こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

保険の内容比較について

 いつもおせわになっております。
 医療保険について質問です。


 アフラックの『EVER』
 メットアリコの『レディーナ』

 この2つの保険の保障範囲は
 どちらの方が広いでしょうか?

 
 詳細
 ----------------------------------------
  ・現在28歳、女性。
  ・独身、結婚予定なし。
  ・18歳の時から、アフラックのEVERに加入中。
  ・現在、保険見直し中で、
   加入中のEVERに特約(入院と先進医療)を
   付けて継続するか、レディーナに乗り換えるか検討中。
   (*レディーナはFPに相談した際に勧められた保険。)   
  

 比較
 -------------------------------------------
   アフラック                メットアリコ
   EVER                  レディーナ

  1日\10,000      入院      1日 \5,000

             女性特有の
  1日\10,000    病気で入院    1日\10,000

 1回10.・20・40万  手術給付金    1回  10万

  1日 \3,000      通院       1日 \3,000
 
 限度額2,000万     先進医療    限度額2,000万

     ―     先進医療一時金  60日に1回5万


 ※どちらも 
   入院の際の支払い限度日数は1入院につき60日。
   通院の際の支払い限度日数は 1回 につき30日。

 -------------------------------------------
     終身      保険期間      終身
     終身      払込期間      60歳
     \3,192     月額保険料     \3,915
 -------------------------------------------
    80歳まで生きた場合の払込保険料累計額

   \1,149,120   30~60歳まで   \1,409,400
    \766,080   60~80歳まで        \0
   \1,915,200     【合計】     \1,409,400
 -------------------------------------------

 
 上記内容だけで見ると、払込保険料以外で差が出るのは
 女性特有ではないケガ・病気の時。
 その際、最大限(60日)に保険を使用した場合を考えると、
 EVERが60万、レディーナが30万。

 病気やケガの種類、期間、回数や、
 60歳(レディーナの払込期間)まで生きるかどうか等を
 考えると、なんとも微妙な差に思えています。

 あとは、保障の範囲かなと思うのですが、
 この2つの保障範囲に大きな差はありますでしょうか?


 FPに聞け!と思うでしょうが、
 FPからすれば、加入中の変更には手を出せず、
 レディーナへの乗り換えで契約が取れる という状態なので
 レディーナを勧められた気がするのです。
 なので、その辺のことを聞きづらいのです…。
 信頼関係がどうのこうのというのは分かっているので
 ご指摘はご遠慮ください。。。

投稿日時 - 2012-10-27 16:38:15

QNo.7768707

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

女性疾病を勧めるのは、もちろん、保険会社が儲かるからですよ。
で、基本を1万円にするよりも、女性疾病の特約を付加する方が
簡単だからです。
女性は、「女性専用」などの特典に弱いのですよ。
そのような特典があると「使わないと損」という気分になるのです。
(統計的に……という意味で、質問者様が、という個別の問題では
ないので、誤解のないように願います)

保険料を比較すれば、わかりますが、
5000円のみ、5000円+女性疾病、1万円のみ
という3つの保険料を比較すると、女性疾病保険料が
実は、それほど安くないということが分かります。

保険会社のパンフレットにも、女性は、女性疾病が多いから、
保障額も高く……ということが書かれています。
でも、多いから保障も高く……というのは、理論的ではなく、
単なる感情論です。
例えば、正常分娩ならば、医療保険からは一円も出ません。
帝王切開ならば、医療保険の給付金がでますが、
同時に健康保険の適用ともなって、医療費に「上限」がでます。

健康保険では、医療費に上限があるのです。
これを「高額療養費制度」と言います。
詳しい内容は、ネットで検索していただくとして……
平たく言えば、「上限が10万円ですよ」という意味です。
(8万円という記載もありますが、現実は8万円+1%で、
100万円、200万円の医療はざらにあるので、10万円としました)
これは1月、2月という暦月の「月単位」です。

つまり、肺炎ならば、上限が5万円だけど、
子宮筋腫ならば、上限は10万円です……
ということはなく、一緒です。
ならば、女性疾病だけに高額の保障をするというのは、
理論的根拠がないのですよ。
高額の保障が欲しいならば、基本の保障を1万円とすべきです。

質問者様の場合、すでに旧EVERで5000円あるならば、
追加で、新EVERなり、アリコなり、別の保険でも、
5000円を追加すれば良い。
アフラックは、他社の診断書のコピーでも請求できるので、
2社にしても、診断書は1通でOKです。

先に述べたように、医療費には、高額療養費制度があって、
上限が決まっていますが、実は、すぐに上限に達してしまいます。
なので、数日の入院でも、20日間の入院でも、
請求額は大差ないのです。
なので、入院日数がどんどん短縮化しているのに、請求額が
同じならば、金額×日数で給付金が支払われる医療保険の場合、
金額を高くしないと、カバーできないということが、現実に
起きてきています。
なので、医療保険で入院費をカバーしたいのならば、
日額を上げるしかありません。
ですが、日額を高くすると、保険料も高くなるので、
半分は保険、半分は貯蓄で……という考えも成り立ちます。

どうするかは、人それぞれです。

投稿日時 - 2012-10-28 09:51:15

お礼

 再度ご回答いただき、ありがとうございます!

 質問の
 「この2つの保険の保障範囲に違い(大きな差)はあるか」
 からズレていると思いますが、
 参考になります。

 もともと、保障範囲に違いが無ければ、
 現在加入中の日額\10,000の方が良いのかな?
 とは思っておりました。

 今回は、EVERを継続しておきたいと思います。

投稿日時 - 2012-10-28 13:00:17

ANo.1

18歳でEVERに契約したのならば、10年分の保険料を
捨てることになりますよ。
保険料がいくらか知りませんが、2000円だとしても、
2000円×12ヶ月×10年=24万円。
このことを考えていますか?

例えば、今から新規の保険に契約して、
その保険料総額が150万だとすると、
支払う保険料総額は、150万ではなく、174万円という
計算をするのが正しいです。

アフラックの旧EVERが特段の問題があるとすれば、
ケガの保障が90歳まで、という点でしょうか。

さて、私もFPですが、
私には、何がご不満で切り替えるのか、良く分かりません。

もしも、癌に対する保障をお考えになっているのならば、
医療保険に付加するがん保障は役に立ちませんよ。
例えば、癌になって入院すると無制限と言いますが、
もちろん、それは嬉しいのですが、癌の平均入院日数を
ご存知ですか?
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/kanja/08/dl/03.pdf
30日ないのです。
もちろん、長期化する可能性もあるので、無制限は嬉しい。
でも、それが重要な選択肢かというと、ちょっと疑問ですね。
がん患者数は、入院患者数と外来患者数と
どちらが多いと思いますか?
今は、外来患者数の方が多いのです。
(平成20年に逆転しました。以後、外来が増えている)
つまり、通院しながら、抗がん剤の点滴を受ける……
というパターンです。
で、この抗がん剤がバカ高くて、3割負担で、3万円、6万円
というのがゴロゴロしている。
つまり、普通の医療保険では、役に立たないということです。
診断給付金があるとか、高額の通院給付金や、
抗がん剤特約があるなど、がん保険でなければ、
本当の役には立たないのですよ。

保険を考える時の基本は、何のために、どんな保障が必要か
ということです。
見直しをするならば、現在の保障の何が不満なのでしょうか?
どうして不満なのでしょうか?
どんな保障が欲しいとお考えなのでしょうか?
それがわからなければ、アドバイスのしようがありません。

靴が欲しいというお客様にスニーカーを勧めたら、
後から、結婚式に履いて行って、恥をかいた、という
クレームが来るようなものです。

靴ならば、こんな問題は現実には起きません。
なぜなら、目に見えるから、そんな間違いはしないからです。
でも、保険は目に見えません。
だから、間違えても、平気なのですよ。
ならば、まずは、間違えないように、
目的をはっきりとさせなければなりません。
そうすれば、間違える可能性は低くなります。

投稿日時 - 2012-10-27 20:00:24

お礼

 ご回答、ありがとうございます!
 rokutaro36様には以前にも、
 他の保険の質問の際もご回答いただいておりました。
 重ねてお礼申し上げます。

 がん保険は、別に加入予定です。

 今の医療保険の
 何が不満か。

 日額\10,000が必要か。と思ったのです。
 今まで、大きなケガも病気もしなかったので、
 日額\5,000でも良いかな。と。

 で、相談したら、
 日額\5,000でも良いけど、
 女性は女性特有の妊娠・出産時のコトを
 考えたら、そういう時に
 手厚い保障のレディーナが良いと。

 でも、
 相談から帰ってきて比べてみたら上記のとおりで。

 何もなければ、
 レディーナの方が振込総額は少ないですが、
 2、3回保険に頼ることになれば
 EVERの方が良いように思います。

 病気やケガの種類、期間、回数や、
 60歳(レディーナの払込期間)まで生きるかどうか等を
 考えると、なんとも微妙な差に思えて。。。

 あとは、保障の範囲かなと思うのですが、
 この2つの保障範囲に大きな差はありますでしょうか?
 

投稿日時 - 2012-10-27 22:55:40

あなたにオススメの質問