こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

個人契約 借家の退去について。

12年ぐらい住んでいた個人契約の借家を来月で退去する予定なんですが…

10年以上も住んでいるので床や畳みや襖などはすべて取り変えになると思っていますのでそれに関して費用がかかるのは仕方ないと思っています。

ですが正直、大家さんはなにかに不具合が出たりして修理をお願いすると


自分で直せばいいんじゃん。文句があるなら出ていけばいい。

という感じの方なのです。なので退去に関して気になる点があります。


築年数的にどうしても徐々にいろんな場所が悪くなって行きました。トイレの壁が剥がれてきてたり、二枚扉で玄関の鍵がかけにくくなっていたり、お風呂の扉の木が傷んで隙間ができていたりしています。

もし大家さんが自分で修理する所などを判断されるのであれは 私たちが原因でないものまで費用が取られそうな気がしてます。

個人契約の借家はやっぱり大家さんの判断なんでしょうか?!それとも業者を入れるもんなんでしょうか?


母の兄が建築家なので一緒に立ち会ってもらうといいのかなぁとも思っています。



あと借家の名義が離婚した父の名前なんですが、父は離婚後行方不明で…修理にかかる費用はすべて私たちに払う権利あるんでしょうか。保証人はどうなっているかわかりません。

よろしくお願いします。

投稿日時 - 2012-10-12 00:56:38

QNo.7744260

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

故意の改造・破損の場合は原状回復の義務はあります。

しかし、経年劣化での「汚損」に関しては、大家負担となります。

賃貸名義人が、現在行方不明ということですが、請求は居住者が親族ですから請求ができます。

離婚後、名義変更をする義務が相談者の家族にありますから、それを怠っていますから当然請求は居住していた相談者にされます。

ただ、経年劣化とうもありますから専門家の立会は有効な手段でしょう。

投稿日時 - 2012-10-12 01:22:13

お礼

とても分かりやすいご回答ありがとうございます。大家さんと話し合った都合により母の兄に立ち会ってもらおうと思います。ありがとうございました。

投稿日時 - 2012-10-23 14:25:02

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問