こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

看護師を辞めようか悩んでいます。

看護師をしています。
看護師、医療従事者の皆様に助言頂きたく、質問させて頂きました。
現在2年目でまだまだ失敗もあり、三交替勤務で不規則な勤務体制、時間外勤務で12時間以上職場にいることも少なくありません。相性が合わない先輩もいらして声を聞いたり姿を見るだけで身体が強張ることもまだ続いていますが、仕事内容にはようやく慣れてきて、患者さんと関わり、疾患についてしっかり考えたり個別性のある看護を考えられるようになってきました。
しかしそんな中、ADL自立していた私の受け持ち患者さんが脳出血を起こし急変し亡くなってしまったのです。
それ以来、どうしてもその患者さんやご家族のことが浮かび私の力不足を悔やんでいます。元々不眠だったのがそれ以来、さらに眠れない日が続き…今も普段通り働いていますが患者さんを受け持つのが怖くなっています。
今までも辛いことは多くありましたが、今回のことがどうしても私の中で解消することができず、今年度いっぱいで退職しようかと悩んでいます。
看護師という職業上、今後も急変は必ず起こることですが、もう怖くて怖くて続けて行く自信がありません。
看護師の皆様はどのようにして乗り切れたのでしょうか?
そのほか医療従事者の皆様でアドバイス頂けたらお願いいたします。

投稿日時 - 2012-10-18 06:21:27

QNo.7753964

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

現在2年目で失敗もあり,3交代勤務,不規則な勤務体制,時間外勤務12時間以上職場にいる,相性が合わない先輩の・声・姿・を見るだけで体が硬直する。受け持ちの患者が亡くなった。

上記の事を自分が経験した。体験をしたと思うのです。看護師になる前に,これ等の情報は少なからずや入ってきている筈です。これから実践躬行の時に,今の仕事が半分頭から欠けているように思いました。上記の2行を自分の生涯の課題にするのです。

看護師は仕事を励行していれば,体裁を考えず,時間があれば目覚まし時計を抱えて,隙間をみつけ眠るのです。兎に角仕事なのです。時間報酬ではなく,自分を患者に捧げるのです。

担当部署によっては,帰宅してからも呼び出しがあり又待機当番があります。しかしこれを選択した自分に言い聞かせてしまえば,悟りを開いた気持ちになります。考え方はいろいろあるけど参考にしてください。

投稿日時 - 2012-10-19 11:05:14

看護師ではない医療従事者です。
決して辛口のコメントではないことをご承知置き下さい。
主様には看護師をやめないで欲しい、と思いながら、コメントさせていただきます。

ご自分の力不足…とおっしゃいますが、力不足なのは当然です。まだ2年しか経験がないのですから。
自分なりに精一杯やってきて、多少の自信がついてきた時期に「挫折感」を味わってしまったと感じているようですが、本当は全く違います。

主様が患者様に提供できるスキルも知識もアドバイスも、実は主様が思っている以上に小さい物なんですよ。たとえ患者様と信頼関係が築けていてそれなりにコミュニケーションがとれていたとしても、です。

医療は看護師だけで回っているのではないですよね。脳出血にしても他の疾患にしても、病気の治療に関しては医師を中心に判断されます。その患者様に対しての主様の立ち位置はどうなのでしょうか。主様がもっと頑張っていたら事態は違っていたのでしょうか。そうではないと思います。
10年、20年と看護師を続けていればわかるようになることなんですが、経験2年目なんて、本当にたいした事は出来ないんです。まだまだ新人です。1年目より少しマシ‥というだけ。

力不足を悔やんで辛い、という感情は、すごくすごくすごーくひねくれた言い方をすれば「思い上がり」なんです。いえ、決して批判ではなく、わかりやすく表現したかったんです。
私もそれなりに経験を重ねてきて、「医療従事者は何年たっても新人だ」という事がわかるようになってきたのです。
2年目、5年目、10年目。その時その時で持っている知識は増えていっても、知らない事はまだありますし、学ばなければいけない事も増えていきます。
2年目には知っておかなければいけないことと、20年目に持っていなければならない知識には雲泥の差があります。
つまり、主様の持っている知識は2年目レベルのものでしかなく、でもそれでいいんです。それが当然です。よって、患者様の全てを自分で何とかできると思ってしまうと「挫折」してしまいます。

看護師さんは、すごく大変な仕事だと思います。そうですね、やはり気が強くないとやっていけないですし、「流す」気持ちの切り替えも必要だと思います。

でも、2年目のがむしゃらに走っている時期は、今しかありません。それでいいんです。

もし、主様が看護師をやめるなら、それは「その時の経験年数に見合わない技術しか持てなくなった時。何かを学ぶという姿勢を放棄した時」です。
今は違うでしょう?主様は患者様の快復を一生懸命サポートしようと努力しておられる。そういう時期であって、正解なんです。

私の文章、ご理解頂けましたでしょうか。是非とも今の状況を乗り切っていただきたいと思い、コメントさせていただきました。

投稿日時 - 2012-10-19 09:03:26

ANo.2

元医療従事者です。現在は高校の教員です。
病院勤務時に同様の想いは確かにありました。
言葉は少し悪いかもしれませんがそのときに感じていたことは

「病院には病人しか来ない」

前向きに明日を信じて治療に望む者、早く治せ、俺は悪くないと叫ぶ者
大勢の家族親族に囲まれて大きな悲しみの中で旅立つ者、
身より無く事務的に去る者
様々でした。

病院は病人と年寄りがメインで積み重ねた治療やリハビリが一瞬で
無駄とはいわないまでも少なくとも無になってしまうことへの無力感は
相当こたえました。

「医療従事者は病人や年寄りの財布の中身をおいていけという仕事」

尊いだのやりがいだのきれい事ではない日常がありました。

その後いろいろあって高校の教員になりました。
若く健康な未来のある人間達に囲まれる職業につきました。
そこではきっと医療現場とは違うとおもいました。

若者の死因は事故や自殺が上位にあります。
私の教え子も何人も亡くなりました。
親の事故や自殺で生活が一変してしまいすべての夢を断たれた生徒もいました。

私は看護師をやめることを否定しません。
ただし、相性の合わない人はどこにでもいます。
他人の生き死にはどこでもあります。
医療の現場の経験は知識と経験として質問者様の体に染みついているでしょう。
それが必ず役に立つときがきます。
知識と経験として助かる助からないが短時間で理解できるでしょう。

もしそのときに何故かもわからず一緒に泣くくらいしかできない自分や
一日でも5分でも早くが知っていたら命を助けることができたのに、という場面で
元医療従事者には何も期待されていないしすることもできません。

本当に怖いのは知識と経験があってもそれを使うこともできず見殺しにしてしまうこと
かもしれません。

知識と経験はなくなりません。
やめた後はそのジレンマが一生ついてきます。
私はそのジレンマを墓までもってゆきます。

投稿日時 - 2012-10-18 09:11:44

殆ど全ての医療従事者が経験する事と思います。
人の死を目の当たりにするのはショックを受けると思いますが、その方から、貴女がより良き看護師になるための命を頂いと思えば良いと思います。
最初の体験なら、その方の命日には今後、その日に手を合わせ、冥福と感謝をささげる気持ちでいて下さい。

どんな優秀な人も、その様な体験の積み重ねで成長すると思います。

人間は自分の手で自由に人の生死をコントロールできません。あなたの責任では無いのです。

退職はいつでも出来ます。しかし、看護師になろうとして取得した技術は、そんなに再取得は出来ません。

これからの長い人生。誰でも経験する事です。

投稿日時 - 2012-10-18 07:40:29

あなたにオススメの質問