こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

アメリカ、日本とアメリカ、フィリピンの同盟の違いは

フィリピンと中国での南沙諸島での領有権の争いに対して、アメリカは介入しない、軍事的にもフィリピンを擁護しない姿勢を示しているような記事がありますが、アメリカと日本の同盟関係とアメリカとフィリピンの同盟関係の内容に違いはあるのでしょうか?  日本も尖閣諸島の問題を抱えておりますので非常に気になります。 アドバイスいただけましたら助かります。 よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2012-09-30 15:16:31

QNo.7724858

kjf

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

米比相互防衛条約は、米国とフィリピンの間で結ばれた軍事的な同盟を結ぶための条約。1951年8月調印。しかしその後の米ソ緊張緩和で米軍兵力は削減され、1991年のピナトゥボ山大噴火による基地被災後在比米軍の撤去が決定しました。米比共同の軍事演習も取りやめ(1995年)。

ところが、この米軍撤収の直後から南沙諸島で中国軍の活動が活発化し、フィリピンが領有権を主張する環礁を占領して建造物を構築しました。その結果、米軍・米政権内で中国脅威論が唱えられ、2000年に共同軍事演習も再開しました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/米比相互防衛条約

こういうのを「覆水盆に返らず」と言います。一旦中国が占領した領土を取り戻すのは容易ではありません。米国だっていまさらフィリピンのために米中戦争を起こすわけには行きません。(ミンダナオ島が攻撃されたのならともかく、無人島の領有権争いにまで乗り出すことは米国はしたくないわけです)

日本は沖縄基地の問題(米国を追い出そうとする国内勢力)を抱えていますが、米軍撤収となればフィリピンと同じ道を歩むことになります。日本国としては沖縄の人にもうしばらく辛抱していただくしかないわけです。尖閣は日米同盟の対象だと仮にリップサービスであったとしても言う米国軍がそばにいるだけで中国は手を出しにくいのです。

投稿日時 - 2012-09-30 16:25:31

お礼

ご回答いただきありがとうございました。

沖縄の住民は尖閣のことをどうでもいいと思っているんでしょうかね...
連日の反米運動を見てるとどこの国のひとかと疑いたくなるが、フィリピンのような失敗を繰りかえさないためにも決断力、実行力のある政権が必要ですね。

投稿日時 - 2012-09-30 16:50:54

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問