こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

相対湿度と平均水蒸気圧、平均水蒸気圧負債の関係

いつもお世話になります。
NOAA/UCARというサイトから気象データをとってきました。
平均水蒸気圧(Average Vapor Pressure, AVP)
平均水蒸気圧負債(Average Vapor Pressure Deficit, AVPD)
という項目があります。

よく目にする気象データとして相対湿度(Relative Humidity)がありますが、これは
Relative Humidity = AVP÷(AVP+AVPD) * 100 (%)
と表してよろしいでしょうか。

ご指導よろしくお願い申し上げます。

投稿日時 - 2012-10-09 21:55:30

QNo.7740644

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

平均をとっているので、瞬間では成り立ちませんが、平均では成り立ちます。
ふつう平均は日平均です。

平均水蒸気圧負債(Average Vapor Pressure Deficit, AVPD)は、日本の気象関係では、「日平均飽差 VPD」というようです。

http://search.nifty.com/websearch/search?cflg=%E6%A4%9C%E7%B4%A2&select=85&chartype=&q=%E5%B9%B3%E5%9D%87%E9%A3%BD%E5%B7%AE+%E6%B0%97%E8%B1%A1%E5%BA%81+%E8%A6%B3%E6%B8%AC&ck=andsrch_u3_nif&otype=web_nifty_1

で、

日平均水蒸気圧 e = min[e(K), esat(T(A))], (3)
日平均飽差 VPD = esat(T(A)) - e, (4)
日平均 相対湿度 Rh = 100 × e/esat(T(A)), (5)

となっているので、

Rh=100×e/(VPD+e)

で、質問者の式と同じです。

http://agrienv.dc.affrc.go.jp/point_mesh/multi.html

に、データがあるので、確認できます。

投稿日時 - 2012-10-10 13:45:31

お礼

大変ていねいなご回答ありがとうございました。
飽差という むずかしい用語も教えていただき勉強になりました。

投稿日時 - 2012-10-10 21:10:38

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

ある瞬間の測定値に対してならばその式は成り立ちますが、平均値に対しては成り立ちません。
たとえば以下のページのデータで検算すれば成り立たないのが分かります。
http://ag.arizona.edu/azmet/07.htm

成り立たない理由は、AVPとAVPDが比例関係に無いからです。
平均相対湿度のデータが必要なら、生データから別途抽出する必要があります。
前記のデータにも平均相対湿度は入っていますね。

投稿日時 - 2012-10-10 10:09:19

お礼

なるほど、平均だと だめなわけですね。
UCARのデータでも
maximum relative humidity
minimum relative humidity
と二つの項目があり、奇妙に思っていました。

投稿日時 - 2012-10-10 21:12:10

あなたにオススメの質問