こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

学生時代に頑張ったことを添削してください。

私が、大学時代に最も力を入れたことは、ボランティア活動です。
私は、友達同士での会話は得意でしたが、年上の人や知らない人と会話をすることが苦手だったため、それを克服するためにボランティア部に入りました。
けれども、1回生の頃は、ボランティアに行っても人と話をするのが苦手なことは変わらず、地域のイベントの係として派遣されても「ボランティアだから分からないのはしかたない」と何も頑張ろうとしなかったため、1年間ボランティア活動をしても何も変わりませんでした。
2回生になり、夏にある24時間テレビの募金活動のときに副部長の先輩と一緒に活動することになりました。先輩は、とてもしっかりしていて、責任者の指示を待っているだけでなく、自分から積極的に声をかけて行動している姿を見て、自分がとても情けなくなりました。そして、このままボランティア活動を続けていて、1年後先輩のようになれるか不安になり、このとき私は初めて変わろうと思いました。
まず初めにやったことは、相手の指示を待つのではなく、うまくいかなくてもいいから自分で動こうとすることです。最初は、目を合わせることもできずに、しどろもどろで話していましたが、相手が優しく対応してくれたため、だんだん自信がついてきて、相手の目を見て話すことができるようになりました。また、自分が目を見て人と話すようになってからは、目を見ずに話すことが失礼であり、真剣さも伝わないことが分かり、目を見て話すということが、本当に大切なことだということを痛感しました。
今年の10月の○○の音楽イベントでも、お客さんが困っていれば自分から声をかけ「ありがとう」と笑顔で言ってもらうこともでき、責任者の方にも「声もよく出ていたし、働きもすばらしかったよ」とほめてもらうこともできました。
今までのボランティア活動を経て、年上の人や知らない人と会話をすることが克服できただけでなく、人と関わることが好きになりました。また、ボランティア活動は、地域の共有の場所を借りて行うことが多いため、冷たい視線やクレームを受けることもありますが、今回の音楽イベントのように、「ありがとう」などのうれしい言葉をかけてもらうことで3年間頑張れたと思うので、私も「ありがとう」など人の喜ぶ言葉を大切にするようになりました。
社会人になってもボランティア活動を続けていきたいと思っています。

投稿日時 - 2012-10-27 22:53:23

QNo.7769280

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

私が大学時代に最も力を入れたことは、ボランティア活動です。
私は友達同士での会話は得意でしたが、年上の人や知らない人と会話をすることが
苦手だったため、その克服を目的としてボランティア部に入りました。
しかしながら1回生の頃は、ボランティアに行っても人と話をするのが苦手なことは変わらず、
地域のイベントの係として派遣されても「ボランティアだから分からないのはしかたない」
と特に頑張ろうとはしなかったために、1年間のボランティア活動を通じての変化は
ありませんでした。
2回生になって、夏にある24時間テレビの募金活動のときに副部長の先輩と一緒に
活動することになりました。
その先輩はとてもしっかりしていて、責任者の指示を待っているだけでなく、
自分から積極的に声をかけて行動していました。その姿を見て、自分がとても情けなくなりました。
さらにこのままボランティア活動を続けていても、1年経って先輩のようになれるかと不安になり、
このとき私は初めて変わろうと思いました。
まず初めにやったことは、相手の指示を待つのではなく、うまくいかなくてもいいから
自分で動こうとすることでした。
最初は目を合わせることもできず、しどろもどろで話していましたのですが、
相手が優しく対応してくれたので、だんだんと自信がついてきて、遂には相手の目を見て
話すことができるようになったのです。
さらに自分が目を見て人と話せるようになってからは、目を見ずに話すことが相手に失礼であり、
真剣さも伝わないことが分かり、目を見て話すということが、本当に大切なことだということを
痛感しました。
今年の10月の○○の音楽イベントでも、お客さんが困っていれば自分から声をかけ
「ありがとう」と笑顔で言ってもらうこともでき、責任者の方にも
「声もよく出ていたし、働きもすばらしかったよ」とほめて頂くこともできました。
今までのボランティア活動を経て、年上の人や知らない人と会話をすることが克服できた
だけではなく、純粋に人と関わることが好きにもなりました。
またボランティア活動は、地域の共有の場所を借りて行うことが多いため、
冷たい視線やクレームを受けることもあります。
でも今回の音楽イベントでのように、「ありがとう」などのうれしい言葉をかけてもらうことで
3年間頑張れたと思っています。
これにより私も「ありがとう」など人の喜ぶ言葉を大切にすることができるようになった
と思っています。
もちろん社会人になってもボランティア活動を続けるつもりで居ります。

投稿日時 - 2012-10-27 23:26:14

あなたにオススメの質問