こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

電磁波犯罪の被害者と統合失調症患者の識別について 

最近目にする、電磁波犯罪の被害者と統合失調症患者の識別の仕方についてですが、こういう表現をするとどちらの方にも少し語弊があるかもしれませんが、現代医学・科学、もしくはもっと別な方法で識別することはできないのでしょうか?これだけ文明が発達した世の中で、そこまでむずかしい問題なのでしょうか?どこかに糸口があるように思われるのですが、ご意見お聞かせください。

投稿日時 - 2012-11-04 14:33:45

QNo.7781270

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

14人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(14)

ANo.14

あるブログによれば、電磁波被害者に対して、これを専門に研究している学者さんたちが
勉強会を開いているそうです。その情報よると、このような生体情報通信を研究している
日本人は2000人ぐらいで、電磁波を使って感情や思考や音声の送受信を行なっているそうです。
脳の神経細胞の中のナトリウムイオンに共振する電磁波を複数照射し、
反射してきたものを細かく分析することで、情報を読み取るそうです。

遠隔地から特定の人に電磁波を送信する場合
その人の固有振動数と共振する周波数の電磁波を送信することで、
その人だけに作用させることができるそうです。
この方法を使い、長野から、東京で
地下鉄に乗って移動してるアルバイトで雇った人に対して
音声と痛みを届けることに成功したそうです。

統合失調症との識別は、精神科医と生体情報通信の専門家の協力によって、可能と思います。

投稿日時 - 2012-12-01 13:50:15

補足

技術立国日本がこのような問題を蔑ろにしていることはおかしいと思います。今、日本の理系の頭脳は医学に集中しているように思われます。まさに、この問題を考える時だと思います。
mosiri55様のように、ポジティブで勇気をもたれた方が一人でも多く関心をもっていただければ幸いです。この質問を読まれた方は、引き続いてご意見をどうぞ遠慮なくおっしゃってください。対話を深めていくうちに本当にこの問題の解決の糸口が今回に加えて、さらに見い出されていくことを願っています。そしてできればこの質問に参加された皆様の手でこの問題を解決できればこれに勝るものはありません。多くの方が救われます。どうぞよろしくお願いします。

投稿日時 - 2012-12-01 15:16:42

お礼

お返事ありがとうございます。ポジティブで貴重なご意見重ねて御礼申し上げます。

投稿日時 - 2012-12-01 14:57:23

ANo.13

2009年7月にアメリカで、「電磁波 放射注入事件」がありました。以下は、その記事の参考URLです。

  http://wired.jp/2009/07/06/%e3%80%8c%e8%84%b3%e3%81%b8%e3%81%ae%e9%9b%bb%e7%a3%81%e7%9a%84%e6%94%bb%e6%92%83%e3%80%8d%ef%bc%9a%e7%a6%81%e6%ad%a2%e5%88%a4%e6%b1%ba%e3%81%a8%e5%af%be%e7%ad%96%e3%82%b5%e3%83%bc%e3%83%93%e3%82%b9/

この記事、いろいろ異論はありますが、世の中に徐々に浸透してきているように思います。

投稿日時 - 2012-11-25 08:00:07

お礼

お返事ありがとうございます。

投稿日時 - 2012-12-01 16:56:19

ANo.12

あなたの言っているのは原発事故の詳細を政府が隠蔽しているとかそんな話では無く、フリーメーソンがどうとかユダヤがどうとかイルミナティがどうとかの陰謀説と同類のものですね。

>PCを使った書き込みの遠隔操作が、民間レベルで知らぬ間に行われていたことは恐るべき事実です。

どこにそんな事実がありますか?

>今後も注視していきたいと思います。

大体そんな最重要な秘密をそのへんの一般人が知っていること自体その世界中の人々を操ろうとしている組織もかなり間抜けですね。

投稿日時 - 2012-11-18 00:01:24

お礼

お返事ありがとうございます。

投稿日時 - 2012-12-01 16:55:36

ANo.11

>電界と電波の相互作用とも思えるような装置について今後も注視していこうと考えています。よろしければ、時にはこのような現象を訴える人が実在することを思い起こしてください。

放射線作業をしている場合の労働災害ならありえることなので
そういう場合は統合失調症とは言えないと思います。

政府が原発事故の放射能を正直に発表しているかどうかも
問題ですが。

投稿日時 - 2012-11-17 22:10:46

お礼

放射線視点からのご意見ありがとうございます。

投稿日時 - 2012-12-01 16:55:10

ANo.10

放射線の一つのγ線は電磁波です。
原発事故が犯罪に当たるのかは分かりませんが
強いγ線を使えば細胞を破壊するくらいのことは出来ると思います。

投稿日時 - 2012-11-15 06:29:42

補足

御礼の中で、電界と電磁波の相互作用と申しましたが、厳密には電界と電磁波と生体の相互作用の誤りです。この相互作用の分野には、必要性の無さのためか公には深くメスが入れられていないと思います。イギリスBBC放送でも「レオナルド氏の電磁波放射注入事件」が現実に取り上げられています。今後も注視していきますが、どうぞ積極的なご発言を期待しております。

投稿日時 - 2012-11-17 08:45:28

お礼

お返事ありがとうございます。テラHz波の生成の成功も公表されている今、ガンマ線を使った恐るべき装置が、70億人の世界の中で、開発が進んでいてもなんら不思議ではないと思います。考えられるあらゆる可能性を視野に入れて、電界と電波の相互作用とも思えるような装置について今後も注視していこうと考えています。よろしければ、時にはこのような現象を訴える人が実在することを思い起こしてください。

投稿日時 - 2012-11-17 08:23:13

ANo.9

この手の質問をされる方を納得、理解、説得させようとは毛頭思っていません。
自身の信じているものがどんなに科学的理論的に否定されていても信じないからです。
つまり「電磁波犯罪ありき」で考えているからです。
否定的な書籍や情報は疑い、肯定的なそれを求めそして確信に到る。
所謂トンデモさんと同じ。
金もうけ的なものもありますが多くのトンデモさんは純粋に信じて疑わないからです。

と、言ったところで。

>インフラと申しましたのは、電話・電線に家庭からつなぎ込め、特定の人間を狙えるのではないかと考えています。エネルギーもいらず、全国いたる所でも使用できます。

その特定の個人を操る電波なり電磁波は誰が送りますか?
送る装置は誰が設置しますか?
そんな装置を設置した事をどう隠しますか?
その装置と人員のコストは何処から出ますか?
国会の予算案で出ますか?
そんな事が出来るのなら日本政府が韓国なり中国なりのインフラに紛れ込ませて植民化出来るのでは?
逆にこれらの国が日本人を植民化出来るのではありませんか?
なにせ電話や電線に繋ぎ込むだけで済むのですからこれほど簡単に他国を植民化出来る手段はありません。
あっインターネットがそれか?

投稿日時 - 2012-11-15 00:55:10

お礼

お返事ありがとうございます。おっしゃられますように、インターネットの普及とともに情報が交錯してきたとはいえ、この種の現象を訴える人の数が増えてきたように思います。PCを使った書き込みの遠隔操作が、民間レベルで知らぬ間に行われていたことは恐るべき事実です。どんなことがきっかけでこの種の現象が引き起こされるにいたるかわかりません。今後も注視していきたいと思います。

投稿日時 - 2012-11-17 08:14:50

ANo.8

>「操作される脳」にこうあります。(後略)

情報が殆ど無い旧共産圏の話なので真偽の程は解りませんよ。
アメリカも超能力の研究はやっていた事は事実なのでそう言った研究をやっていても不思議は無いでしょう。
但し、旧ソ連時代の研究を続けているかどうか、そしてそれが本当に有効な方法なのかは別の話です。
上記のアメリカの超能力の研究も結果は全く何も得られず研究所自体がもう何十年も前に閉鎖されています。
これに関しては研究者などは研究所に送り込まれた被験者(超能力者ではなく本当はマジシャン)の嘘に騙され大恥をかいています。
同様にロシアが旧ソ連時代のこの研究を続けているとは限らない。

>インフラの中に忍び込ませれば可能な一面もあるかと思われます。

この手の話を信じている人は何故かコストを度外視します。
何十年もかけてソ連やアメリカなどの超大国が多額の費用を投入して研究して、更にもっと金をかけてインフラに忍び込ませたとします。
その工事を請け負った会社やその関連会社、その下請け孫請けの実際に施工した会社やその作業員等関係した人の口封事も必要ですからそのための膨大なコストが延々とかかります。
それだけのコストをかけたにも関わらず殆どの人には効果が無くあなたの様な一部の「過敏」な人の頭部のツッパリやしびれ、こわばり感等を起こさせるだけしか出来ないのであれば、それこそお金をドブに捨てているようなものでしょう。
テスト中だと言う事も出来ますが、逆にこれだけの時間と予算を使ってまだテスト中なのかと。
それならヒロポンを使った方が遥かに安価で簡単で早くてしかも効果は実証済み。

投稿日時 - 2012-11-11 23:28:39

補足

インフラと申しましたのは、電話・電線に家庭からつなぎ込め、特定の人間を狙えるのではないかと考えています。エネルギーもいらず、全国いたる所でも使用できます。但し、どうトラッキングするかが一番の問題点で、疑問は残ります。そういうわけで、スペアナを使って、電波の周波数を同定しよう試みているのです。マイクロ波は指向性が高いので、回折の大きい低周波・ラジオ波中心に調べています。それで、軍隊等は想定していません。あくまでも一般人ということで進めているのが現状です。

投稿日時 - 2012-11-13 02:57:47

お礼

お返事ありがとうございます。

投稿日時 - 2012-11-13 02:58:01

ANo.7

>私の言っていることは虚言ではありません。

虚言でない事と事実はイコールではありません。
本人の思い込みがそれにあたります。

有名なものとしてプラシーボ(偽薬)効果があります。
本来はその様な効果が無いもの(薬でなくても構わない)でも信じ込んでいれば効いてしまうというものです。

>「ありえる」ということを前提にした回答がないのは残念です。

あなたが「ありえない」と思った瞬間解決します。
逆に「ありえる」と思い続けたらずっと悩まされ続け解の無い問題を解き続ける事になります。

>兵士を戦場でマイクロ波で覚醒し・・・

電子レンジの英語名はmicrowave(マイクロ波) oven。

投稿日時 - 2012-11-11 01:27:33

補足

追記ですが、マイクロ波というのはどうも私の記憶違いでした。申し訳ありません。ただ、「操作される脳」にこうあります。「1970年代以来、ソビエト連邦と中国が、遠距離から心理的生理的な過程に影響を与える「サイコトロ二クス(精神工学)」兵器に関心を抱いているという報告が上がっていた。他人の心に介入する道として提案されたものは、他には電磁放射、あるいは「超低周(extremely low frequency/ELF)」波がある。アメリカがこの手の手段に興味を抱いたのは、ソビエトの活動に反応してのことでもあった。」と。倫理観を問われる話だと思います。頭部のツッパリ、しびれ、こわばり感は、思い直しても現象として変わりません。だれかが巨大なアンテナで放射していることは考えられないことはわかります。ただ、インフラの中に忍び込ませれば可能な一面もあるかと思われます。

投稿日時 - 2012-11-11 06:21:29

お礼

お返事ありがとうございます。

投稿日時 - 2012-11-11 05:18:48

ANo.6

ですから、自身で上げられた「操作される脳」をちゃんと読みましたか?

読まれていれば、
「遠隔で操作することが出来る」
「遠隔で電磁波照射で人に影響を与えることが出来る」
というのは明確に否定されているのがわかるでしょう。

投稿日時 - 2012-11-10 20:01:14

お礼

お返事ありがとうございます。
私は「操作される脳」はもちろん購入し読み終えています。確か、「兵士を戦場でマイクロ波で覚醒し、夜中でも活動できるようにする」と書かれてあったように思いますが。。。。私は、アメリカ軍は疑っていません。そして加害者が手段を明かすことはないと考えています。それではなぜこのような事態になるのでしょうか?加害者は、理論的に危害を加える手段を見出したのではないと考えています。何らかの試みを繰り返しているうちに解に行き着いたのではないでしょうか?それだけに、理論的解明は容易ではないかもしれません。ただ、「統合失調症」との識別ぐらい現代医学でできないと、誤診になってしまいます。スぺクトラムアナライザー:9kHz~3GHzも所持して試行を繰り返しています。この種の問題は投資がかかります。これも難点のひとつです。というわけで科学的になんらかの知見を持った方から、「ありうる」回答をいただけると幸いなのですが。

投稿日時 - 2012-11-10 21:20:07

ANo.5

>現代医学では、統合失調症か否かも判断できないのでしょうか?

出来ないのでは無く本人がその事実を受け入れられない(認めない)だけです。

>世界的には徐々に周知されてきています。

そんな事実はありません。
あなたと同じタイプの人がそう思い込んでるだけです。

投稿日時 - 2012-11-09 02:34:25

お礼

お返事ありがとうございます。
しかしながら、私の言っていることは虚言ではありません。公園の長いトンネルの中に入ると、頭部のツッパリ、しびれ、こわばり感は弱まります。常識的に、電磁波の強さが距離の二乗に反比例することは知っています。電線から離れれば離れるほど現象は弱まります。10kHz~10GHzの電波暗室にも入りました。現象は弱まりましたがありました。低周波?電話線?等等、ご批判は承知のうえでかかせていただきました。脳そのものを調査するためでなく、MRIの装置との関連を調べるために脳ドッグに入り、装置に頭部を入れました。現象はなくなりました。当然、脳も異常はありませんでした。私は、医者から「統合失調症」とは診断されていません。この種の質問に対して「ありえない」ということを前提にしたご回答はあるのですが、「ありえる」ということを前提にした回答がないのは残念です。繰り返し申しますが、私は決して嘘はついていませんし、世の中を騒がせるためなどを目的にこのようなことをしているほど暇ではありません。原因究明のため投稿しました。ご丁寧に、お返事をいただいている皆様には恐縮しています。私の口調が強ければ申し訳ありません。私と同じ目に合っている方が世の中に他にいらっしゃることもわかっています。科学は、「仮説と検証を繰り返す」でしたでしょうか?上記内容は、何度も繰り返し、再現性はあります。どなたか、少しでも「ありえる」ご回答いただけないでしょうか?

投稿日時 - 2012-11-10 19:18:56

ANo.4

質問内容からすると果てしなくどーでもいいことですが。

>私の場合は、低周波治療器のパッドを額の両側にあてて、先端を銅棒でつないで、地中にアースしています。

それだと低周波治療器のパッドから地面までの電線がアンテナとなって、いつもより強い電磁波の影響を額に与えることになります。
もし質問者様がパッドをあてている方が楽だというのなら、原因は電磁波ではないと考えて良いと思いますよ。

質問者様の「頭部やこめかみにツッパリ感」というのは、単なる血行障害(肩こりみたいなもの)じゃないかと、私は予想します。
パッドをあてるときに額をもむような感じになって、それで症状が緩和しているだけじゃないかなぁ。

投稿日時 - 2012-11-08 23:09:09

補足

私が低周波パッドを使用したのは、頭部表皮が帯電していると考えたからです。

投稿日時 - 2012-11-11 06:40:04

お礼

お返事ありがとうございます。

投稿日時 - 2012-11-10 18:20:26

ANo.3

>頭部やコメカミに突っ張り

電磁波でそんなことはできません。

投稿日時 - 2012-11-06 20:27:30

お礼

お返事ありがとうございます。

投稿日時 - 2012-11-10 18:19:51

ANo.2

>低周波治療器のパッドを額の両側にあてて、先端を銅棒でつないで、地中にアースしています
仮に電磁波が照射されていても全く意味のない行為です。
金属と電磁波は水に対するスポンジのように、
周囲のものを吸収する、といったような性質は全くありませんので、
額の両端以外のところから電磁波は入ります。
最も、「額の両端を照射されている」と主張するのでしたら効果はあるのでしょうが。

実際にこのような痛みがあるのでしたら、ちゃんと医者で見てもらうことをお勧めします。
電磁波だと思い込んで何も正しい対応をしないというのが一番怖いですから。

この手の話で、話が合わないが故に仮に「電磁波犯罪がない」とした上で、
なぜ「電磁波犯罪」という話が出るかと考えると3つ考えられます。

1つは、総合失調症で、そういった妄想に取り付かれてしまった人。
1つは、電磁波犯罪がある、という言葉とそれらしき証言からそれを信じ込んでしまった人。
1つは、2つ目の人を食い物にすべく、「電磁波はこんなに危険なんだ」と主張して、お金を集める人。

質問者様は2つ目に分類されるものと思われます。
ちゃんと電磁波の性質について学べば、誰かに照射するのであれば、
当然周囲の電気機器に影響を与え、性質上、誰かに収束させるというのができないということが、
はっきりとわかります。

・操作される脳

ちゃんとこちら、本を読まれての上での話でしょうか?
どこにも「遠隔操作ができる」という話はありませんし、
『将来的には』操作が出来るようになる、という話です。

http://www.cscd.osaka-u.ac.jp/user/rosaldo/091128JMoreno.html

参照になるHPがありましたが、現に本文では
「ヘッドセットをかぶった人」が対象になった程度です。

投稿日時 - 2012-11-06 19:55:26

お礼

お返事ありがとうございます。

投稿日時 - 2012-11-10 18:19:16

ANo.1

電磁波兵器というものが物理的に存在しませんので、
そういうものがあるということを本当に信じてしまっている人か、
そうでないかは検査をして見ない限りはわかりません。
ただし、総合失調症はちゃんとした疾患なのでそうである人はわかります。

電磁波兵器がない、と言うとなぜかと思われるかもしれませんが、
電磁波というのはまず、そんなに兵器に使えるくらい使い勝手のいいものではありません。

よく、誰か個人を狙って~とか言う人もいます。
ですが、電界を磁界が生み、磁界が電界を生み、というのを交互に行っているのが電磁波です。
その性質上、どうやっても広範囲に拡散していくので、
電磁波の強さは距離が開けば開くほど弱くなりますし、広がっていきます。
まず、電磁波をどこか、個人だけを狙って照射する、とかそういった話が無理のある話なのです。
これが出来るのであれば、今の物理学はひっくり返ります。

そして、電磁波が人体に当たるとどうなるかというと、
大雑把にいいマスト、持っているエネルギーが熱に変換されます。
そして、一点を狙って照射できない以上、余程近距離から使用するか、
余程高出力かでもなければ人体に影響など与えません。
ちなみに、テレビの中継塔の強さ・出力で、
半径20cmが不用意に立ち入り近視と指定されています。

当然そんなので人体に攻撃、となったら周囲にも必ず悪影響が出るので、
誰か個人が狙われるというのはありえません。

そのほか、思考を読み取る、逆に思考を塗り替える、という人もいますね。

まず、考えていただきたいのですが、脳というのは複雑に織り込まれた構造をしてますよね。
脳波というのはその中の更にごくごく微細なニューロン同士の間の電気信号のやり取りが、
「外に漏れてきている」だけなのです。
どこの、どの部分で、どういったときに、どういう電気信号が流れているか、
というのがまずは全くの不明です。

そして、仮にわかったとしても逆に送り込むのはもっと無理があります。
まず、外部からの電磁波の照射を行っても、織り込まれた内部にどうやって的確に届けるのでしょう。
また、当然ですがそうやって届けようとなったら、全部を正確に一瞬の狂いもなく伝える必要があります。
それも、本来の人間の思考による電磁波を考えるとかなり無理があるでしょうし、
そんな風な技術があっても正確にやりとりさせるなら、頭を切り開いて脳に色々やる、など必要になるでしょう。

前者の時点でまずかなり無理がありますし、それを逆にやろうとする後者はもっと無理があります。

というわけで、電磁波兵器という妄想を信じているだけの人か、
本当に総合失調症でそういう妄想に取り付かれた人かのどちらかになります。

注意すべきは、総合失調症は予防もできなければ誰がいつかかるかもわからない、
ちゃんとした脳の疾患であるということです。
以下のツイッターのまとめが参考になるかと思います。
http://togetter.com/li/263744

投稿日時 - 2012-11-06 00:32:32

お礼

お返事ありがとうございます。

私は電磁波と思われる手段で、頭部やこめかみにツッパリ感を感じさせられています。この被害にあうまで、私も信じていませんでした。被害者にとって、統合失調症とおもわれることほどつらいことはありません。私の場合は、低周波治療器のパッドを額の両側にあてて、先端を銅棒でつないで、地中にアースしています。現代医学では、統合失調症か否かも判断できないのでしょうか?日本では認知度はまだあまり高くありませんが、世界的には徐々に周知されてきています。頭部の血管がアンテナの作用をしているのではないかと思われます。電波傍受されにくい低周波も考えられます。人体(生体)が反応するレベルの周波数なのでそう高くはないでしょう。脳波は数Hzです。電話機は2000Hzぐらい、人間の聴力は2000Hz~20000Hzくらいです。縦波・横波の性質はおいておいて、物質の送受信に対する着眼が鍵かと思います。額両側の太い血管を両中指で押してやると少し頭部のツッパリは治まります。被害者としては、できるだけ物理的に、科学的に、論理的に現象を訴えることです。粘り強く頑張るつもりです。装置は、基本的にコンポーネント品(購入部品の寄せ集め)と思われるため、新規性にとんだものではないでしょう。過度に恐れることはありませんが、被害者のためのテクノロジー犯罪についてのホームページ等もありますのでそちらへも相談しています。
 
  参考)http://www.geocities.jp/techhanzainetinfo/
  参考)アマゾン:「操作される脳」:京都大学名誉教授:久保田競著
      http://ascii.jp/elem/000/000/174/174580/
  

投稿日時 - 2012-11-06 05:29:34

あなたにオススメの質問