こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

英語長文

(1)Education has been called America's religion. Today more than 56 million Americans are attending school. One half of all the people in the country between the ages of eighteen and twenty-five are enrolled in either a college or university; close to 49 million boys and girls are going to school. Education is an enormous ( and expensive ) part of American life. Its size is matched by its variety. The widely different educational system and possibilities are as difficult for an outsider to understand as anything about American life.
(2)Differences in American schools compared with those found in the majority of other countries lie in the fact that education here has long been intended for everyoneーnot just for a privileged elite. Schools are expected to meet the needs of every child, regardless of ability, and also the needs of society itself. This means that tax-supported public schools offer more than academic subjects. It surprises many people when they come here to find high schools offering such courses as typing, sewing, radio repair, computer programming, or driver training, along with traditional academic subjects such as mathematics, history, and languages. Students choose their curricula from a large serection of courses, depending on their interests, future goals, and level of ability. The underlying goal of American education is to develop every child to the utmost of his or her own possibilities, however great or small these may be, and to give each one a sense of civic and community consciousness.
(3)Because there is no national religion and because there are so many different backgrounds and origins among the people, schools have traditionally played an important role in creating national unity and “ Americanizing ” the millions of immigrants who have poured into this country from its earliest days. Schools still play a large role in the community, especially in small towns.
(4)The approach to teaching may seem unfamiliar to many, not only because it is informal, but also because there is less emphasis on learning facts than is true in the systems of many other countries. Instead, Americans try to teach their children to think for themselves, to delve, to explore, to develop their own intellectual and creative abilities. Students spend much time learning how to use resource materials, libraries, statistics, computers. Americans believe that if children are taught to reason well and to research well, they will be able to find whatever facts they need throughout the rest of their lives. Knowing how to solve problems is considered more important than the accumulation of facts, which often grow obsolete.
(5)Computers are used in many classrooms, frequently starting in kindergarten. If a child doesn't know how to use computers, parents can help him or her a great deal by providing computer lessons in advance, so the child will not feel handicapped. To find such classes, one can consult the school or ask a local computer store where classes are given.
(6)This is America's answer to the searching question that throughtful parents all over the world are asking themselves in this fast-moving time: “How can one prepare today's child for a tomorrow that one can neither predict nor understand?

本文の原文は、こちらから引用しました。
http://res.chinaedu.com/eol/005/eol08_4.htm

【設問】
・第3段落、‘schools have traditionally played an important role’ の具体的内容
→‘creating national unity~this country’の箇所にしました。
・最終段落、‘the searching question’の具体的内容
→“How can~understand?”の箇所で良いでしょうか。

お願いします。

投稿日時 - 2012-11-04 00:02:11

QNo.7780562

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

<訳例>
(1) 教育は、アメリカの宗教と呼ばれてきました。 今日、5600万人以上のアメリカ人が、学校に通っています。 18才~25才の間の同国のすべての人々の2分の1が、単科大学か総合大学に在籍しています; 4900万人近くの少年、少女が、学校に通っているのです。 教育は、アメリカ生活の巨大な(そして、高価な)部分となっています。その規模も、その多様性と同様です。 その大いに異なる教育制度や可能性は、アメリカ生活についてのいかなるものと比較しても負けないほど、部外者にとって理解しにくいものです。
(2) アメリカの学校を大多数の他の国々で見受けられる学校と比較した場合の違いは、ここでの教育が、長く、特権的なエリートのためだけでなく ― 万人のためを意図されてきたという事実にあります。 学校は、能力に関係なく、あらゆる子供の必要を満たし、更には社会そのものの必要を満たすことを期待されています。これは、税金によって支えられた公立学校が、学問的な科目よりも多くのものを提供することを意味します。 多くの人々が、この国に来て、高等学校が、伝統的な学問的な科目、例えば、数学、歴史、言語などとともに、タイピング、裁縫、ラジオ修理、コンピュータ・プログラミング、ドライバー・トレーニング(車の運転免許取得)のようなコースも提供しているのを知って、驚きます。生徒は、彼らの興味、将来の目標、能力のレベルに応じて、彼らのカリキュラムを、多くのコースの選択肢から選びます。 アメリカの教育の根底にある目標は、すべての子供を、その子自身の可能性の極限まで、その可能性が、大きくても小さくても、伸ばすことです、そして、それぞれの子供に、市民の感覚と地域社会に対する意識を与えることなのです。
(3) 国家宗教がないので、また、人々の間に、とても多くの異なる背景や出身地があるので、学校は、この国のもっとも初期のころから、国民の一体感を生み出し、この国に押し寄せる何百万もの移民を「アメリカ化する」ことにおいて、重要な役割を伝統的に果たしてきました。 学校は、今でもまだ、地域社会で、特に小さな町で、大きな役割を果たしています。
(4) 教えることへの取り組み方は、それが堅苦しくないばかりでなく、多くの他の国々の制度に当てはまるほどには、事実を覚えることにそれほど重きを置いていないために、多くの人々にとっては、なじみの薄いものに思えるかもしれません。 その代わりに、アメリカ人は、彼らの子供たちを、自分で考え、徹底的に調べ、探求し、子供たち自身の知的で創造的な能力を高める様に、教えようとします。生徒は、多くの時間を使って、助けとなる資料、図書館、統計、コンピュータ、を使う方法を学びます。 アメリカ人は、子供たちが上手く推論を働かせ、上手に調べることを教えられれば、彼らの残りの人生を通じて、彼らが必要とするどの様な事実でも、見つけ出すことが出来るだろうと、信じているのです。 問題を解決する方法を知っていることは、事実の蓄積より重要であると考えられています、なぜなら、事実は、しばしば、時代遅れになるからです。
(5) コンピュータは、多くの教室で使われ、しばしば、幼稚園から始まります。 子供がコンピュータを使う方法を知らないならば、両親は、前もってコンピュータ・レッスンを受けさせることによって、子供を大いに助けることができるので、子供は不利な条件があるとは感じません。 そのようなクラスを見つけるためには、学校に相談したり、クラスがどこで行われるかについて、地元のコンピュータ店に尋ねることができます。
(6) これが、この動きの速い時代に、「どのようにして、予測や理解が出来ない明日に対して、今日の子供を準備させることが出来るのか?」と言う、世界中の思慮深い親たちが、自問し、答えを探し求めている疑問に対するアメリカの答えなのです。

<設問>
・第3段落、‘schools have traditionally played an important role’ の具体的内容
→‘creating national unity~this country’の箇所にしました。
☆正解です。

・最終段落、‘the searching question’の具体的内容
→“How can~understand?”の箇所で良いでしょうか。
☆正解です。

投稿日時 - 2012-11-04 02:31:37

お礼

遅れましたが、お礼をさせて頂きます。
訳例と設問の添削ありがとうございました。
さすがはアメリカ、子供のコンピュータ教育に力を入れていることが良く分かりました。

投稿日時 - 2012-11-14 23:46:56

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

いいんじゃないでしょうか(^^)

投稿日時 - 2012-11-04 01:00:00

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2012-11-14 23:37:22