こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

USBフラッシュメモリ

64GBのUSBフラッシュメモリー(Transcend製)を買い
50GB分のデータを書き込んだ後、
とある事情で書き込んだ全てのデータを消去しました。
(ファイルアイコンを反転させて右クリックで削除を選ぶ方法で消去)
そのあとフォーマットしました。
その後、あらためて50GB分のデータを書き込みました。

ずいぶん馬鹿なことをしたなと自分でも思うのですが、
上記の愚行がフラッシュメモリーの寿命に与えた影響について知りたいのですが、
かなり寿命に影響したでしょうか?それともそれほど影響していないでしょうか?
5年もつ寿命だったとしたらすでに4年になってしまったくらいの影響を与えたと思う、のような感じで回答してもらえると分かりやすいのですが、教えて下さい。

投稿日時 - 2012-10-24 07:03:28

QNo.7763582

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

その「フォーマットを行った」作業は1回だけですよね? であれば、寿命に対する有意な影響はありません。
フォーマットをしようが「右クリックで消去」を選ぼうが、フラッシュメモリ側からすれば単なる「メモリの内容を消す」という処理をしたに過ぎません。
仮にフラッシュメモリの書き換え回数が10万回まで保証されるとした場合、その回数が1回減るだけのことです。

まあ「一度でもデータの書き込み、消去を行った後は『必ず』フォーマットを行う」という運用ルールで運用されているのであれば多少なりとも有意な差は出るとは思いますが、普通はそれより先に抜き差し部が壊れたりとか、内部メモリがサージ等で壊れたりという物理的寿命の方が先に来るでしょう。
そこまで神経質に気になされることはないと思いますよ。

以上、ご参考まで。

投稿日時 - 2012-10-24 08:56:42

お礼

ありがとうございます。

投稿日時 - 2012-10-25 08:12:26

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

そんなに神経質になる事でもない
道具なんだから使いやすいように使ってやって
寿命がきたら
ありがとうって 終了

USBメモリーはかなりの数使用してきましたが
さすがに寿命で終わったのは無いような気がします

落とす 紛失
雑に扱って破壊
あんがい簡単に壊れてデーター消えるんで
一時的な保存先くらいにしか考えていません

5年も10年も保存するようなデーターは別メディアにすべきでしょう

フォーマット云々よりは
扱いを慎重にするほうがたぶん寿命も延びるでしょう

投稿日時 - 2012-10-24 14:13:05

お礼

ありがとうございます。

投稿日時 - 2012-10-25 08:12:21

ANo.1

既に何十何百と、消去のたびにフォーマットをしていたなら、寿命は最も書き換えが頻繁なセルで1/2になります。即ち、10年使える過程なら、5年になるという計算。

基本的にはNAND フラッシュは1000回(MLCの場合)~1万回(SLCの場合)の書き換えが可能です。
ただ、それに迫れば迫るほどビット抜けが発生しやすくなります。しかし、いくらフラッシュメモリだからといって、1度や2度で壊れることはありません。その程度で壊れるなら、ただの不良品です。

要は、1回の書き換えでびくびくするレベルではないのです。

ただし、できる限り不要不急の上書き、消去は避けるべきです。簡単に言えば、消去したあとにフォーマットするということは不要で、フォーマットをする予定があるなら、消去はなし。手作業で消去をしたなら、フォーマットはファイルシステムが壊れているなど警告が出ない限りは、行わないといった使い方が適当です。

投稿日時 - 2012-10-24 08:06:36

お礼

ありがとうございます。

投稿日時 - 2012-10-25 08:12:30

あなたにオススメの質問