こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

妻が所得0円で障害者の場合の確定申告について細かく

H24年の確定申告について、細かくなりますが、教えてください。


主人はサラリーマンで、年収500万円です。

私(妻)は、昨年内に退職しました。
1月より現在(12月まで)、失業手当を受給しています(障害者扱いで受給期間が長いです)。

失業手当があるため、扶養には入っておりません。
健康保険料・国民年金・昨年の分の住民税は納付しています。

また、住宅ローンは私名義で組んでおり、昨年の退職後は、自分で確定申告をしました。

※私は来月(11月)から働く予定で、月収12万円を得る予定ではありますが(失業手当の受給は停止して0円)、この分の所得税は微々たる額だと思いますので、ないものと考えました。 

---------------------------------------------
ここからがお聞きしたいことになります。
下記は、合っておりますでしょうか??
間違えている点がありましたら、どうか教えてくださいm(__)m

 ※私は扶養に入っておりません※

1)
私は所得が0円という扱いになり、所得税を払っていないので、
住宅ローン減税は受けられないけれど、確定申告をしておくことで、
来年払うことになる住民税からの控除は数千円受けられる。
但し、今年は収入はあるが、所得は0円となるので、もともと来年は住民税が課せられない。

2)
住宅ローンは私名義で、私の所得が0円なので、減税を受ける方法は、ない。

3)
私は所得が0円という扱いになり、夫の年末調整で、「配偶者控除」と「一般障害者控除」の両方を受けることができる。
その際に、確定申告をしなくても、会社からもらえる申告書などを利用すればよい。

4)
私は、1月から現在までで30万円の医療費を払っているが、所得0円の私名ではなく、
家族ということで、夫の年末調整の際に医療費控除の手続きをすればよい。

5)
他には、例年通り生命保険などの分について控除が受けられる。

---------------------------------------------

以上が自分なりに調べた結果なのですが、合っていますでしょうか。

また、ほかにも控除を受けられる項目があったり、
工夫できる点などがありましたら、教えてください。


どうぞよろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2012-10-12 15:19:21

QNo.7744898

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

ANo.12様へ

ここは議論の場ではないので、できれば真偽の確認はご自身でお願い致します。質問者様を置き去りにしての投稿は非常に心苦しいものがあります。

また、誤謬・誤認のない回答が望ましいですが、どの回答を参考にするかはあくまで質問者様が決められることです。

『OKWaveコミュニティーに関するFAQ>他の回答者が間違った回答を投稿しています。見た人が勘違いするといけないので、間違いを「指摘」してもいいですか?』
http://faq.okwave.jp/EokpControl?&site=guidePC&tid=1172610&event=FE0006

とはいえ、ピンポイントで質問されてしまっていますので今回は回答させていただきます。(ciao_jacasse様ご容赦下さい。)

>…この方を、控除対象配偶者として、かつ障害者控除を受けると、地方税上は二重控除になってしまいませんか?

なりませんのでご安心下さい。
住民税で障害者が非課税になるのは「非課税限度額の制度」によるものです。(ただし、非課税は所得金額125万円まで)

>年間給与収入が98万円以上の場合には障害者控除を受ける扶養控除等申告書を提出するのは控えたほうが良いと思います。

「【障害者本人が控除を申告していると】扶養している親族の控除は適用しない。」とはなりませんのでご安心下さい。

あくまで、「障害者本人が扶養親族(控除対象配偶者)かどうか?【所得金額が38万円以下かどうか?】」で判断されます。

----------
ちなみに、なぜ、所得税では申告するまでもない「所得38万円以下の場合の(障害者本人の)障害者控除の申告」を勧奨するかといえば、自治体のサービスの中には「住民税が(均等割まで)非課税かどうか?」で受けられる優遇策が違ってくることがあるからです。

(参考)

『彦根市|■住民税(障害者控除)』
http://www.city.hikone.shiga.jp/fukushihokenbu/shogai/zei.html#02
>>1.前年中の合計所得金額が125万円以下の人は住民税(県民税・市民税)が課税されません。
>>4.住民税の所得割を納税する人の扶養親族(配偶者を含む)に、身体障害者手帳1・2級、療育手帳A1・A2、精神障害者保健福祉手帳1級の人がいる場合には、納税者の所得額からさらに23万円加算し控除されます。
>>ただし、所得税で手続きをしてある人は不要

※なお、【税金とは直接関係がありませんが】一般論として「各種の手帳」には法的に曖昧なものがあります。よって、「【税法上】障害者とみなされるかどうか?」という根本的な部分ついては【お住まいの】自治体でご確認下さい。

『療育手帳>手帳の名称』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%99%82%E8%82%B2%E6%89%8B%E5%B8%B3#.E6.89.8B.E5.B8.B3.E3.81.AE.E5.90.8D.E7.A7.B0
『精神障害者保健福祉手帳>諸問題』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B2%BE%E7%A5%9E%E9%9A%9C%E5%AE%B3%E8%80%85%E4%BF%9D%E5%81%A5%E7%A6%8F%E7%A5%89%E6%89%8B%E5%B8%B3#.E8.AB.B8.E5.95.8F.E9.A1.8C

投稿日時 - 2012-10-15 22:27:48

このQ&Aは役に立ちましたか?

6人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(14)

ANo.14

「【障害者本人が控除を申告していると】扶養している親族の控除は適用しない。」とはなりません]
確かに、所得税法を見ても、地方税法をみても、本人が障害者控除を申告してると、配偶者控除(扶養控除)を受けるさいに障害者控除を受けることができないという規定がありませんね。
私は、回答に誤りがあるとしてケチをつけてる気は毛頭ありません。
「教えてください」と御願いをしております。
勉強不足の点を補いたいということで、私淑してるわけです。
質問者様を置き去りにしてる感がありました点はお詫びします。
「詳細を知りたい」という質問ですので、質問者様に代わってお聞きするのは良いのかなと思いました。
ですから、一度も「それは違う」という表現はしておりません。

本件に関しては、目からウロコでした。
申告納税制度においては本人申告が最も優先されるので(年末調整ではなく)確定申告書にて、本人が障害者控除をうけてしまったら、配偶者控除を受ける方が障害者控除を受けることはできないと、私は思い込んでおりました。
そのような回答をつけてます。
どうも誤りを述べてしまったようですので、私の回答は「間違い」ということになさってください。
「本人が障害者控除を受けていても、その方を控除対象配偶者とする者は障害者控除を受けられる」という結論です。
国税庁職員のお墨付きもあり、法令でもそれを禁止してませんし、現実的に障害者控除を受ける申告書を提出してる者でも、所得が38万円以下なら控除対象配偶者になれるからです。

お騒がせしました。

投稿日時 - 2012-10-15 23:15:41

お礼

hata79様が、ご自身で「「間違い」ということになさってください」と仰ってくださったので、非常に心苦しいのですが、Q_A_333様をベストアンサーにさせて頂きました。
お2人をベストアンサーにさせて頂きたかったです。

知らないことだらけの私からの質問に対し、大変丁寧にご回答くださり、ありがとうございました。

ネットのこういった場で、知的な方同士が、互いに尊重しながら意見をブラッシュアップさせていらっしゃるのが素敵だと思いつつも、内容が難しくなかなか入っていくことができず、お2人に任せる形で傍観してしまい、申し訳なく思っております。

重ねてお礼を申し上げます。わかりやすく丁寧に教えてくださり、ありがとうございました。

投稿日時 - 2012-10-16 23:16:26

ANo.12

「同時にそれぞれの『給与の支払者』に提出することは、二重控除とはならない」という回答は住民税を考えてないような気がいたします。

給与収入103万円ぴったりだとします。
給与所得控除額65万円と地方税における基礎控除額33万円を控除すると、所得が5万円になります。
ここで障害者控除を受けて「住民税がゼロ」となります。
この方を、控除対象配偶者として、かつ障害者控除を受けると、地方税上は二重控除になってしまいませんか?

このように考えると「そもそも」論ではなく、年間給与収入が98万円以上の場合には障害者控除を受ける扶養控除等申告書を提出するのは控えたほうが良いと思います。
つまり「両方とも受けられる」という言い方ですと条件不足だと、私は考えるのですが。

投稿日時 - 2012-10-15 20:08:14

ANo.11

ANo.3です。
何度も申し訳ありません。

私が税務署へ確認した内容をご参考までに書いておきます。
以下のページの手順で「国税局の税務相談室」に問い合わせました。

『国税に関するご相談について』
http://www.nta.go.jp/shiraberu/sodan/denwa_soudan/case2.htm

○「給与の支払者(≒会社)」に提出する「…扶養控除等(異動)申告書」と「障害者控除」について

・障害者本人:「障害者控除」を申告することは問題ない。
・障害者を扶養する親族:障害者本人の【年間の合計所得金額が38万円以下】かつ【扶養親族(控除対象配偶者)】であれば、「扶養(配偶者)控除+障害者控除」を申告することは問題ない。

また、上記の申告書を「同時にそれぞれの『給与の支払者』に提出することは、二重控除とはならない」という主旨の回答でした。

なお、そもそも【所得金額38万円以下ならば】(基礎控除の38万円があるので)「障害者控除」があってもなくても本人の「所得税」には影響しない。つまり、質問自体が(所得税に関しては)意味が無いというような印象の回答でした。

さらに、「住民税の非課税制度」に関することは市町村に確認するようにとの主旨の回答も合わせてありました。(つまり、「国税局」は各自治体の対応についての判断・回答はできないということです。)

いずれにしましても、判断に迷う場合は、関係窓口へ直接確認されることをお勧めします。(なお、担当してくれた方の所属や名前は念のため控えておいたほうが良いです。)

投稿日時 - 2012-10-15 17:42:46

ANo.10

【103万円以下(所得金額38万円以下)】だった場合は、これまでの回答通り「ご主人」【も】「配偶者控除+障害者控除」を受ける(申告する)ことができます。(税務署へ確認済みです。)」

そうですか。税務署に確認をされたというなら、本人が障害者控除を受けて、夫が配偶者控除プラス障害者控除を受けられるということなのですね。
二重控除ではないという国税庁のお墨付きがあるということなら、納得しました。

投稿日時 - 2012-10-15 12:28:00

ANo.3です。
くどくて申し訳ありません。また補足です。

来年(平成25年の)ciao_jacasseさんの給与収入が【103万円(所得金額38万円)を超える場合)】について

※「月収12万円を得る予定」とのことなので、もし、休まず働けば確実に超えます。

その場合は残念ながら、ご主人は「障害者控除」は受けられません。ciao_jacasseさんのみです。

※何らかの理由で【103万円以下(所得金額38万円以下)】だった場合は、これまでの回答通り「ご主人」【も】「配偶者控除+障害者控除」を受ける(申告する)ことができます。(税務署へ確認済みです。)

----------
(備考1.)

市町村へ「障害者控除」の申告状況が伝わる流れについて

・「…扶養控除(等)申告書」【所得税用の書類】
  ↓
・勤務先
  ↓
・市町村へ「給与支払報告書」【住民税用の書類】を提出:「給与支払報告書」に「控除の申告内容」が記載されます。

※「給与支払報告書」は「給与所得の源泉徴収票」と同じ様式です。

『所沢市|給与支払報告書の提出について(会社の経理担当の方へ)』
http://www.city.tokorozawa.saitama.jp/kurashi/tetuduki/zeikin/shiminzei/kojinshiminzei/qhouteisyutsu/index.html

※「障害年金」は国からの支給、「障害者手帳」は都道府県【など】が判定・交付を行なっています。そのため市町村の税務課が住民が障害者であることを把握していない事は多いです。

----------
(備考2.)

「税務署」への相談について

「税務署」で受け付ける相談は「国税」についてです。
「所得税」は国税ですが、「住民税」は地方税なので問い合わせ先が各市町村になります。

ですから、

・「…扶養控除(等)申告書」については「税務署」
・「給与支払報告書」については「市町村」

というように問い合わせ先が違います。

参考URL:http://faq.okwave.jp/EokpControl?&site=guidePC&tid=1172610&event=FE0006

投稿日時 - 2012-10-15 09:55:00

ANo.8

・ciao_jacasseさん:障害者控除(本人分)
・ご主人:人的控除なし
・ご家族:「扶養控除+障害者控除(扶養者分)」

二重控除になりませんか?
税額に関係ない控除なので、二重に受けても良いというなら、扶養控除でも二重にできてしまいます。
税法はそれを許してないような気がします。

障害者ではあるが、障害者控除を受けてないという給与支払い報告書が提出されてないと市が障害者減免をできないという制度に問題があるわけですが。

投稿日時 - 2012-10-15 00:49:57

ANo.3、および5です。
さらに補足させていただきます。

>来月(11月)から働く予定で、月収12万円を得る予定

とのことなので、今年(平成24年)の収入は約12万円(給与所得は給料日が所得を得た日になります。)

よって、給与所得に換算すると「所得金額0円」となるので、結果的に「障害者控除」を申告しなくても「所得税」「住民税」ともに納税額は0円になりますので、気になるならciao_jacasseさんは「障害者控除」を申告しなくても問題ありません。

--------------
【仮に】来年(平成25年)の給与収入が103万円(給与所得で38万円)ちょうどと仮定しますと、(基礎控除38万円があるので)「所得税額は0円」ですが、「住民税」は課税されてしまう可能性が高いので、ciao_jacasseさんも「障害者控除」を申告したほうが良いです。

「障害者控除」を申告しておけば【住民税は】所得金額125万円(給与収入に換算すると204万4千円未満)までは「均等割」も「所得割」も「非課税」になります。

『荒川区|住民税の障害者控除及び非課税』
http://www.city.arakawa.tokyo.jp/kurashi/shogaisha/shien/zeikeigen/jumin.html
>>障がい者本人に所得がある場合と障がい者を扶養している場合、所得控除があります。また、障がい者本人の前年の合計所得金額が125万円以下の場合は非課税になります。

------------
なお、ciao_jacasseさんの給与収入が103万円以下(給与所得で38万円以下)の場合はご主人は「配偶者控除+障害者控除」というように両方の控除が申告可能です。

つまり、

・ciao_jacasseさん:障害者控除(本人分)
・ご主人:「配偶者控除+障害者控除(扶養者分)」

という申告が可能です。
しかし、他にご家族がいらっしゃる場合に

・ciao_jacasseさん:障害者控除(本人分)
・ご主人:【配偶者控除】
・ご家族:【障害者控除(扶養者分)】

というように、「配偶者控除+障害者控除(扶養者分)」を切り離して控除を申告することはできません。
ご家族が申告するなら以下のようにする必要があります。

・ciao_jacasseさん:障害者控除(本人分)
・ご主人:人的控除なし
・ご家族:「扶養控除+障害者控除(扶養者分)」

『法第79条《障害者控除》関係』
http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/tsutatsu/kihon/shotoku/16/06.htm

※かえって分かりにくくなってしまったようでしたらお知らせ下さい。

投稿日時 - 2012-10-14 15:22:35

ANo.6

本当?NO5様。

○平成24年:ciao_jacasseさんの所得金額38万円以下
・ciao_jacasseさん:障害者控除の申告可
・ご主人:障害者控除の申告可

Aが障害者控除を受けていて、そのAを控除対象扶養親族(又は控除対象配偶者)にしてるBが障害者控除を受けることができるってことでしょうか。
例えばAが確定申告書を出していて、その所得が38万円以下だとします。
基礎控除額以下なので、所得税は発生しません。
Aが申告書に障害者控除を記載してしまってる場合には、Aを控除対象扶養親族にするBは障害者控除を受けられないと私は理解してます。私が、考え違いをしてるようなら教えてください。

投稿日時 - 2012-10-13 18:54:33

ANo.3です。
念のため補足させていただきます。

○平成24年:ciao_jacasseさんの所得金額38万円以下

・ciao_jacasseさん:障害者控除の申告可
・ご主人:障害者控除の申告可

○平成25年:ciao_jacasseさんの所得金額が38万円を【超える】場合

・ciao_jacasseさん:障害者控除の申告可
・ご主人:障害者控除の申告【不可】

となります。

※所得金額38万円は給与に換算すると103万円です。

投稿日時 - 2012-10-13 00:45:22

ANo.4

NO2です。
いっぺんに述べると訳が分からなくなると思い省略した点を追記しておきます。
障害者への住民税課税の実際と対策です。
夫 健常者
妻 障害者 収入はあるが控除対象配偶者になれる。

夫が配偶者控除を受けるには、妻の所得が38万円以下であることが条件です。
その場合に妻が障害者ですと、夫が障害者控除を受けられます。
前回既述のように妻が自分で障害者控除を受けてしまうと、夫が障害者控除を受けられません。
妻の所得が少ないので障害者控除を受けなくても税額が変わらないのですが、扶養控除等申告書に「障害者である」旨記載してしまうと、障害者控除を妻本人が受けてしまうので、夫は配偶者控除しか受けられないということです。
障害者控除を「お弁当」としますと、妻が既に食べてしまってるので、夫は食べられないということです(この例えで分かるでしょうか)。

これを踏まえて、現実問題と対策を述べます。

妻が勤め先に障害者手帳を持ってることを伝えてることと、扶養控除等申告書に障害者手帳を持ってると記載することは、大きな違いがあります。
勤め先は「障害者手帳を持ってる」事実を知ってるだけです。税金上なんら影響は無く、周りの人が理解してくれるという環境になるわけです。
扶養控除等申告書に記載すると夫が障害者控除を受けられないので(理由は既述)、これを記載しないでおきます。

すると、勤務先から市に提出される「給与支払い報告書」には、障害者控除を受けてないとして提出されます。
市役所では給与支払い報告書から、妻の収入を把握して、住民税の均等割りを課税してきます。
支給金額が規定額以上だと障害者でも均等割りがかかりますが、それとは違います。
「妻が障害者であることがわからないから、課税する」のが市役所です。

障害者控除を受けてしまうと、夫が障害者控除を受けられないので、勤務先には妻が障害者控除を受けないとして申告書を出してることが、逆に「このひとは障害者ではない」という給与支払い報告書を作成させてしまうことになるわけです。

妻が年末調整で障害者控除を受けなくても税額がゼロであっても、住民税の申告書を出すことで、この問題がクリアーされます。
本来、給与支払い報告書が事業主から提出されてるので、住民税の申告義務はありませんが、ここは「自分は障害者である」ことを明らかにするために申告書を提出します。
ただし、障害者控除を受けても受けなくても住民税は変わりません。
住民税の申告書に「障害者手帳を持ってますが、年末調整では障害者控除をうけてません。」と記載して提出します。

これで、均等割額課税の「障害者免除」規定が受けられます。

市役所内で調べれば障害者手帳を持ってる人かどうかぐらい分かりそうですが、課税をする際に何万人という人を「障害者かどうか」を確認することができないので、このようなことがおきます。

「均等割り」(大体4,000円です)の通知が来てから「私、障害者手帳もってます。福祉課で確認してください」というのも手です。

長文なので、ここまで読んでグッタリされてるでしょう。
お疲れ様でした。

障害者手帳を持ってることを企業は知ってるのだが、扶養控除等申告書にて障害者手帳を持ってることを申告してない場合には、健常者として均等割額が課税されてしまうという例です。
そこまで知らないで納めてしまってる方も多いと思います。

投稿日時 - 2012-10-12 23:25:54

長いですがよろしければご覧ください。

>1)今年は収入はあるが、所得は0円となるので、もともと来年は住民税が課せられない。

はい、住民税も非課税ですが、住民税には「非課税限度額」という制度があるので、「障害者」については「所得金額125万円(給与収入ならば204万4千円未満)」までは非課税になります。

※所得金額は「所得控除」を差し引く前の金額です。(給与収入の場合は「給与所得 控除」を差し引いた残額です。)

『港区役所|住民税はどういう場合に非課税になりますか。』
http://www.city.minato.tokyo.jp/kazei/kuse/kocho/faq/zekin/111.html
※通常の「均等割」の非課税限度額は地域差がありますが、その他は全国共通です。

>2)住宅ローンは私名義で、私の所得が0円なので、減税を受ける方法は、ない。

はい、そうなります。

>3)私は所得が0円という扱いになり、夫の年末調整で、「配偶者控除」と「一般障害者控除」の両方を受けることができる。
その際に、確定申告をしなくても、会社からもらえる申告書などを利用すればよい。

はい、おおむねそういうことで間違いありません。

本来は「配偶者控除」や「障害者控除」などの人的控除を「給与所得者」が受ける場合は、年初に「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を提出して、その後「異動」、つまり人的控除に変更があるたびに申告書を提出することになっています。

「控除」が増えれば(毎月の)「源泉所得税」が減り、「控除」が減れば「源泉所得税」が増えるということです。

ただし、この申告書は「事業主が手元においておくだけ」ということと、「源泉所得税」は「年末調整」をしないことには結局正しく精算(徴収)できないこともあって、「年末調整の直前の一回しか確認しない・提出を求めない」事業主も多いです。

『[手続名]給与所得者の扶養控除等の(異動)申告 』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/gensen/annai/1648_01.htm

4)私は、1月から現在までで30万円の医療費を払っているが、所得0円の私名ではなく、家族ということで、夫の年末調整の際に医療費控除の手続きをすればよい。

これはやや微妙です。
厳密に言えば「夫婦のうち実際に医療費を負担した方が申告する」が正解です。

『No.1120 医療費を支払ったとき(医療費控除)』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1120.htm
>>納税者が、自己又は自己と生計を一にする配偶者やその他の親族のために支払った医療費であること。
『共働き夫婦の夫が妻の医療費を負担した場合』
http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/shitsugi/shotoku/05/25.htm
『生計を一にする Q&A』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1180_qa.htm

税金の制度では親族といえども「それぞれ別の納税者」として扱われます。ただし、夫婦の場合はあまり神経質になる必要がないのも事実です。

たとえば、「病院の窓口で夫婦どちらの財布からお金を出したか?」などは証明のしようがありませんし、お小遣い以外は夫婦どちらが払うかなど考えないのが一般的でしょう。

つまり、夫婦というのは相互扶助が当たり前の関係ですから、税務署も「あきらかに納税者以外が支払ったもの」でない限り目くじら立てたりはしません。

※そもそも、高額だったり怪しいところがなければ領収証を一枚一チェックしたりはしません。(税務署もそんなに暇ではないということです。もちろん怪しければ調べます。)

また、「医療費控除」は「年末調整」では控除ができませんので「確定申告(還付申告)」を行なって下さい。

『No.2030 還付申告』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2030.htm

5)他には、例年通り生命保険などの分について控除が受けられる。

ciao_jacasseさんについては、基礎控除だけで源泉所得税が0円になります。

ご主人については、前述の通り「夫婦といえどもそれぞれが納税者」なので特に今までと変わることはありません。

強いて言えば、「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」で「配偶者控除」に加え「障害者控除」を申告しておくこと、「給与所得の源泉徴収票」が交付されたら「医療費控除」の申告を行うことでしょうか?

「障害者控除」はciao_jacasseさんが「控除対象配偶者(所得金額38万円以下)」であればご主人も「障害者控除」を受けられます。(つまり、【夫婦ともに障害者控除が受けられる】ということです。)

『No.1160 障害者控除』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1160.htm
>>納税者自身又は【控除対象配偶者…が所得税法上の障害者に当てはまる場合】には、一定の金額の所得控除を受けることができます。
『障害者と税』
https://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/koho/kurashi/html/03_2.htm

その他の控除の要件は以下をご参考下さい。
不明点は「税務署」に確認することを【強く】お勧めします。

『所得金額から差し引かれる金額(所得控除)』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/shoto320.htm
『国税に関するご相談について』
http://www.nta.go.jp/shiraberu/sodan/denwa_soudan/case2.htm
※税務相談はいつでも可能ですが、「2/16~3/15」は非常に混雑します。

>ほかにも控除を受けられる項目があったり、工夫できる点

【公的】健康保険・年金保険の「社会保険料控除」は忘れていませんでしょうか?上記リンクでお確かめ下さい。

ちなみに、「給与所得者」の場合は勤務先が(従業員の住所地の)市町村へ「給与支払報告書(給与所得の源泉徴収票)」を提出することになっています。

『所沢市|給与支払報告書の提出について(会社の経理担当の方へ)』
http://www.city.tokorozawa.saitama.jp/kurashi/tetuduki/zeikin/shiminzei/kojinshiminzei/qhouteisyutsu/index.html

この報告書により、住民自身による「住民税の申告」が不要になっています。当然ながら「扶養控除申告書」の内容も反映されます。

※「住民税の課税データ」は市町村の行政サービスの基礎資料となります。ですから納税額にかかわらず「障害者控除」は申告しておくことをお勧めします。

(多摩市の場合)『個人住民税(市民税・都民税)の申告について』
http://www.city.tama.lg.jp/seikatsu/11/14703/003807.html

また、「所得税の確定申告」をした場合は、税務署から(申告書に記入した住所の)市町村に「申告書のデータ」が提出されます。住民税の算定は「確定申告のデータ」が優先されます

(参考)

『所得税・住民税簡易計算機【給与所得用】』
http://www.zeikin5.com/calc/

『[PDF]医療費控除を受けられる方へ』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/tebiki2007/pdf/04.pdf

『納税者支援調整官を設置している国税局・税務署のご案内』
http://www.nta.go.jp/soshiki/kokuzeicho/kiko/nozeishashien/index.htm

『住民税とは?住民税の基本を知ろう』
http://allabout.co.jp/gm/gc/14737/

※間違いがないよう努めてはいますが最終判断は【必ず】各窓口に確認のうえお願いいたします。

投稿日時 - 2012-10-12 18:45:22

お礼

大変丁寧に、ありがとうございましたm(__)m
私なりに勉強しました!


(障害者控除について)
『No.1160 障害者控除』http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1160.htmより、下記を拝読しました。

1 障害者控除の概要
納税者自身又は控除対象配偶者や扶養親族が所得税法上の障害者に当てはまる場合には、一定の金額の所得控除を受けることができます。これを障害者控除といいます。
控除できる金額は障害者一人について27万円…


つまり、「夫、又は私(妻)が障害者なので、それぞれの所得のうち、27万円を非課税の扱いにしてもらえる」
ということですよね。
とても難しかったですが、ありがとうございました。


(医療費控除について)
主人名義のクレジットカードを作っていないため、私名義のカードで支払いをしています。
ですので、どこからかカードの所有者などが分かったりするのかと不安でしたが、
【税務署も「あきらかに納税者以外が支払ったもの」でない限り目くじら立てたりはしません】
と言って頂き、安心しました。
(もちろん、私自身の責任で判断して、申告いたします!)


せっかく丁寧にご説明頂いたのですが、ここまでしか理解が追い付かないので、
明日また改めてお礼をさせて頂きます。

投稿日時 - 2012-10-13 00:30:43

ANo.2

1)
無収入でも均等割りが課税されますが、障害者ですから、一定金額までは均等割も課税されません。
2)
住宅ローンは納税額がない場合には、適用しても意味がないですね。

3)
そのとおりです。
夫は年末調整で、配偶者控除と障害者控除を受けられます。

4)
「夫の年末調整の際に医療費控除の手続き」はできません。
元々医療費控除は年末調整で受けられる控除ではないからです。
医療費を夫が負担してる場合には、夫が確定申告書の提出を税務署にすることで医療費控除を受けます。

5)
控除は受けることができますが、実質的な所得が「ゼロ」ですから、あまり意味はないです。

その他
「1月より現在(12月まで)」と質問文にありますが、(10月まで)の間違いでしょうか。
細かな間違いの上げ足をとるつもりはありませんが、来月11月から働くと述べられてる点と整合性がないので「?」となりました。

11月から勤務する先で、年末調整をしてもらえると思います。
扶養控除等申告書を提出する際に「障害者であるむね」を記載すると、本人が障害者控除を受けてしまう形になるので、夫が障害者控除を(妻を控除対象配偶者にした場合でも)受けることができませんので、気をつけてください。
これは、本人が(税金がかかるかからないに関わらず)障害者控除を受け、さらに夫が障害者控除を受けてしまう「二重控除」になってしまうからです。

投稿日時 - 2012-10-12 18:08:59

お礼

皆さまから頂いたご回答を繰り返し読み、理解できてきました。

驚いたのですが、所得がなくても、住民税は「均等割り」が課税されるのですね。
市役所に行ったときだったと思いますが、
住民税がとても高くて驚いていたところ、窓口の方に、来年は払わなくて済むと言われたのをそのまま受け取っていました。
実は障害者になって2年目なので、まだまだ知らないことが多いです。
不便もありますが、優遇してもらえることも意外とあるのですね。

医療費は、確定申告なのですね。忘れずに行きます。

◇その他 について
整合性がないとのご指摘、仰るとおりです。すみません!
失業手当の受給期間が12月までですが11月から働く ということなのですが、
記載する必要がなかったですね。ややこしくしてしまいました。

※※扶養控除等申告書を提出する際に「障害者であるむね」を記載すると…夫が障害者控除を受けることができませんので…

お聞きできて本当に良かったです。
全然知らずに、記載してしまっていたと思います。

どうもありがとうございました。

投稿日時 - 2012-10-12 21:48:27

ANo.1

>※私は扶養に入っておりません※…

何の扶養の話ですか。
1. 税法
2. 社保
3. 給与 (家族手当)
それぞれ別物で認定要件は異なり、相互に連動するものではありません。

まあ、確定申告うんぬんとのことなので、1.税法の話かとは思いますが、税法上、夫婦間に「扶養」はありません。
扶養控除は、親子や祖父母、孫などに適用されるものです。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1180.htm
夫婦間は、「配偶者控除」または「配偶者特別控除」です。

しかも、配偶者控除や扶養控除などは、1年間の所得額が確定した後に決まるものであり、年の初めや途中に出たり入ったりするものではありません。
夫が会社員等なら今年の年末調整で、夫が自営業等なら来年の確定申告で、それぞれ今年分の判断をするということです。

「配偶者控除」は、配偶者の「所得」が 38 (給与収入のみなら 103) 万円以下であることが条件です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1191.htm
38万円を超え 76 (同 141) 万円未満なら「配偶者特別控除」です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1195.htm

>11月)から働く予定で、月収12万円を…

夫は今年分について、配偶者控除を受けることができます。

>この分の所得税は微々たる額だと思いますので、ないものと考えました…

所得税は 1年間の所得額が確定してからの後払いが原則で、月々の源泉所得税はあくまでも仮の分割前払い、取らぬ狸の皮算用に過ぎません。
狩りの成果によって、皮算用が多すぎれば多すぎた分は返ってきます。

>確定申告をしておくことで、来年払うことになる住民税からの控除は数千円受けられる…
>但し、今年は収入はあるが、所得は0円となるので、もともと来年は住民税が課せられない…

来年の住民税は、「所得割」も「均等割」も発生しませんので、数千円の控除もありません。

>住宅ローンは私名義で、私の所得が0円なので、減税を受ける方法は、ない…

はい。

>夫の年末調整で、「配偶者控除」と「一般障害者控除」の両方を受けることができる…

はい。

>確定申告をしなくても、会社からもらえる申告書などを利用すればよい…

はい。

>私は、1月から現在までで30万円の医療費を払っているが、所得0円の私名ではなく、
家族ということで…

無条件で家族合算できるわけではありません。
医療費控除に限らずどんな所得控除も、実際に支払った人が控除を受けられるだけです。
妻が払ったものを夫が申告すること、およびその逆は原則としてできません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1120.htm

ただ、現金で払っている場合は、お札に名前が書いてあるわけではありませんから、「生計を一」にする家族が代わりに払ったと主張することもできます。
妻の預金から振り替えられたり、妻のカードで決済されているような場合は、夫にはまったく関係ありません。

>夫の年末調整の際に医療費控除の手続きをすればよい…

前述の件はクリアできるとしても、医療費控除は年末調整の守備範囲ではありません。
確定申告が必要です。

>他には、例年通り生命保険などの分について控除が…

これも医療費控除と同じで、誰が払っているかが問われます。
特に、生保は医療費と違って、口座引き落としなどで払っているのではありませんか。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1140.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

投稿日時 - 2012-10-12 16:10:26

お礼

「配偶者控除」と税法上の扶養がごちゃまぜになっていたりと、
知らないことばかりでした。
自分なりに検索をして調べたつもりでしたが、お恥ずかしいです。

一つ一つ丁寧にご回答いただき、ありがとうございました!!

投稿日時 - 2012-10-12 21:16:11

あなたにオススメの質問