こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

交通事故の際の弁護士費用特約について

標記の件につきまして、どなたかご教授お願いします。

まず、弁護士費用特約がよく利用されるのは、保険契約者が被害者になり、加害者に対して、損害賠償の請求をする場合だと思われるのですが、損害賠償を請求される場合にはこの特約は利用できないものなのでしょうか?
例えば、車両対車両の事故で、こちらに過失がなく、損害賠償の請求をされるいわれはないと主張している場合、こちらの保険会社は、示談代行ができないと思われるのですが、そのような場合、本人が直接相手方(又は相手方が加入している保険会社の担当者)と交渉をしなければならないのでしょうか?そのような場合であれば損害賠償を請求されているような場合でも、弁護士費用特約の必要性は高いと思います。
それと関連する状況として、車両対車両の事故の場合、物損を含め、双方に損害が生じる場合もあると思うのですが、こちらが損害賠償の請求をする場合、弁護士費用特約が利用できて、訴訟も弁護士を利用して、行うことができると思うのですが、その訴訟を起こした後、相手方からこちらに、損害賠償を請求する別の訴訟を起こしてきた場合、その訴訟対応に弁護士費用特約が利用できるのかという疑問もあります。訴訟を起こされた事件については、保険会社の顧問弁護士が対応して、訴訟を起こしている方は、自分で探した弁護士に対応してもらうというのも何だかおかしく思います。弁護士費用特約を利用して最初から就けていた弁護士に両方の訴訟対応をしてもらうのが良いと思うのですが、その場合、訴訟を起こされた方に関しても弁護士費用が出るのでしょうか?出ないとしたら、自腹になってしまうのでしょうか?自腹ということであれば、あまり、弁護士費用特約の意味がないような気もします。

あまり、そのような事例を聞かないので、どうなっているのか分からなくて質問してみました。

投稿日時 - 2012-11-06 19:58:15

QNo.7784946

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

質問者様が懸念されているような事故のときに使える保険です。
 東京海上日動などは、「もらい事故アシスト」と言っています。
  http://www.tokiomarine-nichido.co.jp/service/sogo/cho-hoken/about/assist/moraijiko_assist.html

 もらい事故はわりと多いので、弁護士費用特約を使って示談代行をお願いする方も増えています。

投稿日時 - 2012-11-06 20:47:44

お礼

ありがとうございます。
知人にも確認しましたが、法律上、請求されるいわれがないのに請求された場合も、保険会社が示談代行をできないため、弁護士費用特約が利用できるようですね。「もらい事故」の件も確かにそのような呼び方で弁護士費用特約が使える類型としてありました。
大変助かりました。

投稿日時 - 2012-11-07 10:04:14

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

使う必要がないので使えません。

保険会社の負担で、保険会社が当事者として弁護士を立てます。

投稿日時 - 2012-11-06 22:47:37

ANo.1

相手から訴訟を起された場合は、弁護士費用特約の有無に関係なく、保険会社が弁護士に依頼して対処します。
もちろん費用は請求されません。

投稿日時 - 2012-11-06 20:26:20

あなたにオススメの質問