こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

女性はオンとオフの切り替えが難しいのでしょうか?

「女性はビジネスパートナーになりえるか」という質問を立ち上げています。
http://okwave.jp/qa/q7779315.html

信憑性のある男性の回答者様からは経験則でなりえないという回答があります。
一方で、女性の回答者様からは「内助の功」的な役割が向いていたり、職場と
プライベートの切り分けが難しいという回答もいただきました。

ここで疑問に思ったことがありますが、女性はオン(職場)とオフ(プライベート)の
切り替えをするのが難しいのでしょうか?

要するに、労働力を提供して報酬を得る公的な場所の職場で「女性」を持ち込まれても
困るのですよね。例えば、女性だから力仕事はできないと最初から男性に振ってくる、
女性だから残業はできないという、女性で家庭があるからシフト勤務にしろ、
でも、給料は男性と同じにしろと。
私の職場にいる年配の女性なんですが、まあひどいです。仕事中もおしゃべりばかりで
ろくに仕事してないし。

職場に「性別」を持ち込むのって、まさに公私混同だとは思いませんか?
私は男性ですが、給料をもらうからには職務は全うすべきだと思っています。
コピーを取ることも、来客にお茶を出すこともやります。

対して女性はコピーやお茶出しはやらせるなと権利は主張するけど、力仕事はしませんよね?
都合のいい時は男女平等を押し出すくせに、都合が悪くなると女性を押し出して逃げますよね?

仕事は仕事、プライベートはプライベートと割り切れる私(男性の多くはそうだと思います)に
とって、公私混同をする女性は理解できない。

女性はオンとオフの切り替えが苦手なのでしょうか?

投稿日時 - 2012-11-04 10:01:02

QNo.7780964

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

>女性だから力仕事はできないと最初から男性に振ってくる

どういう力仕事なのか分かりませんが、内容によっては女性一人では筋力が弱く怪我したり、すごく時間が掛かったり、結局助けを呼んだりってあると思いますが。。男女の力の差は歴然です。
お茶出しやコピーと違い、「やる、やらない」ではなく「出来る・出来ない」の問題です。


>女性だから残業はできないという、女性で家庭があるからシフト勤務にしろ、

家庭業を担う女性にとって、帰宅が遅くなるのは最も酷なことです。
これが独身女性の主張ならおかしいですが。

>でも、給料は男性と同じにしろと。

これはどうせまかり通らない主張なので気にしなくて良いと思います。

>私の職場にいる年配の女性なんですが、まあひどいです。仕事中もおしゃべりばかりで
ろくに仕事してないし。

そんな人いるんですね。私の職場にそんなおばさんいなくて良かったです。注意する人はいないのでしょうか?私の今までの職場ではそういうのは必ず指導対象でしたが。。

>女性はオンとオフの切り替えが苦手なのでしょうか?

私の職場はそれぞれ割り当てられた仕事をこなさないと帰宅できません。
しかも定時を超えると上司から注意されます。
ですから、家庭もちの女性もみんな帰宅のために昼食以外は休まず黙々と仕事をこなしていますよ。

結局は、職場環境によると思います。

投稿日時 - 2012-11-04 11:53:08

ANo.3

30代女性です。
オンとオフの切り替えは苦手な方が多いかも知れませんが
個人差によるところが大きいと思います。
今まで私が一緒にお仕事をしてきた女性は切り替えができる人、できない人どちらもいました。
女性はホルモンのバランス等でも不安定になったりがあるので、それも関係しているかも知れません。

ただ、あまり切り替えを苦手としている女性でも熱中すると男性以上に集中力を発揮される方もいるので
その女性のパーソナリティをよく見てあげていただければと思います^^

投稿日時 - 2012-11-04 11:06:23

お礼

ありがとうございます。

男女それぞれの強みを発揮できればいいのですが、なかなかそうはいきませんよね。

投稿日時 - 2012-11-05 21:31:31

>女性はオンとオフの切り替えが苦手なのでしょうか?

あくまで、この私の個人的な回答で御座いますが。

★女性は、オンとオフの切り替えが苦手な人が、男性に比して多いのではないか。

そんな気は致します。

今は、「日本」も職場の女性進出が多くなってる、とは言いますけど、国会や地方自治体、大手企業のトップを見れば、まだまだ「男性が圧倒的多数」。
それが現実でしょう。
つまり、良い悪いは抜きにして「組織」とは、「男性社会」です。
「上下の区別が明確」で、白黒が判別し易い。

女性の場合は、どうしても「好き・嫌い」の感情が大きくモノを言います。
(全ての女性とは言いません、あくまで女性の多くが、です・・・)
この「好き・嫌い」の感情は、「仕事は仕事、プライベートはプライベート」の割り切りよりも、明らかに「切り替えが困難」なのではないでしょうか?。

仕事がオフに成ったからと言って、大嫌いだった上司を急に好きになんか成れる訳有りません。
逆も、また然り。

この感情が優先してしまうから、
「嫌いな奴は、仕事だって協力したくない」
「嫌いな奴の言う事には、従いたくない」
と、まあ、男性から見れば「公私混同」って結果に成ってしまうんじゃ無いですかね?。

男の多くは、嫌いな上司や同僚であっても、「仕事は協力する」というスタンスを崩さない人が多いと思うのです。

あくまで「一般論」ですが。

投稿日時 - 2012-11-04 10:42:21

お礼

ありがとうございます。

>良い悪いは抜きにして「組織」とは、「男性社会」です。
「上下の区別が明確」で、白黒が判別し易い。

女性は感情で行動すると言われていますが、社会が感情で動いたら
無法地帯になってしまいます。好き嫌いで仕事はできませんしね。

投稿日時 - 2012-11-05 21:27:41

人それぞれ

投稿日時 - 2012-11-04 10:34:50

お礼

人それぞれと言いたいところですが、残念ながら経験則では
良くない方がほとんどでした。
ありがとうございます。

投稿日時 - 2012-11-05 21:25:34

あなたにオススメの質問