が分からない」と言い切れると言う事は、韓国の慰安婦問題のように「終わった事をいつまでも」程度に思っていると言う事でしょうか。

相手を舐めているから舐められると言う事について

>この文章がよくわからないんだけど、相手を舐めずに充分な備えをしなければならないのなら、なぜ自国の武力を排除すべきだと考えるのか。矛盾していると思う。

自分の質問の内容を部分的に捉えず、全体を通して読んで頂ければ分かるかと思ったのですが、あくまで自分は現状維持、つまり憲法9条の維持の姿勢です。
今ある武力まで放棄せよ、と言ったつもりはありませんが、誤解させてしまったのなら申し訳ありません。

ちなみに、中国を侮蔑語である「シナ」と発言したり、「低俗な民族だ」と公に発言出来る公人をご存知でしょう?
あの方は、なんであそこまで中国を嫌いなんですかね?
この尖閣の問題があったからですか?
違いますよね?
「元から嫌いだから」でしょう?
どこまで行っても自分達が上だと思っている。
だから、同じように「自分達こそ上だ」と言っている中国を許せない。
低俗なのはどっちですか。
ちなみに、低俗な者同士が武力を持ったらどうなると思います?

自分が懸念している所はそこなんですよ。
あなた方の仰る通り、軍事力も核も使いようによっては抑止力になり得る場合もあれば、なり得ない場合もある。
きっとそれが現実なんだと思います。
ただ、それは中国や韓国、北朝鮮以外の他の国であれば可能性が出ると言う話なのではないですか?
相手は中国なんです。
国(省)で補助金を出しては、尖閣に民間漁船を向かわせ、その後ろにはしっかりと軍隊が控えている。
日本の海保が少しでも漁船に危害を加えるような事があれば、「先に攻撃された」と言う口実を作って攻撃しようと今か今かと狙っている。
正当な攻撃と認めさせる為に、自国民を鉄砲玉に使えるような国なんですよ。

日本が武力を持ったぐらいで抑え込めると思う方が希望的観測ではないですか?

今、中国の挑発に乗って憲法を改正してしまった後で、やっぱりダメでしたと言って簡単に戻せる問題ではないんですよ。

この質問を始めた先日から、自分は日本の武力化を訴える人達に同じ質問をしております。
「あなた方は、その武力の中に自分自身を含んでいるんですか?」
「それとも、他の誰かに自分の代わりに傷付いてもらう気ですか?」と。

これだけの回答がありながら、それに答えて下さった方はたった一人です。
もちろん、お礼での質問に答える義務など一切ありません。
それは分かってはおります。
それでも、平和ボケ、宗教家、無責任と一方的に罵る方々に、自身の責任を問う事は間違っておりますか?
自分には、日本が武力を持てば中国を鎮圧出来ると仰る方々の根拠が分からない。
その一方で、武力を失った日本のこの戦後70年は、日本の歴史の中で最も平和だった時期だと言う事だけは分かるのです。
それを訴える事は、無責任な事なんですかね。

教えて下さい。
当然のように、日本はアメリカともフランスともイギリス、中国、韓国とも違う国です。
あなたは、

>再軍備も核保有も何ら敗戦の経験を否定するものではないよ。

と仰いますが、かつて日本が軍事力を持っていた時代に、「今現在の状況に置いて」何か良かったと言い切れる事はあったのでしょうか?
過去も現在も、それだけを切り取って考えるのは、誰にも分からない未来に置いて、最も恐ろしい事なのでは無いでしょうか。

自分も有権者として、何が一番責任を持てる事なのか考えて行きたいと思います。
有り難うございました。

投稿日時 - 2012-09-27 15:35:00

ANo.20

 No.10です。ご機嫌を損ねてしまったようで、たいへん申し訳ありません。

 原爆の問題については「唯一の国」に短絡的に反応してしまいました。核兵器の被害を受けた国は日本だけじゃない、って思い入れがあったもので。ただし「唯一、世界に向けて公に発言出来た「核の脅威」」って続くのであれば、それは正しくないんじゃないですかね。
 ご存知の通り、日本が核兵器の被害を訴えると、少なくない外国から「それだけのことをやったからだ」という反応がきますよね。加えて、戦後ずっとアメリカの核の傘の下にいたという現実もあります。 核の脅威を世界に向けて発言できるのは、ビキニ環礁の島民だったり、衛星国のあおりで被害を押しつけられてきたウイグルやカザフスタンの人たちなどの、純然たる被害者だけじゃないかと思うんですが。

 いじめについて、「あなたは苛められている子がいたら助けますか?」の問いについては、助けました、という答えになります。ただし助けたら次は私が標的になりましたので、口で言うのとやるのとでは全然違うことは身に染みて実感しています。

 それから、私は「あなたがそれを具体的に提示して実行してから自信をもって発信してください」といったのであって、そのお返事が「手始めに日本は中国や韓国に向かって、今の日本の現状を毅然と公言すべきです」では話になりません。同様にヤクザの例についても、私は「話の通じない人はどうするんだ」っていう意味でヤクザを引き合いにだして問うたわけです。「ヤクザの中にも話の通じる人もおります」では答えにならないと思いますが、いかがですか。

 「日本は軍隊を持たない。だから絶対戦争はしない。その上で話を聞いてくれ」については、誰がそれを信じてくれるんでしょう。自衛隊は外国から見れば立派な軍隊ですし、そういう扱いもされています。多数の戦車や戦闘機を保有しておきながら、「日本は軍隊を持たない」が通用するとお思いですか。

 徴兵制に関しては、先進国の多くが徴兵制を廃止もしくは停止していることはご存知ですよね。徴兵制は「鉄砲もって行って来い」の昔とは違って、戦力と国力を低下させるのがわかっているからです。「お前は徴兵に応じるのか」って言われても、役に立たないから行かない。けれどもできる限りの支援をし、自分の周りのも人は護る、ってのが大方の答えじゃないんですか。それって卑怯ですかね?

 最後にピースボートについては、あなたがおっしゃる「あなた方だって同じですよ」に全く異論はありません。ピースボートの方々は、私たちと同じでした。
 ただし彼らは「武器はいらない、話せばわかる」といって「自分たちは他とは違う」ことを標榜してきたんですよ。であるならば、彼らはソマリア沖を航行するときに断じて護衛を拒否し、単船で海賊の海をすすむべきでした。それを行なったならば彼らの主張は受け入れられたかもしれませんが、いざ危機に及んで「実は同じで怖いです」じゃ何にもなりません。言うだけ番長って、まさにこのことでは?

 さて、脱線した話は不毛だとは思いますので、答えとしましては、

>日本は武器を取らなくても出来る事があるのではないか?
 ⇒具体的には見つからない
>「相手に話が通じない」「話が通じる民族では無い」と言うのなら、それを話の出来る所まで連れてくる事も、こちらの力量ではないか。
 ⇒その力量には軍事力も含まれる

 ということになると思います。

投稿日時 - 2012-09-26 15:46:25

お礼

再度ご回答頂けた事、大変感謝します!

>ご機嫌を損ねてしまったようで、たいへん申し訳ありません。

いえ、機嫌は良いです。またこうしてあなたから回答を頂けましたので。
あなたはとても正義感の強いお方ですね。

>ご存知の通り、日本が核兵器の被害を訴えると、少なくない外国から「それだけのことをやったからだ」という反応がきますよね。

その通りです。
ただ、自業自得だと諸外国からは責められても致し方ない事とは言え、自国で被害を受けた方々に向けて、さすがにそれを言える勇気は正直な所ありません。
広島や長崎で被害を受けた方々は、戦前の日本の軍国主義を押し付けられた被害者でもあると思っています。
悪い所があったとすれば、「日本国民だったから」と言う事になるでしょう。

他の方の回答から引っ張って来ますが、「核の脅威と核保有を天秤にかける意味が分からない」と仰られる方がおります。
でも、我々は日本人です。
今の我々が知り得ている「核の脅威」は、広島や長崎の原爆によって得た知識ではないでしょうか?
当時、強大な軍事力を得ていた日本でさえ、軍人はともかく国民そのものは、最初から原爆の脅威を知っている者の方が少なかったのではないですか?
それでも、「日本は核の脅威など発信していない」と言うのであれば、どこからその「脅威」を知り得たのでしょう?
脅威が分からないのであれば、わざわざ脅威の分からない核兵器など持たなくても良いのでは?
それとも、「他の国が持っているから自分達も」と言う右に習えの精神なのでしょうか?

とは言え、こんな事、あなたに言っても仕方ない事なんですが。。。

それにしても、自分が質問に出したイジメの件は、ご回答しっかりと受け止めました。
ちなみに、あなたの他にも軍事武力化を訴えている方々はたくさんいる訳ですが、その方達にもあなたにした質問と同じ事を聞いております。
その中で、この質問についてハッキリとご自分の意見として回答して下さったのは、あなただけです。
もう一人、ドラえもんの例を出して「イジメには対応出来ない」と言う意味で答えて下さった方もおりましたが、他はさっぱりです。
どう言う事でしょうか?
ま、自分のような者の質問に、まともに付き合って下さる方の方が少ないのは承知しておりますが、そのような方々から「平和ボケ」と言われてしまう今の日本の現実を理解して頂けるでしょうか?

戦争は、身近な社会の縮図ですよ。
身近な問題ですら解決出来ないのに、もっと大きな問題に偉そうな事を言えるのは、どう言った見解なのか?と恨みごとの一つや二つ言いたくなる気持ちも分かって下さりますかね。

まぁ、実際の自分は、あなたよりも弱い腐った人間です。
イジメを止めてきたのは、苛められている奴が可哀想だとか助けたいとか、そんな殊勝な事を思ったからではありません。
自分が、「苛めをしている奴よりも力があったから」だと思います。
あなた方の仰る軍事力と同じですよ。
ただ、だからこそ、自分は逆に人を苛める立場の人間にも簡単に変わる事が出来る訳です。
人は、今ある感情をそのまま貫いて行ける程正しい訳ではありませんし、正しい事だけを貫いて行けるほど強い訳ではありません。
それを人のせいにせず、自制をかけながら貫き続ける事が、どんなに難しい事か、あなたなら分かってくれるものと思います。

やくざの話に移ります。
そうですね、自分の回答は仰る通り、答えになっておりませんでした。
分かってはおりましたが、わざとですかね(汗
ただ、自分も半分やくざのような人間ですから、他のヤクザに向かって足を洗えとは言えません。
その前に怖いですし(汗
でも、それが「自分に取って必要だ」と思えば、言うと思います。
こんな顔も見えない所で、出来る出来ないを信じて貰おうとは思っておりませんが、自分の行動は全て、自分の為のものだと思って今まで生きて来ましたので。
ただ、言い訳をさせてもらえば、「相手を話の出来る所まで連れてくる」と言う事は、「自分の言う事を相手に押し付ける」と言う事では無いと思っております。
ですので、この質問自体、武力化が良いか悪いか、どっちかの答えを決めたいと思ってした訳でもないのです。
ここは日本ですので、基本的に言論の自由があります。
ただ、「自由な事」と「無責任な事」は違うのではないか?と疑問に思った次第です。
武力化に賛成ならば、その意見に責任を持っているかどうかを見極めたかった。
ただそれだけです。

>「お前は徴兵に応じるのか」って言われても、役に立たないから行かない。けれどもできる限りの支援をし、自分の周りのも人は護る、ってのが大方の答えじゃないんですか。それって卑怯ですかね?

いや、それがあなたの答えなのだとすれば、自分の中では何も卑怯な事だとは思いません。
ただ、それすら言えない人もいるのですから、あなたに「大方の答え」と言われても、全てをあなたと同じようには見れないと言うのが本音です。

仰られるように、軍事力も核兵器も、要は使い方なのだと思います。
ただ、アメリカの銃社会を見ても分かるように、全ての人間が「自分を守る為に持った力」を、必ずしも正しい使い方をするとは限らないのです。

日本がかつて強大な軍事力を誇っていた頃、それよりも更に上の軍事力に抑え込まれ、憲法9条の名のもとにその力を奪われました。
しかし、日本の歴史を振り返れば、その力を失ったこの戦後70年間、実際どの時代よりも平和だった事も事実ではないですか?

憲法を改正して軍事力を持つ金があるのなら、まずは中国や韓国にある日本企業に撤退の為の補助金でも出して、経済制裁を実行するのが先では無いでしょうか。

何だかかなりの長文になってしまいました。
まだまだ言いたい事はあるのですが、あまりにウザいのでこれで止めます。
回答頂けて嬉しかったです。本当に有り難うございました!

投稿日時 - 2012-09-27 14:16:20

ANo.19

>それでも、やはり武力や核兵器は抑止力になると思うのですか?

私も最低限の武力は必要だと思います。重要な施設には門番や衛兵は必要でしょう?それは無用な争いを未然に防ぐ、それこそ「抑止力」になると思います。残念ながら世の中には、、、言葉は悪いですがイカレタ人や国が必ず居るんです。それは現実として認めないといけないと思います。

ただ、当然ですが無制限には必要ありません。「自衛目的のための武器」は必要だと思います。そもそも憲法9条にしても自衛隊にしても基本的にはそういう理念でしょう。対中国にしても、実際に攻められた際に撃退できるだけの武力があれば良いと思います。もし足りないのであれば"必要な分だけ"拡張/開発すれば良いです。そこには情報公開と「どれだけ必要か」という議論は当然必要でしょう。

核ミサイルは日本には必要ありません。前の質問にもありましたが、核ミサイルを100%打ち落とせる技術を開発すれば良いでしょう。そこにたとえ何千億円/何兆円かかろうがそれは問題ではありません。相手が上回る技術を開発したのなら、そこをさらに上回れば良いだけです。そこでこそ、日本人の培ってきた技術力が発揮されるはずです。

自ら攻められる制度は必要ありません。自衛隊と憲法9条で十分です。核ミサイルは必要ありません。それらを打ち落とす迎撃ミサイルのみで十分です。私たち日本人は、門番や衛兵に徹すればそれで十分です。

あとは経済力があれば、大抵のことは解決できるはずです。それが「日本人の力」だと思います。

投稿日時 - 2012-09-26 12:15:07

お礼

ご回答頂き、誠に有り難うございます!
あなたのお礼に来るまでに、こんなに時間がかかってしまいました(汗

先日も、あなたの質問に回答した例の「半分こ」の者です(笑
あなたの質問に回答した後、この質問を立ち上げたのですが、あなたからのご意見を頂けないものかと心待ちにしていた部分がありましたので本当に嬉しい限りです。
例にならってぶっ叩かれまくっております(笑

さて、前置きが長くなりましたが、この質問もあなたの質問と全く関係ない訳ではありませんでした。
どこかで意識した部分が少なからずあると思います。

と申しますのは、共通している橋本氏の存在です。
実は、自分は、橋本氏そのものは好きな方ではありません。
しかしながら、竹島の共同開発への発案、憲法9条改正の慎重派であると知り、正直「あの人が?」と意外な印象を受けました。

本当に前置きが長くて申し訳ありませんが、この質問をするにあたり、日本の武力化、つまり憲法9条に習った自衛隊、在日米軍の存在を除く、自国としての軍事武力化を訴える方々に対し、自分は「では当然のようにあなた方はその武力の中に含まれて話をしているのだろうか?」と質問しております。
しかしながら、その件に触れて再回答を頂けたのは、今の所たったの一人だけです。

自分は、何もガンジーを目指している訳ではありません。
ただ、思う事や発想自体は自由であっても、「自由な事」と「無責任な事」は違うのではないか?と思う訳です。

「武力は従来の通り持たない方がいいのでは?」と言う人間に対し、平和ボケだの宗教家だのお花畑だの好き勝手な事は言うものの、それで終わりなんですよ。

誰一人として、「自分が国を命をかけて守ります。それで死んでも本望。だから憲法9条の改正に力を貸してくれ」と言う者がいないんです。
どう言う事ですか?これ?
もしかして、自分や家族を守る為の武力は必要だが、それを他の誰かやその家族にやってもらおうと思っているのでしょうか?

「軍事力、核が、外交手段となり得る」と言う主張は分かるのです。
しかし、それが「中国や韓国以外の他の国であるならば」と思うのです。
軍事力も核も、抑止力になる場合もあればならない場合もあるでしょう。
きっとそれが現実です。
しかし、相手は中国ですよ?
尖閣に国(省)で補助金を出しては、民間漁船を向かわせ、その後ろにはしっかりと軍隊が控えている。
日本の海保が民間漁船に手を出す事を、今か今かと待っているのですよ。
「先に攻撃をされた、国を守らなければ」と言う戦争の口実を作る為に、自国の人間を鉄砲玉に使う国になんですよ。

そんな中、今、日本では自民党を始め、憲法9条の改正の話が出ているのです。
自分は政治家ではありません。
もう橋本氏に頑張ってもらうしかないのですよ。。。

憲法改正賛成派は、自分のような慎重派を「何も考えていない」と言います。
しかし、現実を見ていないのはどちらでしょうか?
今憲法が改正され、日本が自国の軍隊を持ったとすれば、今ある在日米軍の協力はどうするのか?
自分達で守れるのだから米軍は必要ないのか?
では、当然のように今ある自衛隊だけでは圧倒的に数が足りなくなる。
また、そうなれば当然のように民間から兵士を召集する事になる訳です。

他の誰かから守ってもらう事に慣れ過ぎた日本で、一体誰が自ら志願すると言うのでしょう?

誰もいない訳ではない、ただ自分のような者からすれば、今憲法改正を主張している人間の10割が出向かなければ、到底納得など出来ないんですよ。

自分は馬鹿なのかも知れませんが、今ある主張を最後まで貫いていられるほど、戦争は甘い物では無い事ぐらいは知っておりますよ。
オリンピックやワールドカップとは違う。
負けても「よく頑張ったよ」では済まないんです。

日本に軍事力を得るために使う金があるのなら、まずは経済制裁として中国や韓国にある日本企業に対し、撤退の為の補助金でも出すべきです。
本当に、「日本人の力」を見せてもらいたいものです。。。

自分の話ばかりして本当にすいませんです。
なかなか話をまとめる事が出来ませんで。。。
ただ、あなたから頂いたご回答は、全て自分の想いそのままです。
本当に有り難うございました!

投稿日時 - 2012-09-27 11:32:54

ANo.18

>あなたは、イジメを受けている者がいたら助けますか?
>多くの人間は、見て見ぬふりをするでしょう?
>自分に火の粉がかからないように、自分には関係ないと言いながら。

 自分が相手より弱い立場ならイジメなんてなくなりませんがなw
スネ夫君がジャイアンにいじめられていても貴方が『のび太』君では止められません
 止めるのは先生やドラえもんなどジャイアンより強い立場です
彼らはジャイアンより強い権力や能力など保有しているからです。
 
 『戦争』とは善でも悪でもありません。外交手段です
話し合いだけで解決しようとした国際連盟が失敗して結果
 戦争の解決手段として戦争を用いた国際連合が今日続いている経緯を貴方は何も学んでないのですか?


『自分には難し過ぎる回答でした。一人で妄想でもしていますよ。』
つまり貴方も戦争がしたいのですねw

 自分の経験上『戦争反対』という人間ほどすぐ『戦争』といいます。
『戦争』とは手段を表す言葉でもあり反対の意味は『話し合い』です
『平和』とは状態を表す言葉でもあり反対の意味は『混沌』です。

 国際政治において避けるべきは『混沌』です
いわゆるポルポト。レーニン、毛沢東のように国民を虐殺したり、恐怖政治をして国民強制したり、また内戦状態でお互いの支持する国民を殺し合うのはOKなんですか?

 貴方は『話し合い』を否定すれば手段は『戦争』になります
 しかも戦争だけを否定して『混沌』は無視w

シエラレオネいう国をご存知だろうか?
 シエラレオネ共和国 世界で最も、平均寿命が短い国だった。
 長年に渡るシエラレオネ政府と反政府勢力の革命統一戦線(RUF)による内戦は、7万5千人以上の死者と国民の半数に値する200万人以上の難民を出すという大惨事。
 一般市民に対する四肢切断、誘拐、子どもの徴兵、少女や女性に対する誘拐や強姦などが報告されています。
 2000年5月だけでも3万5千人以上の人びとが国内避難民となり、隣国ギニアでは、45万人以上の人びとが難民として生活を送っています(アムネスティ・シエラレオネ支部の会員も、ほぼ全員がギニアに難民として緊急避難しています)。

 そして、子ども達はこの内戦の一番の被害者となっています。
I8歳以下の子供たちは、政府、反政府勢力の両方に誘拐され、内戦へと駆り出されているのです国連も政府軍の兵士の25%が18歳以下の子供であるという調査結果を発表しています。
 アムネスティなどの人権擁護団体によるはたらきかけの結果、政府軍は215人の子ども兵士をユニセフ等の機関に引き渡しましたが、反政府勢力によって囚われ、戦闘への参加を余儀なくされている子どもたちがまだ数多く存在していることは確かです。
 原因としては国内で産出されるダイヤの利権です。

2000年-シエラレオネ政府、RUFと停戦合意。イギリス政府、シエラレオネにイギリス軍の小隊をシエラレオネのフリータウンに派兵、駐留。
2001年-武装解除について実施の方法について政府、RUFと合意成立。
 でようやく沈静化しましたが、沈静化の原因は米軍を中心とする国連軍の出動による武力鎮圧でした。話し合いでは解決できず、軍事介入という方法で解決したのです。

 戦争は無ければよい。

しかし戦闘(戦争)でしか解決できないこともある。 

 もし早急に軍事介入していれば何人の罪も無い子供の命が助かったのだろう? 
 何人の子供が手足を切り足られずにすんだのであろう?

 あなた方の言う平和のために何人の命を犠牲にしたら良いのですか?
 
 結局平和・・平和といいながらこのような人を見捨てて、さらに話あいも否定・・・と最悪な人間ですなw

投稿日時 - 2012-09-26 10:47:50

お礼

3度も回答させてしまい、申し訳ない限りです。

>結局平和・・平和といいながらこのような人を見捨てて、さらに話あいも否定・・・と最悪な人間ですなw

自分は自身の事を、一度足りとも「最高な人間だ」と思った事などありませんが?
あなた様はさぞかし最高な人間でいらっしゃる事と思います。

と、この程度の嫌味ぐらいは言わせて下さい。
とは言え、あなたのような方とこうして何度もやり取りが出来て、とても有難いとも思うのです。

例えばですよ?
先のお礼でイジメの問題を自分は引き合いに出しました。

それに対し、あなたは

>スネ夫君がジャイアンにいじめられていても貴方が『のび太』君では止められません
 止めるのは先生やドラえもんなどジャイアンより強い立場です
彼らはジャイアンより強い権力や能力など保有しているからです。

と答えられました。
と言う事は、あなた自身は苛める相手よりも弱い立場であれば止める事は出来ないと仰っているのですよね?
実はこの質問を始めた先日から、幾度に渡って、あなたと同じ事を仰られる回答者の方に同じような質問をしております。
その中でそれについて回答して下さったのは、あなたを含め、もうお一方だけです。
ちなみに、その方はイジメを止めたと言っておられます。
その代わりに、自分がイジメられる事になったとも。

自分は、イジメを止められるか止められないかと言う結果にこだわっている訳ではありません。
「イジメを無くせ」と他に向かって発言するのであれば、まずはその場に自分自身が立つ覚悟があるのか?と尋ねているのです。
あなたの仰る事は間違いなく正論であると思います。
悪い行動をしている者を「止めると言う結果が重要」だ。
それが警察であり、教師であり、ドラえもんのような特別な能力を有する者が一番可能性が高いと言う事も知っています。
ただ、例え力無いものであっても、それを止めようとした勇気は、最初から他に頼る事が前提であった者にはきっと分かるものではありません。
それは、あなたから言わせれば、不必要であり、無駄なものでしょうか?
確かに合理的な事ではないかも知れませんが、その勇気に動かされる者が全くいない訳ではないと思います。
言うだけと実際にやるのとでは、全然自覚が違いますよ。
身近な社会問題は、戦争の縮図そのものだと思っています。

中国は本当にしたたかな国です。
尖閣を見ても分かりますよね?
国(省)から補助金を与えては、民間の漁船に尖閣へ向かわせる。その後ろにはしっかり軍隊が控えている。
日本の海保が、少しでも民間漁船を傷付けたり何かあったりした日には、すぐさま「先に攻撃を受けた」と言う口実を作って攻撃を仕掛けてくるのが見え見えですよ。
実際、中ソ境界紛争のきっかけはそれなんですよね。
両国とも「相手が先に攻撃してきた」と言う理由から紛争が始まったんです。

あなたの仰る軍事力、それは外交手段だと言う事は十分理解しております。
でも、それは中国や韓国以外の国だからこそ通用するのではないですか?
仮にも、両国とも低俗な民族との格付けをされている国です。
冷静であるはずの日本人にまでここまで武力を意識させる国なんです。
相手が原始的な法典、「目には目を」の国そのものであるのに、なんで武力を持って正常な外交が出来ると思うんですか?

日本の憲法が改正されれば、今ある自衛隊だけでは圧倒的に数が足りなくなります。
当然のように民間から召集されるでしょう。
でも、その際に、今武力化を訴える人の何割が自ら出向かれるのでしょう?
自分のような者からすれば、それが10割でなければ自分が出向く事に到底納得など出来ないんですよ。
恨み節の一つや二つ、言いたくもなります。

きっとそうなれば、日本の国内が混沌としますよ。

自分の想いでは、そんな所です。
自分の意見に対し、お付き合い下さった事、本当に感謝しております。
本当に有り難うございました!

投稿日時 - 2012-09-27 10:42:45

ANo.17

一部お花畑にいるような方が…

・既得権益が…
 艦艇一隻2500億円、航空機1機100億円、とか言えばみんな「利権」とか言いますよね。
 多少あったっていいんですよ、結局経済は回るので。

・軍は国民を守らない
 指揮系統が崩壊してしまえば守りようがないのでそうなります。
 指揮官が指揮を執ってこそ軍事組織なのです。

・警察要らない
 なぜ「日本だけ要らない」になるのか理解できません。普通の人は警察(や軍事組織)の存在を意識しなくても良いはずなので存在されては困る人=国の存立を犯したい人なのでしょうか?

国が国として成り立つには主に3つの要素が必要とされています。
・領域 他国との仕切りがある、陸上の国境線や海・川などの要素
・人民 その国に属する人々
・権力 物理的な実力、軍事組織、警察組織など

抑止力が云々以前に、これらが揃わないと「国としてみてもらえない」んですよ。
警察が要らないとか言ってる人は「国の存在を認めない」のと同じなので「話が通じない」のと同じです。

非武装中立国は幻想ですし、実力が伴わない地域は国とは呼ばないのです。

投稿日時 - 2012-09-26 01:08:13

お礼

再度のご回答、誠に有り難うございます!

まぁ、自分と致しましては、基本的に思う事や発想そのものは自由であると思っております。
ですので、こんな質問をしておきながらなんですが、憲法9条の改正賛成派でも慎重派でも、発言自体は様々な意見があっても良いだろうと言う事が前提で質問をしております。
何と言っても、ここは日本ですから。
ただ、自分が思うのは、「自由な事」と「無責任な事」は違うと言う事です。

自分が頭に来るのは、人を宗教だの理想だの平和ボケだの、偉そうな事を言いながら、それで終わってしまう人の無責任さです。

日本の憲法改正に伴う武力化を訴えるのであれば、まずはその武力に自分自身を含んで発言しなくては筋が通らない事。
警察が要らないと訴えるのであれば、そうなった際のリスクを背負う覚悟を見せる事。

違いますかね?

では、自分の責任はどこにある?と聞かれれば、最後まで自分の有権者としての意志表明はするつもりですが、例えどっちに転んでも、自分の為に前線に立って戦いますよって所に辿り着くんです。
まぁ、即戦力には遠く及ばないとは思いますが、鉄砲玉くらいにはなれると思います。

>指揮官が指揮を執ってこそ軍事組織なのです。

その指揮官がね。。。仮に今の自衛隊のトップが指揮官になったとすれば、まだ何とかなると思いますが、その為には昔の軍国主義に戻るしかないのでは?
今の時代の日本で武力を持って戦うと言う事になれば、例えどんなに有能な指揮官がいたとしても、その指揮官を指揮する者が、今の日本の重役共になる訳です。
日本が核を持ったとしても、その時の総理大臣が菅のような者だったとしたら、どう有効に使ってくれるのでしょう?
本当に武力を有効に使って外国と戦える実力を培える人がいるのであれば、そもそもこのようなザマにはなっていなかった気がします。

今の日本の現状を見れば、幻想なんて抱けませんよ。
我々日本人は、他の人間から守られる事に慣れ過ぎたのです。

またまた長くなってしまいウンザリでしょうが、あなたの最初のご回答は、武力そのものよりも経済制裁を軸に考えておられたようですので、武力を持つのは最終手段とした上で、まずは経済制裁を視野に入れて考えるのが一番賢いやり方だと思います。
軍事化に回す金があったら、中国や韓国にある日本企業に補助金や援助をし、それらの国から他国へ撤退させるべきかと思います。

投稿日時 - 2012-09-27 09:53:31

ANo.16

 大筋では同感なのですが、政府とマスコミの情報操作に騙されてはいませんか。

 日本の武力化を訴えている人達は決して国民を守る為の武力を欲しているわけではありません。国民を守る為の軍事力なんて考えた事も無い人達です。国民を守ろうとせずに、既得権益を守る為の軍事力しか考えない人達です。

 大日本帝国が崩壊した時に、国民を守ろうとしなかった旧日本軍に対して激しい批判が集中したのも、それが原因でしたし、国民よりも既得権益という考え方は今も変わっていません。外国と日本が決定的に違うのは、武力は何の為に必要かという問い掛けに対して、外国が明白な考え方を持っているのに対して、日本は曖昧である点でしょう。

 武力に対する価値観が曖昧である為に、多くの国民を説得出来る根拠に乏しく、侵略行為で領土を奪われた場合でも、国によって対応が違い、ある国に対しては何もしないで放置し、ある国に対しては武力を使っても奪還するべきだと主張するという、わけのわからない態度が目立ちます。

 侵略されたのであれば、どの国に対しても武力を使って奪還する姿勢があるのであれば別ですが、そうでないのであれば、どの国に対しても武力を使わずに放置するしかないでしょう。

 領土に対して一貫した姿勢を持たない国が、領有権を主張しても周辺国から馬鹿にされるのは当然です。尖閣諸島を守るべきならば、竹島も守るべきですし、北方領土も同じでしょう。

 国によって対応が違うのでは、中国を説得出来るとは思えませんし、武力解決を主張する人達は、戦いに敗北した後を考えていません。

 もし、中国との間で武力衝突が起こった後、尖閣諸島以外の島々を含めて広範囲の領土を失う事態になった場合、武力解決を主張していた人達は責任を取らずに沈黙するに違いないのです。

 最悪の結果を考えるならば、武力以外の解決策を模索するのが最も賢明な道でしょう。

投稿日時 - 2012-09-25 23:51:52

補足

非常に申し訳ございません。
ここから先のご回答に対するお礼は、明日必ずさせて頂きます。
お礼に時間がかかってしまい、本当に申し訳ありません。

投稿日時 - 2012-09-26 16:54:30

お礼

ご回答頂き、誠に有り難うございます!
お礼をするまで2日も経ってしまいました事、深くお詫び申し上げます。

それにしても、自分の質問はそんなに誤解を与える表現になっておりましたでしょうか。。。
自分はあくまでも「現状維持」の姿勢、つまり憲法9条をこのまま維持した方が良いと言う事を言いたかったのであって、全ての力を捨てろと言った訳ではないのですが。。。
あなた様のように理解して下さる方もおられますが、そうでない方が多いのでもっと違う表現をすれば良かったと反省しております。。。

さて、あなた様のご回答は全体を通して、非常に納得させられる内容でありました。

日本は、過去から現在に至るまで、武力、つまり自ら攻撃可能であった軍事力を持っていなかった訳ではありません。
他の方がしきりに仰っているような武力を、日本も持っていた時期がありました。

その結果がどうなったのか?を、武力化を訴えている方々は忘れてしまっているのでしょうか?

かつての日本が誇っていた武力は、更にもっと上の武力によって奪われる結果になりました。

「中国や韓国は頭が悪い、話が通じない低俗な民族だ」
そうは言いつつ、相手と同じ武力を持つ事によってそれを鎮圧出来ると思っている。
中国や韓国ではない他の国であれば、それでも通用すると思うのです。
しかし、本当に頭の悪い民族なのだとしたら、「ではどっちが上か比べましょうか?」となるのが当然でしょう?
「絶対に日本が勝てる」と言う保障でもあるのなら理解も出来るのです。
しかし、かつての日本はそれで負けた。
原発を落とされ、甚大な被害を出しながら、戦勝国のアメリカに「その原爆が終戦を早めた」と正義として言い放たれる結果となった訳です。
それが、今までの歴史を見ても「戦争に勝利する」と言う事になるのでしょう?

>もし、中国との間で武力衝突が起こった後、尖閣諸島以外の島々を含めて広範囲の領土を失う事態になった場合、武力解決を主張していた人達は責任を取らずに沈黙するに違いないのです。

そうですよ。
領土を守る為に行った行為が、どんなに理不尽であっても結果として受け止めるしかない。
「だから言っただろう?お前らが武力を持てなんて言ったからだ」
と言っても、
「そんな事言ったって、武力を持たなくたって同じ結果になっていたさ」
と言われて終わるでしょう。

中国政府は本当にしたたかな国です。
今の尖閣を見ても分かりますよ。
国で補助金を与えては、民間の漁船を尖閣に向かわせる。その後ろには軍隊がしっかり控えている。
大方、日本の海保が漁船を威嚇したり何か危険な行為を行えば「先に攻撃して来たのは向こうだ」と言った最もな理由を付けては、すぐさま戦争を始めるつもりでしょう。

中ソ国境紛争はその最たる例です。
あの紛争のきっかけは、「どちらの国も」「相手が先に攻撃して来た」と言う理由から始まったものです。

>国によって対応が違うのでは、中国を説得出来るとは思えませんし、武力解決を主張する人達は、戦いに敗北した後を考えていません。

本当にその通りです。
日本は、「どちらも同じ日本の領土だ」と主張するのであれば、国によって対応を変えるべきではありません。
そして、一度戦争を意識したのであれば、戦争によってもたらされる解決が、必ずしも納得のいくものではないと言う事も自覚しなくてはいけません。

本当に、ワールドカップかオリンピックと勘違いしてるんじゃないですかね。
例え負けても「よく頑張ったよ」では済まないんですよ。

非常に参考になりました。
また何かの機会がありましたら宜しくお願い致します。
本当に有り難うございました!

投稿日時 - 2012-09-27 08:52:32

ANo.15

日本という国は、地球上で最も古い歴史を持つ国で、それ故に日本人は、他の国々とは、全く異なる価値観というか、思考回路を持つ民族だと思います。

人混みの中で、肩が当たったとしたら、当てた方の人に、当てられた方の人が、先に「すみません」と謝り、当てた方の人も「こちらこそすみませんでした」と応える、これが日本人だと思います。
これ、地球上、他の国には、多分ないと思います。

日本には、核兵器は勿論のこと、軍隊も、自衛隊も、警察すらも、要らないと思います、本来は。
庶民の家々には、鍵をかけるという、こんなことなかったし昔は、その必要性すら想像することもできなかったし、それが日本であって、日本人なのですから。
日本という国や人の本質というか、根本を忘れてしまったが故に、核がどうの、武力がどうの、軍事力が…。そんな次元の低いことに右往左往させられる必要などないのではないでしょうか、日本は。

核兵器の核抑止力?それでしたら、核兵器を所有する国だけが地球上に存在して、核兵器を持たない国は無くなるということでしょう。
ですが、今の地球上には、核兵器を持たない国の方が、持つ国よりも、その数は圧倒的に多いですけど、これどうしてなんですか。

核爆弾を有する国が、それを持たない国に、従わなければこれを撃ち込む?やれるもんなら、やってみたら。
それこそが日本国のスタンスではないですか。核爆弾を落とされた唯一の国として。

日本には、一切のあらゆる暴力装置は必要ありません。警察も含めて。

投稿日時 - 2012-09-25 20:58:00

お礼

ご回答頂き、誠に有り難うございます!
お礼が遅れ、申し訳ございませんでした。

まぁ、大筋ではそうですね(汗
悪い事をしていないのにとっさに謝る。
何かを頼む時も感謝する時も、必ず謝罪から入る。

ん~、それはそうなんですが、一方では悪い面もありますよね。

未だかつて、日本の総理大臣が一度でも、中国や韓国に対して
「日本は武力を持っていない、だから絶対に戦争はしない。それを前提で話を聞いてくれ」と、毅然とした態度を取った事があったでしょうか?

言わなくても分かっている事、知っているのだから言わなくても分かるだろう。

このように、勝手に相手に期待しては当たり前の事を当たり前に出来ないのは、日本人の悪い癖です。

原爆に関しては、実際に落とされた広島長崎の人達に対してはどう説明するんでしょうか。
「これが戦争なんだ。今、日本の平和を守る為には仕方ねーんだよ。我慢しな」とでも言うつもりでしょうか。

日本国内では、警察を始め、その他の機関によって治安を維持されております。
それでも、犯罪は起こり、警察官自身が不祥事を起こしたり事件を起こしたりしている訳です。
それは、人は必ずしも正しい物の使い方が出来るとは言い切れないからです。

核や軍事力も、正しく使いこなせるのであれば、それは確かに抑止力になり、一方では丸裸でいるよりも犠牲が少なく済むでしょう。
ただ、それは自分から見れば、それこそ「理想」なんです。
それを使うのは、他ならない人間なんですから。

包丁やナイフにだって、正しい使い方はあると言うのに、少し間違った使い方をすれば、簡単に凶器に変わる訳です。

かつて、戦力を奪われる前の日本軍が、仮に核兵器を保持していたのなら、実際どうしていたのかなと思います。

ここでの回答や自分のお礼を見ても分かるでしょう?
じゃーお前はどうなんだ?こうされたらお前はどうするんだ?

張り合いだらけなんですよ。
自分が一番正しいと思って譲らないのは、中国人や韓国人だけではありません。

武力を持つ事が正しくなり、それを使う事が正しくなり、核を持つ事も、それを使用する事も、最後には正しい事で押し切られるのです。

実際に、アメリカによる日本への原爆投下は、終戦を早めたとして正義となっております。
戦争なんてものは、互いの正義と正義の行く着く所なんですよ。

日本は、本当に平和ボケしておりますね。
何でもそうですが、人は慣れてしまえば基本を忘れるものです。
武力だ何だと言いながら、自分がその武力になろうとは思っていない方が多過ぎる。

だから自分はこのような質問をしたのです。

参考にさせて頂きます。
本当に有り難うございました!

投稿日時 - 2012-09-26 16:42:57

ANo.14

#5です。

>例えば、日本に向けて発射されたミサイルや核兵器すらも撃ち落とす事の出来る迎撃用の装置を作る事は出来ないのでしょうか?

この様な発想が軍需産業に大歓迎され、納税者を苦しめる結果をもたらします。

1000億円で報復用核ミサイルシステムを配備すれば済むのに、1兆円も2兆円も軍需産業に支払い、当たるも八卦、当たらぬも八卦のミサイル防空システムを造らせる。
最新のミサイル防衛システムも5年~10年で陳腐化して、またぞろ次期システムが2兆円なり、ってことになります。

1000億円の予算で、日本の高精度の品質管理技術を使って、1980年代~1990年代の旧式な弾道ミサイル誘導システムを配備し、残った予算を地球上の抑圧された民族救済に使いましょう。
日本が世界の人々に無関心を決め込んでいるうちに、共産主義者が南沙諸島や台湾などを自分の領土にしてゆくでしょう。
これを阻止することも日本人の義務だとは思いませんか?

投稿日時 - 2012-09-25 20:16:39

お礼

再度ご回答頂き、誠に有り難うございます!

>この様な発想が軍需産業に大歓迎され、納税者を苦しめる結果をもたらします。

まぁ、そうですか。。。
ただ、核ミサイルを作る予算はそれだけで済むとは思いますが、あなたの仰っている事は、「報復用」と言う事ですよね?
では、先に核攻撃を受ける事は想定されていると言う事でよろしいですか?

んでその最初の一発目で出る被害総額、賠償額などはどう見積もられているのですかね?

最初の回答からしきり無しの仰っている台湾に関しては、中国と仲良くやっているようなので考えなくてもよろしいのではないですか?
それとも、尖閣に台湾からの漁船が出港した際、日本に向けて「助けてくれ」とでも仰ったのでしょうか?
義務とか何とか言う前に、まずは相手の意志を確認して頂かなくてはね。

投稿日時 - 2012-09-26 15:48:26

ANo.13

>世界で初めて、原爆を落とされた唯一の国である日本が、核兵器を持つと言う事は、どう言う事を意味するのか?

原爆を持っていないのに原爆を落とされた・・・原爆を落とせるほど防空能力を失ってしまったので原爆を落とされた・・・原爆を落としても報復能力がないことを見透かされて原爆を落とされた。

飛躍した宗教的思想はともかくも、現実の意味は上記だろうと思いますが・・・。

>日本が武力ないし核兵器を持ってしまえば、唯一、世界に向けて公に発言出来た「核の脅威」を発信出来なくなるのではないですか?

包丁を使って調理する際に指を切った経験があるからこそ、鋏を使って工作する際に指を挟んだり爪を噛んで痛い思いした経験を持つからこそ、こうした危険物に対する正しい知識を持ち、子供達にその危険を正しく伝えることができます。

包丁や鋏を使ったことのない者には包丁や鋏の「存在意義」など判りよう筈もありませんし、そのような者が幾らその危険性を訴えたところで説得力がありません。・・・「使ったこと、ないでしょ? 包丁や鋏にも種類があること、知らないでしょ?」

日本は唯一、原爆による直接的な原爆症例を有する国であり、何処よりも原爆が何たるかを知っている国とも言えます。

しかし、原爆や兵器に対して過剰な Allergy 反応を示す人は Allergy であるが故に対峙しようとはせず、殆んど無知のまま敵意を剥き出しにする傾向があります。

警察は銃を持ってはいけないし警棒も持っていはいけない、無差別殺人犯には両手を広げて愛情込めて説得しなければならない?

家に鍵をかけてはいけない、玄関は閉ざしてはいけない、強盗殺人犯には両手を広げて愛情込めて説得しなければならない?

>それが、一時期には核戦争にまで発展しかねない状況まで陥っていたのです。それでも、やはり武力や核兵器は抑止力になると思うのですか?

武力や核兵器があったからこそ戦争にも核戦争にもならなかったのです。

武力がなければ戦争など起きませんが、その代わり、武力を持たない国は抵抗もできずに乗っ取られ、民族浄化で多数の国民が虐殺されます。

Tibet や東 Turkestan を御存知ないとでも?

武力放棄を訴えるのであれば Tibet や 東 Turkestan の解決策も明示して欲しいものです。

>ただ、日本は武器を取らなくても出来る事があるのではないか?

あるのならばその通りですが、ないのでしょ?・・・あるのであれば明示してください。

私は君が代反対署名を求める人達に「だったら何にしたいの? それによっては署名しても良いけれど、何もないんでしょ? 国民投票で云々? だから貴方は何にしたいのかって聞いているんですよ。それに対して賛成か反対かの署名をしますから。ちなみに私は君が代が気に入っていますけど、何か?」と答えていますけれど(笑)「武力がなくても出来る事があるのではないか?」では「武力を放棄する」理由にはなりません。

>「相手に話が通じない」「話が通じる民族では無い」と言うのなら、それを話の出来る所まで連れてくる事も、こちらの力量ではないでしょうか。

その力量がないので武力で身を守るしかないのです。

貴方にその力量があるのであれば是非ともその具体案を示して政治家に立候補して欲しいものです・・・具体案に納得がいけば貴方に投票しますよ。

具体的解決法を示すことなく現実を放棄して理想にしがみつくのは「妄想」でしかありません。

ちなみに私は「核を持つべき」でも「持たないべき」でもなく「必要とあらば何時でも持てる状況にしておくべきだが今は持つ必要がない」という立場であり、武力に対しては「専守防衛を明確にし、攻撃されれば直ちに反撃して攻撃したことを後悔させるべく充分な武力を常に維持することによって攻撃させない、すなわち付け入られる隙を見せない態勢を維持する」考え方です。

無知は恥であり、無力は罪だと思っていますので・・・。(恥は一時の恥で済みますが、罪は生涯悔いますので・・・)

投稿日時 - 2012-09-25 19:27:51

お礼

ご回答頂き、誠に有り難うございます!
お礼が遅れ、申し訳ございませんでした。

う~む。。。やはり自分の質問の仕方が悪かったのか。。。
自分は、この質問のタイトルを「日本の武力化」とした上で、その為の武力、つまり憲法9条改正に伴う軍事力は持つべきではないと思っていると言う事を言いたかったのです。
誤解をさせてしまったのなら申し訳ございませんでした。

でも、今の日本の情勢ではそうなっておりますでしょ?
しきりに憲法9条を改正せよ!と来期の政権与党を担うかも知れない政治家を始め、騒ぎまくっている現状です。

>原爆を持っていないのに原爆を落とされた・・・原爆を落とせるほど防空能力を失ってしまったので原爆を落とされた・・・原爆を落としても報復能力がないことを見透かされて原爆を落とされた。

ん?自分は「日本になぜ原爆が落とされたか?」を聞きたい訳ではなく、「原爆を落とされ甚大な被害を受けた日本が原爆を持つとはどういう事か?」をお尋ねしたかったのですが。。。

だっておかしくないですか?
片方で原爆による被害を掲げては、このような被害を出す核兵器を放棄せよと訴えていると言うのに、なぜその日本が核を持ったよ~なんて世界に対して言えるのか?
まさか、広島や長崎の人に「仕方ないじゃないか、戦争だったんだから」とでも仰るおつもりで?
いや、自分が「そう言う事に」感傷的だと仰るのならば教えて頂きたい。
まぁ、あなた様は「必要とあらば何時でも持てる状況にしておくべきだが今は持つ必要がない」とのお立場でいらっしゃいますが、理論的な事をお話されるので、ぜひとも聞いてみたいのです。

例えば、日本に軍隊を!核を!と仰る方達、つまり憲法9条の改正賛成派の方ですね。
「武力無くして平和は維持出来ない」と仰る方が大半なのですが、戦前の日本にはその武力、つまり軍隊があった訳ですよ。
でも、日本はあのような壊滅状態になって無残に負けた。
その際に、その自慢の戦力はひっこ抜かれた訳ですよ。
しかしその一方で、もしかすれば、日本が一番平和に治安を維持したまま過ごせた時期は、戦後から今にかけての武力を持たない時期ではないのか?とすら思えます。

今日本が憲法を改正し、自国の軍事力や核を持ったとして、かつての大日本帝国陸軍のようにその力を間違った事には使わないと言い切れる根拠を示して頂きたいのです。
それこそ、包丁や鋏の正しい使い方を教えても、誰もが全て正しい使い方をするとは限らないのと一緒です。
その時に、私は正しい使い方を教えたのだから悪くないと言って責任から逃れる事が出来ますか?
日本の総理大臣はあれですよ?

自分の思う、日本が軍隊を持っても間違った使い方はしないとする根拠があるとすれば、かつての戦争の悲惨さが引き合いに出されるのではないかと思う訳です。
それは現実的に良くて、原爆を受けた人の悲惨さを話せば宗教的思想と言われる。。。
どう言う事でしょう?

>貴方にその力量があるのであれば是非ともその具体案を示して政治家に立候補して欲しいものです・・・

そうですね。出来れば自分も政治家になりたいものです。
ただ、この問題について言っている事は、ほぼ橋本氏と一緒です。
橋本氏は基本的に好きではない方なのですが、それでもこの領土問題への対応、例えば竹島の共同開発や、果ては憲法9条の改正慎重派だと仰られた時には、正直「この人が?」と驚いてしまいましたよ。

日本が、自衛隊や在日アメリカ軍を除く、自国としての武力を持たない、非核保有国であると言う事は全世界が知っています。
でも、それを中国や韓国に対し、ただの1人でも公言した人が今だかつておりますか?
「日本は武力を持たない!だから戦争は絶対にしない!それを前提で話を聞いてくれ」と毅然と言い放った政治家がおりますか?
みんな知っている事だから言わなくていい、言わなくたって暗黙の了解だ。
日本人の悪い癖ですね。
当たり前の事を当たり前に出来ない状態では、相手に舐められて当たり前です。

ちなみに、さっきから憲法改正賛成派の方達に、「あなた方の全てがその絶対必要だと言う武力の中に入っているんですか?」と聞いているんですが、まだ誰一人として答えてくれる方がいないんですよ。
猫の首に鈴って言葉、知ってますか?
あーすればいい、こうすればいい、と口では偉そうな事は言えても、いざ「誰がやる?」となった時には、誰もやる奴がいないんですよ。
無知は恥とか無力は罪とか言う前に、どっちが平和ボケしていると思います?
我々からすれば、賛成派の10割が、自らその武力の中に入ってくれない限り、到底納得する事なんて出来ないんですよ。
だって、鉄砲だけあったって、使うものがいなければ意味が無いんですから。

投稿日時 - 2012-09-26 15:38:58

ANo.12

「平和」というのは「平和でいよう」との志(こころざし)だけで成り立つものじゃなくて、平和を破壊しようとする人々に対してそれなりの処置を施すなどの平和を創生しようとする「努力」から作り出される、のですね。

警察ないところに「治安」は発生しません。
警察なければ泥棒が多発し、強盗・殺人・火付け・暴行がはびこります。
しかし、拳銃・警棒・マシンガンなど、それら武装を施した強権力のある警察・公安が存在すれば、泥棒・強盗・殺人・火付け・暴行などの種々の犯罪行為は下火になり、小さい子供に至るまで安心して生活できるようになるのですね。
これを「治安」が維持された状態と言います。

同じように、軍隊・武力ないところに「平和」は発生しません。
軍隊なければ侵略行為が多発し、大量虐殺・領土強奪・人権侵害・人の名誉の剥奪がはびこります。
しかし、空軍・海軍・陸軍など、それら武装を施した強権力のある軍隊・武力が存在すれば、大量虐殺・領土強奪・人権侵害などの種々の平和を乱す行為は下火になり、小さい子供に至るまで安心して生活できるようになるのですね。
これを「平和」が維持された状態と言います。

我々日本は自分を守る為に軍隊を保持すると共に、世界の人々を守る為にも軍隊を保持しています。
我々の守るべきものは「平和」です。
「平和」を壊そうとする者達に対し武力を発動する。
日本の平和が乱されるのも、他国の平和が乱されるのも、同じです。全ての場合に日本の武力は発動されてしかるべきですね。

ちなみに自衛隊は軍隊と呼びます。
軍隊を持とう、とか、核武装をしよう、とかは、「強くなりたくて~」とか「自慢したくて~」とかの目的で行なうのではなく、「平和を守るため」にやるんですよ。
映画でもよくあるじゃないですか。「平和を守るため」とか。

投稿日時 - 2012-09-25 18:14:38

お礼

ご回答頂き、誠に有り難うございます!
お礼が遅れ、申し訳ございませんでした。

うむ、非常に納得です。

>「平和」というのは「平和でいよう」との志(こころざし)だけで成り立つものじゃなくて、平和を破壊しようとする人々に対してそれなりの処置を施すなどの平和を創生しようとする「努力」から作り出される、のですね。

そうですね。
何に対しても言える事ですが、人は慣れてしまえば基本を忘れやすいものです。
だからこそ、自分はかつて軍事力を持っていた頃の日本のしてきた事、された事を忘れてはいけないと思うのです。

自分は何も、ガンジーのような精神を持てと言っている訳ではないのですが、どうも質問の仕方が悪かったのか。。。
理想だ宗教だ平和ボケだと言われてしまう傾向があります。

例えばですよ?
あなたの仰る、警察の例です。
確かに仰る事はごもっともであり、日本に住んでいる自分自身、それによって守られ平和に暮らせているのだと思います。
ただ、それでも犯罪は無くならない。
これは、単衣に「だから警察は意味が無い」と言う事では無いのです。

あなたが例に挙げた、警察の使う拳銃、警棒、マシンガン。
それらは全て「正しく使われる為にある」訳です。

でも、犯罪が無くならないのは、その力のある物を正しい使い方をしない者が現れるからではないでしょうか?
包丁やナイフもそうですよね。
物には全て正しい使い方があると言うのに、間違った使い方をした途端にそれらは凶器になる。
だからと言って、そんな使い方をする一部の人達の為に、全ての人間からそれらを取り上げる事など出来ない訳です。
それが、自分の中での自衛隊にあたる存在だと思っています。

自衛隊も軍隊、武力と見なすとすれば、また自分の質問の仕方が悪かったと思いますが、最低限、憲法9条に掲げられている範囲内の力は欲しいと思います。
あくまでも、自分は今のままで良いと思っていると言う事です。

憲法9条改正賛成派の方も、慎重派も、最終的な目標は同じ平和であると言うのに、国内でもこれ程までにこじれてしまう問題でもあるのですよね。

ただ、慎重派に対して賛成派の方は、理想だ、何も考えていない、平和ボケだと言い切ります。
自分は、現実的な事を考えて発言しているつもりなのですが、何でそう思うんでしょうかね?
例えば、9条の改正後、日本に日本軍と言う武力を持ったとします。
この段階で、今のアメリカからの保護はどうするつもりなのか?
日本は自分で戦える武力を持ったのだから、アメリカ軍など必要ないとなりますかね?
ここでも賛成派の方同士で二部する問題だと思います。
次に、今の自衛隊では圧倒的に数が足りなくなると言う事です。
もちろん、民間から兵隊さんを募る事になるでしょう。
その時点で、今果敢に慎重派を責めている賛成派の方々の内の何割が、自ら志願して徴兵に行くのだろうと言う事です。
おかしな話でしょう?
人の事は平和ボケだと責めながら、その方達の10割全てが徴兵に行かなければ、こっちとしては到底納得など出来ないんですよ。

「猫の首に鈴」ですね。
しょせん人間なんです。
こうすればいい、あーすればいいと、口では何とでも言いながら、ではそれを誰がやるか?となった時点で、誰もいなくなるんですよ。

何だか、身も蓋も無い事を言ってしまいましたね。申し訳ございませんでした。
あなた様から頂いたご回答は、今後の参考にさせて頂きます。
本当に有り難うございました!

投稿日時 - 2012-09-26 14:42:33

ANo.11

”「理由は?」と言うと、それが「日本だから」です。”
      ↑
これは理由になっていませんね。理由は説明するまでも
ないでしょう。
言葉に酔っていません?
非武装は、日本固有の国柄ではありませんよ。
白人に楯突かないように、米国が無理矢理非武装を
押しつけただけです。

”それは、「あえて持たない」のではなく、「仕方なく持てない」のでしょうか?”
       ↑
政治的理由で持てないのです。
米国を始め諸外国が反対します。
国内でもアナタのような方が反対する
からです。

”世界で初めて、原爆を落とされた唯一の国である日本が、核兵器を持つと言う事は、
どう言う事を意味するのか?
皆さまは考えた事があるのでしょうか?”
    ↑
日本は、唯一の被爆国ですから、二度と広島長崎を起こさせない
為に、日本だけは核武装する正当な権利を持っていると考えています。
国民に対しては核武装する義務があると思っています。

”日本が武力ないし核兵器を持ってしまえば、唯一、世界に向けて公に発言出来た
「核の脅威」を発信出来なくなるのではないですか?”
    ↑
すると今は発信している訳ですよね。
それで何か効果があったでしょうか。
北朝鮮などという国に国民を拉致されて何も出来ない国が
発信して、効果などあると思いますか。

”それでも、やはり武力や核兵器は抑止力になると思うのですか”
     ↑
双方核を持っていたので、全面戦争になりませんでした。
片方だけが持っていたら、全面戦争になっていたかもしれません。
核は抑止力になります。

”「相手に話が通じない」「話が通じる民族では無い」と言うのなら、
 それを話の出来る所まで連れてくる事も、こちらの力量ではないでしょうか”
     ↑
その力量には武力が含まれるのです。
武力も持たないで、話し合おうと呼びかけても無視されるだけです。



米国は石油利権の為にイラクに無実の罪を着せて侵略し
10万のイラク人を殺しています。
石油のでるリビアには、即軍事介入しますが、石油の出ない
シリアには、市民が何人殺されようと、及び腰です。
国際関係は弱肉強食なのです。
そのような国際関係で、武器を持つな、などというのは
平和ぼけの最たるものだと言うほかありません。

投稿日時 - 2012-09-25 17:19:01

お礼

ご回答頂き、誠に有り難うございます!
お礼が遅れ、申し訳ございませんでした。

>白人に楯突かないように、米国が無理矢理非武装を
押しつけただけです。

そうですよ。そうなんですよね?
では、なんでその白人に無理やり非武装を押し付けられたのか分かってますか?

日本の軍事力がその白人の持つ軍事力に及ばなかったからでしょう?
日本は最初から武力を持っていなかった訳ではない。
武力を持っていた時期はあったんです。
でも、その武力で戦争をして、その自慢の武力を失う結果にもなったのでしょう?

あなた達の言っている事に疑問を持つ所は「日本は軍事力を持つべきだ」「核を持つべきだ」と言う事までは辿り着いても、そこから先にある明確な答えを誰一人として出す者がいない所にあるんですよ。

尖閣や竹島を守る為、日本を守る為、国民を守る為。。。
その為に持った武力や核兵器で、中国や韓国に勝てる自信がどこから出てくるんですか?
オリンピックとは違うんですよ?
負けても「よく頑張った」では済まないんですよ。

他の回答に対しても言っている事ですが、武力武力とあなた方は仰いますが、その武力の中に「あなた方はもちろん含まれている」のですよね?
金さえ出せば良いと言うものではありません。
「俺が命をかけてでも国を守るよ!その為には死んでも本望!もちろん、自分の親兄弟だって同じ気持ちだ!だから憲法9条改正させてくれ!」

誰一人として、その事に触れている方は見受けられませんが?

考えて下さい。
もし日本が軍事力を持ったとして、今の自衛隊の数では圧倒的に足りないんですよ。
当然のように、民間からも兵隊を募るでしょう。
その中に、今現在、武装だ何だと騒いでいる方達の何割が自ら徴兵に出向かれるんでしょうかね?

分かりませんか?
我々のような者からすれば、それが10割で無ければ到底納得など出来ないんですよ。

やれ増税。えー?やれ不景気。えー?やれリストラ。えー?
そんな人間達が、仕事も生活も家族も捨て、これが国際関係なのだからと納得してまともに戦えるんですかね?

平和ボケですか?
そうですね。
ただ、あなた方の今持っている思想が、そのまんま戦争が始まって終わるまでの間、一貫して持ち続けられるものではないと言う程度ぐらいには、戦争とは何たるかを理解しているつもりですよ。

まさか、武力は持つべきだが、自分は関係ないとは思いませんよね?
平和ボケって何ですか?
さっそく、今からでも先頭に立って兵隊さんを募る準備を始めて下さいよ。

投稿日時 - 2012-09-26 13:57:45

ANo.10

>中国や韓国に舐められるのは、「日本が武力を持っていないからだ」と仰る方が多いですよね?
 ⇒そんな人あんまり見たことないですね。「日本が軍事力を適切に使用できないからだ」とおっしゃる方はいますけど。

>基本的には「日本は武力を持たない方が良い」と思っている者です。
 ⇒そんなこといったって、現時点で自衛隊と在日米軍という「武力」を持っちゃっていますが。自衛隊や在日米軍の存在はあなたには見えませんか?

>戦後、日本が武力や軍隊を持てなくなった事を「後退だ」と思う方が多いと思いますが、自分はそうは思いません。
 ⇒だから武力は持ってますって。軍隊はないですけれど。

>むしろ、核や軍事力を持たない事は、世界的に見ても「前進」なのではないかと思うのです。
 ⇒前進したが後を見たら誰もいなかった、という状況かと思います。

>日本には、核兵器を作る技術もあれば、やれば軍事力でも世界に引けを取らないぐらいの力がある事は知っています。そう言う力のある日本が、なぜ核や軍事力を持たないのか?
 ⇒国家経営が大変になるからだと思いますけれど。

>歯がゆく思う気持ちは分かりますが、それでも、世界で初めて、原爆を落とされた唯一の国である日本が、核兵器を持つと言う事は、どう言う事を意味するのか?皆さまは考えた事があるのでしょうか?
 ⇒多くの方は考えていると思いますよ。あなた方だけの専売特許じゃありません。

>日本が武力ないし核兵器を持ってしまえば、唯一、世界に向けて公に発言出来た「核の脅威」を発信出来なくなるのではないですか?
 ⇒武力(くどい)はともかく、核兵器(実験)の被害を受けた国民は日本人だけではありません。思いあがりも甚だしい。

>核も軍事力も、抑止力にはなりません。
 ⇒なっていたからこそ全面核戦争が起こらなかったし、世界中ほとんどの国が軍隊を保持しているんじゃないですかね。

>日本が第二次世界大戦で敗戦した後、日本人は焼け野原から死に物狂いで働いて、日本の高度成長を築いて来ました。その間、他の国では様々な戦争や紛争があった事をご存知でしょう?
 ⇒知らない人が多いと思う考え方自体が思いあがりかと。

>その中でも、中国とロシアが互いの領土問題から発展した紛争はご存知でしょうか?中国もロシアも、強大な軍事力、加え核保有国です。それが、一時期には核戦争にまで発展しかねない状況まで陥っていたのです。それでも、やはり武力や核兵器は抑止力になると思うのですか?
 ⇒核があったからこそ最後の一線を越えなかったともいえますよね。「武力や核兵器は抑止力にはなりません」って耳ざわりはいいんで言葉に酔っちゃう人が多いんですけれど、決して証明できないですよ。

>相手に舐められるのは、こちらが舐めているからではないですか?
 ⇒あなた、いじめられている子にそれを言えますか? 「君が舐めているから相手も舐めてくるんだ」って。

>日本は武器を取らなくても出来る事があるのではないか?
 ⇒それは何ですか? あなたがそれを具体的に提示して実行してから自信をもって発信してください。「別の道があるはずだ」って言うだけでは卑怯ですし、他の方の邪魔をするだけです。

>「相手に話が通じない」「話が通じる民族では無い」と言うのなら、それを話の出来る所まで連れてくる事も、こちらの力量ではないでしょうか。
 ⇒あなたが歌舞伎町に行って、最初に出会ったヤクザを自分のうちに連れ帰って「足を洗え」って説得して成功したら信じます。手始めにピースボートの事務局に行って、「今年はソマリア沖で護衛を頼まないでね」って言ってきてはいかがでしょう。

投稿日時 - 2012-09-25 16:55:54

お礼

ご回答頂き、誠に有り難うございます!
お礼が遅れ、申し訳ございませんでした。

いや、「武力」と単衣に言ってしまった事は申し訳ありませんでしたが、話の流れから、自分で「クドイ」と一人ツッコミされてまで言わなければ分からない事でしたか?
他の回答者の方々も理解して下さっておりますし、そう使われている方もおりますよ。
まぁ、そこまでこだわらなければいけない何かがあったのでしょうが。。。

それにしても、ツッコミの得意な方ですね。
質問に対するほぼ全ての回答がそうですね。これは吉本でやっていけそうな雰囲気です。

>そんな人あんまり見たことないですね。「日本が軍事力を適切に使用できないからだ」とおっしゃる方はいますけど。

はは。それこそ思いあがりでしょう?
実際に自分は何度も言われておりますし、そう言っている質問も目にします。
だから質問したのであって、あなたが見ていないからと言って、自分の質問に対する回答にはなっておりません。

原爆の問題について、日本だけが使用されたとは思い上がりも甚だしいと言ってくれましたが、少し日本語の使い方がおかしくありませんか?
人類で初めて原爆として故意に使用されたのは、世界で唯一日本だけです。
それこそ、わざわざ()で付け加えて下さった核(実験)の被害に関しては、日本だけでは無いと言う事は知っています。
あなたのご回答は、全て突っ込んで終わりじゃないですか?
思い上がりも甚だしいと言うのであれば、日本以外でどこの国に原爆が落とされたのか教えて下さいよ?
あなたのように言葉尻を捕まえていちいち突っ込んで来るような方に対応していれば、この程度の長文では済まないんですよ。

>あなた、いじめられている子にそれを言えますか?

言えますよ?ただ、その前に助けますけどね。今までもそうして来ましたし。
嫌な事は嫌だ、止めて欲しい事は止めて欲しいと、相手に伝わるまで自ら言わない事は、相手を甘く見ている事と同じではないですか?
ちなみにあなたは苛められている子がいたら助けますか?
口で言うのとやるのとでは、全然違いますよ?

あー、だからですかね。自分がこんな質問をするのは。
イジメでもね、口だけ番長の人が多いんですよ。
学校の管理が悪い、教育システムが悪いと言っては、自ら動こうとしない。
周りにそれを求める前に、自分自身が助けてやったら一番早く解決出来ると言うのに。

>あなたがそれを具体的に提示して実行してから自信をもって発信してください。「別の道があるはずだ」って言うだけでは卑怯ですし、他の方の邪魔をするだけです。

そうですね。まず、手始めに日本は中国や韓国に向かって、今の日本の現状を毅然と公言すべきです。
「日本は軍隊を持たない。だから絶対戦争はしない。その上で話を聞いてくれ」ってね。
日本が自国で軍隊を持たない、交戦権の放棄をしている国であると言う事は、世界中どこの国も知っている事ですが、それを今まで一度でも中国や韓国に向けて公言した政治家はいませんよね?

まぁ、自分は政府の人間ではないので出来る事は限られているんですが、手始めに憲法9条の改正には慎重であるべきとの見解を示している橋本氏にでも手紙でも送る予定でおりますよ。

一方で、あなた方の方がもっと動きやすい状況であると思いますがどうですか?

今の時点で日本が軍隊を持てば、自衛隊だけでは圧倒的に数が足りないんです。
もちろん、民間から徴収される事になる訳ですが、あなたのように軍事力を訴えている人の何割が、自ら徴兵に行かれると思いますか?
我々のような者にして見れば、それが10割で無ければ到底納得など出来ないんですよ。

ピースボートについて触れる方はあなたに限った事ではありませんが、それは単に「軍事力そのものを否定しておきながら、その軍事力によって守ってもらおう」とするのは卑怯だ、と言う事を仰りたいのでしょうが、自分から見ればあなた方だって同じですよ?
自分の質問に対して否定している方達の回答を見て下さい。
一人として「自分が国、国民を命がけで守る。その為に死んでも本望。だから憲法9条の改正を」と言っている方がおりますか?
国を守るためだ、国民を守るためだと、偉そうな事を言っておきながら、誰一人として自らが戦おうとする事に触れる者がいない。
あまりに滑稽、あまりに無責任です。これが人間の本性か。。。と思わずにはいられませんよ。

ヤクザについても触れておりますが、ヤクザの中にだって話の通じる人はおりますよ。
「足を洗え」と自分が説得出来なかったとしたら、その次にあなたは何を言うのでしょう?
だからチャカを持て、だからドスを持てとでも?

やくざを持ち出して来たのなら、その責任を取って頂きたいものです。
日本もアメリカのように、自分の身を守る為の銃の自由化でも訴えれば良いのでは?
まさか、それはそれなんて言いませんよね?

我々のような者から邪魔されたくないと思うのあれば、手始めにあなたと志を同じくしている方達に呼びかければ良いのではないですか?
「腰抜けなんか助けなくていいから、一緒に兵隊になって命を持って前線で戦いましょう」とでも。
まさか、軍事力の強化に賛同しているからと言って、他の者に守ってもらって当然なんて考えておりませんよね?
これだけの事が言える方達だ。お国の為に死ぬ事も何とも思わない方達なのでしょうから。

投稿日時 - 2012-09-26 11:40:56

ANo.9

おっしゃりたいことは痛いほど分かります。誰が何と言おうと、世界情勢がどうなろうと、憲法9条で国の交戦権を否定し、軍隊を持たないでいるというのは、あなたが言われるように理想でしょう。広島があるから原爆を持たないというのも観念的な理想です。国がどうなろうと、そう言う理想を掲げて生きていくのは、さぞ気持ちがいいでしょうね。暴力を否定し、何をされても無抵抗のモルモン教のように、一種の宗教に近い。
しかし、そう言う信仰をお持ちのあなたはいいですが、そうでない普通の人たちとのことはどう考えるのですか。世界中に戦争や紛争が度々起こり、日本を除くすべての国は自衛のための最低限の軍隊を持っています。アメリカ中国のような防衛力を越えた巨大戦力を保持している大国も沢山あります。それが元で戦争が頻発しています。もし日本が紛争に巻き込まれたとき、親兄弟、家族がどうなろうと、自衛力(軍事力)を使わないで黙ってされるままになることに、あなたを除く多くの人たちは賛成しません。あなたの理想がどうあれ、軍事力や核兵器が抑止力になってきたことは歴史が証明しています。外交力で戦争を回避できなかった事例は山ほどあります。まだ人類は、右の頬を打たれたら、黙って左の頬を出せるほど進歩していないのです。「武器をとるまえに出来ること」は確かにありますが、それで自国民に対する侵略、攻撃が完全に防止できる保証はありません。あなたのような理想家、宗教家は別として、国を預かる政治家にはそんな選択肢はないのです。理想は理想にとどめておきましょう。それでいいではありませんか。あなたはあなたでそう言う理想の元で生きていけばいい。しかし他人にそう言う価値観を押しつけてはいけません。理想論で現実を縛ったら、国が立ち行かず、国民が不幸になります。国家運営は宗教ではありません。あなた方理想主義者も、現実的な国家運営の中で生かされているのです。

投稿日時 - 2012-09-25 16:52:26

お礼

ご回答頂き、誠に有り難うございます!
お礼が遅れ、申し訳ございませんでした。

>そう言う理想を掲げて生きていくのは、さぞ気持ちがいいでしょうね。

いや、気持ち良くは無いですよ。
あなたのように改行も入れてくれないような方からぶっ叩かれる事は想定しておりますので(笑

それにしても。。。そうですか。。。
あなたのような方から見れば、自分のような考えは理想に見えますか。
自分としては、至って現実的なんですけどね。

では、好戦的なあなたに現実問題として尋ねたい。

今、仮に日本で武力を持つとなれば、自衛隊だけでは圧倒的に数が足りません。
間違いなく民間から徴収される事になるでしょう。
その内、今憲法9条の改正に賛成されている方の何割が自ら徴兵に行かれると思いますか?

家族を守るためだ、親兄弟を守るためだ、と誰にでも分かる事は仰っておりますが、では「誰かそれを守ってくれる」のですか?

こう言う質問をしていれば、いつもあなたのような方がおられます。
でも、その内一人でも
「自分が命をかけて国民を守ります。その為には死んでも本望。だから憲法9条を改正して欲しい」
と言う方はおられないんですよ。不思議なんですが?
まさか、これだけの事を言っておきながら、自分達の家族を守ってもらう為に、他のどこかの家族を犠牲にしようなんて思っておりませんよね?
それこそ理想ですからね。

我々のような理想家にして見れば、「武力を持って戦え」と言っている方の10割が前線で戦う覚悟を持っていなければ、到底納得など出来ないんですよ。
あまりに自分の都合しか考えていない、無責任そのものに見えてね。

自分ですか?
もちろん家族を守る為なら勝算が無くても鉄砲玉でも何でもやりますよ?
ただ「こうなれば仕方ない。だから言ったんだ。」とは思いますがね。

自分は暴力を否定などしてませんよ。
気に入らなければ文句を言う、喧嘩をする、子育てにさえ体罰を取り入れている人間なのですから。
なりたくてもガンジーのようにはなれません。
ただ、自分一人が傷付く問題ならどう転んでもいいんですが、自分だけでは済まない問題をこうも安々と言ってのける事が出来ないだけです。

それにしてもまぁ。。。宗教だ不幸だと色んな事を書いてくださってますが、どこにも「自ら戦う」と言った自身の責任に言及した部分は見受けられませんね~。

自分が何でこんな質問をするか分かりますか?
「平和に慣れ過ぎると人はこうなる」と言う事を言いたいんですよ。
人間の卑怯で残酷な部分を、あなた方の誰よりも分かっているつもりです。
どちらが本当に現実的な事を言っているのか?もう一度よく考えてみてはいかがですか?

投稿日時 - 2012-09-26 10:47:03

ANo.8

相手に話が通じないと思うから通じないと言うのは間違いだと思います。 話が分かる相手ならいざ知らず、中、韓、朝鮮
これらが、話が通じると思うとは理解できません。 フランスの報道番組を見ても、中国の嘘つきは世界の常識だと述べてます
武力を持たなくては何も出来ません。 スイスは永世中立国ですが、武器も軍隊も有り、武器を輸出してます。 中立を謳って
長い歴史が有りますが、軍隊を持ってると言う事は、いざと言う時は戦う意志が有るからです。 軍隊を持たなかったら今回の尖閣諸島は既に中国の領土になってたでしょう。 中国、ロシアの境界紛争でも、一方が軍隊を持ってなかったら、戦争にならなかったと思うのは早計です。 軍隊を持ってなかったほうは、軍備を整え報復を図るでしょう。 中国のように核の先制使用もありうると公言してる国が有ることをお忘れなく、、、、。 出来れば全世界の国が兵器を持たないのが最良ですが、その様な事は人類が生存してる限り無理な事です。

投稿日時 - 2012-09-25 15:59:36

お礼

ご回答頂き、誠に有り難うございます!
お礼が遅れ、申し訳ございませんでした。

>軍隊を持ってると言う事は、いざと言う時は戦う意志が有るからです。

そうですよね。
あれば使うのは当たり前です。
ただ、軍隊を持て、核を持てと言っている人の中には、「あっても使わなければ良い」「抑止力」と言っている方も多く見られますが。。。

>中国、ロシアの境界紛争でも、一方が軍隊を持ってなかったら、戦争にならなかったと思うのは早計です。

そうは言ってませんよ。
自分は「抑止力になるのか?」と言う意味で、中ソ境界紛争を例に挙げました。

自分の言っている「日本は武力を持たない方がいい」とは、「現状維持」なんですよね。
それを「武力を持つべきだ」として変えようとしているのはあなた達です。
戦後、日本が軍隊と言うものを持たなくなってから何十年経過していますか?
その間に、日本が領土を侵略された事実がありますか?
これこそ、自国で武力を持たない日本がやってこれた証明じゃないですか。

竹島がそうだと言うのであれば、それはすでに「侵略された」と認めていると言う事ですよね?
おかしな話です。
「侵略されない為に武力を持とう」としているのに。

過去、日本が大きな武力を持っていた頃、日本が間違った使い方をした為にもっと大きな武力によってその武力を奪われたのでしょう?
今もう一度それを持てば、「今度こそ間違った使い方はしない」と誰が何の権限で言い切れるのですか?

>フランスの報道番組を見ても、中国の嘘つきは世界の常識だと述べてます
>武力を持たなくては何も出来ません。 

その中国は嘘付きだと認めているフランスも、壮大な武力を持っていながら何も出来ないじゃないですか。

日本は自衛隊や米軍(一部)を抜かして、武力を持っておりません。
それは世界中どこの国でも知っている事です。
しかし、それを話の通じない韓国や中国に向けて、誰か発言したのですか?
「日本は武力を持たない。だから戦争は絶対にしない。その上で話を聞いてくれ」と、一度でも相手に向かって発言した人はいないんじゃないですか。

武力を持つ前に、今だからこそ出来る事はまだたくさんあるんです。

今の日本を、今の日本人を考えて下さい。
武力を持とうとなれば、今の自衛隊だけでは圧倒的に数が足りないんです。
民間から収集するとして、今憲法9条の改正に賛成している方の何割が自ら徴兵に行くと思いますか?
我々のような者からすれば、当然10割で無ければ納得出来ないんですよ。

今あなた達が持っている「武力こそ正義だ」と言う感情を、最後まで貫いて行ける程、戦争は甘くは無いと思うんですがね。

参考にさせて頂きます。
本当に有り難うございました!

投稿日時 - 2012-09-26 10:15:26

ANo.7

社会学の社会進化論的な見地の見解は面白いと思います

個人的な見解としては、理解できますし、発想としては無理もないですし、論理的整合性はあるように思います

あくまでも個人的な質問者の疑問に回答したいと思います。細切れですけどね


>タイトル通り、日本の武力化を訴える人達に尋ねたいのですが、中国や韓国に舐められるのは、「日本が武力を持っていないからだ」と仰る方が多いですよね?

多いとは思います。正直自分は己の身を守るためにしか武力の存在意義を認めていません
したがって、”武力がないから舐められる”見解には首肯できませんね
中国に実質的に武力放棄した王朝があります。宋王朝です。
では、宋王朝が舐められたか?と言えば、軍事的優位性がなくて、周辺民族から一目置かれていました
同じように武力を持たない社会でも舐められないで済む事例は多々指摘できます
しかし、それは圧倒的国力の差が大前提の話ですから、注意は必要でしょうね
ちなみに、核武装したって舐められることは舐められます・・イスラエルはその典型例ですよね?むしろ核武装によって敵意を煽ってしまった事例と言えるでしょうしね
舐められる・格下に思われることを気にする必要性を感じません。そう思っているだけに過ぎないこともありえるからです
相手の度量・実力を知らない場合は、舐められるのは仕方がありませんよね?それと同じです
では、逆に実力を誇示したことで、相手が怯むとも限らない、虚勢を貼ったりするのが現実です
結局は、武力を保持することは、諸刃の剣であって、ただ、己を守る手段を多く持ち合わせる・防衛する力を強くする・・という意味しかない・・と言えるでしょうね
 ちなみに、ハリボテでも「強い」と思わせる・勘違いさせることで、舐められない外交も可能です
それをやってるのが北朝鮮です。
核武装だって、武装しているように思わせるだけでも抑止力たりえるわけですしね・・・まぁ、仔細は割愛

 
>「日本が世界と対等になる為には」と訴える方もおります。

建前としては対等ですが、実際には、対等ではないですよね。
というよりも、軍事力だけでは国力は測れませんから、何より国力の増強こそ重要なんですけどね・・・
これって軍事の基礎ですよねぇ


>自分は、この問題に関する他の質問にもよく回答しているのですが、基本的には「日本は武力を持たない方が良い」と思っている者です。「理由は?」と言うと、それが「日本だから」です。
これは自分の持論ですが、戦後、日本が武力や軍隊を持てなくなった事を「後退だ」と思う方が多いと思いますが、自分はそうは思いません。
むしろ、核や軍事力を持たない事は、世界的に見ても「前進」なのではないかと思うのです。

前進か?というのは回答できませんが、革新でしょうね
そして、その革新を不戦(ケロッグ・ブリアン)条約で一度具現化した事実はありますね。結局、反故にされたわけですが
個人的には、新しい選択肢とは思いますが、自己防衛権の放棄とも言える行為は、”自己の権利の放棄”として好意的には評価できません。全否定できないのが事実ですが

>日本には、核兵器を作る技術もあれば、やれば軍事力でも世界に引けを取らないぐらいの力がある事は知っています。
そう言う力のある日本が、なぜ核や軍事力を持たないのか?
それは、「あえて持たない」のではなく、「仕方なく持てない」のでしょうか?

 持たないという選択肢を選択し続けた結果でしょうね
それは今も同じです。そして、憲法・一般法レベルでも軍事力は保持しているわけですが、それを厳しく統制・管理している、と解するのが妥当でしょう

>歯がゆく思う気持ちは分かりますが、それでも、世界で初めて、原爆を落とされた唯一の国である日本が、核兵器を持つと言う事は、どう言う事を意味するのか?
皆さまは考えた事があるのでしょうか?

正直、あんまり因果性と感じません。唯一の被爆国という認識をそもそも否定していますので・・・


>日本が武力ないし核兵器を持ってしまえば、唯一、世界に向けて公に発言出来た「核の脅威」を発信出来なくなるのではないですか?

発信は出来ますが、”おまえが言えた立場かよ”というツッコミと論説の説得力の欠如はあるでしょうね


核も軍事力も、抑止力にはなりません。

まぁ、一定レベルの抑止力にはなると思います
その程度が、対費用効果として判定するべきでしょうけどね

>日本が第二次世界大戦で敗戦した後、日本人は焼け野原から死に物狂いで働いて、日本の高度成長を築いて来ました。
その間、他の国では様々な戦争や紛争があった事をご存知でしょう?
その中でも、中国とロシアが互いの領土問題から発展した紛争はご存知でしょうか?

うい・・知ってます

>中国もロシアも、強大な軍事力、加え核保有国です。それが、一時期には核戦争にまで発展しかねない状況まで陥っていたのです。
それでも、やはり武力や核兵器は抑止力になると思うのですか?

キューバ危機を考えれば、相互破壊認証論で抑止性を指摘できると思います
武力も武力による価値観で凝り固まっている人間・組織に対する抑止性にはなりえると思いますよ

>相手に舐められるのは、こちらが舐めているからではないですか?

それは不明ですね。様々なケースを想定できるので・・・
お互いに知らない状況でも、無知が故、舐められることもあるでしょうしね


>こちらが武器を持たなければ、相手も攻撃してこないと安易に思っている訳ではございません。
こちらが武器を取らなくても、アメリカが守ってくれると信じている訳でもありません。
ただ、日本は武器を取らなくても出来る事があるのではないか?

あるでしょうね。。武器・武力よりも、高いレベルで安全保障が可能な政策はあると思いますよ
相互依存体制になるという抑止理論ですが

>ただ、日本が対話で解決すると言った以上、それを最後まで貫かなくてはいけないのではないか?そう思うのです。

基本的には、平和的解決の努力義務がありますので・・それを果たしても相手が武力行使してきた場合には、応戦する権利があるわけですけどね

>「相手に話が通じない」「話が通じる民族では無い」と言うのなら、それを話の出来る所まで連れてくる事も、こちらの力量ではないでしょうか。

そうでしょうね。力量とか啓蒙とかで納得できない話はありますよね?国際問題というのは、そういう理論とかを超越した人間の生理現象的な部分の根っこがあるからこそ、対話の限界がある・・と思いますよ
主張には賛同しますが、賛同できない人間を無視しきれない現実を踏まえて、そう思います


 正直、質問者は人類や他人に希望的観測・期待を持っているように思う
性善説的というか、思考・主張は全否定できないわけだが、どうしても現実味を欠いているに思えてならない

書生のような感じがしてしまう部分・危うさみたいなもの感じるわけだが、色々な考え方があって、色々な人間があって、それで世の中回っている・・って感じで思考したら良いように思う

『こうあるべきだ!』という主張には概ね賛同するが、それに迎合できない人間の自由・意思を否定できない現実も受け止めて欲しい


こんな感じかなぁ

投稿日時 - 2012-09-25 15:56:35

お礼

ご回答頂き、誠に有り難うございます!
お礼が遅れ、申し訳ございませんでした。

それにしても、非常に納得です。
このような回答を期待しておりました。
あなたのような方からご回答頂けただけでも、今回質問をした甲斐があります。

まぁ、何と言いますか。。。

>質問者は人類や他人に希望的観測・期待を持っているように思う

申し訳ありませんが、これは逆です。
正直、自分は「今の日本人」というものに期待していません。

現実世界の自分はと言うと、気に入らない奴には文句を言う、喧嘩をする、欲しいと思えば力づくでも奪う、子育てにも体罰と言う物を取り入れている、攻撃的、残虐的な、人として負の要素満載の人間です。
自分自身がそうですので、人はどんな人間でも話せば通じる、暴力を持ちいらなくても分かり合えると、人類全てに期待している訳ではありません。

では、なぜこんな事を言うのでしょうかね?
逆に言えば、「人間の負の部分を知っているから」とでも申しましょうか。。。

自分から見れば、武力を前提にしての平和を謳っている人の方が、理想であり、人に期待し過ぎなのではないかと思う訳です。
日本は平和に慣れ過ぎた。
何に対しても言える事ですが、人は「慣れた時にこそ基本を忘れやすい」ものです。

目の前にあるイジメを見て見ぬふりをし、学校の管理体制が悪い、教育システムが悪いと「自分の代わりに誰かに何とかしてもらおう」とする。
イジメを無くしたいと思うのであれば、自分自身がそれを止める為に動くのが一番早い。
でも、そうは出来ない現実から逃れる為に、自分の責任を棚上げしては他の誰かのせいにする。

身近な現実の問題が、戦争の縮図になっています。

自分一人だけの問題ならば、どうあっても良いのだと思います。
その行動が正しいか間違いかなどでは無く、その決断に責任が持てるか持てないかではないかと思うのです。

もちろん、あなたが仰るように

>それに迎合できない人間の自由・意思を否定できない現実も受け止めて欲しい

と言う事は承知しております。
ですので、自分の考えや思想を周りの人間に押し付けているつもりはありません。

だからこそ、今日本国内で武力化だ何だと言っている方々の大半は「その言動の責任を自分で取るつもりがあるのか?」と思うのです。
「私が命がけで日本を守る為に戦います。国の為に死ぬなら本望。その為に憲法9条の改正を!」と訴えるのなら分かるんですよ。
でも、そう思っている人が実際どの程度いるんですか?

今の日本に存在する自衛隊の数だけでは、軍隊化した場合には、圧倒的に数が足りないんです。
民間から召集した場合、「今現在武力化を訴えている人の数割しか徴兵出来ませんでした」では、我々は到底納得出来ないんですよ。

「自由な事」と「無責任な事」は違いますよ。

自分自身が自ら、自身の子供も、孫も、親兄弟、大切な人全てを「武力」として見る覚悟も無いのなら、平和を語る資格など無いと思うんですがね。

自分ですか?
もちろん行きますよ。
「仕方ねー、だから止めろって言ったんだ」とは思いますがね。

あなたに言っても仕方ない事なんですが、苛立ってしまって申し訳ないです。

日本は、今の時点で自衛隊とアメリカ軍(全軍ではないですが)の他に武力を持っておりません。
それは世界が知っています。
でも、それを今の対中国、対韓国に向けて誰か日本のお偉方が発言したんですかね?
「私達は武力を持っていない。だから戦争は絶対にしない。その上で話を聞いてくれないか?」と。
自分の思う毅然とした態度とは、今の現状に自信を持って貫く事では無いかと思う訳です。

何だか自分の考えだけ語ってしまってすいませんでした。
あなた様のご回答は、非常に理論的で納得させられました。
参考にさせて頂きます。
また何かの機会がございましたらよろしくお願い致します。
本当に有り難うございました!!

投稿日時 - 2012-09-26 09:24:20

ANo.6

>ただ、日本は武器を取らなくても出来る事があるのではないか?
>ただ、日本が対話で解決すると言った以上、それを最後まで貫かなくてはいけないのではないか?
>そう思うのです。
>「相手に話が通じない」「話が通じる民族では無い」と言うのなら、それを話の出来る所まで連れてくる事も、こちらの力量ではないでしょうか。

すごい長文ですが、要約するとこれですよね。
対話で解決する=外交で解決する、になるかと思いますが外交力の裏打ちとして「実力」が必要なわけです。
実力には経済力・交渉力も含まれますが、現状の世界では軍事力がその際たるものです。

中国とアメリカの会話で、以下のようなやりとりがあったそうです。
「武力行使が行われるのであれば条約を適用する」
「条約の適用に反対する」

日本の非武装と「核の威力について発信(脅威ではない)」は全然関係ありません。
核を持っていない国同士の話し合いではそれを議論しても仕方ないでしょう?

抑止力というのは「やったらやり返されるよ」というメッセージを送ることにあります。
通常兵力には通常兵力、核兵器には核兵器です。

仮に、現在の日本が中華人民共和国やら大韓民国やらにとれる最大のオプションは強力な経済制裁です。この2カ国の本土には占領するだけのメリットがないので軍事力の行使は良い策ではありません。
・日本企業の総引き上げ
・該当国資本の凍結
・日本国内在住の当該国籍者の追放
などなどです。
>それを話の出来る所まで連れてくる事も、こちらの力量ではないでしょうか。
これくらい実行したら「話し合いのテーブル」につくかもしれませんね。

投稿日時 - 2012-09-25 15:23:11

お礼

ご回答頂き、誠に有り難うございます!

うむ!大変納得しました。
ただ、

>抑止力というのは「やったらやり返されるよ」というメッセージを送ることにあります。
通常兵力には通常兵力、核兵器には核兵器です。

その仕組み自体はよく分かっているのです。
とてもよく分かるのですが、それでもロシアと中国の紛争は起きた訳です。
それはなぜか?と考えた場合、「互いに似たような力を持っているから」ではないかと思う訳です。
ならば、先に先制攻撃を仕掛けた方が有利になって当たり前ではないですか?
そうなったら、きっともうある程度の犠牲が出る所まで止まりませんよ。
抑止力のつもりが、相手の恐怖を違う方向へ向かせてしまう事もあり得るのではないでしょうか?

>日本の非武装と「核の威力について発信(脅威ではない)」は全然関係ありません。

いや、まぁこれは武力化の話をすれば、必ず核を保有したらいいんだと言ってくる人がいるので付け加えたまでの事です。

自分は広島や長崎の人間ではないのですがね。
ただ、あれだけの目にあった人の中で「戦うなら核を保有すべきだ」と言う人がいるのかな?と思いまして。。。
それは、戦後、日本の中で戦争や原爆の悲劇を忘れかけている人達が増えた結果かな~と思った次第ですが、どうなんでしょうね。

それにしても、仰る通り、経済制裁は良い案ですね。
まぁ、3つ目の日本国内在住の当該国籍者の追放は微妙なものがありますが。。。
それと、今実際、日本の企業で撤退している所が多いようですが、その代わりに韓国の企業が変わって入っているようですよ。
制裁のつもりが、こちらが損をするだけの事にならなければ良いのですが。。。
本当に上手くいきませんね。

自分は、ただの平和馬鹿のつもりはないのですが、自分一人が傷付いて済む話ではないので、難しい話であると思います。
本当に有り難うございました!

投稿日時 - 2012-09-25 17:01:25

日本の納税者は、毎年4兆6000億円もの防衛費の負担をしいらている現実から話を始めましょう。

同じ4兆6000億円を使って専守防衛の自衛隊を維持するのと、「攻撃は最大の防御なり」との考えの下、年間3兆円ぐらいで維持できる普通一般の軍隊に再編成するのはどちらが賢いでしょうか?

浮いた1兆6000億円を世界正義のために費やすことが可能になります。

共産主義の軍隊が南沙諸島でフィリピンの島々を侵略している現実があります。
平和国家フィリピンの同胞のために一流国日本がなにかして上げられることは無いのでしょうか?
共産主義暴力によって先祖代々からの島を侵略されている友を助けることは無意味だとおっしゃるのでしょうか。
台湾の同胞が共産主義の帝国に取り込まれ、言論の自由、選挙の自由まで奪われるかもしれません。
指を加えて台湾同胞が共産主義者に蹂躙されるのを見ているしかできないのでしょうか。

日本人は、世界の一流国として、他国の紛争、とくに暴力的に他国を攻め込む「悪の帝国」の横暴に対して、平和主義の他国民・隣人を守ってあげる義務があると思います。

自国さえ戦争に巻き込まれなければそれで良いという考えは、一流国日本では許されないエゴイズムと思います。

投稿日時 - 2012-09-25 15:09:59

お礼

ご回答頂き、誠に有り難うございます!

「攻撃は最大の防御」ですか。
その意味はとても分かりますよ。

日本が世界的に見ても一流国家と認められている事は分かります。
ただ、戦前の日本をそのように見ていた国があったでしょうか?

今の中国を見ていれば、大日本帝国陸軍がほぼ全てを仕切っていた頃の一昔前の日本を思い出します。

今の日本は物造りの国です。
その技術力、性能、完成度の高さ、どれを取っても世界に誇れるものだと思います。
ならば、わざわざ核など持たなくても良いのでは?と思うのです。

例えば、日本に向けて発射されたミサイルや核兵器すらも撃ち落とす事の出来る迎撃用の装置を作る事は出来ないのでしょうか?
パック3などをもっと改良して、かなり精度の高い迎撃ミサイルを作るとか、飛躍し過ぎた所ではバリヤー的なものを作るとか。。。
まぁ、現実的な話で言えば、ウィルスがその最たるものですかね。

核をどんなにぶっ飛ばして来ても、操作パネルに侵入して撹乱させ、逆に自国へ落とす事も可能だと思います。
サイバー戦争でのウィルスレベルでは、すでにその域まで達している事です。

それを平和的解決を求める他国に与える事が出来れば、大国で核など持っていても屁の突っ張りにもならないと思うのですがね。。。

投稿日時 - 2012-09-25 16:40:38

ANo.4

そんな境地に辿り着くのに1000年はかかるでしょう。
しかし、それまで無防備ではいられない。核戦略は破綻していますが、通常戦力は必要だ。

投稿日時 - 2012-09-25 15:02:50

お礼

ご回答頂き、誠に有り難うございます!

いや、在日や共産党ではありません。
あなたにはそう思えるのですか?
武力を持たないと言う考えの人間が?

投稿日時 - 2012-09-25 16:16:26

ANo.3

>そう言う力のある日本が、なぜ核や軍事力を持たないのか?
 理由1.憲法どの法制度上持てない
 理由2.各条約など完全に整備された状態で新規の実験が不可能な為
 理由3.核を保有してもそれを運用するための軍備がない

>日本が、核兵器を持つと言う事は、どう言う事を意味するのか?
 こんどやったらやり返すよと・・いう事

>唯一、世界に向けて公に発言出来た「核の脅威」を発信出来なくなるのではないですか?
 核の脅威を発信すればするほど、大国は核の威力を宣伝することができ
 核を保有するという効果が高まります 

>核も軍事力も、抑止力にはなりません。
 お花畑の妄想は1人でやってください

投稿日時 - 2012-09-25 14:55:27

お礼

二度に渡って回答して頂いていたのですね。

なぜ核や軍事力を持たないのか?と質問したのは、前後の文章を読んで頂ければお分かり頂けると思ったのですが、理由1~3は、すでに存知上げております。

>こんどやったらやり返すよと・・いう事

そうですか。
一応、先にやられる事は想定の上での「仕返し」と言う意味での言葉ですね。
その最初の一発でどの程度の犠牲者が出るのか。。。
仕返し出来るだけの力が残っていれば良いですね。
大変おめでたい話です。

>お花畑の妄想は1人でやってください

妄想ですか。
何も核や武力を持ったからと言って、必ず全てがあなたの想像通りに行くとは限らないのでは?
あなたは政治家ですか?核発射のボタンを押す人ですか?

核や軍事力が抑止力にならなかった場合、あなたは何と言うつもりですか?
やられる前にやった。これは正当な攻撃であったとでも?

変な例えをして逃げ道を作るのであれば、「日本は武力を持てば必ず戦争に勝てる」と言い切ってもらった方がまだマシです。

>核の脅威を発信すればするほど、大国は核の威力を宣伝することができ
 核を保有するという効果が高まります 

あなた方は何を見ているのでしょう?
核を持っている国がやはり羨ましいと思うからなのか。。。
核を持っている国が日本より上だと思っているからなのか。。。

自分には難し過ぎる回答でした。
一人で妄想でもしていますよ。

投稿日時 - 2012-09-25 16:04:42

ANo.2

日本に警察が全くない世の中になったとして
 それが平和な世界だと思うのかい?

たぶん貴方な人間がいるから平和が脅かされるんだと思う

投稿日時 - 2012-09-25 14:45:29

お礼

ご回答頂き、誠に有り難うございます!

難しい事を言いますね。

>たぶん貴方な人間がいるから平和が脅かされるんだと思う

それは、逆にあなたのような人間ばかりであれば平和は維持出来ると言う事なのですか。

いつも思う事なのですが、あなたのような方は、自分の質問には何も答えず必ず同じ事を言います。
なぜでしょう?

自分は、実際にあった中ソ境界紛争を例を出して尋ねました。
「軍事力を持てば、抑止力になるのか?」と。

それがあなたの答えでは、「警察」に置き換えられて例えられる事になるのですか?
警察がいるから犯罪を取り締まれる。
でも、警察がいても犯罪は無くならない。とでも言いたいかのように。

あなたが身近なもので例えてくるのであれば、自分も身近なもので例えてみたいと思います。
かなり身近にあるイジメを例に取れば分かりますかね?

あなたは、イジメを受けている者がいたら助けますか?
多くの人間は、見て見ぬふりをするでしょう?
自分に火の粉がかからないように、自分には関係ないと言いながら。

分かりますか?
武力だ何だと言いながら、そう言っている自分自身がその場に身を置かない者が多いんです。
イジメを無くす為にシステムを構築しろ、もっと教師や学校の質を強化しろと言いながら、その場で見ている自分には関係ないとする者が多いから、イジメは無くならないんです。

自分一人であればどうでもいいんですよ。
喧嘩して殴られようが、イジメを助けて逆に苛められようが。。。
でも、それをするのは自分では無かった場合、なんでそんな簡単に武力だ何だと言えるのか?と聞いているんです。

自分はあなたのような回答を否定している訳ではありません。
ただ、それならば納得させてくれるような回答が欲しいんです。

投稿日時 - 2012-09-25 15:37:47

ANo.1

自衛隊や米軍の庇護のもとで、ご説はナンセンス。
あなたのような考えを持つピースボートがどうして中東で多国籍軍の護衛を依頼するのか?

投稿日時 - 2012-09-25 14:35:13

お礼

ご回答頂き、誠に有り難うございます!

そうですね。
自分は自衛隊でも無ければアメリカの軍隊でもありません。
ただの腰ぬけの臆病者です。
ですので、自分が戦地に行って戦えもしない立場から、誰かに戦ってくれとは言えないだけです。
出来る事なら、自衛隊やアメリカ軍にも戦って欲しくはありません。

ちなみに、あなた様のご質問やご回答はよく目にするので、その道に詳しい方であるとは存じ上げておるのですが、例えば中国のハッカー集団によるサイバー攻撃をご存知ですよね?
今の戦争は、外部からコンピューターに侵入し、内部から壊そうと言う形のものに変わって来ております。
色々調べて見ましたが、とんでもなく恐ろしいサイバー戦争の様子が描かれております。
もし、仮にウィルスが核兵器の操作パネルに侵入し、誤作動や自爆を起こすよう操作された場合、やはりターミネーターのような事が起きるのでしょうかね?
そんなものは映画の中だけの話だと笑われますか?

簡単に侵入を許すような日本の防衛力ではとても太刀打ちできませんね。。。

投稿日時 - 2012-09-25 15:12:08

あなたにオススメの質問